実績とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 実績 > 実績の意味・解説 

実績

読み方:じっせき

実績とは、過去に実際に挙げた成績業績のことである。特に仕事研究などにおける功績手柄を指す意味で用いられる

実績という語は「実際に成し遂げた功績」という程度意味合い捉えられるもっぱら名詞として扱われ、「実績する」というような動詞的使い方はされない

「実績」の語は、主に、「実績がある」「実績を上げる」「実績を残す」「実績を評価する」「実績がものをいう」「過去の実績」といった言い回し用いられる

「実績」に似た語としては「成績」「業績」「功績」「事績」などが挙げられる

【実績と成績違い
実績はもっぱら優れた成果残したか否か」という部分焦点当てて用いられる語であり、成績は「成果出来を問う場面において用いられるといえる。「成績」は試験評価に関する話題などで(出来・不出来関係なく使えるが、「実績」は「優れた成果」に限られる。「成績が良い(悪い)」とはいうが「実績が悪い」とは言わず、「実績がない」とはいうが「成績がない」とは言わない。ただし「成績」を「良い成績」の意味で用いて成績を残す」という風に述べ場合はある。

【実績と業績違い
業績は「事業における功績という意味合いの語であり、もっぱらビジネスシーン学術研究などの分野用いられる。たいていの文脈において「業績」は「実績」と言い換えられる。逆に「実績」を「業績と言い換えられる場面は、そう多くない

【実績と功績違い
功績の「功」は「立派な手柄という意味の字であり、功績は「周囲から称えられる」種類成果、あるいは「当該の組織集団益をもたらす立派な成果という意味用いられやすい。功績を実績と言い換えられる場面は多いが、実績は必ずしも功績と言い換えられるとは限らない

【実績と事績違い
事績とは「成し遂げられた実績・功績という意味用いられる語である。「事績」には「個人成し遂げた」というニュアンス多分に含まれるが、その点除けばおおむね「実績」と同義である。とはいえ今日では事績」の語が用いられる機会稀であり、そうそうない

じっ‐せき【実績】

実際に現れた功績、または成績。「研究者としての—を上げる」「—がある」


実績

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/07 21:39 UTC 版)

実績(じっせき)




「実績」の続きの解説一覧

実績

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 00:56 UTC 版)

名詞

じっせき

  1. 実際成績

「実績」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



実績と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「実績」に関係したコラム

  • 株式投資のスクリーニングとは

    株式投資のスクリーニングとは、テクニカル指標や財務関連指標などを中心とした条件に合致した銘柄を抽出するシステムのことです。スクリーニングでは、テクニカル指標や財務関連指標の他に、投資金額や売買単位、業...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

実績のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



実績のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの実績 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの実績 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS