兵力とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > > 兵力の意味・解説 

へい‐りょく【兵力】

読み方:へいりょく

兵員数兵器数など総合力。戦闘力。「―を増強する

国際法上戦闘従事できる資格を有する人々集団


(兵力 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/22 07:14 UTC 版)

軍隊用語としての(へい)は、軍隊の階級区分の一。字義については語源を参照。




「兵」の続きの解説一覧

兵力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/23 06:29 UTC 版)

ヒメラの戦い (第二次シケリア戦争)」の記事における「兵力」の解説

古代の資料では、紀元前409年遠征軍は、騎兵4,000含み総兵力120,000と言われる兵士北アフリカサルディニアイベリア半島、さらにシケリアギリシア人からも募集され、またカルタゴ人志願兵加わっていた。最近の研究では実際の兵力は40,000前後推定されている。セリヌス包囲戦の後、カルタゴ軍には20,000シケル人エリミ人兵士加わっており、総兵力は50,000以上に達した

※この「兵力」の解説は、「ヒメラの戦い (第二次シケリア戦争)」の解説の一部です。
「兵力」を含む「ヒメラの戦い (第二次シケリア戦争)」の記事については、「ヒメラの戦い (第二次シケリア戦争)」の概要を参照ください。


兵力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/23 17:10 UTC 版)

緑営」の記事における「兵力」の解説

各省駐屯し緑営は鎮を最高戦力単位となし、営を最小単位とした。 <<乾隆大清会典則例>>には、清代中期緑営の総兵数記載されており、それによると全国緑営66鎮、1169営だったとされる

※この「兵力」の解説は、「緑営」の解説の一部です。
「兵力」を含む「緑営」の記事については、「緑営」の概要を参照ください。


兵力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/20 05:18 UTC 版)

国民革命軍戦闘序列 (1937年)」の記事における「兵力」の解説

兵力については、1937年8月中国国民革命軍戦闘序列編成では、整備訓練経た部隊未整備部隊合わせて合計182歩兵師(師団相当)、46個旅(旅団相当)、9個騎兵師、6個騎兵旅、4個砲兵旅、8個砲兵団(連隊相当)であった1937年中の兵力の概算は、陸軍現役兵員は170万人余りに達したこの中には1937年の実補充30万人含まれない

※この「兵力」の解説は、「国民革命軍戦闘序列 (1937年)」の解説の一部です。
「兵力」を含む「国民革命軍戦闘序列 (1937年)」の記事については、「国民革命軍戦闘序列 (1937年)」の概要を参照ください。


兵力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/21 02:26 UTC 版)

中国人民解放軍」の記事における「兵力」の解説

中華人民共和国の軍事最高軍事指導機関中央軍事委員会中国語版)(党、国家中央軍事委員会内部機関公庁連合参謀部 政治工作部 後勤保障装備発展部 訓管理部 国防動員紀律検査委員会 政法委員会科学技術委員会戦略規画弁公室 改革編制弁公室国際軍合作弁公室 審計署機関事務管理総局 国務院機関国防部 国防科工局 国家国防動員委員会 国家辺海防委員会 中華人民共和国武装力量 中国人民解放軍 中国人民武装警察部隊 中国民兵 戦区東部戦区 南部戦区 西部戦区北部戦区 中部戦区 軍種 陸軍 海軍 空軍 ロケット軍 中央軍事委員会直轄支援部隊戦略支援部隊聯勤保障部隊 中央軍事委員会直属院校国防大学 軍事科学国防科技大学 ドメイン戦力陸軍 海軍陸戦隊 空軍降兵 海軍 陸軍船艇部隊 空軍 海軍航空兵 陸軍航空兵 ロケット軍海軍潜艇部隊 空軍爆撃機部隊 戦略支援部隊航天系統戦略支援部隊網絡系統部 駐特別行政区部隊香港部隊マカオ部隊 階級制度人民解放軍 武装警察 軍事思想歴史人民戦争理論 人海戦術 解放軍歴史 ゲリラ 運動戦 超限戦 関連法規国家安全法 国防法 兵役法 国防動員法 国防教育法 人民防空法 国防交通法 国情報ネット安全法テロリズム反スパイ法 現役士官予備役士官法 人武装警察民兵工作条例 士官階級条例 軍政治工作条例 中国人民解放軍人員・装備数・組織構成等は、中国政府あるいは人民解放軍自身情報公開積極的でなく国防白書定期的に発行されていない2013年4月中国国務院は『中国国防白書中国武装力の多様な運用』を発表して陸軍機動作部隊85万人海軍235千人、空軍398千人とする兵員数概要公表した陸軍機動作部隊は、18集団軍および軍区直轄独立諸兵科連合師団旅団)に該当し国境警備部隊海岸防衛部隊・軍事施設警備部隊含まないとしている。陸軍機動作部隊該当しない前記各部隊兵員数公表されず、したがっ現役陸軍全体兵員数明らかにされていない。また第二砲兵予備役兵員数公表されず、したがっ人民解放軍全体現役予備役含めた兵員数も本国防白書では明らかにされていないイギリス国際戦略研究所発行した2013年ミリタリーバランス』によると、2012年11月時点人民解放軍人員数は、現役兵2285千人、予備役51万人推定されており、このことから世界最大常備軍とされているこの他準軍事組織人民武装警察武警)が66万人推定されている。これらの数は2000年の値と比較する現役兵は25千人減予備役+1~-9万人である。武警84万人であった1982年現在の武警設置されまもない時期は、人民解放軍大規模な人員数削減行った頃と一致する武警は、削減され人民解放軍兵士受け入れ一時は人員増加したものの、その後に隊員定年進み自然減になったものと推察する準軍事組織には他に中国民兵があり、2011年中国共産党発表によると過去に3000万人が所属しており、削減され2011年おいても人員800万人を誇る。

※この「兵力」の解説は、「中国人民解放軍」の解説の一部です。
「兵力」を含む「中国人民解放軍」の記事については、「中国人民解放軍」の概要を参照ください。


兵力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/03 17:30 UTC 版)

ジュノー・ビーチ」の記事における「兵力」の解説

カナダ海軍艦船1万人の水兵提供した1万4千人のカナダ兵が海岸上陸した。 第516カナダ空挺降下兵が戦線後方にパラシュートグライダー降下したカナダ空軍から上支援のため、ランカスター爆撃機スピットファイヤー戦闘機使用された。

※この「兵力」の解説は、「ジュノー・ビーチ」の解説の一部です。
「兵力」を含む「ジュノー・ビーチ」の記事については、「ジュノー・ビーチ」の概要を参照ください。


兵力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/14 03:02 UTC 版)

ドイツ海軍小型戦闘部隊」の記事における「兵力」の解説

当初、ハイエはK戦隊が所定の任務を遂行するために将兵17,402人(士官および士官候補生794人、下士官兵16,608人)が必要だ計算した内訳大半は自動車運転手、事務員修理要員などの地上勤務要員であった:507。この要請受けたデーニッツはハイエに対する全面協力約束している。ただし、通常潜水艦指揮官募集失敗終わった。K戦隊志願者のみで構成されており、各種広告ポスターを通じ隊員募集行っていた。結成時兵員数百程度だったが、1944年10月頃には地上勤務要員含めて8,000程度まで拡大していた:164兵員詳し配属状況については人事関連の文書失われているために不明である。ただし、舟艇部隊については多少記録があり、年次毎の兵員推移推測できる1944年12月中頃にはスヘルデ川221隻の舟艇展開しており、これが1945年1月末頃には263隻へと増加している。この数字おおむね操縦士人数一致するとされる敗戦直前記録には、その他に具体的な数字いくつか出てくる。例え1945年5月6日には、エイマイデン(ドイツ語版)にてK戦隊将兵3,000人(大半ゼーフント艇団の人員)が捕虜になったという。この時捕虜人数として5,000人という数字出している資料もあるが:123、これは空軍陸軍海軍の他部隊人員合わせた数字だという。1945年5月8日には、ノルウェーで2,485人のK戦隊将兵投降した:3423431945年5月頃にアドリア海沿岸でK戦隊一部陸軍と共に戦ったという記録もある。そのほか海軍特務コマンド、各教導部隊教官、第1ヒドラ船団などの兵力について不明であるまた、敗戦まで450人のフロッグマン訓練完了した:123これらの数字から、敗戦時のK戦隊の総兵力は10,000程度であった推測されている。このうちおよそ2,500人操縦士であり、さらに250人はゼーフント操縦士であった。なお、敗戦時の兵力について16,000人という数字出している資料もある:5。

※この「兵力」の解説は、「ドイツ海軍小型戦闘部隊」の解説の一部です。
「兵力」を含む「ドイツ海軍小型戦闘部隊」の記事については、「ドイツ海軍小型戦闘部隊」の概要を参照ください。


兵力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 01:57 UTC 版)

ドイツ国防軍」の記事における「兵力」の解説

1939年には、38師団58万人の兵力を持つ12軍団の編成ヒトラーから要求されていた。予備役動員1939年7月8月行われた1939年末に国防軍470万人召集していたが、1940年には、ほぼ同数410万人が再び召集された。人的資源枯渇していたこともありその後数年半減し1944年には130万人達した1939年から1945年間に合計、約1,700万人以上の男性召集された。 第二次世界大戦中には、ドイツ人以外の兵士、特に東欧人多くが国防軍に参加していた。彼らが志願した理由は、その多くソビエトスターリン体制反発する者が大半で、他には、ユダヤ人ボルシェヴィキによる東ヨーロッパ支配恐れていたからである(反ユダヤ主義蔓延していたため、ユダヤ人ボルシェヴィキ同義として捉えられていた)しかし、中には強制的に動員され場合もあった。ソ連領内だけでも約60万人男性補助部隊志願していた。義勇部隊には、エストニア人ラトビア人ベラルーシ人ウクライナ人ロシア人コーカサス人などがいた。ロシア以外の部隊は「東方義勇部隊ドイツ語版)(Ostlegionen)」と呼ばれロシア人部隊多くアンドレイ・ウラソフ率いる「ロシア解放軍」に参加していた。国防軍内における外人部隊兵士全体の約5%を占めていたという。 1938年3月オーストリア併合された後、オーストリア軍ドイツ語版将兵ドイツ国防軍編入されたうえでオーストリアにも徴兵制敷かれドイツ国防軍召集された。同盟国ドイツ系民族は何万人国防軍志願したが、それ以上に多かったのが武装親衛隊Waffen-SSであったまた、11,600人のルクセンブルク強制徴用者、約10万人のアルザス人、3万人ロレーヌ人も動員された。外国人志願者は、インド軍団や自由アラビア軍団ドイツ語版)などの部隊ドイツ国防軍参加していた。 また、これら義勇軍は、ドイツ同盟関係にあった東欧諸国ルーマニアスロバキアクロアチアブルガリアハンガリー)の軍隊混同してはいけない。独ソ戦における作戦ではドイツ軍の最高司令部の指揮下に置かれていたが、法的に独立していた。

※この「兵力」の解説は、「ドイツ国防軍」の解説の一部です。
「兵力」を含む「ドイツ国防軍」の記事については、「ドイツ国防軍」の概要を参照ください。


兵力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/04 13:38 UTC 版)

朝鮮人民軍」の記事における「兵力」の解説

日本の平成23年防衛白書』では、総兵力は120万人とされている。これは、対峙している韓国軍の兵力(66万人)と在韓米軍(25千人)の合計よりも多い。北朝鮮人口は約2400万人なので、国民の5%程度軍役に就いていることになるが、そのために兵役期間が10年2005年までは、13年だった)と極めて長く、元々GDP1.2 - 2.4兆円で著しく低迷する北朝鮮経済に与える影響極めて甚大である。なお、実際に戦闘使える兵の数となると20から30万という説を唱える者もいる。 ただし、年間軍事予算6500億円のうち一部北朝鮮天然資源売り上げ韓国との開城工業団地朝銀信用組合事件など外国から吸い上げた資金充当されているとする推測もある。 苦難の行軍呼ばれる飢饉始まった1994年徴兵検査基準変更し、「身長150cm以上、体重48kg以上」を「身長148cm以上、体重43kg以上」に引き下げ、さらに、苦難の行軍期に年少期過ごした子供が、徴兵年令である17歳達した2008年からは、その徴兵検査基準撤廃され健康であればすべての若者徴兵対象者にすると変更した徴兵検査基準変更されたのは若者成長不足のめであり大量の餓死者が発生した苦難の行軍により、著しく人口減少し兵士充足率急減していることが分かるCIAなど5つ情報機関共同で作成し国家情報会議ウェブサイト掲載された世界保健戦略的示唆点」は、「北朝鮮では1990年代広範囲に及ぶ飢餓発生してから深刻な栄養不足状態が続いており、児童半数上が成長障害低体重青年層3分の2栄養失調貧血みられる」「2009年から2013年潜在的徴集対象の17%から29%が知的能力欠け軍生活不適格者となる」「北朝鮮軍人らは自身に対する食糧配給がきちんと行われて栄養失調にあえぐ家族心配するようになり、これが忠誠心低下つながりかねない」と報告している。さらに甚大な食糧難だった1990年代苦難の行軍世代は、出生率例年より3割低くこの世代を招集する時期には兵力の減少見込まれる。兵力の規模維持するため、2015年には男性兵役期間を11年延長これまで志願制であった女性にも7年兵役義務科す方針である。 北朝鮮保有する兵力を公表したことはないが、英国シンクタンク国防戦略研究所年次報告書ミリタリー・バランス』によると、陸軍102万人海軍6万人空軍11万人の兵力とされている他に予備役470万人労農赤衛隊350万人保安部隊19万人もおり、事実上男性皆兵といって差し支えない。しかし、正規軍多く日常的に農漁業などに従事しているため、訓練行き届いているとは言えない。 約102万人という世界2位地上軍歩兵兵力に関しては、国是として政治指導者民族武力統一決断した場合、一応南侵作戦実施可能たらしめるのに必要な兵力を陸軍整備目標にしていると観測されている(イラクなどを見て占領地域人口100人に対して1人の兵力が占領維持必要な兵力所要であり、韓国軍戦って半数損耗したとして残り45万人で4500韓国民を支配するには初期兵力としては90 - 100万必要である)。尚、国是として統一作戦が一応「実施可能な能力軍隊整備目標掲げ事と武力統一作戦実際に成功」させうる能力保有する事と別問題である。韓国軍においては徴兵制に加えて予備役制度充実しており、約380万人にのぼる大韓民国予備軍大規模兵力が控えていることも、考慮しなければならない国際機関推計によれば核兵器6 - 7基を製造するのに十分なプルトニウム保有ミサイル搭載用の核弾頭製造する技術を持っているかは不明である各種ミサイル少なくとも1000保有大陸間弾道弾プロトタイプとなるテポドン2号ローンチ・ヴィークル銀河2号銀河3号発射実験の後、2017年7月初め実戦配備向けた大陸間弾道ミサイル火星14発射実験成功させ、次いで米国全土射程収める火星15発射実験成功した北朝鮮2500 - 5000トン化学兵器保有していると思われる生物兵器開発計画もあるが、北朝鮮研究開発段階終えたかは不明米政府分析によると、主力戦闘戦車3500両、軽戦車560両、装甲兵員輸送車2500両、牽引砲3500門、自走砲4400門、多連装ロケット砲2500門、迫撃砲7500門、対戦車ミサイル(数不明)、無反動砲1700門、高射砲1万1000門。海軍潜水艦92隻、フリゲート艦3隻、コルベット艦6隻、ミサイル艇43隻、大型巡視艇158隻、高速魚雷艇103隻、哨戒艦艇334隻以上、輸送艦艇10隻、沿岸防衛ミサイル発射台2台、ホバークラフト130隻、掃海23隻、小型艇8隻、測量船4隻を保有空軍爆撃機推計80機、戦闘機対地攻撃機541機、輸送機316機、輸送ヘリコプター588機、攻撃ヘリコプター24機、無人航空機少なくとも1機を保有

※この「兵力」の解説は、「朝鮮人民軍」の解説の一部です。
「兵力」を含む「朝鮮人民軍」の記事については、「朝鮮人民軍」の概要を参照ください。


兵力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 05:52 UTC 版)

確固たる支援任務」の記事における「兵力」の解説

2018年現在北大西洋条約機構NATO)はアフガニスタン国内1万6000人を派遣している。

※この「兵力」の解説は、「確固たる支援任務」の解説の一部です。
「兵力」を含む「確固たる支援任務」の記事については、「確固たる支援任務」の概要を参照ください。


兵力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/24 22:56 UTC 版)

ニコポリスの戦い」の記事における「兵力」の解説

戦闘員の数は歴史上の情報において、重く争われてきた。歴史学者タックマンTuchman)は「年代記習慣として素晴らし出来事にはそれに相応し数字当てる」と記しニコポリスの戦いたいへん重大とみなされたので戦闘員の数も中世年代記範囲によって40万人ほど与えられ主張それぞれの側で、敵は2対1上回り、それは十字軍のためにその敗北慰め提供しトルコ人勝利栄光増大させた。しばしば定説とされた10万という数字はトゥッフマンによって却下され彼は10万人はドナウ川鉄の門を通過するときに取り上げられたもので、そのとき十字軍8日かかっている最も近い記録数字は ヨハン・シルトベルガーによって作成されバイエルン貴族の出身ドイツ人信徒である彼は16歳で戦い目撃し捕えられて、帰郷前の30年間にわたりトルコ人によって奴隷にされた。このときに彼は1万6000人による最後の戦いにおける十字軍強さ推定する戦記書いた。 しかし彼はまたオスマン軍の兵力を大幅に膨らまし20万人推定している。19世紀ドイツの歴史家らの両陣営の兵力の試算は、キリスト教徒側は約7,500-9000人でありオスマン側は約12,000-20,000人という数字出された。ロジスティック観点からニコポリス周辺の田舎には数千の人と馬のために食糧飼料供給することは不可能だったろうと指摘した上である (中世の軍は進軍しながら取り囲んだ地域から糧食徴発獲得していた。近代軍が補給路使用していたこととは対照的に)。 ソース年所属# 十字軍# オスマン軍合計 #引用ヨハン・シルトベルガー 1427年 ヨーロッパ 16,000 200,000 216,000 19世紀ドイツの歴史19世紀 ヨーロッパ 7,500-9,000 12,000-20,000 19,500-29,000en:Behçetu't-Tevârih』(en:Şükrullah著) 15世紀 オスマン帝国 130,000 60,000 190,000 デイヴィッド・ニコール 1999年 ヨーロッパ 16,000 15,000 31,000

※この「兵力」の解説は、「ニコポリスの戦い」の解説の一部です。
「兵力」を含む「ニコポリスの戦い」の記事については、「ニコポリスの戦い」の概要を参照ください。


兵力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/08 17:42 UTC 版)

英雄*戦姫」の記事における「兵力」の解説

戦闘における戦闘能力全般司るパラメータ同伴する兵の人数示している様子

※この「兵力」の解説は、「英雄*戦姫」の解説の一部です。
「兵力」を含む「英雄*戦姫」の記事については、「英雄*戦姫」の概要を参照ください。


兵力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/14 03:52 UTC 版)

三本松城の戦い」の記事における「兵力」の解説

吉見氏戦功文書聞書』には、「意案の如く江浦都合五万人にて津和野を五ヶ月攻むとされているが、大内氏陶氏周防国長門国から動員した兵力としては、第一次月山富田城攻め大内15,000人・大寧寺の変の陶軍5,000人・厳島の戦い大内・陶20,000人と比してかなり多い。また、江戸時代にまとめられ防長風土注進案では、賀年城で「陶軍3万余騎の大軍に、勝山城賀年城)の1000騎が抵抗した」旨が記されているが、全くの仮作では無いにしろ、賀年城規模考慮する過剰な表現とされる。 「津和野自然と歴史を守る会」の会報では、大内氏陶氏軍勢は2万人程度地元郷土史研究者は大内15,000益田勢2,000を含む)・吉見軍1,200説明している

※この「兵力」の解説は、「三本松城の戦い」の解説の一部です。
「兵力」を含む「三本松城の戦い」の記事については、「三本松城の戦い」の概要を参照ください。


兵力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/30 09:18 UTC 版)

クラヴァンの戦い」の記事における「兵力」の解説

イングランド・ブルゴーニュの連合軍指揮執ったのはソールズベリー伯トマス・モンタキュートで、ウィロビー卿が副官務めた。兵力は4千人で、そのうち1500人が装甲兵士(英語版)(イングランド500ブルゴーニュ1千)、2千人がイングランド弓兵だった。ブルゴーニュの弩兵(クロスボウ)と工兵40門の大砲配備された。 フランス軍率いたのはスコットランド貴族バカン伯で、副官フランス貴族ヴァンドーム伯ルイ英語版)だった。兵力の大部分占めたのは、2年前にボージェの戦いイングランド軍を撃破し王弟クラレンス公討ち取っバカン伯配下スコットランド兵だった。また、アラゴンロンバルディア傭兵も参陣した王太子軍は連合軍2倍から3倍であったとされている

※この「兵力」の解説は、「クラヴァンの戦い」の解説の一部です。
「兵力」を含む「クラヴァンの戦い」の記事については、「クラヴァンの戦い」の概要を参照ください。


兵力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 00:00 UTC 版)

ISIL」の記事における「兵力」の解説

ISIL構成員1万数千と言われているが、そのうち約6,300人は「イスラム国」の建国宣言してからの加入者と言われており、建国宣言から急速に勢力拡大している。新規参加者のうち大半はシリア人とされるアメリカ合衆国CIAは、戦闘員の数は2万人-31,500人上るとする見方示している戦闘員人数最小で2-3万人とみられる2014年8月から、アメリカ軍などがISILへの空爆実施しており、アメリカ軍推定2万人ISIL戦闘員殺害している。 国際連合は、2018年8月ISIL戦闘員がイラク・シリア両国に2〜3万人リビアに3〜4千活動しているとするリポート発表した

※この「兵力」の解説は、「ISIL」の解説の一部です。
「兵力」を含む「ISIL」の記事については、「ISIL」の概要を参照ください。


兵力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/18 14:33 UTC 版)

イギリス連邦占領軍」の記事における「兵力」の解説

中国・四国地方、および東京横浜横須賀神戸などに最も多い時には兵力は約4名に達した。これは当時日本各地駐留していた占領軍としては2番目に大き兵員数で、最大の陣容であったアメリカ占領軍の兵力の25%相当するまた、連合国軍最高司令官総司令部置かれていた東京横浜横須賀にも相当の兵力と、戦前より日本の主要な貿易港として、P&O香港上海銀行など多くのイギリス企業支店置かれていた神戸市にも相当数部隊駐屯した。なお、武装解除廃棄兵器処分のため、専門知識を持つ元日本軍人や民間人雇われた。

※この「兵力」の解説は、「イギリス連邦占領軍」の解説の一部です。
「兵力」を含む「イギリス連邦占領軍」の記事については、「イギリス連邦占領軍」の概要を参照ください。


兵力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 09:15 UTC 版)

戦国姫譚MURAMASA-雅-」の記事における「兵力」の解説

各部将ごとに設定されている数値で、部隊で合算されるプレイヤー設定された最大値を超えた兵力の部隊編制できない

※この「兵力」の解説は、「戦国姫譚MURAMASA-雅-」の解説の一部です。
「兵力」を含む「戦国姫譚MURAMASA-雅-」の記事については、「戦国姫譚MURAMASA-雅-」の概要を参照ください。


兵力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/02 23:54 UTC 版)

アラウシオの戦い」の記事における「兵力」の解説

ローマ軍の兵力は正規兵レギオン(軍団)が10から12兵数8属州から成るアウクシリア(補助兵)と非戦闘員合わせて4だった。一方キンブリ族テウトネス族合わせておよそ20大軍とされた。

※この「兵力」の解説は、「アラウシオの戦い」の解説の一部です。
「兵力」を含む「アラウシオの戦い」の記事については、「アラウシオの戦い」の概要を参照ください。


兵力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/26 13:38 UTC 版)

新四軍」の記事における「兵力」の解説

当初編成された新四軍麾下には四支隊と一特務部隊があり、兵力は約1万であったが、皖南事変後は陳毅代理軍長劉少奇政治委員として配置され華南展開していた一部八路軍部隊組み込んで7部隊旅団再編され、9あまりの兵力となった

※この「兵力」の解説は、「新四軍」の解説の一部です。
「兵力」を含む「新四軍」の記事については、「新四軍」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「兵力」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

兵力

出典:『Wiktionary』 (2021/07/28 12:25 UTC 版)

名詞

 へいりょく

  1. 兵員兵器数など総合した力。戦闘力
  2. 国際法において、戦闘をすることのできる資格持った集団

発音(?)

へ↘ーりょく

翻訳


「兵力」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



兵力と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「兵力」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



兵力のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの兵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヒメラの戦い (第二次シケリア戦争) (改訂履歴)、緑営 (改訂履歴)、国民革命軍戦闘序列 (1937年) (改訂履歴)、中国人民解放軍 (改訂履歴)、ジュノー・ビーチ (改訂履歴)、ドイツ海軍小型戦闘部隊 (改訂履歴)、ドイツ国防軍 (改訂履歴)、朝鮮人民軍 (改訂履歴)、確固たる支援任務 (改訂履歴)、ニコポリスの戦い (改訂履歴)、英雄*戦姫 (改訂履歴)、三本松城の戦い (改訂履歴)、クラヴァンの戦い (改訂履歴)、ISIL (改訂履歴)、イギリス連邦占領軍 (改訂履歴)、戦国姫譚MURAMASA-雅- (改訂履歴)、アラウシオの戦い (改訂履歴)、新四軍 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの兵力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS