自業自得とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > 自業自得の意味・解説 

自業自得

読み方:じごうじとく

自業自得とは、自業自得の意味

自業自得とは、自分で行ったことの報いを受けるという意味の四字熟語。自業自得の自業自分行い自得自分結果を握るという意味をもつ。自業自得を英語で表現すると you asked for it となるが、より悪意込め表現をすると serves you right となる。

自業自得の類語、反対語

自業自得の類語には、自分の悪い行いによって苦しむことになった「身から出た錆」や、最近では悪い意味で使われることが多いが元々は自分行いには行いなりの報いがあるという意味の「因果応報」がある。自業自得も因果応報仏教由来言葉である。自業自得の反対語には、運命は天が左右するするという意味の「運否天賦」や、人の幸せや不幸は予測することができないという意味の「人間万事塞翁が馬」などが挙げられる。

自業自得の例文や使い方

自業自得の例文としては「彼女をほったらかしにしてしまったのでフラレたのは自業自得だ」や「太ってしまったのは間食止めなかったせいで自業自得である」などが挙げられる。自業自得の使い方としては、基本的に現在の結果に対して使うのが一般的である。この先の未来死後の世界までのことも含める場合には、自業自得よりも因果応報使用する。

じごう‐じとく〔ジゴフ‐〕【自業自得】

仏語自分行為報い自分自身が受けること。一般に悪業報いを受けることにいう。自業自縛


自業自得

Sense of guiltiness

【概要】 "One must owe one's own deed." HIV感染したのはその人自身責任があると言い、この後に「だから同情サービスに値しない」という考え方。特にセックスが絡む場合否定的価値判断ニュアンスを含む。 

【詳しく】 他人に対して自業自得と言う場合は、自分とは違うという視点で言われていて、感染排除につながる。感染自身自分に対して自業自得と言う場合は、それ自体心理的ケア課題である。いずれにしても感染者のケアを行う時に価値判断加えてならない交通事故自損事故と、被害者になった時とで、医療ケア内容変わらないのと同じである。

《参照》 差別


自業自得

作者佐藤雅美

収載図書啓順地獄
出版社講談社
刊行年月2003.12

収載図書啓順地獄
出版社講談社
刊行年月2006.11
シリーズ名講談社文庫


自業自得

作者舟崎克彦

収載図書宇曽保物語動物寓話集
出版社風濤
刊行年月2004.7


自業自得

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/04 17:00 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「自業自得」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「自業自得」を含むページの一覧/「自業自得」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「自業自得」が役に立つかも知れません。




自業自得

出典:『Wiktionary』 (2018/03/31 23:44 UTC 版)

形容動詞

じごうじとく

  1. 自分でつくった善悪報いであるは、当然自ら受けるべきであるということ多く悪業について言い、自身苦境自身が招いたものであるという意味で用いる。

由来

類義語・類義句

翻訳




自業自得と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「自業自得」の関連用語

自業自得のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



自業自得のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2021, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自業自得 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの自業自得 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS