到着とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 到着 > 到着の意味・解説 

とう‐ちゃく〔タウ‐〕【到着】

読み方:とうちゃく

[名](スル)目的地などに行きつくこと。到達。「取材先に―する」「―時刻


到着

読み方とうちゃく
【英】:arrival

待ち行列モデルにおいて, サービスを受ける主体である客が外部から入ってくること. 一連の客の到着を確率過程考えときには "到着過程 (arrival process)" あるいは "入力 (input)" などということもある.


到着

作者筒井康隆

収載図書にぎやかな未来
出版社角川書店
刊行年月1993.11
シリーズ名角川文庫

収載図書怪物たちの夜
出版社徳間書店
刊行年月2002.7
シリーズ名徳間文庫

収載図書くさり―ホラー短篇集
出版社角川書店
刊行年月2006.11
シリーズ名角川文庫


到着 Arrivals

到着 (画像をクリックする拡大します)  

到着

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/18 19:32 UTC 版)

到着(とうちゃく)とは目的の場所に辿り着くことである。ここでは、経営学での、待ち行列理論における到着を解説する。




「到着」の続きの解説一覧

到着

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/24 04:28 UTC 版)

辰口信夫」の記事における「到着」の解説

日本軍初めアリューシャン列島アッツ島キスカ島占領したのは、1942年6月8日のことである。アッツ島1942年9月に一旦は放棄されるものの、その後再び部隊駐留させている。北海支隊の1個連隊海軍陸戦隊一隊支援部隊1942年10月ごろからアッツ島防衛のために到着し始めた山崎保代大佐率いアッツ島守備隊兵力は、最終的には2,500人から2,900人にまで達したという。機密保持のために、家族への手紙一切の日付書くこと禁じられていたので、辰口がいアッツ島到着したかははっきりとわかっていない。しかし、おそらく1942年11月から1943年1月の間だったと考えられている。彼はそこで北海防衛病院での勤務についたアメリカ海軍海上封鎖のために、アッツ島日本本土の手紙のやり取りはまれにしか行われず、しかも遅れがちだった。しかし辰口は耐子からいくつかの荷物受け取ったその中にはクッキーあかぎれ軟膏含まれていたという。彼の部隊の場所や任務について書くこと禁止されていたので、辰口は天気のこと、雪景色美しさ魚釣りなどについて耐子に書き送った最終的には4通の手紙と何かのポストカードが耐子のもとに届いたという。また、2月には二女のローラ・ムツコ(睦子)が生まれ、そのニュースは辰口のもとにも届けられた。彼は手紙のなかで娘たちクラシック音楽聞かせるように記していた。この時期にが日記を記してたかどうかは不明である。現在知られている彼の日記は、5月アメリカ軍アッツ島奪還のために上陸作戦開始した以降のもののみが残されている。

※この「到着」の解説は、「辰口信夫」の解説の一部です。
「到着」を含む「辰口信夫」の記事については、「辰口信夫」の概要を参照ください。


到着

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/16 19:23 UTC 版)

エルンスト・シュトローマー」の記事における「到着」の解説

1910年11月7日にシュトローマーは古生物学目的探検のためにロイド社の蒸気船クレオパトラにてエジプトアレキサンドリア到着した。だが、三等船室乗客コレラ疑われる症状があると医師報告したため、船が検疫かけられシュトローマーはその後二日間船中に留まらなければならなかった。 11月9日水曜日医師乗客解放発表するとシュトローマーと随伴者ホテル一泊し翌日カイロ行の汽車乗ったカイロホテルチェックインしたのち、シュトローマーはエジプト地質学調査委員会 (Geological Survey of Egypt) の会長より歓迎の手紙を郵便局で受け取った。シュトローマーは礼儀重んじる人物であり、午後に表敬その後探検計画の策定をかねて、名声が高いドイツ人エジプト考古学者であるゲオルグ・シュタインドルフ (George Steindorff) の事務所訪れた11月14日にシュトローマーはエジプト地質学調査委員会沙漠調査部門を創設したジョン・ボール (John Ball) と会ったその年内に調査委員会エジプト最初の地形図出版し、翌1911年出版する手筈だった地質図仕上げたいずれもシュトローマーには非常に貴重なもので、これをもとに自分の探検目的地をほとんど知られていなかった西部沙漠地帯のバハリヤに定めて計画すすめた11月15日、シュトローマーに気がかりなことが発生したヨーロッパ人西部沙漠惚れ込んで住みつき行方不明になったリヒャルト・マルクグラーフ (Richard Markgraf) のことである。マルクグラーフカイロ南にあるシヌリスという小さな村住んでいた。彼がシュトローマーと知り合った経緯はあきらかではない。 シュトローマーは約10年前1901年から翌年にかけての冬にマルクグラーフ会い大変意気投合したマルクグラーフ10年半の間シュトローマーの化石蒐集係(Sammler)をつとめ、友人になった。だがマルクグラーフ病気がちだった。その理由マラリアなのか、腸チフスによる腸内出血か、慢性アメーバ赤痢によるのかは不明であるある朝探検計画策定なんとしてもマルクグラーフ必要だったシュトローマーは、彼がまた発症したことに頭を抱えたそれまで彼は現れず彼と連絡を取ろうにも無理だった。だが、ホテル自室ドアを開けるとマークグラフが椅子座っており、彼の不安は雲散霧消したという。 探検計画三部構成だった。まずシュトローマーとマルクグラーフカイロからワディ・エル・ナトルーン (英:Wadi El Natrun) へと北西進路をとり、数週間この地域を探検したのちカイロへ戻り補給後に今度南のルクソール移動しナイル川の谷の東岸斜面探検する。 だが砂漠地帯への入域許可証取得困難になった。1910年にはもうドイツイギリス緊張高まっており、両国他国世界各地におけるどんな活動にも敏感になっていた。シュトローマーはやっとのことで許可証手に入れた

※この「到着」の解説は、「エルンスト・シュトローマー」の解説の一部です。
「到着」を含む「エルンスト・シュトローマー」の記事については、「エルンスト・シュトローマー」の概要を参照ください。


到着

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/15 01:43 UTC 版)

第33SS武装擲弾兵師団」の記事における「到着」の解説

1944年11月5日ドイツ中央部レーン山地Rhön)にある演習場「ヴィルトフレッケン演習場」(Truppenübungsplatz Wildflecken)で訓練中「シャルルマーニュ」旅団に、民兵高級指揮官ジャン・バソンピエール(Jean Bassompierre)とエミール・レイボー(Émile Raybaud)に引率されフランス民兵団隊員数千名が到着した。彼らは連合軍によってフランスナチス・ドイツにのフランス占領下から解放された1944年以後民衆レジスタンス報復から逃れるためにドイツのウルム避難していたが、親衛隊上層部民兵指導者ジョゼフ・ダルナンJoseph Darnand)との長期にわたる会談結果武装親衛隊のフランス人部隊「シャルルマーニュ」旅団)に編入されることが決定したであったレジスタンスから鹵獲したステン短機関銃スミス&ウェッソンコルトリボルバー装備し民兵団の特徴であるダークブルー制服ベレー帽という格好で兵舎到着した民兵団員たちは、ドイツの軍服着ているフランス人たちに冷たく出迎えられた。ドイツ国防軍武装親衛隊所属し東部戦線戦闘経験積んだフランス人義勇兵たちは民兵団員見て、「まるでギャングカウボーイだな」と嘲った。そして民兵団員は、自分たちと対面したドイツ人よりもドイツ人らしく見える」フランス人たちを見て不安に思った1943年初頭民兵創設から1944年に至るまでフランス占領ドイツ軍協力してマキなどのレジスタンス組織戦ってきた民兵であったが、ヴィルトフレッケン到着時多くの民兵団員態度極めてドイツ的であった宿舎入った民兵団員は壁に掛かっているアドルフ・ヒトラー肖像画写真撤去して片隅追いやり、代わりに民兵指導者ジョゼフ・ダルナン写真ヴィシー政権象徴ペタン元帥写真フランス国旗飾りつけた(これを発見した演習場職員仰天した)。 彼ら民兵団員武装親衛隊編入されたものの、ヒトラーに対する忠誠宣誓はまだ行っていなかった。「シャルルマーニュ」旅団本部宣誓式を催すに最適な日として1944年11月12日選んだ民兵団員からの反発備え、クルケンベルクSS少将懲罰小隊編制した)。

※この「到着」の解説は、「第33SS武装擲弾兵師団」の解説の一部です。
「到着」を含む「第33SS武装擲弾兵師団」の記事については、「第33SS武装擲弾兵師団」の概要を参照ください。


到着

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/13 16:40 UTC 版)

オハイオ (タンカー)」の記事における「到着」の解説

曳航されたオハイオマルタ島接近し夜には島の沿岸砲台の援護下に入った。島から来た古い外輪曳船オハイオ曳航しようとしてペン衝突するトラブル見舞われながらも一行ゆっくりと島を回りながらグランド・ハーバー入港しようとしていた。その最中沿岸砲台が浮上しながら接近しつつあるUボート発見し、さらに地上レーダーSボート一団捉えられた。沿岸砲台が探照灯照射砲撃によって両者追い払ったためオハイオらは難を逃れた。ゾンカー岬を回って港口差し掛かるところでは、今度イギリス側敷設した防御機雷原通過しなければならなかった。30分間にわたってオハイオ巨体通過させよう悪戦苦闘した後、午前6時曳船到着したことでなんとか一行機雷原間の水路抜けることができた。未だに駆逐艦オハイオ左右から挟み前進後進繰り返して航行助け続けていた。 8月15日午前8時、ついにオハイオマルタ島グランド・ハーバー入港果たした一行は港を埋め尽くす群衆歓声と、ブラスバンド演奏するルール・ブリタニア迎えられた。メーソン船長船橋答礼しつつも、もはやオハイオが沈むまで一刻猶予もないことを理解していた。 貴重な積荷石油失われるのを防ぐため、直ちオハイオ船体から荷揚げ作業開始された。協議結果浸水した船体バランス保ちながら比重差で速やかに石油汲み出すために貨油タンク海水注入されることになったオハイオポンプ動力は既に失われていたため、応急ポンプ用いてオハイオ接舷したイギリス海軍補助艦隊タンカーボックスオール(RFA Boxol, A107)へ石油移されるにつれてオハイオ浮力失い少しずつ沈んでいった。そして最後の石油がタンクら抜き取られるのと時を同じくしてオハイオ船体完全に着底したのだった

※この「到着」の解説は、「オハイオ (タンカー)」の解説の一部です。
「到着」を含む「オハイオ (タンカー)」の記事については、「オハイオ (タンカー)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「到着」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

到着

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 13:08 UTC 版)

発音(?)

と↗ーちゃく

名詞

とうちゃく

  1. 目的地に着くこと。

翻訳

動詞

-するとうちゃく-する)

  1. (自動詞) 目的地に着く。

活用

翻訳


「到着」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



到着と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「到着」の関連用語

到着のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



到着のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2023 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
交通エコロジー・モビリティ財団交通エコロジー・モビリティ財団
Copyright(c) EcoMo Foundation
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの到着 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの辰口信夫 (改訂履歴)、エルンスト・シュトローマー (改訂履歴)、第33SS武装擲弾兵師団 (改訂履歴)、オハイオ (タンカー) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの到着 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS