責任とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 契約 > 責任 > 責任の意味・解説 

せき‐にん【責任】

読み方:せきにん

立場上当負わなければならない任務義務。「引率者としての―がある」「―を果たす」

自分のした事の結果について責めを負うこと。特に、失敗損失による責めを負うこと。「事故の―をとる」「―転嫁

法律上不利益または制裁負わされること。特に、違法な行為をした者が法律上制裁を受ける負担主要なものに民事責任刑事責任とがある。


責任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/20 05:02 UTC 版)

責任(せきにん、: responsibility/liability)とは、これから起きるであろうことあるいはすでに起きたことの原因が行為者にあると考えられる場合にその行為自体や行為の結果に関して、対処する任務や義務の事。


注釈

  1. ^ 例えば、遠足で生徒の引率者(引率の責任がある者)が生徒たちを適切に引率し、遠足の目的を果たし、かつ無事に生徒らを家に帰宅させれば「責任を果たした」ということになる。反対に、たとえば途中で事故などに巻き込まれそうな事態になったのに、事故を回避するための反応・行動をとらなかった場合は「(引率者は)責任を果たさなかった」と表現される。また、その結果、引率者が解雇されたり、賠償したりする状態などに陥った場合に「責任を取った」と言う。

出典

  1. ^ 大辞泉「責任感」
  2. ^ 大辞泉「無責任」。(なお、責任が無いことも「無責任」と言う。(出典:大辞泉「無責任」)
  3. ^ 大辞泉「責任転嫁」
  4. ^ 進退については「知事としての責任は果たさなければならない」と述べるにとどめた
  5. ^ 大林検事総長は検察があるべき姿を取り戻すことが私の責任」と述べ、現段階での辞任を否定した
  6. ^ 運動会の選手宣誓のポーズ、「ナチスを想起させる」? ドイツ出身タレントの指摘で議論広がる (2017年6月21日)” (日本語). エキサイトニュース. 2020年11月3日閲覧。
  7. ^ 欅坂46「ナチス風衣装」の世界的炎上、いったい何が問題なのか?(辻田 真佐憲) @gendai_biz”. 現代ビジネス. 2020年11月3日閲覧。
  8. ^ 藤田宙靖「自己責任」の社会と行政法
  9. ^ 例えば、有料駐輪場でロックが掛からないようにして料金が発生しない状態にしてある自転車のロックを自己判断で掛けたり、盗まれた自転車を自己判断で取り戻したりする行為を言う。通行の妨げとなる自転車を自己判断で移動させる場合も自力救済である。
  10. ^ 「自己責任論」をあおると、じつは「経済成長」が難しくなるって知ってましたか?(現代ビジネス)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年4月5日閲覧。
  11. ^ 防災対策まで自己責任論に傾く日本人の言行不一致 東日本大震災10年に思う、防災は自己責任ではなく国の義務 | JBpress(Japan Business Press)” (日本語). JBpress(日本ビジネスプレス). 2021年4月5日閲覧。
  12. ^ 「週刊文春デジタル」編集部. “「僕も通り魔を計画したことがある」なぜ“普通の子”はモンスターに育ってしまったのか?”. 文春オンライン. 2022年2月17日閲覧。
  13. ^ 「差別は許さないが、優生思想は見逃す」リベラル社会の矛盾(御田寺 圭) @gendai_biz” (日本語). 現代ビジネス. 2022年4月29日閲覧。
  14. ^ 金持ちにはわからない「親ガチャ」の悲しさ残酷さ” (日本語). 東洋経済オンライン (2021年12月28日). 2022年11月9日閲覧。
  15. ^ "「責務責任」とは、人がある立場・ 地位・役割を占めることによって発生する何らかの責務を意味する概念である" 蓮生. (2010). アカウンタビリティーの意味 : アカウンタビリティーの概念の基本的構造. 国際公共政策研究. 14(2) pp.1-15.
  16. ^ "事前責任とは、「予防基底的責任(prevention-based responsibility)」とも呼ばれ、何かが起こったときに責任を負うのは誰かを事前に指示する概念であり、事前責任を負う者は、未然に防ぐために予防措置をとることが期待されている。" 蓮生. (2010). アカウンタビリティーの意味 : アカウンタビリティーの概念の基本的構造. 国際公共政策研究. 14(2) pp.1-15.
  17. ^ "2次系列の責任概念に関して … liability(負担責任)の概念を採用している。" 蓮生. (2011). アカウンタビリティーと責任の概念の関係 : 責任概念の生成工場としてのアカウンタビリティーの概念. 国際公共政策研究. 15(2) pp.1-17.
  18. ^ "責任概念を大別して4つに分類 … 負担責任(liability-responsibility)" 蓮生. (2010). アカウンタビリティーの意味 : アカウンタビリティーの概念の基本的構造. 国際公共政策研究. 14(2) pp.1-15.
  19. ^ "法的責任や道徳的責任を指し、刑罰を科さられる、損害賠償をすること、道徳的非難を受けることなどを意味する。" 蓮生. (2010). アカウンタビリティーの意味 : アカウンタビリティーの概念の基本的構造. 国際公共政策研究. 14(2) pp.1-15.
  20. ^ "「事後責任(post-event responsibility)」 にそれぞれ対応させる見解がある … 事後責任は、「応答基底的責任(response-based responsibility)」とも呼ばれ、何かの出来事の後に観念される概念" 蓮生. (2010). アカウンタビリティーの意味 : アカウンタビリティーの概念の基本的構造. 国際公共政策研究. 14(2) pp.1-15.
  21. ^ "事後責任たる負担責任の執行の度合いを直接的に高めるだけでなく、フィードバック効果により事前責任である責務責任の執行の度合いも高めている" 蓮生. (2011). アカウンタビリティーと責任の概念の関係 : 責任概念の生成工場としてのアカウンタビリティーの概念. 国際公共政策研究. 15(2) pp.1-17.
  22. ^ "負担責任同様に転嫁可能性を持つ" 蓮生. (2010). アカウンタビリティーの意味 : アカウンタビリティーの概念の基本的構造. 国際公共政策研究. 14(2) pp.1-15.



責任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 06:19 UTC 版)

ミーム」の記事における「責任」の解説

女性は、自分との関係を本当に大事にしている、責任感の強い男性惹かれる子孫生き延びるために、男性父親としての役目をちゃんととってもらう必要があった。

※この「責任」の解説は、「ミーム」の解説の一部です。
「責任」を含む「ミーム」の記事については、「ミーム」の概要を参照ください。


責任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/22 14:58 UTC 版)

過積載」の記事における「責任」の解説

既述のとおり、過積載行為事業者自らの意思よるものの他、荷主発注者)の意向によりやむなく行われることも相当多くみられるため、国土交通省では、行政処分制度中に荷主発注者に対して勧告書」や「警告書」を発出して罰則する制度設け荷主主導型の過積載から運送事業者保護しようとしている。 (警察としては、事業者過積載認識して積ませることを防止する方向走っている違反捕まえて運転者のみならず事業者の責任も追及し処罰するようになってきている。これにより事業者伝票上も過積載ならないようにきっちりむようになってきており、鋼材関係で過積載少なくなってきているといわれている。) <補足>()内の記述警察過積載に関して事業者車両使用者責任を問うケースについて記述されているが、実際には警察検挙した過積載違反について、道路交通法108条の34による通報制度に基づき国土交通省に通報し国土交通省が所管する運送事業者責任を問う仕組みとなっている。 国土交通省では当該通報に基づき運送事業者への立ち入り検査臨店監査)や呼出監査実施し事業者管理責任を問うことになる。行政処分制度の概要また、発注者事業者過積載防止呼びかけていることもある。 しかし実際には運送会社過積載強要した荷主に対し国土交通省勧告公表するケースが、制度1990年から実施され以来一度も存在しないことが、2017年10月26日読売新聞報道判明しており、国土交通省情報収集荷主への指導強化している。

※この「責任」の解説は、「過積載」の解説の一部です。
「責任」を含む「過積載」の記事については、「過積載」の概要を参照ください。


責任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/21 18:46 UTC 版)

会計参与」の記事における「責任」の解説

会計参与会社に対して責任を負い4231項430条)、その責任の追求にについては株主代表訴訟対象になる(847条)。また会計参与は、第三者生じた損害を賠償する責任も負う(4291項2項2号430条)。 会計参与が行った職務について、善意でかつ重大な過失がないときは、株主総会特別決議または取締役取締役会決定により、会社に対する責任一部免除することができる(425条、426条)。また、会計参与定款定めにより責任限定契約締結することができる(427条)。

※この「責任」の解説は、「会計参与」の解説の一部です。
「責任」を含む「会計参与」の記事については、「会計参与」の概要を参照ください。


責任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 20:54 UTC 版)

投資事業有限責任組合」の記事における「責任」の解説

無限責任組合員は、組合債務に対し無限責任負い複数名いる場合には連帯してこれを負う。有限責任組合員出資の額を限度として組合債務弁済責任を負うが、業務執行する誤認させる行為があった場合には、誤認させた債務者に対して無限責任を負うものとされている

※この「責任」の解説は、「投資事業有限責任組合」の解説の一部です。
「責任」を含む「投資事業有限責任組合」の記事については、「投資事業有限責任組合」の概要を参照ください。


責任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/22 15:34 UTC 版)

JCP Executive Committee」の記事における「責任」の解説

Executive Committeeは以下のことが予期されている : JCP内で開発するためのJava Specification Requests (JSR) を選択すること。 公開レビューのためにドラフト仕様承認すること完成された仕様や、関連するリファレンス実装 (RI) およびTechnology Compatibility Kit (TCK) に最後の承認与えること。 初期の段階TCKテスト異議控訴決定すること。 メンテナンス改訂レビューしたり、可能な限りいくつか新規のJSR実行するために要求すること。 メンバー間におけるメンテナンス業務の移転承認することPMOへのガイダンス提供すること。

※この「責任」の解説は、「JCP Executive Committee」の解説の一部です。
「責任」を含む「JCP Executive Committee」の記事については、「JCP Executive Committee」の概要を参照ください。


責任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 13:36 UTC 版)

プロジェクトマネージャ」の記事における「責任」の解説

プロジェクトマネージャは、チーム全員自分の役割知って実行しその役割権限与えられサポートされていると感じ他のチームメンバー役割知っており、それらの役割実行されるという信念に基づいて行動することを保証する責任があるプロジェクトマネージャ具体的な責任は、業界会社規模会社成熟度、および会社文化によって異なる場合がある。ただし、すべてのプロジェクトマネージャ共通するいくつかの責任範囲がある。それは以下の通りである。 プロジェクト計画作成 プロジェクト利害関係者管理 コミュニケーションの管理 プロジェクトチーム管理 プロジェクトリスクの管理 プロジェクトスケジュールの管理 プロジェクト予算管理 プロジェクト競合管理 プロジェクトデリバリーの管理 契約管理

※この「責任」の解説は、「プロジェクトマネージャ」の解説の一部です。
「責任」を含む「プロジェクトマネージャ」の記事については、「プロジェクトマネージャ」の概要を参照ください。


責任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 16:25 UTC 版)

リヨン駅列車衝突事故」の記事における「責任」の解説

この事故においては多くの責任が言及された。 当該列車の車掌 当該列車の車掌はヴェール・ド・メゾン駅における事故時過失に加えてレギュレータ調節器に対する確認忘れるという過失犯していた。確認忘れてなければ転轍手当該列車空いているプラットホーム誘導することができた可能性があるまた、非常ブレーキ解除必要な一連の手順において、規則では技術者援助を必要としていたが、当該列車の車掌独断ブレーキ解除の動作行っていた。これらの過失は、控訴院高等裁判所に相当)によって指摘された転轍手 転轍手らは緊急事態に際してマニュアル通りの対応を取り空いているプラットホーム列車誘導することは考えなかった。さらに、駅構内アナウンスを行う責任者がその任務を果たすために転轍手らの隣にいたにもかかわらずプラットホームにいた車両退避行わなかったことで非難された。 衝突された始発列車の車掌 車掌遅刻原因で出発遅れていたため、本来ならば既に出発していてプラットホームにいないはずの列車在線していたため、衝突至った

※この「責任」の解説は、「リヨン駅列車衝突事故」の解説の一部です。
「責任」を含む「リヨン駅列車衝突事故」の記事については、「リヨン駅列車衝突事故」の概要を参照ください。


責任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/27 14:02 UTC 版)

表見的権限」の記事における「責任」の解説

表見的権限にあたる場合には本人がその行為について責任を負わなければならず、実際の代理権欠如抗弁とならない米国模範会社法デラウェア会社法役員の名称(肩書)を会社自治委ねているが、これは表見的権限をめぐる紛争任意に置かれている役職との混同などの問題が生じるのを避けるためといわれている。したがって、会社役員肩書だけで権限範囲明確にすることはできず具体問題ごとに判断する必要がある

※この「責任」の解説は、「表見的権限」の解説の一部です。
「責任」を含む「表見的権限」の記事については、「表見的権限」の概要を参照ください。


責任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/16 18:27 UTC 版)

ダブリン・モナハン爆弾事件」の記事における「責任」の解説

アルスター義勇軍UVF)が1993年爆弾事件の責任を主張したのは、UVF加害者とし、イギリス治安部隊攻撃関与していたと主張した爆弾事件テレビドキュメンタリーを受けてのことだった。

※この「責任」の解説は、「ダブリン・モナハン爆弾事件」の解説の一部です。
「責任」を含む「ダブリン・モナハン爆弾事件」の記事については、「ダブリン・モナハン爆弾事件」の概要を参照ください。


責任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/04 19:11 UTC 版)

軍人」の記事における「責任」の解説

軍人戦争という国家緊急事態において、場合によっては負傷死の危険もある最前線出て職務遂行することが求められる。その業務の性質上、「無制限の責任」を負うことが求められる。ゆえに軍人緊急事態において生命危機賭してでも職務に当たることが必要である交戦おいても、その行動には交戦規定によって制約されるまた、平時おいても緊急事態速やかに対応出来るように居住可能な地域限定され秘密保守品位維持なども、その職業性質上求められる重要な責任である。

※この「責任」の解説は、「軍人」の解説の一部です。
「責任」を含む「軍人」の記事については、「軍人」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「責任」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

責任

出典:『Wiktionary』 (2021/12/06 08:13 UTC 版)

この単語漢字
せき
第五学年
にん
第五学年
慣用音 呉音

発音

名詞

(せきにん)

  1. 自らの行為等から発生する結果について、原状回復賠償非難されることに関する甘受又は謝罪表明といった義務負うこと。
    • 責任がある。責任が重い。責任を負う。責任感じる。責任を問う責任を取る。責任果たす。責任逃れる責任を持つ。
  2. (法律)
    1. (民事法) 究極には、国家によって履行強制される債務
    2. (ドイツ系の刑法) 非難ないし非難可能性。その本質については、学説対立があるが、おおよそ行為における行為者心理状態帰結されている

熟語

関連語

翻訳


「責任」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



責任と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「責任」の関連用語

責任のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



責任のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの責任 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのミーム (改訂履歴)、過積載 (改訂履歴)、会計参与 (改訂履歴)、投資事業有限責任組合 (改訂履歴)、JCP Executive Committee (改訂履歴)、プロジェクトマネージャ (改訂履歴)、リヨン駅列車衝突事故 (改訂履歴)、表見的権限 (改訂履歴)、ダブリン・モナハン爆弾事件 (改訂履歴)、軍人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの責任 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS