負うとは?

お・う〔おふ〕【負う】

[動ワ五(ハ四)]

背中や肩にのせる。背負う。「重い荷を—・う」

身に受ける。また、自分引き受ける。かぶる。「責任を—・う」「恨みを—・う」

傷を受ける。「重傷を—・う」「損害を—・う」

お陰こうむる。「先輩ご指導に—・うところが大きい」

後ろ位置させる。背景とする。「後ろに山を—・う」

借金する。

その人は、わが金(こがね)を千両—・ひたる人なり」〈宇治拾遺・一〉

名としてもつ。名前に適合する。

「名にし—・はばいざ事とはむ都鳥わが思ふ人はありやなしやと」〈伊勢・九〉

ふさわしいさまである適応する。

文屋康秀(ふんやのやすひで)は、ことば巧みにて、そのさま身に—・はず」〈古今仮名序

[可能] おえる

[用法] おう・せおう——「負う」は文語的。話し言葉では多く背負う」を使う。◇「負う」「背負う」には抽象的負担する意味もあり、「責任を負う」「罪を負う」「一家背負って働く」などと使われるが、「背負う」のほうが具体動作を表す度合いが強い。傷・痛手については「負う」を用い、「背負う」は使わない。◇類似の語に「担(にな)う」「担(かつ)ぐ」がある。ともに、肩で重みを受けるようにして物を運ぶ意。「大きな荷を担う」「おみこしを担ぐ」、また、抽象的に「役割を担う」「次代を担う」などとも使う。


お・う おふ 【負】

1 〔自ハ四〕

① それにふさわし様子である。似合っている。

古今(905‐914)仮名序文屋の康秀は、ことばはたくみにて、そのさま身におはず」

② (「名におう」の形で) 名前に適合する。その名にふさわしくする。

古事記(712)下・歌謡「かくの如(ごと) 名に淤波(オハ)むと そらみつ 大和の国蜻蛉島(あきづしま)とふ」

伊勢物語(10C前)九「名にしおはばいざ事とはむ都鳥わが思ふ人はありやなしやと」

2 〔他ワ五(ハ四)〕

① せなかに載せる背負う。しょう。

古事記(712)上「其の妻須世理毘売(すせりびめ)を負(おひ)て、〈略〉逃げ出でます時」

② 身に受ける。こうむる。引きうける。

(イ) 傷害を身に受ける。

古事記(712)中・歌謡「いざ吾君(あぎ) 振熊(ふるくま)が 痛手淤波(オハ)ずは (にほ)鳥の 淡海(あふみ)の海に 潜(かづ)きせなわ」

(ロ) 恨み報いなどを身に受ける。

万葉(8C後)四・六四六大夫(ますらを)の思ひ侘びつつ度(たび)まねく嘆き嘆きを負(おは)ぬものかも

源氏100114頃)桐壺恨みをおふつもりにやありけむ、いとあつしくなりゆき

(ハ) 責任ひきかぶる

今昔1120頃か)二九此の事は荒三位と云て藤原と云ふ人ぞ、負(おひ)ける」

③ 身にもつ。

(イ) 負債など、悪い状態を身にもつ。

宇治拾遺(1221頃)一「ここに旅人来てやどらんとす。その人は、我金を千両をひたる人なり」

現代経済考える(1973)〈伊東光晴〉 IV.「こうしたハンディキャップを負う人たちが」

(ロ) 義務責任をもつ。「責任を負う

火の柱(1904)〈木下尚江〉七「自己の職分と父の贖罪二重の義務を負(オ)んでるのだから」

(ハ) (「…に負う」の形で) そのこと原因する。影響を受ける。おかげをこうむる

物理学感覚1917)〈寺田寅彦〉「吾人時間対す観念の源でも実は吾人視覚に負ふ所が甚だ多い」

後ろにする。背景にする。

機動演習(1903)〈田口掬汀〉三「背後に負うた小山のやうな一構(ひとかまへ)」

(5) 名をもつ。その名を名のる。

古事記(712)上「亦其の神の御名は、汝負(おひ)て仕へ奉れ


おぶ・う おぶふ 【負】

〔他ワ五(ハ四)〕 (東日本中心に分布していた人を負う動作を意味する動詞「おぶ」から派生したため、この語も主に東日本分布したものか)

背中に物をのせる。背負う。おう。しょう。多く子供背負場合用いられる。

洒落本南江駅話(1770)「くたびれたらおぶってやろふ」

多く仕事責任などを引き受ける。他人仕事負担などを引き受ける。多く好ましくない物事引き受け場合用いられる。

洒落本多佳余宇辞(1780)「おぶって置いて、しんにするとは、上げ下げじゃア大きな出入だ」


おう【負う】

品詞動詞
標準語オンブする。背負う。
用例》「あすこの、あこを負うとんなるのは、誰だいな」(あそこの、赤ちゃんをおんぶしておられるのは、どなたですか)。
参照きゃある動詞活用表(おう)

負う

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 10:29 UTC 版)

和語の漢字表記

(おう)

  1. おう 参照


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「負う」に関係したコラム

  • 株365の取引のリスクは

    株365の取引を行う際のリスクには次のようなものが挙げられます。▼価格変動によるリスク株365の銘柄の価格変動による損失のリスクがあります。また、株365ではレバレッジを使った取引のため、差し入れた証...

  • 株365と日経225連動型ETFとの違い

    日経225連動型ETFとは、日経平均株価(日経225)に連動している上場投資信託のことです。そして、株365の日経225証拠金取引も日経平均株価に連動した商品です。ここでは、株365と日経225連動型...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「負う」の関連用語

負うのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



負うのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
鳥取弁辞書鳥取弁辞書
Copyright (C) 1996-2022 gonbe007
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの負う (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS