ときにはとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ときにはの意味・解説 

ときに‐は【時には】

連語場合によっては。たまには。「時には遅く帰ることもある」


とき【時】 に は

⇒ときに(時に)は


ときに【時に】 は

先行する事柄を受けて、その結果起こる事柄を述べるときに用いる語。そうすればそれならば

歌舞伎傾城壬生大念仏(1702)上「瑠璃姫・彦六を殺せば、此家は身が物。時にはそちを身が女房にして、安楽に暮させふが」

その時宜によっては。場合によると。時として

吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉三「時には勝手口から飄然(へうぜん)と舞ひ込む事もある」


ときには

出典:『Wiktionary』 (2018/11/23 19:38 UTC 版)

副詞

ときにはには】

  1. ときによっては。ある場合には。ときどきは。

関連語

  • たまには


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ときには」の関連用語

ときにはのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ときにはのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのときには (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS