告発とは?

こく‐はつ【告発】

[名](スル)

悪事や不正を明らかにして、世間知らせること。「内部告発

犯罪とは直接関係のない者が、捜査機関犯罪事実申告し、犯人訴追求めること。「告発状」→告訴


告発(こくはつ)

第三者捜査機関に対し、犯罪起訴求めること

犯罪事実を知ることのできた第三者検察などの捜査機関に対して、その犯罪起訴するよう求めること。告発は、犯罪被害者でない第三者が行うものとされている。

犯罪被害者やその法定代理人などは、犯罪捜査を促し、起訴してほしいという意思を示す手段として、告訴することができる。一方犯罪被害者でなくても、その犯罪行為目撃することにより犯罪事実を知った第三者場合は、告発することができる。

告訴と告発は、捜査機関犯罪起訴要請するものであるが、実際に起訴するかどうか検察判断となる。告発の場合犯罪現場見てしまった者は、その事実告げるべきだという道徳的責任に基づき制度化されている。特に、公務員は、職務中に犯罪事実を知ったときは告発することが義務づけられている。

証人喚問における偽証罪で告発された例として、1995年衆議院予算委員会信用組合の不正融資事件について証言した山口敏夫労相がいる。現在、背任罪横領罪とともに控訴審審理続いている。

関連キーワード「起訴

(2002.03.19更新


告発(こくはつ)

犯罪被害者支援刑事手続関わる用語

犯罪被害者やその親族などの告訴を持つ者以外の者が捜査機関に対して犯罪事実申告し、訴追求めることを告発という。告訴とは異なり誰でもすることができる。なお、虚偽告訴場合は、告訴した者に刑罰加えられることがある


» 法テラス・法律関連用語集はこちら

告発

読み方こくはつ

犯人および告訴権者以外の者から,捜査機関に対して犯罪事実申告して,その捜査および訴追求め意思表示をいう。告発は,被害者限らず誰でもできるが,官吏公吏その他法律定められた私人爆発8条など)には告発義務存する刑訴239条)。告発は,一般に親告罪告訴異なり訴訟条件ではなく捜査の端緒に過ぎないが,明文をもって訴訟条件とされる場合(独禁96条)や,訴訟条件解釈なければならない場合(税犯13条,14条,17条,関税137140条,議院証言8条)もある。告発は,口頭または文書検察官または司法警察員に対してなければならない刑訴241条)。
なお,一般に内部告発」,「ネット告発」などと称される行為がしばしばあるが,ここにいう「告発」は,犯罪事実申告するなら格別,単に世間耳目を集めるという意味において本来の告発とは異なる。

(注:この情報2007年11月現在のものです)

告発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/25 07:51 UTC 版)

告発(こくはつ)




「告発」の続きの解説一覧

告発

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 10:40 UTC 版)

名詞

こくはつ

  1. 悪事不正暴くこと。
  2. 犯人被害者以外の人が捜査機関犯罪事実申告すること。

発音

こ↗くはつ

動詞

活用

サ行変格活用
告発-する



固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「告発」の関連用語

告発のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



告発のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2020 時事用語のABC All Rights Reserved.
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2020 Houterasu All rights reserved.
www.sekidou.comwww.sekidou.com
© 1996-2020 Sekidou Kousuke.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの告発 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの告発 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS