実際とは? わかりやすく解説

じっ‐さい【実際】

読み方:じっさい

【一】[名]

物事あるがままの状態。「老人医療の—に目を向ける」「—は経営苦しい」

想像理論でなく、実地場合。「—に応用する」「—にあった話」「—問題

仏語真如、または無余涅槃(むよねはん)のこと。存在究極的な姿。

【二】[副]ほんとに。実に。確かに。「あの時は—だめだと思った」「—やってみる難しい」


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/24 07:00 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「実際」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「実際」を含むページの一覧/「実際」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「実際」が役に立つかも知れません。

関連項目



実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 00:40 UTC 版)

量子コンピュータ」の記事における「実際」の解説

量子ゲートマシンは理論的に古典コンピューターシミュレート出来とされるが、現実には古典ゲートによる小規模演算器もシミュレート出来ない。さらに、量子ゲート理に必要な時間が論理回路より圧倒的に遅いこともあり、古典コンピュータ置き換え不可能である。そのため、量子ゲートマシンは専用アルゴリズム開発と共に古典コンピュータに対してある種問題高速に解く付加装置として利用するのが現実的である。 Google量子ゲートマシンの高速性が2017年末までに実証される予想した古典コンピューターよりも実際の量子ゲートマシンの方が高速解ける問題存在することを、量子超越性呼びこのような問題探索続けられている。2019年10月23日Googleは、ランダムに作った量子回路出力結果推定すると言う問題で、量子超越性実証した発表した量子ゲートマシン上で素因数分解を行うショアのアルゴリズムは、2001年IBM世界で初め15(=3×5)の分解成功した2012年ブリストル大学21(=3×7)の素因数分解行い記録更新したが、21超えるの数の素因数分解報告はない(2019年9月時点)。 2017年現在始まっているIBM Qなどではごく限られた数の量子ビットしか扱えない。重ね合わせ状態を保ちデータ記憶する量子メモリ実現されていない事、量子複製不可能定理により、計算結果使いまわすことができない事、複数量子コンピューター接続し計算規模大きくする技術実現していない事、量子ゲート起因する誤差蓄積する事などから、計算大規模化が困難である。従って、現状では、与えられ問題を解くことに使われる状態ではなく、既に提案されている小規模な量子アルゴリズム実証から始め量子コンピュータ解ける有用な問題模索続いている。 量子コンピュータとしては、量子ゲート型以外に、D-Waveなどの量子アニーリングやその他いくつかのタイプ提案されている、量子イジングマシンQUBO(制約のない二値二次式最適化)(英語版)に特化した専用計算機と言える

※この「実際」の解説は、「量子コンピュータ」の解説の一部です。
「実際」を含む「量子コンピュータ」の記事については、「量子コンピュータ」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/29 14:17 UTC 版)

ナノカーネル」の記事における「実際」の解説

macOS以前Classic Mac OSはよくプリエンプティブマルチタスクや、メモリ保護機能欠いたOSと言われているが、実はClassic Mac OSコアであるナノカーネルには両機能備わっている。 実際、ナノカーネルはプリエンプティブマルチタスキングカーネルとしてタイムスライシングを行っており、各スレッドプライオリティに基づきスケジューリングされている。また、ナノカーネル存在利用するメモリ領域MMUによって保護されており、ナノカーネルのみが動作しているPowerPCのスーパバイザモードからしか読み込み書き込みともにアクセスできない

※この「実際」の解説は、「ナノカーネル」の解説の一部です。
「実際」を含む「ナノカーネル」の記事については、「ナノカーネル」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/20 14:56 UTC 版)

内外放送」の記事における「実際」の解説

受託内外放送平成6年法律74号による放送法改正第2条第2号の2の3に「他人委託により、その放送番組国内及び外国において受信されることを目的としてそのまま送信する放送であつて、人工衛星無線局により行われるもの」と定義され1994年平成6年12月1日施行された。 内外放送前身である。 促音表記原文ママ これは、人工衛星を介して国内及び外国へのテレビジョン放送日本放送協会(NHK)以外の事業者、すなわち民間放送事業者民放)が実施することを想定していたもので、日本国内外に同時に放送することにより収益確保しようともくろんだの である。 だが受託協会国際放送同時に定義されNHK実施する衛星国放送のことで、具体的にNHKワールドTVのこと)相当の放送民放が担うのは難しく制度廃止までに参入する事例無かった平成22年法律65号による放送法改正2011年平成23年6月30日施行され受託内外放送にかわり上記のとおり内外放送定義された。 これは、地上波衛星波か、ラジオ放送テレビジョン放送か等を問わず民放実施するものを想定している。 しかし、告示基幹放送普及計画には、第1 基幹放送計画的な普及及び健全な発達を図るための基本的事項第1項基幹放送国民最大限普及させるための指針(2)内外放送普及として「放送通じた国際的な文化交流及び相互理解増進図られるように、具体的な需要踏まえつつその普及を図ることとする。」とあるのみである。 告示基幹放送用周波数使用計画においても、第1 総則12項に「内外放送を行う基幹放送局周波数等は、その円滑な実施確保するため必要な事項勘案して個別定めものとする。なお、3.6GHzから4.2GHzまでの周波数使用する内外放送については、優先的に割り当てられる他の無線通信業務の局の運用により、継続的かつ良好な受信状況確保できない場合がある。」として具体的な周波数割当てにも言及していない。 このため、「具体的な需要」が見込め周波数によっては放送事業に必ずしも優先されるものでもないとあって参入する事例は無い。

※この「実際」の解説は、「内外放送」の解説の一部です。
「実際」を含む「内外放送」の記事については、「内外放送」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/09 05:08 UTC 版)

飾り毛布」の記事における「実際」の解説

2016年時点で、飾り毛布花毛布)のサービス提供されている船としては以下の船がある。「飾り毛布」と「花毛布」のどちらの呼称用いるかは、船によって異なる。 商船三井客船 - にっぽん丸(スイートルーム・デラックスルーム) マルエーフェリー - フェリーあけぼの特等室) 奄美海運 - フェリーあまみ・フェリーきかい(1等室) 宇和島運輸 - あかつき丸特等室・1等室) 神新汽船 - フェリーあぜりあ1等室) 三島村村営フェリー - フェリーみしま(1等室) 十島村村営フェリー - フェリーとしま1等室・寝台指定室) 客船以外には、日本海洋事業調査船海技教育機構練習船でも飾り毛布花毛布)の習慣があり、船長士官居室飾られたり船の一般公開時に展示紹介されたりする。 また、以下の展示施設博物館船)でも飾り毛布花毛布)を見ることができる。 青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸 函館市青函連絡船記念館摩周丸 日本郵船氷川丸 日本丸メモリアルパーク内、帆船日本丸 舞鶴親海公園内、エル・マールまいづる このほかにも、船や交通に関する展示施設飾り毛布実演体験教室開催されることがある

※この「実際」の解説は、「飾り毛布」の解説の一部です。
「実際」を含む「飾り毛布」の記事については、「飾り毛布」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/01 13:57 UTC 版)

無線標定陸上局」の記事における「実際」の解説

実務上は、レーダーあるいはその原理利用した自動速度違反取締装置侵入者検知システムなどのことである。 用途 局数の推移に見るとおり、その他の国家行政用(警察用、海上保安用を含む。)が多数占めるが、総務省の「無線局免許情報及び無線局登録情報」の公表範囲外としている。すなわち、警察自動速度違反取締装置海上保安庁沿岸監視レーダーなどである。その他、気象庁電力会社気象観測用、漁業協同組合曳航業者沿岸監視用などのレーダー鉄道事業者障害物検知システムなども無線標定陸上局である。 免許 種別コードLR免許の有効期間5年。但し、当初限り有効期限5年以内一定の11月30日となる。(沿革参照電波型式A2N、N0N又はP0Nで周波数10.525GHz又は24.2GHzで空中線電力が0.1W以下の無線標定無線設備技術基準適合証明対象であり、適合表示無線設備になれば簡易な免許手続規定適用され予備免許落成検査省略され免許される。簡易な免許手続適用外でも、一部除き登録検査等事業者等による点検ができるので、この結果に基づき落成検査一部省略される自衛隊レーダーについては、自衛隊法112第1項により免許要せず無線局数の統計にも含まれない操作 無線標定陸上局は、陸上の無線局であるので陸上系の無線従事者による管理常駐するという意味ではない。)を要するのが原則である。 例として、無線標定レーダー第二級陸上特殊無線技士上の無線従事者要する例外規定する電波法施行規則33条の無線従事者要しない簡易な操作」から無線標定陸上局係わるものを抜粋する第6号(5) 適合表示無線設備のみを使用する無線局無線設備外部転換装置電波の質に影響及ぼさないものの技術操作告示するものに基づく告示にある 警察庁所属のもの以外のもので空中線電力0.1W以下のもの警察庁所属のものには都道府県警察使用するものを含む。 自衛隊レーダーについては、自衛隊法112第1項により無線従事者要しない表示 適合表示無線設備には、従前技術基準適合証明文言を含む楕円形のマークが、1991年平成3年9月1日から〒を含んだ円形マーク表示義務付けられている。なお、1995年平成7年4月1日からのマークは、技適マークである。また、技術基準適合証明番号又は工事設計認証番号表示必須とされ、無線標定用の無線機器を表す記号は、技術基準適合証明番号又は工事設計認証番号英字の1字目のQである。(特定無線設備の技術基準適合証明等に関する規則 様式7)但し、2013年平成25年4月以降工事設計認証番号(4字目がハイフン(-))に記号表示は無い。 検査 落成検査は、上述通り簡易な免許手続対象であれば行われず登録検査等事業者等点検できれば一部省略するともできる定期検査は、電波法施行規則41条の2の6第14号により426.0MHz、10.525GHz、13.4125GHz、24.2GHz又は35.98GHz以外の周波数使用するもの対象である。周期別表第5号第17号により5年一部除き登録検査等事業者等による検査が可能で、この結果に基づき検査省略される変更検査は、落成検査と同様である。 自衛隊レーダーについては、自衛隊法112第1項により検査除外される

※この「実際」の解説は、「無線標定陸上局」の解説の一部です。
「実際」を含む「無線標定陸上局」の記事については、「無線標定陸上局」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/06 02:44 UTC 版)

もっともらしい否認」の記事における「実際」の解説

もっともらしい否認素直に受け入れられることはなく、たとえ刑事訴追避けることに成功したとしても、強力な状況証拠があり否認説得力欠け場合国民彼の主張疑い目を向けることになる。その結果世論応える形で引責示されることは珍しくない

※この「実際」の解説は、「もっともらしい否認」の解説の一部です。
「実際」を含む「もっともらしい否認」の記事については、「もっともらしい否認」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/11 14:41 UTC 版)

登録検査等事業者等」の記事における「実際」の解説

申請 登録の申請は、総合通信局沖縄総合通信事務所を含む。以下同じ。)に提出する外国点検する事業者関東総合通信局提出する申請書には、業務実施方法その他の書類を添付する必要があり、この業務実施方法書には、業務実施方法規定することはもちろん、登録点検事業者には点検員を、登録検査事業者には判定員要するので、これらが要件満たすことの証明書も要する判定員は、電波法第24条の2第4項第3号の「無線設備等の検査点検である部分を除く。)を行うものであること」の規定により、点検業務を行うことはできない。但し、判定員点検員を兼務することはでき、この場合判定員業務実施方法書に点検員としても記載され登録を受けることが必要となる。 測定器についても測定器等の較正に関する規則に基づくまたはこれと同等較正がされていることが要件となる。 更新 登録検査事業者は、5年ごとの更新要する手数料等 登録そのもの手数料不要 2004年平成16年3月29日より、登録証の紛失汚損の際の再交付手数料は1,4002005年平成17年4月1日より、登録免許税対象となり、税額90,000円(登録検査事業者の更新時は不要2011年平成23年6月30日より、登録検査事業者の更新手数料13,400円、電子申請利用すれば13,300

※この「実際」の解説は、「登録検査等事業者等」の解説の一部です。
「実際」を含む「登録検査等事業者等」の記事については、「登録検査等事業者等」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/06 14:41 UTC 版)

固定局」の記事における「実際」の解説

主に利用されているのは、マイクロ波(3GHz~30GHz)による固定マイクロ通信として、数km数十km離れた固定地点間の通信を担う。具体的には、電話回線中継テレビジョン基幹放送中継地方公共団体間のネットワーク構築等である。電気通信事業者などでは同一無線設備固定局基地局との二重免許取得することもある。局舎基地局などと、地上基幹放送送信所中継局では地上基幹放送局併設されることもある。 また、同報系防災行政無線にも用いられる役所から屋外拡声器に至るまで、固定地点間の通信を担う。 用途 局数の推移に見るとおり、防災行政用、水防水利道路用電気通信業務用多数占める。 免許 外国籍の者に免許原則として与えられないことは電波法第5条第1項定められているが、例外として第2項第5号 特定の固定地点間の無線通信を行う無線局実験無線局アマチュア無線局大使館公使館又は領事館公用供するもの及び電気通信業務を行うことを目的とするものを除く。) 第6号 大使館公使館又は領事館公用供する無線局特定の固定地点間の無線通信を行うものに限る。)であつて、その国内において日本国政府又はその代表者同種の無線局開設することを認める国の政府又はその代表者開設するもの) 第8号 電気通信業務を行うことを目的として開設する無線局規定されているので、外国籍の者にも免許されることがある引用促音表記原文ママ 種別コードFX免許の有効期間5年。但し、当初限り有効期限5年以内一定の11月30日となる。(沿革参照操作 固定局は、陸上の無線局であるので、最低でも第三級陸上特殊無線技士上の無線従事者による管理常駐するという意味ではない。)を要するのが原則である。 地上基幹放送局地上基幹放送試験局無線設備制御する放送事業用固定局では、空中線電力2kWを超えるテレビジョン基幹放送制御であれば第一級陸上無線技術士による、それ以外第二級陸上無線技術士以上による管理要する。但し受信障害対策中継放送局及び特定市町村放送局無線設備外部転換装置電波の質に影響及ぼさないものを制御するものであれば第二級陸上特殊無線技士上で足りる。 例外規定する電波法施行規則33条の無線従事者要しない簡易な操作」から固定局係わるものを抜粋する第4号(1) 特定無線局以外の陸上開設した無線局でかつ海岸局航空局船上通信局無線航行局海岸地球局又は航空地球局以外のものの通信操作固定局該当する第8号 その他に別に告示するものこれに基づく告示にあるプレストーク方式による無線電話送受切替装置技術操作 検査 落成検査は、適合表示無線設備用いたものであれば省略される。これ以外でも一部除き登録検査等事業者等による点検が可能でこの結果に基づき一部省略される定期検査は、電波法施行規則41条の2の6第1号により次のものを除き行われる周期別表第5号第1号により5年一部除き登録検査等事業者等による検査が可能で、この結果に基づき検査省略される単一通信路のもの 多重通信路のもののうち、下記以外のものRZSSB方式142~170MHz又は335.4MHz~470MHzを使用するもの 狭帯域デジタル通信方式142~170MHz、255~275MHz又は335.4MHz~470MHzを使用するもの 54MHz~70MHzを使用する市町村デジタル防災無線通信 変更検査は、落成検査と同様である。

※この「実際」の解説は、「固定局」の解説の一部です。
「実際」を含む「固定局」の記事については、「固定局」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/15 14:34 UTC 版)

衛星基幹放送試験局」の記事における「実際」の解説

免許 種別コードは、EBE免許の有効期間3年無線局免許状備付電波法施行規則38第1項により無線局免許状無線局備え付けるものとされるが、第38条の3第1項に基づく告示により、人工衛星搭載されるものは「無線従事者常駐する場所のうち主なもの」に備え付ければよい。 運用 無線局運用規則第2条の3に、「衛星基幹放送試験局には、地上基幹放送局に関するこの規則規定適用する。 」とあり、原則として地上基幹放送局同様に運用されるまた、無線設備規則第3条の2には、「衛星基幹放送試験局中略)には、その放送種類に応じて衛星基幹放送局中略に関するこの規則規定適用する。ただし、(中略)この規則規定適用することが別に告示するものについては、この限りでない。 」とあり、運用にあたり試験的性格を含むための例外規定している。 操作 原則として第二級陸上無線技術士上の空中線電力2kWを超えるテレビジョン基幹放送であれば第一級陸上無線技術士無線従事者による管理常駐するという意味ではない。)を要する。これは衛星基幹放送試験局を「通信の相手方」とする放送事業用地球局管理適用される例外無線従事者要しない簡易な操作」を規定する電波法施行規則33第8号 その他に別に告示するものに基づく告示にある音声混合器又は映像混合器操作 である。 検査 落成検査は、登録検査等事業者等による点検ができ、この結果に基づき一部省略することができる。 定期検査は、電波法施行規則別表第5号28号により周期1年登録検査等事業者等による点検ができ、この結果に基づき一部省略することができる。 変更検査は、落成検査と同様である。

※この「実際」の解説は、「衛星基幹放送試験局」の解説の一部です。
「実際」を含む「衛星基幹放送試験局」の記事については、「衛星基幹放送試験局」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/26 14:21 UTC 版)

気象援助局」の記事における「実際」の解説

ラジオゾンデ及び気象用ラジオ・ロボットが主たるのである用途 局数の推移に見るとおり、気象用が多数である。免許人気象庁その他の気象観測機関である。その他、ダム・湖沼・河川水位・流量観測をする水防水利道路用免許人河川事務所など)などにも免許される。 電波型式周波数空中線電力 ラジオゾンデ及び気象用ラジオ・ロボットの電波型式周波数空中線電力については、電波法施行規則第13条の3の2及びこれに基づく告示により次の中から指定される送信設備電波型式周波数空中線電力ラジオゾンデ (1) 当該ラジオゾンデ特定の動作をさせるための電波を受ける受信設備附置するもの K2D V1D V3D 1673MHz 1680MHz 1687MHz 10W以下 (2) (1)以外のもの A1D A2D F1D F2D F3D F7D F8D F9D G1D G7D 403.3MHz~405.7MHz100kHz間隔 0.2W以下 A1D A2D F1D F2D F7D F8D F9D 1673MHz 1680MHz 1687MHz 1W以下 K2D V1D 1673MHz 1680MHz 1687MHz 10W以下 気象用ラジオ・ロボット F1D F2D 402MHzから406MHzまで 1W以下 F1D 4162.9kHz 4164.7kHz 6244.9kHz 8330.2kHz 8330.8kHz 12482.3kHz 100W以下 これ以外には、日本周辺海域流向流速観測用に1764kHz・3W以下を指定するものとしている。 免許 種別コードSM免許の有効期間5年ラジオゾンデ及び気象用ラジオ・ロボットは技術基準適合証明対象であり、適合表示無線設備になれば簡易な免許手続規定適用され予備免許落成検査省略され免許される。簡易な免許手続適用外でも、一部除き登録検査等事業者等による点検ができるので、この結果に基づき落成検査一部省略される操作 気象援助局は、陸上の無線局であるので陸上系の無線従事者による管理常駐するという意味ではない。)を要するのが原則である。 例として、上記流向流速観測であれば第二級陸上特殊無線技士上の無線従事者要する例外規定する電波法施行規則33条の無線従事者要しない簡易な操作」から気象援助局係わるものを抜粋する第8号 その他に別に告示するものに基づく告示ラジオゾンデ及び気象用ラジオ・ロボット 表示 適合表示無線設備は、技適マーク'と技術基準適合証明番号又は工事設計認証番号表示必須とされ、ラジオゾンデ及び気象用ラジオ・ロボットを表す記号番号英字1-2字目のSYである。(特定無線設備の技術基準適合証明等に関する規則 様式7)但し、2013年平成25年4月以降工事設計認証番号(4字目がハイフン(-))に記号表示は無い。なお、ラジオゾンデ従前無線機器型式検定規則による検定機器で、検定マーク検定番号及び機器型式名表示必須であった。これを表す記号検定番号の1字目がMで機器型式名1-2字目がMMまたはMSであった。(無線機器型式検定規則 別表第8号検査 落成検査は、上述通り簡易な免許手続対象であれば行われず、これ以外でも登録検査等事業者等による点検できれば一部省略することができる。 定期検査は、電波法施行規則41条の2の6第25号により行われない変更検査は、落成検査と同様である。

※この「実際」の解説は、「気象援助局」の解説の一部です。
「実際」を含む「気象援助局」の記事については、「気象援助局」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/28 20:49 UTC 版)

構内無線局」の記事における「実際」の解説

一つ構内、すなわち工場敷地内ビル内などの内部のみで使用されるものであり、公道上や移動中の車両などでは使用できない使用する場所が一つ構内とどまらない場合は、同一用途陸上移動局特定小電力無線局使用しなければならない用途電波の型式周波数空中線電力電波法施行規則別に告示するものとしている。 用途電波型式周波数空中線電力 電波法施行規則に基づく告示無線設備規則に基づく告示にある用途電波型式周波数空中線電力及び免許局・登録局区別次のとおり(経過措置よるものを含む。)である。 テレメーター、テレコントロール、データ伝送電波型式 周波数 空中線電力 備考 F1D F1F F2DF2F F7D F7FG1D G1F G2DG2F G7D G7FD1D D1F D2DD2F D7D D7F 1216.0125~1216.9875MHz1252.0125MHz~1252.9875MHz25kHz間隔1216.0125MHz 1252.0125MHz1216.5125MHz 1252.5125MHzは周波数制御用1216~1217MHz1252~1253MHz50kHz間隔1216MHz 1252MHzは周波数制御用 0.1W以下 免許局単向通信方式単信方式同報通信方式複信方式複信方式技術基準での使用は「令和4年11月30日」まで 移動識別電波型式 周波数 空中線電力 備考 N0N A1D AXNH1D R1D J1DF1D F2D G1D 占有周波数帯幅200kHz以下916.8MHz 918MHz 919.2MHz、920.4MHz 920.6MHz 920.8MHz占有周波数帯幅200kHzを超え400kHz以下920.5MHz 920.7MHz占有周波数帯幅400kHzを超え600kHz以下920.6MHz 1W以下 登録局 N0N A1D AXNF1D F2D G1D 2440MHz 2450MHz 2455MHz 0.3W以下 免許局使用は「令和4年11月30日」まで 2448.875MHz 周波数ホッピング方式登録局、他は免許局旧技術基準免許局の使用は「令和4年11月30日」まで 使用期限については#旧技術基準の機器の免許参照 構内無線局割り当てられ周波数帯同一用途他の種別の局あるいは他の業務ISMバンド共用しており、混信などの妨害関し優先度異なる。この関係を次に示す。 周波数帯周波数優先度高←→優先度ISMバンド 一次業務 二次業務 免許不要局 920MHz帯 916.8~920.8MHz - 携帯電話 構内無線局陸上移動局 特定小電力無線局 1.2GHz帯 1216~1217MHz1252~1253MHz - 構内無線局特定小電力無線局 2.45GHz帯 2440MHz2450MHz2455MHz2448.875MHz 電子レンジ 構内無線局 アマチュア局 小電力無線局特定小電力無線局 無線LAN デジタルコードレス電話 模型飛行機無線操縦 Bluetooth 斜体同一用途他の種別の同順位のものは先に使用するもの優先する。 実際は無線LANデジタルコードレス電話などからの混信を完全に回避することは難しい。 免許・登録 種別コードLO免許・登録有効期間5年である。 適合表示無線設備でなくとも免許申請はできるが、簡易な免許手続適用されないので申請煩瑣なものとなり、操作にもあるとおり操作無線従事者要することとなる。つまり、適合表示無線設備使用することが事実上必須条件である。 局数 一部種類登録局があり無線局登録状には記載されない操作 電波法施行規則33条に無線従事者要しない簡易な操作」として、第6号(4)構内無線局が、適合表示無線設備のみを使用するもの限り無線設備外部転換装置電波の質に影響及ぼさないものの技術操作」と掲げられているので事実上無資格利用できる表示 適合表示無線設備には、当初技術基準適合証明文言を含む楕円形のマークが、1991年平成3年9月から〒を含んだ円形マーク表示義務付けられている。1995年平成7年4月からのマーク技適マークである。 適合表示無線設備には技術基準適合証明番号又は工事設計認証番号表示必須とされ、構内無線機器を表す記号は、技術基準適合証明番号では4-5字目にあり、種別毎に次のとおりである。(特定無線設備の技術基準適合証明等に関する規則 様式7) 種別記号下記以外の全て AS 920MHz帯(キャリアセンス付きBS 2.45GHz帯(周波数ホッピング方式CS 工事設計認証番号番号の4字目がハイフン(-))には記号表示要しない記号変遷沿革参照検査 落成検査は、上述通り適合表示無線設備使用事実上必須条件であり、簡易な免許手続対象とされて行われない定期検査は、電波法施行規則41条の2の6第24号により行われない変更検査は、落成検査と同様である。 標準規格 法制化当初から、電波システム開発センター(略称 RCR)(現電波産業会(略称 ARIB))が電波法令の技術基準含めて規格化し、標準規格として公開している。 RCR STD-1 構内無線局2.4GHz帯移動識別無線設備 RCR STD-2 データ伝送システム廃止済みRCR STD-3 構内ページングシステム(廃止済みRCR STD-4 テレメータテレコントロールシステム廃止済みRCR STD-5 構内無線局1,200MHz帯テレメータ用、テレコントロール用及びデータ伝送無線設備 ARIB STD-T106 構内無線局920MHz帯移動識別無線設備 チャネル番号 電波産業会標準規格RCR STD-5、ARIB STD-T106)にあるものを次表掲げる。 1200MHz帯占周波数帯32kHz以下占有周波数帯16kHz以下ch 周波数 ch 周波数 ch 周波数 ch 周波数 1 1216.0000MHz 1 1252.0000MHz 1 1216.0125MHz 1 1252.0125MHz 2 1216.0500MHz 2 1252.0500MHz 2 1216.0375MHz 2 1252.0375MHz 3 1216.1000MHz 3 1252.1000MHz 3 1216.0625MHz 3 1252.0625MHz 4 1216.1500MHz 4 1252.1500MHz 4 1216.0875MHz 4 1252.0875MHz 5 1216.2000MHz 5 1216.2000MHz 5 1216.1125MHz 5 1216.1125MHz 6 1216.2500MHz 6 1252.2500MHz 6 1216.1375MHz 6 1252.1375MHz 7 1216.3000MHz 7 1216.3000MHz 7 1216.1625MHz 7 1216.1625MHz 8 1216.3500MHz 8 1252.3500MHz 8 1216.1875MHz 8 1252.1875MHz 9 1216.4000MHz 9 1216.4000MHz 9 1216.2125MHz 9 1216.2125MHz 10 1216.4500MHz 10 1252.4500MHz 10 1216.2375MHz 10 1252.2375MHz 11 1216.5000MHz 11 1216.5000MHz 11 1216.2625MHz 11 1216.2625MHz 12 1216.5500MHz 12 1252.5500MHz 12 1216.2875MHz 12 1252.2875MHz 13 1216.6000MHz 13 1252.6000MHz 13 1216.3125MHz 13 1252.3125MHz 14 1216.6500MHz 14 1252.6500MHz 14 1216.3375MHz 14 1252.3375MHz 15 1216.7000MHz 15 1252.7000MHz 15 1216.3625MHz 15 1252.3625MHz 16 1216.7500MHz 16 1252.7500MHz 16 1216.3875MHz 16 1252.3875MHz 17 1216.8000MHz 17 1252.8000MHz 17 1216.4125MHz 17 1252.4125MHz 18 1216.8500MHz 18 1252.8500MHz 18 1216.4375MHz 18 1252.4375MHz 19 1216.9000MHz 19 1252.9000MHz 19 1216.4625MHz 19 1252.4625MHz 20 1216.9500MHz 20 1252.9500MHz 20 1216.4875MHz 20 1252.4875MHz 21 1217.0000MHz 21 1253.0000MHz 21 1217.5125MHz 21 1253.5125MHz 22 1216.5375MHz 22 1252.5375MHz 23 1216.5625MHz 23 1252.5625MHz 24 1216.5875MHz 24 1252.5875MHz 25 1216.6125MHz 25 1252.6125MHz 26 1216.6375MHz 26 1252.6375MHz 27 1216.6875MHz 27 1252.6875MHz 28 1216.7375MHz 28 1252.7375MHz 29 1216.7125MHz 29 1252.7125MHz 30 1216.7375MHz 30 1252.7375MHz 31 1216.7625MHz 31 1252.7625MHz 32 1216.7875MHz 32 1252.7875MHz 33 1216.8125MHz 33 1252.8125MHz 34 1216.8375MHz 34 1252.8375MHz 35 1216.8625MHz 35 1252.8625MHz 36 1216.8875MHz 36 1252.8875MHz 37 1216.9125MHz 37 1252.9125MHz 38 1216.9375MHz 38 1252.9375MHz 39 1216.9625MHz 39 1252.9625MHz 40 1216.9875MHz 40 1252.9875MHz 920MHz帯単位チャネル番号中心周波数備考5 916.8MHz 送信時間制限及びキャリアセンス有り 11 918.0MHz 17 919.2MHz 23 920.4MHz 24 920.6MHz 25 920.8MHz 5 916.8MHz 送信時間制限無し又はキャリアセンス無し 11 918.0MHz 17 919.2MHz 23 920.4MHz 注 送信時間制限機能及びキャリアセンス機能有れば、920.4MHz(チャネル23)以上の最大3隣接単位チャネルまで同時に動作することができる。

※この「実際」の解説は、「構内無線局」の解説の一部です。
「実際」を含む「構内無線局」の記事については、「構内無線局」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/24 06:43 UTC 版)

出産旅行」の記事における「実際」の解説

出産旅行には莫大な費用がかかる。日本駐在員赴任保険海外旅行保険妊娠・出産費をカバーしないため総費用全額実費となるためである(米国民間医療保険加入してない場合)。米国、カナダ共に日本国籍者は通常ノービザ90日の滞在が可能である。しかし、入国から入院病院からの新生児出生証明書発行州政府からのパスポート発給までには90日以上かかる場合がある。 また妊婦航空機搭乗早産新生児合併症など可能性があるため危険性もある。2015年カリフォルニア州出産する予定だった台湾人妊婦搭乗していた機内破水し出産するという事件も起きている。

※この「実際」の解説は、「出産旅行」の解説の一部です。
「実際」を含む「出産旅行」の記事については、「出産旅行」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/01 22:14 UTC 版)

指定較正機関」の記事における「実際」の解説

対象 対象となる測定器較正規則別表第1号規定する次ののである周波数計 スペクトル分析電界強度測定器 高周波電力計 電圧電流標準信号発生器 周波数標準表示 指定較正機関較正した測定器には、較正規則別表第2号による表示をする。この表示には郵便記号(〒マーク)が含まれている。 較正較正規則第11条により、指定較正機関には較正員を置かなくてはならない要件次のいずれか大学又は高等専門学校無線通信工学履修した卒業者 第一級総合無線通信士陸上無線技術士又は第一級海上無線通信士 公示 較正規則第17条により、較正機関指定および休廃止公示は、官報告示される

※この「実際」の解説は、「指定較正機関」の解説の一部です。
「実際」を含む「指定較正機関」の記事については、「指定較正機関」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/01 23:16 UTC 版)

陸上移動局」の記事における「実際」の解説

定義にみるとおり、もっぱら陸上用いられる移動する無線局のことであり、移動局一種でもある。陸上使用でき、船舶航空機持ち運んで使用できる無線機かつては移動局、現在は携帯局として海事・航空関係者免許している。なお、海上での使用について次のように規制緩和されてきた。 従来、これらに準ずる水域解釈防波堤またはこれに準ずるものの内側とされていた。しかし、マリネットホン廃止の際に、代替となるMCA無線移動機や携帯電話端末についてマリネットホン移動範囲引き継ぐ形で平水区域とし、更に沿岸区域まで緩和した。これを受け携帯電話事業者MCA無線事業者は、約款において「これらに準ずる水域」を「沿岸の海域」と表現している。これは、おおむね領海沿岸から12海里、約22km)を指すものとしている。携帯電話MCA無線領海上で使用できることとなったわけではあるが、船舶局代用になるものではなく海上交通管制などの海上安全にかかわる通信には使えないまた、基地局配置依存するので確実に領海内で使用できるとは限らないが、MCA無線では沿岸から100km超まで実用になる例もある。その他の用途については沿岸水域(沿岸から3海里、約5.5km)又は港の区域内としている。 音声画像・データ伝送遠隔操作無人移動体の操縦など単向通信呼ばれる一方的な送信にも用いられる特定ラジオマイク車載型FPU無人移動体画像伝送システム産業用ロボット、920MHz帯の陸上移動局などである。 ヘリテレシステムFPUドローン通称される無人航空機送信機携帯局として免許される。 無人移動体画像伝送システム制度化以前産業用ラジコン陸上又は水上使用されるものは、免許不要局よるものしかなかった。 920MHz帯の陸上移動局は、かつての簡易無線局無線局種別変更されたもので、テレメータ、テレコントロール、データ伝送及び移動識別用いられる簡易無線#廃止参照

※この「実際」の解説は、「陸上移動局」の解説の一部です。
「実際」を含む「陸上移動局」の記事については、「陸上移動局」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/01 22:36 UTC 版)

測定器等の較正に関する規則」の記事における「実際」の解説

対象 対象となる測定器次ののである周波数計 スペクトル分析電界強度測定器 高周波電力計 電圧電流標準信号発生器 周波数標準表示 情報通信研究機構または指定較正機関較正した測定器には、本規則別表第2号による表示をする。 較正指定較正機関には較正員を置かなくてはならない要件次のいずれか大学又は高等専門学校無線通信工学履修した卒業者 第一級総合無線通信士陸上無線技術士又は第一級海上無線通信士 公示 較正機関指定および休廃止公示は、官報での告示よる。

※この「実際」の解説は、「測定器等の較正に関する規則」の解説の一部です。
「実際」を含む「測定器等の較正に関する規則」の記事については、「測定器等の較正に関する規則」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/10 14:30 UTC 版)

実用化試験局」の記事における「実際」の解説

各種無線通信業務利用できる見込みのある場合開設される無線局である。実験試験局従前は、実験局)から種別変更になるものもあり、実験試験局から各種無線通信業務の局への橋渡しともいえる種別である。 対象となる無線通信業務は、従前放送用として民間事業者日本放送協会または放送大学学園以外の事業者という意味)により実施するものが多かった。これは、FM東海にみるように、実験試験局では営利行為認められない実用化試験局であれば認められCM放送して収入とすることができ、事業として見込みあるかの判断できることによることであった携帯電話または無線アクセス陸上移動局相当する無線局の上利用実用化試験局として免許することとされて以降は、電気通信業務用が主である。 免許 無線局免許手続規則第2条2項により、地上基幹放送試験局特定地上基幹放送試験局を含む。)、実験試験局特定実験試験局を含む。)、アマチユア局または衛星基幹放送試験局以外の業務実用化試験目的とする無線局については、実用化試験局として免許申請するものとされる除外される無線局は、当該業務試験的性格を含むからである。 引用拗音表記原文ママ 簡易な免許手続対象ではないので、予備免許取得し落成検査合格して免許付与される。但し、一部除き登録検査等事業者等による点検ができるので、この結果に基づき落成検査一部省略される種別コードDVT有効期間2年である。 運用 無線局運用規則第2条の2に、「実用化試験局には、その無線局実用化試験をしようとする無線通信業務当該無線局に関するこの規則規定適用する。」 とあり、原則として当該種別無線局同様に運用されるまた、無線設備規則第4条には、「実用化試験局には、実用化試験をしようとする無線通信業務無線局に関するこの規則規定適用する。ただし、実用化試験局のうちこの規則規定適用することが困難又は不合理であるため別に告示するものについては、この限りでない。 」とあり、運用にあたり試験的性格を含むための例外規定している。 操作 電波法施行規則33条に無線従事者要しない簡易な操作」として次にあげられているものを除き運用にもある通り実用化試験をしようとする無線通信業務当該無線局操作できる資格無線従事者管理常駐するという意味ではない。)を要する第4号(1) 特定無線局以外の陸上開設した無線局でかつ海岸局航空局船上通信局無線航行局海岸地球局又は航空地球局以外の無線設備通信操作陸上開設した実用化試験局にも適用される第8号 その他に別に告示するものに基づく告示定め次のもの第3項第1号(9) 人工衛星開設する基幹放送を行う実用化試験局通信を行う地球局実用化試験局音声混合器又は映像混合器操作 第3項第5号 プレストーク方式による無線電話送受切替装置及びラジオマイク技術操作 電波利用料 電波利用料は、実用化ようとする無線通信業務無線局のものが適用される検査 落成検査は、上述通り定期検査は、電波法施行規則41条の2の6第21号により衛星基幹放送試験局相当するものについて行われる周期別表第5号30号により1年一部除き登録検査等事業者等による検査ができるので、この結果に基づき検査省略される変更検査は、落成検査と同様である。

※この「実際」の解説は、「実用化試験局」の解説の一部です。
「実際」を含む「実用化試験局」の記事については、「実用化試験局」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/08 01:53 UTC 版)

連結貸借対照表」の記事における「実際」の解説

下に親会社子会社株式60%保有している場合考える。 連結貸借対照表では両社個別貸借対照表足し合わせる両社間での取引相殺消去する相殺消去によって生じる差は「のれん代」として分類する子会社貸借対照表資産2,000 親会社への買掛金 400負債 700 資本金 500 親会社持分 540 剰余金 400 少数株主持分 360 親会社貸借対照表子会社への売掛金 400 . .負債 . 2,000資産 . 4,000 . . . . 資本金 . 1,800 . 剰余金 子会社株式 600 1,200 連結貸借対照表. . . 諸負債 . 2,700資産 . 6,000 . . . . . . 少数株主持分 360 . 資本金 . 1,800 . 剰余金 のれん 60 1,200 上の例では、1.両社個別貸借対照表足し合わせることで「連結貸借対照表」の白地部分作られる。 2.両社間での取引相殺消去するために、親会社への買掛金400子会社への売掛金400消去されるまた、投資と資本の相殺消去」と呼ばれる操作によって子会社への投資600子会社資本500余剰金400合わせて900内の60%分の親会社持分540対応する。 3.相殺消去によって生じる差は「のれん代」等として分類するので、子会社への投資600親会社持分540引いた残り60のれん代として資産の部記載される同様に子会社純資産相当して親会社関与していない分を少数株主持分として360負債の部記載される。 こののれん代は、親会社子会社営業権支配する目的支払われた額と認識され、この例では支出純資産持分上回っているが、逆に支出純資産持分下回る場合には「負ののれん代」として負債の部計上される。 これらのれん代20年以内所定年数渡って規則的な方法償却され、償却額は連結損益計算書連結決算上の費用として販売費及び一般管理費記載される。ただし負ののれんに関して収益として営業外収益記載される

※この「実際」の解説は、「連結貸借対照表」の解説の一部です。
「実際」を含む「連結貸借対照表」の記事については、「連結貸借対照表」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/22 14:15 UTC 版)

無線航行陸上局」の記事における「実際」の解説

用途 局数の推移に見るとおり航空運輸用とその他国行政用(海上保安用・航空保安用を含む。)でその殆どを占める。 無線局運用規則107条には海上無線航行業務に、第178条には航空無線航行業務使用する電波の型式及び周波数は、別に告示するものとしている。 これらに基づく告示指定されているものは、 海上無線航行用ではロランCレーダー及び国際VHFレーダービーコンディファレンシャルGPS 航空無線航行用ではタカンVORTACVOR/DMEILS無指向性無線標識(NDB)、VORは、無線航行陸上局ではなく無線標識局として免許される。 である。 周波数 海上無線航行業務 ロランCは、90~110kHz(ロランCシステム用) レーダーは、13.4~14GHz 国際VHFは、156~157.45MHzおよび160.6~162.05MHz レーダービーコンは、9200~9500MHz ディファレンシャルGPSは、285~325kHz(衛星測位誤差補正システム用、無線標識用) の中から割り当てられる航空無線航行業務 航空用DMEタカンILSVOR又はATCRBSについては、電波法施行規則第13条第3項に基づく別表第2号の3から抜粋する(1) VORILSローカライザILSグライド・パスMLS角度系、地上DME地上タカン無線局周波数 チヤネル周波数(MHz)VOR又はILSローカライザ ILSグライド・パス 地上DME及び地上タカン 1X ― ― 962 1Y ― ― 1088 2X ― ― 963 2Y ― ― 1089 3X ― ― 964 3Y ― ― 1090 4X ― ― 965 4Y ― ― 1091 5X ― ― 966 5Y ― ― 1092 6X ― ― 967 6Y ― ― 1093 7X ― ― 968 7Y ― ― 1094 8X ― ― 969 8Y ― ― 1095 9X ― ― 970 9Y ― ― 1096 10X ― ― 971 10Y ― ― 1097 11X ― ― 972 11Y ― ― 1098 12X ― ― 973 12Y ― ― 1099 13X ― ― 974 13Y ― ― 1100 14X ― ― 975 14Y ― ― 1101 15X ― ― 976 15Y ― ― 1102 16X ― ― 977 16Y ― ― 1103 17X 108.00 ― 978 17Y 108.05 ― 1104 17Z ― ― 1104 18X *108.10 334.70 979 18W ― ― 979 18Y *108.15 334.55 1105 18Z ― ― 1105 19X 108.20 ― 980 19Y 108.25 ― 1106 19Z ― ― 1106 20X *108.30 334.10 981 20W ― ― 981 20Y *108.35 333.95 1107 20Z ― ― 1107 21X 108.40 ― 982 21Y 108.45 ― 1108 21Z ― ― 1108 22X *108.50 329.90 983 22W ― ― 983 22Y *108.55 329.75 1109 22Z ― ― 1109 23X 108.60 ― 984 23Y 108.65 ― 1110 23Z ― ― 1110 24X *108.70 330.50 985 24W ― ― 985 24Y *108.75 330.35 1111 24Z ― ― 1111 25X 108.80 ― 986 25Y 108.85 ― 1112 25Z ― ― 1112 26X *108.90 329.30 987 26W ― ― 987 26Y *108.95 329.15 1113 26Z ― ― 1113 27X 109.00 ― 988 27Y 109.05 ― 1114 27Z ― ― 1114 28X *109.10 331.40 989 28W ― ― 989 28Y *109.15 331.25 1115 28Z ― ― 1115 29X 109.20 ― 990 29Y 109.25 ― 1116 29Z ― ― 1116 30X *109.30 332.00 991 30W ― ― 991 30Y *109.35 331.85 1117 30Z ― ― 1117 31X 109.40 ― 992 31Y 109.45 ― 1118 31Z ― ― 1118 32X *109.50 332.60 993 32W ― ― 993 32Y *109.55 332.45 1119 32Z ― ― 1119 33X 109.60 ― 994 33Y 109.65 ― 1120 33Z ― ― 1120 34X *109.70 333.20 995 34W ― ― 995 34Y *109.75 333.05 1121 34Z ― ― 1121 35X 109.80 ― 996 35Y 109.85 ― 1122 35Z ― ― 1122 36X *109.90 333.80 997 36W ― ― 997 36Y *109.95 333.65 1123 36Z ― ― 1123 37X 110.00 ― 998 37Y 110.05 ― 1124 37Z ― ― 1124 38X *110.10 334.40 999 38W ― ― 999 38Y *110.15 344.25 1125 38Z ― ― 1125 39X 110.20 ― 1000 39Y 110.25 ― 1126 39Z ― ― 1126 40X *110.30 335.00 1001 40W ― ― 1001 40Y *110.35 334.85 1127 40Z ― ― 1127 41X 110.40 ― 1002 41Y 110.45 ― 1128 41Z ― ― 1128 42X *110.50 329.60 1003 42W ― ― 1003 42Y *110.55 329.45 1129 42Z ― ― 1129 43X 110.60 ― 1004 43Y 110.65 ― 1130 43Z ― ― 1130 44X *110.70 330.20 1005 44W ― ― 1005 44Y *110.75 330.05 1131 44Z ― ― 1131 45X 110.80 ― 1006 45Y 110.85 ― 1132 45Z ― ― 1132 46X *110.90 330.80 1007 46W ― ― 1007 46Y *110.95 330.65 1133 46Z ― ― 1133 47X 111.00 ― 1008 47Y 111.05 ― 1134 47Z ― ― 1134 48X *111.10 331.70 1009 48W ― ― 1009 48Y *111.15 331.55 1135 48Z ― ― 1135 49X 111.20 ― 1010 49Y 111.25 ― 1136 49Z ― ― 1136 50X *111.30 332.30 1011 50W ― ― 1011 50Y *111.35 332.15 1137 50Z ― ― 1137 51X 111.40 ― 1012 51Y 111.45 ― 1138 51Z ― ― 1138 52X *111.50 332.90 1013 52W ― ― 1013 52Y *111.55 332.75 1138 52Z ― ― 1139 53X 111.60 ― 1014 53Y 111.65 ― 1140 53Z ― ― 1140 54X *111.70 333.50 1015 54W ― ― 1015 54Y *111.75 333.35 1141 54Z ― ― 1141 55X 111.80 ― 1016 55Y 111.85 ― 1142 55Z ― ― 1142 56X *111.90 331.10 1017 56W ― ― 1017 56Y *111.95 330.95 1143 56Z ― ― 1143 57X 112.00 ― 1018 57Y 112.05 ― 1144 58X 112.10 ― 1019 58Y 112.15 ― 1145 59X 112.20 ― 1020 59Y 112.25 ― 1146 60X ― ― 1021 60Y ― ― 1147 61X ― ― 1022 61Y ― ― 1148 62X ― ― 1023 62Y ― ― 1149 63X ― ― 1024 63Y ― ― 1150 64X ― ― 1151 64Y ― ― 1025 65X ― ― 1152 65Y ― ― 1026 66X ― ― 1153 66Y ― ― 1027 67X ― ― 1154 67Y ― ― 1028 68X ― ― 1155 68Y ― ― 1029 69X ― ― 1156 69Y ― ― 1030 70X 112.30 ― 1157 70Y 112.35 ― 1031 71X 112.40 ― 1158 71Y 112.45 ― 1032 72X 112.50 ― 1159 72Y 112.55 ― 1033 73X 112.60 ― 1160 73Y 112.65 ― 1034 74X 112.70 ― 1161 74Y 112.75 ― 1035 75X 112.80 ― 1162 75Y 112.85 ― 1036 76X 112.90 ― 1163 76Y 112.95 ― 1037 77X 113.00 ― 1164 77Y 113.05 ― 1038 78X 113.10 ― 1165 78Y 113.15 ― 1039 79X 113.20 ― 1166 79Y 113.25 ― 1040 80X 113.30 ― 1167 80Y 113.35 ― 1041 80Z ― ― 1041 81X 113.40 ― 1168 81Y 113.45 ― 1042 81Z ― ― 1042 82X 113.50 ― 1169 82Y 113.55 ― 1043 82Z ― ― 1043 83X 113.60 ― 1170 83Y 113.65 ― 1044 83Z ― ― 1044 84X 113.70 ― 1171 84Y 113.75 ― 1045 84Z ― ― 1045 85X 113.80 ― 1172 85Y 113.85 ― 1046 85Z ― ― 1046 86X 113.90 ― 1173 86Y 113.95 ― 1047 86Z ― ― 1047 87X 114.00 ― 1174 87Y 114.05 ― 1048 87Z ― ― 1048 88X 114.10 ― 1175 88Y 114.15 ― 1049 88Z ― ― 1049 89X 114.20 ― 1176 89Y 114.25 ― 1050 89Z ― ― 1050 90X 114.30 ― 1177 90Y 114.35 ― 1051 90Z ― ― 1051 91X 114.40 ― 1178 91Y 114.45 ― 1052 91Z ― ― 1052 92X 114.50 ― 1179 92Y 114.55 ― 1053 92Z ― ― 1053 93X 114.60 ― 1180 93Y 114.65 ― 1054 93Z ― ― 1054 94X 114.70 ― 1181 94Y 114.75 ― 1055 94Z ― ― 1055 95X 114.80 ― 1182 95Y 114.85 ― 1056 95Z ― ― 1056 96X 114.90 ― 1183 96Y 114.95 ― 1057 96Z ― ― 1057 97X 115.00 ― 1184 97Y 115.05 ― 1058 97Z ― ― 1058 98X 115.10 ― 1185 98Y 115.15 ― 1059 98Z ― ― 1059 99X 115.20 ― 1186 99Y 115.25 ― 1060 99Z ― ― 1060 100X 115.30 ― 1187 100Y 115.35 ― 1061 100Z ― ― 1061 101X 115.40 ― 1188 101Y 115.45 ― 1062 101Z ― ― 1062 102X 115.50 ― 1189 102Y 115.55 ― 1063 102Z ― ― 1063 103X 115.60 ― 1190 103Y 115.65 ― 1064 103Z ― ― 1064 104X 115.70 ― 1191 104Y 115.75 ― 1065 104Z ― ― 1065 105X 115.80 ― 1192 105Y 115.85 ― 1066 105Z ― ― 1066 106X 115.90 ― 1193 106Y 115.95 ― 1067 106Z ― ― 1067 107X 116.00 ― 1194 107Y 116.05 ― 1068 107Z ― ― 1068 108X 116.10 ― 1195 108Y 116.15 ― 1069 108Z ― ― 1069 109X 116.20 ― 1196 109Y 116.25 ― 1070 109Z ― ― 1070 110X 116.30 ― 1197 110Y 116.35 ― 1071 110Z ― ― 1071 111X 116.40 ― 1198 111Y 116.45 ― 1072 111Z ― ― 1072 112X 116.50 ― 1199 112Y 116.55 ― 1073 112Z ― ― 1073 113X 116.60 ― 1200 113Y 116.65 ― 1074 113Z ― ― 1074 114X 116.70 ― 1201 114Y 116.75 ― 1075 114Z ― ― 1075 115X 116.80 ― 1202 115Y 116.85 ― 1076 115Z ― ― 1076 116X 116.90 ― 1203 116Y 116.95 ― 1077 116Z ― ― 1077 117X 117.00 ― 1204 117Y 117.05 ― 1078 117Z ― ― 1078 118X 117.10 ― 1205 118Y 117.15 ― 1079 118Z ― ― 1079 119X 117.20 ― 1206 119Y 117.25 ― 1080 119Z ― ― 1080 120X 117.30 ― 1207 120Y 117.35 ― 1081 121X 117.40 ― 1208 121Y 117.45 ― 1082 122X 117.50 ― 1209 122Y 117.55 ― 1083 123X 117.60 ― 1210 123Y 117.65 ― 1084 124X 117.70 ― 1211 124Y 117.75 ― 1085 125X 117.80 ― 1212 125Y 117.85 ― 1086 126X 117.90 ― 1213 126Y 117.95 ― 1087 注 *印を付した周波数は、ILSローカライザ使用する無線局に限る。 (2) ILSのマーカ・ビーコンを使用する無線局 75MHz (3) ATCRBSの無線局地表開設するもの 1030MHz、1090MHz 免許 種別コードRL免許の有効期間5年。但し、当初限り有効期限5年以内一定の11月30日となる。(沿革参照運用 無線局運用規則108条には海上無線航行業務の、第182条には航空無線航行業務運用については、別に告示するものとしている。これらに基づく告示により運用時間、位置などが告示されている。また、電波法第16条第1項ただし書および電波法施行規則第10条の2により、運用開始の届出要する操作 無線航行局は、陸上の無線局ではないので陸上特殊無線技士では操作できず、告示されているものでは、最低でも海上系または航空系の無線従事者による管理常駐するという意味ではない。)を要する電波法施行規則34条の2の「無線従事者なければ行つてはならない無線設備操作」の第4号にあるその他告示するものに基づく告示により、国土交通省地方公共団体成田国際空港株式会社関西国際空港株式会社又は中部国際空港株式会社所属無線航行陸上局であって航空機航行安全確保の用に供するものの無線設備操作無線従事者なければ行ってならない促音表記原文ママ 検査 落成検査は、国以外が設置する場合限り登録検査等事業者等による点検が可能でこの結果に基づき一部省略される定期検査は、電波法施行規則別表第5号第15号により周期1年落成検査同様に国以外が設置する場合限り登録検査等事業者等による点検が可能でこの結果に基づき一部省略される変更検査は、落成検査と同様である。

※この「実際」の解説は、「無線航行陸上局」の解説の一部です。
「実際」を含む「無線航行陸上局」の記事については、「無線航行陸上局」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/22 14:09 UTC 版)

衛星基幹放送局」の記事における「実際」の解説

免許 種別コードは、EV免許の有効期間5年。但し、当初限り有効期限5年以内一定の10月31日となる。(沿革参照また、臨時目的放送専ら行うものは、当該放送の目的達成するために必要な期間である。 無線局免許状備付電波法施行規則38第1項により無線局免許状無線局備え付けるものとされるが、第38条の3第1項に基づく告示により、人工衛星搭載されるものは「無線従事者常駐する場所のうち主なもの」に備え付ければよい。 運用 無線局運用規則第2条の2に、「衛星基幹放送局中略)には、地上基幹放送局に関するこの規則規定適用する。 」とあり、同規則第5章適用される操作 原則として第二級陸上無線技術士上の空中線電力2kWを超えるテレビジョン基幹放送局第一級陸上無線技術士無線従事者による管理常駐するという意味ではない。)を要する。これは衛星基幹放送局を「通信の相手方」とする放送事業用地球局管理適用される例外無線従事者要しない簡易な操作」を規定する電波法施行規則33第8号に基づく告示規定する音声混合器又は映像混合器操作である。 検査 落成検査は、登録検査等事業者等による点検ができ、この結果に基づき一部省略することができる。 定期検査は、電波法施行規則別表第5号27号により周期1年登録検査等事業者等による点検ができ、この結果に基づき一部省略することができる。 変更検査は、落成検査と同様である。

※この「実際」の解説は、「衛星基幹放送局」の解説の一部です。
「実際」を含む「衛星基幹放送局」の記事については、「衛星基幹放送局」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/09 17:11 UTC 版)

オクターヴ奏法」の記事における「実際」の解説

クラシックの分野では、リスト・アルカン・パガニーニが、非常に多く楽曲において、オクターヴによる見せ場書き残している。

※この「実際」の解説は、「オクターヴ奏法」の解説の一部です。
「実際」を含む「オクターヴ奏法」の記事については、「オクターヴ奏法」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/13 14:09 UTC 版)

船舶地球局」の記事における「実際」の解説

通信の相手方となる海岸地球局には地上通信網との接続のための設備併設されており、海運会社海上保安庁直接連絡がとれる。 用途 電気通信業務が殆どである。 免許 無線局の免許人として外国籍の者が原則として排除されることは、電波法第5条第1項欠格事由として規定されているが、例外として第2項第3号 船舶無線局船舶開設する無線局のうち、電気通信業務電気通信事業法昭和59年法律86号)第2条第6号電気通信業務をいう。以下同じ。)を行うことを目的とするもの以外のもの(実験無線局及びアマチュア無線局を除く。)をいう。以下同じ。)であつて、船舶安全法昭和8年法律第11号)第29条の7に規定する船舶開設するもの 第8号 電気通信業務を行うことを目的として開設する無線局 があり、これに該当するものは外国人外国会社団体でも開局できる。 引用促音表記原文ママ 種別コードTG免許の有効期間5年。但し当初限り有効期限4年をこえて5年以内1月31日となる。 電波の型式及び周波数 インマルサット人工衛星局中継により海岸地球局通信を行う船舶地球局は、電波法施行規則第12条第6項およびこれに基づく告示により、次の電波送り、及び受けることができなければならない 無線設備送信電波の型式及び周波数受信電波の型式及び周波数インマルサットC型 G1D電波及びG1B電波1,626.500MHzから1,646.500MHzまでの周波数帯において総合通信局長(沖縄総合通信事務所長を含む、以下同じ。)が指示する周波数 G1B電波1,537.100MHz、1,537.700MHz、1,541.450MHz上記以外のG1D電波及びG1B電波1,530.000MHzから1,545.000MHzまでの周波数帯において総合通信局長が指示する周波数 インマルサットB型 G1B電波、G1C電波又はG1E電波1,626.520MHzから1,646.480MHzまでの周波数帯において総合通信局長が指示する周波数 G1B電波、G1C電波又はG1E電波1,530.010MHzから1,544.980MHzまでの周波数帯において総合通信局長が指示する周波数 インマルサットM型 G1B電波、G1C電波又はG1E電波1,626.500MHzから1,646.500MHzまでの周波数帯において総合通信局長が指示する周波数 G1B電波、G1C電波又はG1E電波1,530.000MHzから1,545.000MHzまでの周波数帯において総合通信局長が指示する周波数 無線局免許状備付電波法施行規則38第1項により無線局免許状無線局備え付けるものとされ、同条第2項により主たる送信装置のある場所の見やすい箇所掲げておかなければならない。ただし、掲示を困難とするものについては、その限りで無い。 運用 電波法65条、無線局運用規則42第2号及び第43条の2第2項並びにこれらに基づく告示により、船舶地球局はその無線設備に応じて常時次の周波数を聴守しなければならない無線設備周波数インマルサットC型 1,537.100MHz、1,537.700MHz、1,541.450MHz インマルサットB型 1,538.080MHz、1,538.120MHz、1,538.180MHz、1,538.220MHz、1,538.230MHz、1,538.240MHz、1,538.250MHz、1,538.260MHz、1,541.340MHz、1,541.360MHz、1,541.370MHz、1,541.380MHz、1,541.440MHz、1,541.460MHz、1,541.470MHz、1,541.480MHzのうち通信網管理機能有する海岸地球局によって、自動的に選択される周波数 インマルサットM型 1,537.470MHz、1,537.580MHz、1,537.930MHz、1,537.970MHz、1,538.080MHz、1,538.120MHz、1,538.180MHz、1,538.220MHz、1,538.230MHz、1,538.240MHz、1,53.250MHz、1,538.260MHz、1,538.270MHz、1,538.430MHz、1,538.440MHz、1,538.450MHz、1,541.320MHz、1,541.330MHz、1,541.340MHz、1,541.350MHz、1,541.360MHz、1,541.370MHz、1,541.380MHz、1,541.390MHz、1,541.400MHz、1,541.410MHz、1,541.420MHz、1,541.430MHz、1,541.440MHz、1,541.460MHz、1,541.470MHz、1,541.480MHzのうち通信網管理機能有する海岸地球局によって、自動的に選択される周波数 操作 電波法施行規則34条の2第1号により遭難通信、緊急通信又は安全通信の通信操作は、無線従事者なければ行ってならないとされるので、最低でも第一級海上特殊無線技士による管理を必要とするのが原則である。更に義務船舶局のある船舶併設する船舶地球局総務省令規定するものは、無線従事者のみではなく船舶局無線従事者証明取得してなければならない無線従事者を必要としないのは次の場合である。 電波法施行規則33条の無線従事者不要とする「簡易な操作第5号(3) 無線設備連絡設定及び終了自動装置により行われるものを除く。)に関する通信操作以外の通信操作無線従事者管理の下に行うもの 第8号 その他に別に告示するものに基づく告示定めプレストーク方式による無線電話送受切替装置技術操作 電波法施行規則33条の2の「無線設備操作特例第1項第1号 外国にある船舶地球局において無線従事者を得ることができない場合、その船舶日本国内目的地到着するまでの間に次の表の左掲げ国際電気通信連合憲章規定する無線通信規則47条の規定により外国政府発給した証明書有する者が、それぞれ同表の右掲げ資格無線従事者操作範囲属す無線設備操作を行うことができる。 無線通信士一般証明書又は第一級無線電信通信士証明書有する第一級総合無線通信士 第二級無線電信通信士証明書有する第二級総合無線通信士 無線電信通信士別証明書を有する第三級総合無線通信士 第一級無線電子証明書有する第一級海上無線通信士 第二級無線電子証明書有する第二級海上無線通信士 一般無線通信士証明書有する第三級海上無線通信士 無線電話通信士一般証明書有する第四海上無線通信士 制限無線通信士証明書有する第一級海上特殊無線技士 自衛隊艦船については自衛隊法112第1項により電波法無線従事者に関する規定除外される検査 落成検査は、旅客船及び電波法103条の2第14項に規定するもの以外の船舶地球局登録検査等事業者等による点検が可能で、この結果に基づき一部省略される定期検査は、電波法施行規則別表第5号23号により周期(1)28条の2第1項船舶地球局義務船舶局等)に開設するであつて、旅客船又は国際航海従事する船舶旅客船を除く。)に開設するもの 1年 (2) 船舶自動識別装置無線設備のみを設置するもの 3年 (3) (1)に及び(2)該当しないもの 2年 引用促音表記原文ママ 旅客船及び電波法103条の2第14項に規定するもの以外の船舶地球局登録検査等事業者等による点検が可能で、この結果に基づき一部省略される変更検査は、落成検査と同様である。 自衛隊艦船については自衛隊法112第1項により検査除外される

※この「実際」の解説は、「船舶地球局」の解説の一部です。
「実際」を含む「船舶地球局」の記事については、「船舶地球局」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/27 15:46 UTC 版)

地上基幹放送試験局」の記事における「実際」の解説

免許 種別コードは、特定地上基幹放送試験局以外の地上基幹放送試験局BD特定地上基幹放送試験局BE免許の有効期間3年運用 無線局運用規則第2条の3に、「地上基幹放送試験局には、地上基幹放送局に関するこの規則規定適用する。 」とあり、原則として地上基幹放送局同様に運用されるまた、無線設備規則第3条の2には、「地上基幹放送試験局中略)には、その放送種類に応じて地上基幹放送局中略に関するこの規則規定適用する。ただし、(中略)この規則規定適用することが別に告示するものについては、この限りでない。 」とあり、運用にあたり試験的性格を含むための例外規定している。 操作 第二級陸上無線技術士上の空中線電力2kWを超えるテレビジョン基幹放送であれば第一級陸上無線技術士無線従事者による管理常駐するという意味ではない。)を要する。これは地上基幹放送試験局無線設備制御する放送事業用固定局管理にも適用される検査 落成検査は、登録検査等事業者等による点検ができ、この結果に基づき一部省略することができる。 定期検査は、電波法施行規則41条の2の6第3号により行われない変更検査は、落成検査と同様である。

※この「実際」の解説は、「地上基幹放送試験局」の解説の一部です。
「実際」を含む「地上基幹放送試験局」の記事については、「地上基幹放送試験局」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/28 14:03 UTC 版)

公娼」の記事における「実際」の解説

日本では集娼制をとり、その多く江戸時代からある遊郭という日常生活区画内に制限する形式受け継いだ。これは九州においてはマリア・ルス号事件からの外国人の目を気にした面も指摘されるし、日露戦争後満州大連においては現地の目を気にしたのが大きな一因とも言われる同じようフランスなどでは、娼婦の館からの外出制限されていた。明治初めから娼妓娼婦)の自由意志による営業原則としつつも、この遊郭・集娼制という閉鎖環境女衒通じた前借金という契約慣行合わさって無知につけ込んだ不正な契約搾取横行したりもする温床ともなり公娼廃止運動に力を与えた。(強い不正行為全体の中で占め比率高くないことを示す統計もあり、一般に認識固まっていない。) このような条件付き公認娼婦という制度古くから生じてきた理由として、私娼取り締まり難しさ存在する自由恋愛金銭援助さまざまな形態の私娼との区別付きにくいこと、貧しさによる売春への流れを防ぐ有効な方法がないこと、明確に非合法化すると犯罪組織引き入れやすいこと、などである。誘拐人身売買監視の便利ということもすでに江戸初期遊郭設置名目にあった近代になって性病検査を彼女等が避けごまかす傾向強かったという事情もある(理由恥ずかしさ営業続けるため・費用女性自覚症状のうすさ・性病の害の認識発達途上だったこと)。 近代公娼拡大と共に公娼への反対運動19世紀から存在したが、思想価値観による傾向強く性病労働環境などの実際の改良意見よりも、廃止存続廻る意見多かった第二次世界大戦前欧米中心に公娼廃止広がったのは、欧州女性国際的人身売買受け皿として、南米娼館あったからだという。 現在も、オランダシンガポールゲイラン地区)など、貧富の差エイズ防止などから売春合法化する国は存在する新しいその中には免許制安全のため公的管理など公娼制度といえるものがある。

※この「実際」の解説は、「公娼」の解説の一部です。
「実際」を含む「公娼」の記事については、「公娼」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/04 10:14 UTC 版)

遭難自動通報局」の記事における「実際」の解説

定義に見るとおり、EPIRB又はSARTいずれか又は両者は、これらを搭載する船舶免許される。その他の無線設備あわせて搭載する船舶船舶局又は無線航行移動局として免許されることになる。搭載するのは小形内航船舶が主である。変わったものとしては、陸上常備する津波救命艇がある。これに対しPLB個人免許される。免許申請にあたって申請者以外の連絡先を2ヶ所以要する用途 用途は、救難用である。 免許 種別コードDS免許の有効期間5年間。EPIRB及びSART無線機器型式検定規則による「検定機器」、PLB特定無線設備の技術基準適合証明等に関する規則による適合表示無線設備なければならない無線局免許手続規則に基づく告示による簡易な免許手続により予備免許落成検査無く免許される。 自衛隊艦船については、自衛隊法112第1項により免許要しない総務省無線局統計にも含まれない周波数 EPIRBPLBは、406.025MHz、406.028MHz、406.037MHz及び406.04MHzのいずれか必須航空機ホーミング用の121.5MHzを付加したものもある。 SARTは9350MHzである。 無線局免許状備付電波法施行規則38第1項により無線局免許状無線局備え付けるものとされるが、同条第3項により携帯用位置指示無線標識みのものについては常置場所備え付ければよい。 操作 電波法施行規則33条の無線従事者要しない簡易な操作」の第8号に「その他に別に告示するもの」があり、これに基づく告示遭難自動通報設備があり、無資格使用できる表示 検定機器には検定マークEPIRB及びSARTを表す記号表示要するEPIRB及びSARTを表す記号は、検定番号および機器型式名1-2字目にあり、種別毎に次のとおりである。 種類記号EPIRB SE又はSS SART LT 適合表示無線設備には技適マーク技術基準適合証明番号又は工事設計認証番号表示要するPLBを表す記号は、技術基準適合証明番号4-5字目のTIである。工事設計認証番号記号表示は無い(番号の4字目はハイフン(-))。 機能試験 無線局運用規則第8条の2および電波法施行規則38条の4により、EPIRB及びSARTについては1年以内の期間ごとに、告示規定する方法により機能試験をして、結果2年保存することが義務付けられている。これは、他の種別のにあっても同様である。 検査 落成検査は、上述通り簡易な免許手続適用され行われない定期検査は、電波法施行規則41条の2の6第9号により、PLBみのもの除き行われる周期別表第5号第11号により次の通り(1) 船舶安全法により遭難自動通報設備備付けを要する船舶開設するもの 2年 (2) (1)該当しないもの 船舶安全法により遭難自動通報設備備付けを要する船舶開設するもの 5年 一部除き登録検査等事業者等による検査が可能で、この結果に基づき検査省略される変更検査は、落成検査と同様である。 自衛隊艦船については、自衛隊法112第1項により電波法検査に関する規定除外される

※この「実際」の解説は、「遭難自動通報局」の解説の一部です。
「実際」を含む「遭難自動通報局」の記事については、「遭難自動通報局」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/03 00:54 UTC 版)

船上通信局」の記事における「実際」の解説

定義の船上通信設備の内、船上通信局として免許されるの(3)又は(4)である。(1)又は(2)のものは他の無線設備あわせて船舶局として免許されるからである。(3)(4)水先人タグボートであり、免許人となるのは主として水先人会曳航業者である。 従前海上移動業務通信アナログ音声よるものであったが、周波数逼迫による狭帯域化により400MHz帯の船上通信設備デジタル化されることになった用途 局数の推移に見るとおり、港湾用が多数占めるがこれは水先人会曳航業者のことである。港湾以外のほとんどは製造販売用であるがこれは造船業者のことである。 免許 船上通信設備原則として特定無線設備の技術基準適合証明等に関する規則による適合表示無線設備よる。これ以外の機器による免許申請否定するものではないが、簡易な免許手続適用され落成検査要する種別コードMB免許の有効期間5年。但し、当初限り有効期限4年をこえて5年以内5月31日となる。 自衛隊艦船搭載する又は携帯する無線機については、自衛隊法112第1項により免許要せず無線局数の統計にも含まれない電波型式周波数空中線電力および使用区別 定義にある第13条の3の3の船上通信設備電波型式周波数空中線電力について、これに基づく告示無線局運用規則に基づく告示および周波数割当計画付表にある使用区別総合して次の表に示す。 2018年平成30年9月25日現在 電波型式周波数(MHz)空中線電力使用区別F3E(アナログ) 156.75、156.85国際VHF一部である。 1W以下 (1)は、日本沿岸海域において使用する場合は、水先業務及び引き船業務使用する無線局混信与えない場合に限る。(2)は、日本沿岸海域で水先業務若しくは引き船業務又はこれらの業務関連する船舶接岸若しくは係留業務通信を行う場合に限る。 457.525(1)、457.55、457.575 2W以下 467.6(2)、467.6125(2)、467.625(2) F1DF1E(デジタル) 船上レピーター457.515625457.521875457.528125457.534375457.540625457.546875457.553125457.559375457.565625457.571875457.578125457.584375 移動機467.515625467.521875467.528125467.534375467.540625467.546875467.553125467.559375467.565625467.571875467.578125467.584375 通信の相手方 原則として免許人内に限定される携帯局異なり業務必要な限り他の事業者の船上通信設備とも通信することができる。 移動範囲 免許人事業を行う区域限られる。すなわち、曳航業者水先人造船業者が業務を行う港湾限られるが、海上ばかりでなく定義(4)に見るとおり、桟橋埠頭といった陸上港湾施設でも使用できる操作 船上通信局は、最低でも第三級海上特殊無線技士上の無線従事者による管理常駐するという意味ではない。)を要するのが原則である。例外規定する電波法施行規則33条の無線従事者要しない簡易な操作」の第3号(2)船上通信局が「無線設備操作当該無線局無線従事者管理の下に行うもの」がある。すなわち、その無線機管理する無線従事者がいれば無資格使用できる自衛隊艦船搭載する又は携帯する無線機については、自衛隊法112第1項により無線従事者要しない表示 適合表示無線設備には技適マーク表示必須であり、技術基準適合証明番号又は工事設計認証番号表示要する船上通信設備機器を表す記号は、アナログ他業務FM送受信機器と共用であるが、これらの番号英字1-2字目のQYデジタルQTである。但し、2013年平成25年4月以降工事設計認証番号(4字目がハイフン(-))に記号表示は無い。 特定無線設備制度化される以前無線設備は、無線機器型式検定規則による検定合格した検定機器」によるもので、円形検定マーク検定番号および機器型式名表示必須であったアナログ船上通信設備機器を表す記号は、他業務FM送受信機器と共用であるが、検定番号および機器型式名の1字目のFであった検査 落成検査は、簡易な免許手続対象であれば行われない。これ以外でも一部除き登録検査等事業者等による点検ができ、この結果に基づき一部省略される定期検査は、電波法施行規則41条の2の6第10号により行われない変更検査は、落成検査と同様である。 自衛隊艦船搭載する又は携帯する無線機については、自衛隊法112第1項により検査除外される

※この「実際」の解説は、「船上通信局」の解説の一部です。
「実際」を含む「船上通信局」の記事については、「船上通信局」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/19 14:52 UTC 版)

地球局」の記事における「実際」の解説

この節では、地球局として免許される無線局VSAT地球局およびVSAT制御地球局含まれる。)について述べる。 VSAT制御地球局いわゆるHUB局のことである。VSAT地球局代表例SNGにおける中継車がある。MCA無線における指令局と移動局相当するVSAT以外の地球局は、陸上移動業務における基地局陸上移動局相当する基地局相当するのが、いわゆる地上局のことであり、地上通信網との接続のための設備併設されている。例としては、KDDI山口衛星通信センタースカパーJSAT横浜衛星管制センターがある。また、これらを補助する管制所や副管制局なども含まれる用途 局数の推移に見るとおり、地球局電気通信業務用多数占める。また、VSAT地球局VSAT制御地球局電気通信業務用のみである。 免許 外国籍の者に免許原則として与えられないことは法第5条第1項定められているが、第2項例外列挙され 第8号 電気通信業務を行うことを目的として開設する無線局規定されているので、外国籍の者にも免許されることがある種別コードTC、但し、VSAT地球局TSVSAT制御地球局TT免許の有効期間5年。但し、包括免許以外は当初限り有効期限4年をこえて5年以内11月30日となる。 局数 電気通信業務用VSAT地球局特定無線局として包括免許される。特定無線局無線局免許状記載される指定局数とは開設可能な局数の上限である。すなわちすべてが稼動しているとは限らない操作 この節にいう地球局は、陸上の無線局であり、陸上系の無線従事者による管理常駐するという意味ではない。)を要するのが原則である。例外規定する電波法施行規則33条の無線従事者要しない簡易な操作」から地球局係わるものを抜粋する第2号 特定無線局無線設備通信操作及び当該無線設備外部転換装置電波の質に影響及ぼさないものの技術操作包括免許された地球局該当する第4号(1) 特定無線局以外の陸上開設した無線局でかつ海岸局航空局船上通信局無線航行局海岸地球局又は航空地球局以外の無線設備通信操作地球局該当する第7号 特定無線局以外の無線設備外部転換装置電波の質に影響及ぼさないものの技術操作で他の無線局無線従事者管理されるもの(5) VSAT地球局 第8号 その他に別に告示するものに基づく告示定め次のもの第3項第5号 プレストーク方式による無線電話送受切替装置技術操作 無線従事者要不要および能力について次のうになる上記第2号第4号(1)および第7号(5)によりVSAT地球局不要 VSAT制御地球局のように電波の質に影響及ぼさないものの技術操作であれば第二級陸上特殊無線技士上 上以外のものでは、「公共事業用」や「電気通信業務用」など「放送事業用」以外は第一級陸上特殊無線技士以上 放送事業用第二級陸上無線技術士以上 検査 落成検査は、包括免許されるVSAT地球局行われないそれ以外一部除き登録検査等事業者等による点検が可能で、この結果に基づき一部省略される点検不可であるものは国が開設するものに限られる用途が「公共事業用」であるものと考えてよい。 定期検査は、電波法施行規則41条の2の6第16号によりVSAT地球局以外について行われる周期は及び別表第5号第19号により、 (1) 人工衛星位置維持及び姿勢保持その他その機能維持を行うことを目的として開設するものは、1年 (2) 衛星基幹放送局衛星基幹放送試験局又は基幹放送を行う実用化試験局であつて人工衛星開設するものを通信の相手方とするもの(移動するものを除く。)は、1年 (3) (1)及び(2)該当しないものは、5年 一部除き一般放送用(用途は「電気通信業務用」)及び衛星基幹放送用(用途は「放送事業用」)が登録検査等事業者等による点検が可能、それ以外用途は「電気通信業務用」)は登録検査等事業者等による検査が可能であり、この結果に基づき一部または全部省略される変更検査は、落成検査と同様である。

※この「実際」の解説は、「地球局」の解説の一部です。
「実際」を含む「地球局」の記事については、「地球局」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/22 14:36 UTC 版)

地上一般放送局」の記事における「実際」の解説

免許 種別コードBG免許の有効期間5年運用 無線局運用規則第5章に「地上基幹放送局及び地上一般放送局運用」が規定されており、運用はこれによる。この規則上では、一部除き地上基幹放送局同等に扱っており緊急警報信号使用、すなわち緊急警報放送実施することができる。 エリア放送用は、エリア放送#地上一般放送局詳述されているので、操作検査などは、そちらを参照

※この「実際」の解説は、「地上一般放送局」の解説の一部です。
「実際」を含む「地上一般放送局」の記事については、「地上一般放送局」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/07 14:24 UTC 版)

陸上移動中継局」の記事における「実際」の解説

引用促音表記原文ママ この種別制定されたのは、MCA無線制御局の為のものであった電波法施行規則の定義と同時に無線設備規則第3条第5号に「MCA陸上移動通信」が定義されこの中でMCA制御局が「使用する電波の周波数指示して通信の中継を行う陸上移動中継局であつて、二以上の通信の中継同時に行うことができるもの」とされた。従前であれば利用者指令局は移動しないので固定局移動局陸上移動局として免許され、制御局は移動しない無線局との通信を行う固定局移動する無線局との通信を行う基地局二重免許としなければならないまた、固定局同士基地局陸上移動局との通信においては免許人同一の者であるのが原則であるが、制御局との免許人利用者免許人異なる為、通信をしてはならないことになる。目的通信であれば免許人以外とも通信できるが、MCA陸上移動通信では例外常態であることになってしまう。そこでこれらの問題点解決する為に新し種別制定されたものである

※この「実際」の解説は、「陸上移動中継局」の解説の一部です。
「実際」を含む「陸上移動中継局」の記事については、「陸上移動中継局」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/25 14:23 UTC 版)

スキアポデス」の記事における「実際」の解説

過去から現在にいたる、地球におけるあらゆる既知の生活記録をみれば、一本足生活様式や、一本足のように見え生活様式ケースがないわけではないしかしながら一脚の形に進化したヒトヒトに近い種が実在した証拠はない。ヒトならびにヒト似た種での一本足実例としては、畸形および(あるいは)切断手術関連したものが知られているだけである。歴史の上では一本足人間社会種族記録はない。

※この「実際」の解説は、「スキアポデス」の解説の一部です。
「実際」を含む「スキアポデス」の記事については、「スキアポデス」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/12 08:34 UTC 版)

全国放送」の記事における「実際」の解説

総務省告示基幹放送普及計画第3国内放送に関する基幹放送区分ごとの放送対象地域及び放送対象地域ごとの放送系の数の目標に基づき全国放送実施する事業者について解説する

※この「実際」の解説は、「全国放送」の解説の一部です。
「実際」を含む「全国放送」の記事については、「全国放送」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/26 17:29 UTC 版)

無線標識局」の記事における「実際」の解説

用途 局数の推移に見るとおり航空運輸用とその他国行政用(航空保安用を含む。)である。 電波の型式及び周波数について海上無線航行業務は、無線局運用規則107条で告示するものとされているが、当該告示規定されていない航空無線航行業務は、従前告示するものとされていたが、航空路誌情報提供できるとして廃止された。廃止時の告示規定されていたのは、無指向性無線標識(NDB)とVHF全方向無線標識(VOR)である。VORタカン併設されるとVORTACと、航空用DME併設されるとVOR/DMEとなり、無線航行陸上局として免許される。 周波数 NDBは、無指向性無線標識用として160kHzから415kHz、1606.5kHzから1800kHzの中から割り当てられるVORについては、電波法施行規則第13条第3項に基づく別表第2号の3(1)規定免許 種別コードRB免許の有効期間5年。但し、当初限り有効期限5年以内一定の11月30日となる。(沿革参照運用 運用について告示するものとされてはいない。 海上無線航行業務は、存在しないので上記告示にも併記されていない航空無線航行業務は、上記告示方式位置併記されていた。 操作 無線標識局は、無線航行局ではないので、海上系・航空系の無線従事者では操作できない陸上の無線局ではあるが、告示されている範囲のものは、 NDBは、空中線電力が最低でも20W VORは、多重無線設備ではなく空中線電力が100Wまたは200Wが標準 であり第一級陸上特殊無線技士でも操作範囲中短波帯では一部周波数空中線電力10W以下、VHFでは多重無線設備以外は空中線電力50W以下の無線設備までのため操作できず、第一級第二級総合無線通信士または陸上無線技術士による管理常駐するという意味ではない。)を要する電波法施行規則34条の2の「無線従事者なければ行つてはならない無線設備操作」の第4号にあるその他告示するものに基づく告示により、国土交通省地方公共団体成田国際空港株式会社関西国際空港株式会社又は中部国際空港株式会社所属無線標識局であって航空機航行安全確保の用に供するものの無線設備操作無線従事者なければ行ってならない促音表記原文ママ 検査 落成検査は、国(国土交通省)以外が設置する場合登録検査等事業者等による点検が可能でこの結果に基づき一部省略される定期検査は、電波法施行規則別表第5号第8号により周期航空無線航行業務を行うものは1年その他のもの2年落成検査同様に国以外が設置する場合登録検査等事業者等による点検が可能でこの結果に基づき一部省略される変更検査は、落成検査と同様である。

※この「実際」の解説は、「無線標識局」の解説の一部です。
「実際」を含む「無線標識局」の記事については、「無線標識局」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/29 20:03 UTC 版)

V774104」の記事における「実際」の解説

V774104は、本来は2015 TH367(英語版)の内部符号だったが、プレスリリース内容からは、同じ学会言及され(541132) 2015 TG387内部符号はV302126)のことだったようである。 その後の観測で、2015 TG387の軌道ある程度まっている。2015年11月当時太陽からの距離は約80 auであり、太陽系外縁天体としてもかなり遠いが、エリスセドナほどではない。ただし、遠日点距離は非常に遠く遠日点距離軌道長半径公転周期はいずれも、小惑星番号のついた天体では最大である。 距離を過大に見積もっていたということは直径過大だったことになる。最新データでは直径352キロメートルとされている。 なお、2015 TH367の方は、1年未満しか観測されておらず、軌道は今もよくわかっていない。誤差が非常に大きいため、エリスセドナより遠い可能性も完全に否定できない天体太陽からの距離2015年11月軌道長半径公転周期近日点距離遠日点距離分類V774104 103 au ? ? ? ? ? 2015 TG387 79.8 au 1010.4 ± 96.7 au 32117 ± 4609 年 65.1 ± 0.2 au 1955.7 ± 187.1 au セドノイド 2015 TH367 88.2 au誤差大) 82.6 ± 73.5 au 751 ± 1002 年 28.9 ± 6.2 au 136.4 ± 121.3 au 散乱円盤天体

※この「実際」の解説は、「V774104」の解説の一部です。
「実際」を含む「V774104」の記事については、「V774104」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/09 00:01 UTC 版)

帯域幅」の記事における「実際」の解説

デジタル通信での「帯域幅」は、比喩的に使われることもあって曖昧である。ボー言い換えとして帯域幅バンド幅という用語を使うこともある。また、伝送路容量転送可能なビットレート)を表すことも多い。したがってビットレート 66 Mbps32本のデータからなるデジタルバス帯域幅は 33MHz で、容量2.1 ギガビット/秒となるが、これを「帯域幅2.1 ギガビット/秒」とすることも少なくない同様の混乱可聴帯域モデムにもある。電話回線真の帯域幅はわずか 4kHz だが、56キロビット/秒もの情報転送できることから帯域幅を誤ることがある関連する統計的量として、ネットワーク全体帯域幅総計を示す「2分割帯域幅; bisection bandwidth」がある。これは、ネットワーク2つ分割しその間にある全リンクの帯域幅合計したのである

※この「実際」の解説は、「帯域幅」の解説の一部です。
「実際」を含む「帯域幅」の記事については、「帯域幅」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 00:54 UTC 版)

タイガー魔法瓶」の記事における「実際」の解説

本件商品転倒したときは、本件商品構造上、本件商品からお湯僅かにこぼれる場合があるものであった

※この「実際」の解説は、「タイガー魔法瓶」の解説の一部です。
「実際」を含む「タイガー魔法瓶」の記事については、「タイガー魔法瓶」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/23 03:58 UTC 版)

横風着陸」の記事における「実際」の解説

旅客機においてスリップ状態で長い時間アプローチ続けることは乗客快適性考慮する難しい。このため、高度が高い間はクラブをとって進入し滑走路直前風下側にラダーペダル踏み風上側に補助翼傾けてサイドスリップ移行するというのが一般的誤解されているが、大型低翼機場合5度ないし6度上のバンクをとると主翼端やエンジン接地させてしまう恐れがあるので、着陸時に機体傾けることは御法度となっている。

※この「実際」の解説は、「横風着陸」の解説の一部です。
「実際」を含む「横風着陸」の記事については、「横風着陸」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/05 16:30 UTC 版)

協会国際衛星放送」の記事における「実際」の解説

受託協会国際放送平成6年法律74号による放送法改正により「日本放送協会委託により、その放送番組外国において受信されることを目的としてそのまま送信する放送であつて、人工衛星無線局により行われるもの」と定義され1994年平成6年12月1日施行された。 協会国際衛星放送前身であり、この規定基づいて開始されたのがNHKワールドTVである。 促音表記原文ママ平成22年法律65号による放送法改正2011年平成23年6月30日施行され受託協会国際放送制度廃止され協会国際衛星放送となったまた、邦人向けと外国人向けに放送することが定義され放送法第20条第1項第5号において「邦人向け協会国際衛星放送及び外国人向け協会国際衛星放送を行うこと」が義務づけられた。

※この「実際」の解説は、「協会国際衛星放送」の解説の一部です。
「実際」を含む「協会国際衛星放送」の記事については、「協会国際衛星放送」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/04 03:27 UTC 版)

文化リテラシー」の記事における「実際」の解説

リテラシーとは、文化に関する知識だけではなく、その文化に自ら影響を及ぼす力のことでもある。知識本の中身複写に過ぎないままで、社会において他者関わりを持つようであれば古典知識はなんら価値あるものではない。人生芸術表現歴史経験と密接であるように、文化リテラシーを持つということは幅広い雑学を必要とし、それを活用しながら共通言語を生み出し、「集団思考」を育んでいかねばならない文化リテラシーは、今後関わり持っているだろう人々知っているであろうと、その項目を選定する人々考え情報に関する知識重視する文化リテラシーに関する語彙集めた辞書発刊続き、現在では、小学校学年応じた文化リテラシーリスト提供する「コアナレッジ・シリーズ」が出版されており、これは中身再編成繰り返す開かれた書籍である。 また文化リテラシー決し読者見解を強いるものではなく、ただもう1つ考え方提示するのである。 表・話・編・歴 リテラシー リテラシー教育 読書教育フォニックスホール・ランゲージen:Dick and Janeen:National Council of Teachers of Englishen:NCLB • en:Family literacyen:Adolescent literacy リテラシーの定義 リテラシー識字読み書き) • 機能的非識字情報リテラシー批判的リテラシー (en:Critical literacy) 世界におけるリテラシー 国際読書協会 (en) • 世界識字率 (en) • en:Literacy in Indiaen:List of Chinese administrative divisions by illiteracy rate国際識字デー (en) リテラシー関連する人物 en:Frank Laubachパウロ・フレイレグリフィス・ジョーンズ • ウイリアム・グレイ(en) • en:Marie Clay 関連概念 コンピュータ・リテラシー情報リテラシー情報メディア・リテラシーメディア・リテラシーマルチメディア・リテラシー数学的リテラシー科学的リテラシー(en) • 統計リテラシー(en) • 金融リテラシー(en) • 環境リテラシー文化リテラシー • ディアスポラ・リテラシー(en:Diaspora literacy) • 人種リテラシー(en) • ヘルス・リテラシー • メンタル・ヘルス・リテラシー • メンタル・リテラシー(en) • ビジュアル・リテラシー(en) en:Alliteracy • en:Electracy • en:Technacy • en:Transliteracy • en:Oracy • en:Orality • en:Oral literatureen:Postliterate society • リテラシー・テスト(en) •

※この「実際」の解説は、「文化リテラシー」の解説の一部です。
「実際」を含む「文化リテラシー」の記事については、「文化リテラシー」の概要を参照ください。


実際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/01 14:22 UTC 版)

人工衛星局」の記事における「実際」の解説

人工衛星局運用する際には他国衛星通信影響与えないように国際調整を図るのが必須となり、それをふまえた上で国内での免許手続きが行なわれる条件 電波法第36条の2及び電波法施行規則第32条の5により、人工衛星局無線設備は、遠隔操作により電波発射直ち停止することのできるものでなければならないまた、対地静止衛星人工衛星局は、設置場所遠隔操作により変更することができるものでなければならない用途 局数の推移に見るとおり宇宙開発用および電気通信業務用衛星一般放送用が含まれる。)が多数占める。 免許 外国籍の者に免許原則として与えられないことは電波法第5条第1項定められているが、第2項例外列挙され 第8号 電気通信業務を行うことを目的として開設する無線局規定されているので、外国籍の者にも免許されることがある種別コードはEKT。免許の有効期間5年。但し、当初限り有効期限5年以内一定の11月30日となる。 無線局免許状備付電波法施行規則38第1項により無線局免許状無線局備え付けるものとされるが、第38条の3第1項に基づく告示により、人工衛星搭載されるものは「無線従事者常駐する場所のうち主なもの」に備え付ければよい。 操作 人工衛星局は、陸上の無線局であり陸上系の無線従事者による管理常駐するという意味ではない。)を要する。これは人工衛星局制御する地球局管理適用される。なお、衛星基幹放送をする無線局は、定義にある通り人工衛星局ではなく衛星基幹放送局または衛星基幹放送試験局種別免許され、これらを制御する地球局は「放送事業用」として免許される。 人工衛星局制御する地球局必要な無線従事者能力について次のうになる電波の質に影響及ぼさないものの技術操作であれば第二級陸上特殊無線技士上 上以外のものは第一級陸上特殊無線技士以上 検査 落成検査は、一部除き登録検査等事業者等による点検が可能で、この結果に基づき一部省略される定期検査は、電波法施行規則別表第5号26号により周期1年一部除き登録検査等事業者等による検査が可能で、この結果に基づき省略される。但し、衛星一般放送用で可能なのは検査ではなく点検で、この結果に基づき一部省略される変更検査は、落成検査と同様である。

※この「実際」の解説は、「人工衛星局」の解説の一部です。
「実際」を含む「人工衛星局」の記事については、「人工衛星局」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「実際」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

実際

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 10:18 UTC 版)

発音

名詞

じっさい

  1. 現実事柄有様実態
  2. 現にそうであったり、発生した行動したりするさま。
  3. 実践的実務的なさま。

関連語

翻訳

副詞

  1. 本当に。実に。まったく
  2. 現に事実として。

翻訳


「実際」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



実際と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「実際」に関係したコラム

  • 株365の取引をシミュレーションするには

    株365を取り扱う証券会社では2012年9月現在、株365用のデモ口座を用意していません。そのため、事前に株365の取引を体験することができません。しかし、東京金融取引所では株365のWebサイトで実...

  • 株式取引のデモトレードを体験するには

    証券会社では、実際の株式取引を行う前に、株式取引が体験できるデモトレードサービスを用意している場合があります。デモトレードサービスは、実践の取引画面と同じような環境で、株式の売買を行ったり、株式情報を...

  • CFDのデモ口座が開設できる業者の一覧

    CFD業者では、デモトレード(デモ取引)ができるようにデモ口座を用意している場合があります。デモトレードは、実践の取引と同じような環境を体験できる無料のバーチャルシステムです。実践のトレードに臨む前に...

  • バイナリーオプションのデモ口座でデモトレードをするには

    バイナリーオプション業者では、デモトレード(デモ取引)ができるようにデモ口座を用意している場合があります。デモトレードは、実践の取引と同じような環境を体験できる無料のバーチャルシステムです。実践のトレ...

  • FXのチャート分析ソフトMT4のダウンロードとインストールの方法

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)は、口座を開設したFX業者、あるいは、MT4の開発元のMetaQuotesSoftwareのWebサイトからダウンロー...

  • FXやCFDの平均足スムースドとは

    FXやCFDの平均足スムースドとは、平均足を平滑化したローソク足のことです。平均足は通常のローソク足よりも平滑化されたように見えますが、平均足スムースドではさらに平滑化されたローソク足の並びになります...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「実際」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



実際のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの実際 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの量子コンピュータ (改訂履歴)、ナノカーネル (改訂履歴)、内外放送 (改訂履歴)、飾り毛布 (改訂履歴)、無線標定陸上局 (改訂履歴)、もっともらしい否認 (改訂履歴)、登録検査等事業者等 (改訂履歴)、固定局 (改訂履歴)、衛星基幹放送試験局 (改訂履歴)、気象援助局 (改訂履歴)、構内無線局 (改訂履歴)、出産旅行 (改訂履歴)、指定較正機関 (改訂履歴)、陸上移動局 (改訂履歴)、測定器等の較正に関する規則 (改訂履歴)、実用化試験局 (改訂履歴)、連結貸借対照表 (改訂履歴)、無線航行陸上局 (改訂履歴)、衛星基幹放送局 (改訂履歴)、オクターヴ奏法 (改訂履歴)、船舶地球局 (改訂履歴)、地上基幹放送試験局 (改訂履歴)、公娼 (改訂履歴)、遭難自動通報局 (改訂履歴)、船上通信局 (改訂履歴)、地球局 (改訂履歴)、地上一般放送局 (改訂履歴)、陸上移動中継局 (改訂履歴)、スキアポデス (改訂履歴)、全国放送 (改訂履歴)、無線標識局 (改訂履歴)、V774104 (改訂履歴)、帯域幅 (改訂履歴)、タイガー魔法瓶 (改訂履歴)、横風着陸 (改訂履歴)、協会国際衛星放送 (改訂履歴)、文化リテラシー (改訂履歴)、人工衛星局 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの実際 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS