降りるとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 降りるの意味・解説 

お・りる【下りる/降りる】

[動ラ上一[文]お・る[ラ上二]

高い所から低い方へと移って、ある位置・場所に着く。上から下へ移動する。「山を—・りる」「木から—・りる」⇔あがる。

物が人の操作によって下の方へ移動する。「錠が—・りる」「幕が—・りる」⇔あがる。

乗っていた乗り物ら出る。「バスを—・りる」⇔のる。

㋑(下りる)からだの外へ出る。「回虫が—・りる」

負担になっていたものがなくなる。「胸のつかえが—・りる」「肩の荷が—・りる」

官位役職を退く。職を辞める。「管理職を—・りる」

俳優などが配役断って、その役を辞める。「主役を—・りる」

下りる官公庁などから、支給下付される。「認可が—・りる」「年金が—・りる」

勝負事で、勝敗を争う権利捨てる。「勝ち目がないので—・りる」

(降りる)などが地上空中などに生じる。「露が—・りる」

貴人前から退出する。さがる。

「局(つぼね)へいととく—・るれば」〈・八七〉

[用法] おりる・くだる——高い所から低い所へ位置を移す、位置をかえるの意で共通性があるが、「おりる」は「階段を(から)おりてください」「一階におりる」など、下への場所の移動を表すほか、「電車をおりる」など、ある物事から離れる意味でも使われる人以外のものが主体になっても「幕がおりる」「霜がおりる」など下方へ移動の意味中心となる。◇「下(くだ)る」は「坂道を下る」「船で川を下る」など、やはり下への場所の移動であるが、どこを通って移動するかに意味の重点がある。「石段下っていった」と「石段をおりたところに広場がある」とはその点で使い分けられる。◇「あがる⇔おりる」「のぼる⇔くだる」の対応が考えられる


降りる

作者トーマス・M.ディッシュ

収載図書アジアの岸辺
出版社国書刊行会
刊行年月2004.12
シリーズ名未来の文学


降りる

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 12:07 UTC 版)

和語の漢字表記

りる(おりる)

  1. おりるを参照

「降りる」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

降りるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



降りるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの降りる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS