支給とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 就労 > 支給 > 支給の意味・解説 

し‐きゅう〔‐キフ〕【支給】

読み方:しきゅう

[名](スル)金銭物品を、給与給付として払い渡すこと。「扶養手当を―する」


支給

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/31 02:34 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「支給」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「支給」を含むページの一覧/「支給」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「支給」が役に立つかも知れません。


支給

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/25 00:14 UTC 版)

手取り給与」の記事における「支給」の解説

基本給時間外手当超過勤務手当資格手当住宅手当出張手当交通費など。

※この「支給」の解説は、「手取り給与」の解説の一部です。
「支給」を含む「手取り給与」の記事については、「手取り給与」の概要を参照ください。


支給

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 09:21 UTC 版)

戦闘糧食I型」の記事における「支給」の解説

自衛隊での予算会計では、「非常用糧食」として要求され購入されている。そして賞味期限である3年間のうち、業者から納入されてからの1年各方面隊補給処2年目駐屯地業務隊補給科糧食倉庫それぞれ備蓄糧食として保管され3年目各部隊計画に基づき配分され演習などで隊員達に食事供給される際、便宜的に戦闘糧食I型」と呼ばれることとなる(本来は防衛出動治安出動災害派遣際に出動先で食べるものなので、正確に言えば戦闘糧食I型と言う物品自衛隊には存在しない)。 官給品あるため部隊外へ持ち出し自宅への持ち帰りなど)は禁止されていた。しかし、近年になって協力本部部隊より稀に配布される他、陸上自衛隊朝霞駐屯地内陸自衛隊広報センターりっくんランド」の売店でも、デザインや量は異なるが、ほぼ同等品を購入することができる。

※この「支給」の解説は、「戦闘糧食I型」の解説の一部です。
「支給」を含む「戦闘糧食I型」の記事については、「戦闘糧食I型」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「支給」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

支給

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 01:25 UTC 版)

名詞

 しきゅう

  1. 金銭物品などを払い渡すこと。

発音(?)

し↗きゅー

動詞

活用

サ行変格活用
支給-する

翻訳

関連語


「支給」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



支給と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「支給」の関連用語

支給のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



支給のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの支給 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの手取り給与 (改訂履歴)、戦闘糧食I型 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの支給 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS