年金とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 商取引 > > 年金の意味・解説 

年金(ねんきん)

保険料積み立てることで将来そのお金受け取ることが保証されている制度

20歳から60歳の人は、全員が共通で「国民年金制度」に加入する。この制度は、加入期間に保険料毎月納める代わり老齢障害遺族となったとき、それぞれ年金を受けることができる、というものである。この年金のことを「基礎年金と言う

基礎年金受給には「25年上保険料を納入していること」が条件である。この条件を満たしている60歳上の人は、年額804200円(99年度)を受け取ることができる。

ただし、1994年年金制度改正により、支給開始年齢60歳から65歳からに引き上げられる。2001年度から段階的に受給開始年齢引き上げられ、最終的2013年度から65支給、となる。(女性5年遅れで実施)

年金制度には基礎年金 のほかに、厚生年金共済年金などがある。厚生年金民間サラリーマン加入共済年金には公務員加入する。加入者は収入に応じた保険料毎月納め受給開始年齢達したとき、基礎年金加えて各年金をそれぞれ受け取る。

2000年通常国会では、厚生年金についても支給開始年齢引き上げが決まった。厚生年金受給開始年齢2025年度からは65歳からになる。現在は60歳から支給であるが、2013年度から2025年度にかけて段階的に受給開始年齢引き上げる。2025年度からは完全に65歳からの支給になる。(女性5年遅れで実施)

(2000.04.01更新


年金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/09 14:14 UTC 版)

年金(ねんきん、: pension[1]、annuity)とは、毎年定期的・継続的に給付される金銭のことである。また、年金を保障する仕組みとして年金制度(ねんきんせいど)も指す。制度の運営手法によって、公的年金私的年金に分類される。また個人年金は私的年金とは別に分類する場合が多い。




  1. ^ 英語などでは年金をペンションと言い、また宿泊施設もペンションと言われるが、日本では「ペンション」と言えば宿泊施設を指す。
  2. ^ a b c d e f g h 平岡公一 『社会福祉学』 有斐閣、2011年12月、Chapt.17。ISBN 9784641053762 
  3. ^ 諸田實 「スペイン王室の銀行家」 その二 神奈川大学商経論叢 29巻1号 p.44.
  4. ^ a b c OECD 2015, p. 46.
  5. ^ 日本の国民年金第1号加入者では、保険料の11%が徴収コスト
  6. ^ Social Security Programs Throughout the World
  7. ^ Pension Watch
  8. ^ 内閣総理大臣 安倍晋三 (2016年2月23日), “内閣衆質一九〇第一二九号 衆議院議員大串博志君提出諸外国における一階部分の年金積立金の運用状況に関する質問に対する答弁書” (プレスリリース), 衆議院, http://www.shugiin.go.jp/Internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b190129.htm 
  9. ^ a b OECD 2015, Executive Summary.
  10. ^ OECD 2015, p. 48.
  11. ^ OECD 2015, p. 49,50.
  12. ^ a b c d OECD 2015, p. 58.
  13. ^ 片山 信子 (2008-10). “社会保障財政の国際比較 : 給付水準と財源構造”. レファレンス (国立国会図書館) 58 (10): 73-103. 
  14. ^ [1]
  15. ^ United States Railroad Retirement Board
  16. ^ Ensuring your retirement savings last as long as you do [2]
  17. ^ オバマ氏が退任、年金生活へ その待遇内容は?”. CNN (2017年1月21日). 2018年2月25日閲覧。
  18. ^ “State Pension coverage: Lower Earnings Limit and multiple jobs” (プレスリリース), 労働年金省, (2013年7月), https://www.gov.uk/government/statistics/state-pension-coverage-lower-earnings-limit-and-multiple-jobs 
  19. ^ a b 2011~2012年 海外情勢報告 (Report). 厚生労働省. (2013-03). p. 240. http://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kaigai/13/. 
  20. ^ a b “イギリスの公的・私的年金制度改革”. 海外社会保障研究 (国立社会保障・人口問題研究所) 169. (2009). http://www.ipss.go.jp/syoushika/bunken/data/pdf/19176203.pdf. 
  21. ^ OECD 2015.
  22. ^ a b 国立社会保障・人口問題研究所 2011, p. 273.
  23. ^ "年金開始62歳"で大混乱のイタリア経済”. 2019-06-13プレジデントオンライン (2019年6月13日). 2019年6月18日閲覧。
  24. ^ シンガポールにおける医療・社会福祉サービスに関する報告書 (Report). 独立行政法人日本貿易振興機構. (2014-01). http://www.jetro.go.jp/industry/service/reports/07001564. 
  25. ^ a b 国立社会保障・人口問題研究所 2011, p. 272.
  26. ^ “韓国の平均年金月額支給額は4.4万円 生活保護の4.7万円下回る”. (2014年2月28日). http://www.news-postseven.com/archives/20140228_240923.html 2014年3月4日閲覧。 
  27. ^ 台湾 定年退職金制度 (Report). JETRO. (2016-01). https://www.jetro.go.jp/ext_images/jfile/country/tw/invest_05/pdfs/tw10D010_retirement_system.pdf. 
  28. ^ Aegon, 'Pension provision in Germany: the first and second pillars in focus'
  29. ^ a b c d 年金局数理課 (2016-08). ドイツ公的年金の財政検証について (Report). 厚生労働省. https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/nenkin/nenkin/zaisei/index.html. 
  30. ^ 仏政府、スト支持のオペラ座ダンサーらに譲歩案”. AFP (2019年12月29日). 2019年12月29日閲覧。
  31. ^ 42ある年金制度、2020年夏までに一本化を目指す”. JETRO (2019年9月24日). 2019年12月11日閲覧。
  32. ^ 大統領の社会改革案に猛反発、スト相次ぐ”. 独立行政法人労働政策研究・研修機構 (2007年11月). 2019年12月5日閲覧。
  33. ^ 『厚生労働白書 平成30年度』 厚生労働省、2018年、資料編https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/18-2/dl/11.pdf 
  34. ^ 被用者年金制度の一元化に伴い、2015年10月1日から公務員及び私学教職員も厚生年金に加入。また、共済年金の職域加算部分は廃止され、新たに退職等年金給付が創設。ただし、2015年9月30日までの共済年金に加入していた期間分については、2015年10月以後においても、加入期間に応じた職域加算部分を支給。
  35. ^ 厚生労働省資料であるとして報道の読売新聞夕刊 2007年10月18日2版 4ページの記事から引用。


「年金」の続きの解説一覧

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




年金と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「年金」に関係したコラム

  • 株365や株式投資で必ず儲かる話は本当か

    株365や株式投資、FX、CFDなどで必ず儲かるという謳い文句で投資を勧誘する手口が後を絶ちません。勧誘の手口には次のようなものが挙げられます。「絶対儲かる。借金してでも投資する価値がある。」と絶対儲...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「年金」の関連用語

年金のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



年金のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2021 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの年金 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの年金 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS