口調とは? わかりやすく解説

く‐ちょう〔‐テウ〕【口調】

読み方:くちょう

口に出したときの言葉の調子。「—のいい、気のきいた言い回し

ものの言い方のようす。声の出し方や言葉の使い方などに表れた特徴。「改まった—」「師の—をまねる」


口調

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/10 06:33 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「口調」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「口調」を含むページの一覧/「口調」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「口調」が役に立つかも知れません。

関連項目



口調

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 09:09 UTC 版)

ドラえもん (キャラクター)」の記事における「口調」の解説

のび太を呼ぶときに、原作後期では「のび太」と呼び捨てで呼ぶことが多いのに対し初期の作品及びアニメ版では「のび太くん」と君付けでほぼ統一されている。だが、アニメ第1期ミニドラ救助隊』・アニメ第2期むりやりアスレチックハウス』・映画のび太の宇宙開拓史』など、のび太喝を入れる際に呼び捨てになる場合がある。さらに、帯番組時代初期の作品でも普通の会話で「のび太」と呼び捨てにしているシーンがあった。また、原作初期では口調も「~だぜ」などと割とフランクな口調で会話することが多い。目上の人に対して敬語で話す。ただし、のび太両親に対してタメ口で会話する場面も多い。また、単行本では全て修正されているが、最初期先述した頭脳に加えて「だ」行を「ら」行(「〜事だね」を「〜事らね」、「死んでも」を「死んれも」、「〜(な)のだ」を「〜(な)のら」など)など発音欠陥と言える具合だったが、早々と普通の発音正された。アニメ第1期帯番組時代作品映画『のび太の恐竜』などでも語尾に「なのら」と言っていたこともあった。 日本テレビアニメでは、当初富田耕生声優の頃は「あらよっと」という掛け声道具を出すなど「面倒見のいいおじさんのようなキャラクターであったが、シリーズ後半に担当声優野沢雅子代わって以降のび太同年代の子供らしい口調になる。のび太を「のび太」と呼び捨てにし、君付けはしない「バカ」のび太親友になんかなるんじゃなかった」「君に難しかったかな」などとフランクな口調で話していた。また、語尾が「~よ」、「~なのよ」であるのが特徴的アニメ第2作第1期ではのび太保護者的に接しているが、道具悪用したのび太に対して怒り最終的に自業自得酷い目遭うのび太に「ドラえもーん」と助けを求めると、「ぼく、知らな~い」と返す展開が多かったアニメ第2作第2期ではフランクな口調だが、のび太を「のび太くん」と呼ぶなど、原作よりは穏やかな口調。第2作第1期ではドラえもんを「保護者」として描いていたのに対し第2作第2期では2007年9月7日放送の「ドラえもん生まれ変わる日」において、ドラえもんを「(のび太と)一緒に成長する子守りロボット」として描いていることが作中提示されている。そのため、のび太目線に近いキャラクターとして設定され原作初期同様に自ら騒動を引き起こすことも多い。また、のび太道具を使う際にのび太行動を共にすることも多くなった。

※この「口調」の解説は、「ドラえもん (キャラクター)」の解説の一部です。
「口調」を含む「ドラえもん (キャラクター)」の記事については、「ドラえもん (キャラクター)」の概要を参照ください。


口調

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 20:54 UTC 版)

大麻唯男」の記事における「口調」の解説

国政外で発言においては、「でしゅ」や「ごじゃりましゅる」など抑え場の無いユニークな平安時代喋り方で自民党役員記者応じ友好的な態度をとった。

※この「口調」の解説は、「大麻唯男」の解説の一部です。
「口調」を含む「大麻唯男」の記事については、「大麻唯男」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「口調」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

口調

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 06:41 UTC 版)

名詞

調くちょう

  1. 発音したときの、言葉調子
  2. 出し方や言葉の選び方などにみられる特徴話し方語調

翻訳


「口調」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

口調のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



口調のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの口調 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのドラえもん (キャラクター) (改訂履歴)、大麻唯男 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの口調 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS