warとは? わかりやすく解説

war

別表記:ウォー

「war」の意味

「war」とは、軍事的な紛争戦闘行為を指す言葉である。国家政治的な組織が、対立する相手との間で武力行使する状況を示す。また、比喩的に競争対立を表す際にも用いられる

「war」の発音・読み方

「war」の発音は、IPA表記では/wɔːr/となる。IPAカタカナ読みでは「ウォー」となり、日本人発音するカタカナ英語では「ウォー」と読む。

「war」の定義を英語で解説

A war is a state of armed conflict between different nations or states, or different groups within a nation or state. It involves the use of force and weapons, and often results in casualties and destruction. In a broader sense, war can also refer to a struggle or competition between opposing forces or interests.

「war」の類語

「war」の類語には、conflict紛争)、battle戦闘)、struggle闘争)、fight戦い)などがある。これらの言葉は、それぞれ異なニュアンス規模を持つが、共通して対立競争を表す。

「war」に関連する用語・表現

「war」に関連する用語表現には、warfare戦争行為)、warrior戦士)、war zone戦争地帯)、war crime戦争犯罪)などがある。これらの言葉は、戦争戦闘関連した概念事象を表す。

「war」の例文

1. The two countries have been at war for decades.(その2つの国は何十年も戦争状態にある。)
2. The government declared war on the neighboring country.(政府隣国に対して戦争宣言した。)
3. The war resulted in the loss of many lives and resources.(戦争多くの命資源喪失もたらした。)
4. The war ended with a peace treaty between the two nations.(戦争両国間の平和条約によって終結した。)
5. The soldiers fought bravely in the war.(兵士たち戦争勇敢に戦った。)
6. The war had a significant impact on the global economy.(戦争世界経済大きな影響与えた。)
7. The war led to the rise of a new political power.(戦争新たな政治勢力台頭つながった。)
8. The war was a turning point in history.(戦争歴史転換点であった。)
9. The war on drugs is a major issue in many countries.(麻薬との戦い多くの国で重要な問題である。)
10. The war between the two companies intensified.(2つ企業間の戦い激化した。)

ウオー【war】

読み方:うおー

戦争戦い。「コールド—」「—シップ


.war

読み方ダブリューエーアール

.warとは、Webアプリケーションファイルに付く拡張子のことである。

.warファイルフォルダ形式となっており、その中にはHTMLJSPCLASSJAR各形式記述されファイルと、各種画像ファイルが、ZIP形式同様の形で圧縮され収められている。つまり .warファイル1つあれば、多くアプリケーションサーバー立派なWebアプリケーション構成できる。


War

作者竹本幸文

収載図書無駄の中にも宝あり
出版社新風舎
刊行年月2004.3
シリーズ名新風舎文庫


War

名前 ウォー

戦争

(war から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/03 01:08 UTC 版)

戦争(せんそう、: war)とは、兵力による国家間の闘争である[1]。広義には内戦反乱も含む(戦争一覧)。集団を形成するようになる有史以来、人類が繰り返してきたものである。戦争に対を為すのは国際紛争の平和的解決である[2]銀行などが引受けた巨額の戦費は慢性的な租税負担となる。市民生活に対する制限と攻撃は個人の尊厳を蹂躙する。時代ごとの考え方によって、違法性が認定されてきた[3]


注釈

  1. ^ 敵を完全に殲滅して敵国の抵抗力を徹底的に破壊する戦略。
  2. ^ ベイジル・リデル=ハートは『戦争に関する考察(Thoghts on War)』において戦争の原因は突き詰めれば心理的なものであると考え、全感覚(あらゆる方面における知覚)を用いて戦争を理解しなければ、戦争を防止する展望は持ち得ないと論じた[40]
  3. ^ 戦争哲学の前提として戦争の原因論はその性質から観察者の哲学的・政治的・歴史学的・法学的な立場やバイアスなどに大きく関わる。例えば決定論の立場で戦争の原因論を考察した場合、あらゆる要因がその戦争の発生を決定付けているために人間は本質的に戦争に責任を持つことができないということとなり、原因は起因したそれら諸要素となる。
  4. ^ 国際政治学において侵略と認定する条件として、第一に武力行使、第二に先制攻撃、第三に武力による目的達成の意思、が挙げられており、自衛や制裁などの免責理由がないこととして価値中立的な定義としている。ただし、侵略の条件に「意思」が挙げられていることはこの定義の法律的性質を現すものであり、ある特定の価値観が存在していると指摘できる。そのため、軍事上の事実的行為として侵略は武力の先制使用であると考えられている[42]

出典

  1. ^ 「戦争」『国際法辞典』、217-219頁。
  2. ^ 「国際紛争の平和的解決」『国際法辞典』、118-119頁。
  3. ^ 三石善吉 戦争の違法化とその歴史 東京家政学院筑波女子大学紀要第8集 2004年 pp.37-49.
  4. ^ 本郷健『戦争の哲学』(原書房、1978年)46-47頁
  5. ^ Field Manual 100-5, Operations, Department of the Army(1993)
  6. ^ 佐原真「日本・世界の戦争の起源」、仮名関恕・春成秀爾編『佐原真の仕事4 戦争の考古学』岩波書店 2005年
  7. ^ 服部 2017, p. 190.
  8. ^ 佐原真「ヒトはいつ戦い始めたか」、金関恕・春成秀爾編『戦争の考古学』佐原真の仕事4 岩波書店
  9. ^ 本当の戦争―すべての人が戦争について知っておくべき437の事 ISBN 978-4087734102
  10. ^ 佐原真「戦争について考える」、『考古学つれづれ草』小学館 2002年
  11. ^ 朝日新聞2016年3月31日2016年4月10日閲覧
  12. ^ 佐原真「日本・世界の戦争の起源」、金関恕・春成秀爾編『佐原真の仕事4 戦争の考古学』岩波書店
  13. ^ Max Boot, War Made New: Technology, Warfare, and the Course of History, 1500 to Today (New York: Penguin Group Inc., 2006), 4–5.
  14. ^ 石津朋之、ウィリアムソン・マーレー著 『21世紀のエア・パワー』 芙蓉書房出版 2006年10月25日第1刷発行 ISBN 482950384X
  15. ^ クギを打った棒や素手で殴り合い 中印衝突で 奇妙な戦闘の舞台裏”. 産経新聞 (2020年6月26日). 2021年2月13日閲覧。
  16. ^ ロシア、ウクライナ複数都市を攻撃 首都空港巡り戦闘(写真=AP)”. 日本経済新聞 (2022年2月24日). 2022年2月24日閲覧。
  17. ^ ロシアのウクライナ侵攻、ネット上に情報続々 宣戦布告はYouTubeに、火の手の様子はTwitterに、航空機の状況はFlightradar24に”. ITmedia NEWS. 2022年2月24日閲覧。
  18. ^ Gilpin, Robert (1988). “The Theory of Hegemonic War”. The Journal of Interdisciplinary History 18 (4): 591–613. doi:10.2307/204816. ISSN 0022-1953. https://www.jstor.org/stable/204816. 
  19. ^ Pandit, Puja (2023年4月4日). “Relationship Between Conflict and Prosocial Behaviours” (英語). Vision of Humanity. 2023年4月8日閲覧。
  20. ^ 飯田浩司著 『軍事OR入門』 三恵社 2008年9月10日改訂版発行 ISBN 9784883616428 195頁
  21. ^ Wallinsky, David: David Wallechinsky's Twentieth Century: History With the Boring Parts Left Out, Little Brown & Co., 1996, ISBN 0-316-92056-8, 978-0-316-92056-8 – cited by White
  22. ^ Brzezinski, Zbigniew: Out of Control: Global Turmoil on the Eve of the Twenty-first Century, Prentice Hall & IBD, 1994, – cited by White
  23. ^ Ping-ti Ho, "An Estimate of the Total Population of Sung-Chin China", in Études Song, Series 1, No 1, (1970) pp. 33–53.
  24. ^ Mongol Conquests”. Users.erols.com. 2011年1月24日閲覧。
  25. ^ “The world's worst massacres Whole Earth Review”. (1987年). オリジナルの2003年5月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20030517105614/http://www.globalwebpost.com/genocide1971/articles/general/worst_massacres.htm 2011年1月24日閲覧。 
  26. ^ Taiping Rebellion – Britannica Concise”. Britannica. 2011年1月24日閲覧。
  27. ^ Michael Duffy (2009年8月22日). “Military Casualties of World War One”. Firstworldwar.com. 2011年1月24日閲覧。
  28. ^ Selected Death Tolls for Wars, Massacres and Atrocities Before the 20th Century”. Users.erols.com. 2011年1月24日閲覧。
  29. ^ McFarlane, Alan: The Savage Wars of Peace: England, Japan and the Malthusian Trap, Blackwell 2003, ISBN 0-631-18117-2, 978-0-631-18117-0 – cited by White
  30. ^ Nuclear Power: The End of the War Against Japan”. BBC News. 2011年1月24日閲覧。
  31. ^ Timur Lenk (1369–1405)”. Users.erols.com. 2011年1月24日閲覧。
  32. ^ Matthew White's website (a compilation of scholarly death toll estimates)
  33. ^ Russian Civil War”. Spartacus.schoolnet.co.uk. 2010年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月24日閲覧。
  34. ^ ジェイムズ・F・ダニガン、ウィリアム・マーテル著、北詰洋一訳『戦争回避のテクノロジー』(河出書房、1990年)37頁
  35. ^ 防衛大学校・安全保障学研究会編『安全保障学入門』(亜紀書房、2005年)24-25頁
  36. ^ 栗栖弘臣『安全保障概論』(BBA社、1997)116-119頁
  37. ^ 防衛大学校・安全保障学研究会編『安全保障学入門』(亜紀書房、2005年)25-27頁
  38. ^ 防衛大学校安全保障学研究会『最新版 安全保障学入門』(亜紀書房、2005年)31-32頁
  39. ^ 栗栖弘臣『安全保障概論』(ブックビジネスアソシエイツ社、1997年) 131-133頁
  40. ^ 松村劭『名将たちの戦争学』(文春新書、2001年)18頁
  41. ^ 古賀斌『戦争革命の理論』(東洋書館、1952年)128-139頁
  42. ^ 服部実『防衛学概論』(原書房、1980年)33-34頁
  43. ^ 防衛大学校・安全保障学研究会編『安全保障学入門』(亜紀書房、2005年)182頁の『軍事力によるエスカレーションの具体例』の図、及びジェイムズ・F・ダニガン、ウィリアム・マーテル著、北詰洋一訳『戦争回避のテクノロジー』(河出書房、1990年)32-36頁を参考とした。
  44. ^ 寺沢一、山本草二、広部和也編 編「Ⅲ国家の成立16国家結合」『標準 国際法』(初版)青林書院、1989年6月、112頁頁。ISBN 978-4417007517 
  45. ^ 佐分晴夫「従属国」『日本大百科全書』小学館http://100.yahoo.co.jp/detail/%E5%BE%93%E5%B1%9E%E5%9B%BD/2010年4月11日閲覧 [リンク切れ]
  46. ^ Yahoo Dictionary>JapanKnowledge>大辞泉>傀儡政権[リンク切れ]
  47. ^ Exite>三省堂>大辞林>傀儡政権[リンク切れ]
  48. ^ 防衛大学校・防衛学研究会『軍事学入門』(かや書房、2000年)及びジェイムズ・F・ダニガン著、岡芳輝訳『新・戦争のテクノロジー』(河出書房新社、1992年)などを参考にし、主要な闘争の局面について整理した。
  49. ^ 防衛大学校・防衛学研究会『軍事学入門』(かや書房、2000年)52-53頁



WAR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/07 22:56 UTC 版)

「Conker's Bad Fur Day」の記事における「WAR」の解説

チーム戦。オーソドックス対戦2種類リス軍(緑チーム)と暗黒部隊クマ軍赤チーム)に分かれて戦う。2つステージから舞台選択が可能で、ルールそれぞれ異なる。残り人数制の場合は、ストック無くなった参加者から脱落していくが、それがプレイヤー操作しているキャラクターだった場合残っている自チームコンピュータ操作キャラランダムに引き継げる。 TOTAL WAR 相手できるだけ倒したチームもしくは生き残ったチーム)が勝ち。DEATH MATCH同じだが、さらに毒ガス使用が可能。毒ガス敵陣置いてある物の使用可能で、持ち出してから地下通路シェルターセットすることで5カウント10秒)後にシェルター以外のフィールド全体攻撃可能。カウントが始まると基地にあるガスマスク使用可能となる(武器扱いのため持っている武器失われる)が、これをかぶらないガス攻撃を受けると即死。しかし毒ガス運搬中は歩くスピード落ちジャンプもできず武器使えない完全無防備。その上一度持ち出す途中で置くことが出来なくなるため、無事に運びきるか途中で倒されるかのどちらかとなる。 COLORS いわゆるキャプチャー・ザ・フラッグ」であり、敵の陣地にある旗を奪って自陣持ち帰った数で勝敗競う。旗の運搬中は歩くスピード落ちジャンプもできず武器使えない完全無防備(置くことはできる)。自チームの旗を自分で持つことは不可能だが、敵に奪われ場合持っている敵を倒して旗を一定時間放置することにより自チーム陣地自動的に戻される敵チームの旗を持ち帰ることによりポイントが入ると、両チームとも仕切り直し武器リセット体力全回復全員チーム基地強制集合)となる。

※この「WAR」の解説は、「Conker's Bad Fur Day」の解説の一部です。
「WAR」を含む「Conker's Bad Fur Day」の記事については、「Conker's Bad Fur Day」の概要を参照ください。


WAR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 20:29 UTC 版)

阿修羅・原」の記事における「WAR」の解説

SWS崩壊後は、天龍らとWARへ移籍対抗戦相手である新日本プロレスリングでは、長州藤波とも対戦した。さらに自分レスラー生命少ないことを自覚し、「俺の体と気持ち中に源ちゃん刻み込んでおきたい!」として、全日本アジアタッグ王座を共に獲得したスーパー・ストロング・マシーンや、若手邪道・外道らと反WAR軍を結成し、再び天龍と戦う道を選んだ1994年現役引退し10月3日故郷長崎行われた天龍との最後一騎打ちでは天龍チョップ29発、ラリアット11発、パワーボム3発を浴びた試合後、天龍からマイク渡された原は会場内自分両親がいる事を明かした上で、「俺は親父お袋支えられて、長崎の皆に支えられて、そして天龍源一郎支えられて…。で、皆に支えられここまできた!ありがとう!」と叫び場内から拍手送られた。10月29日後楽園ホール行われた原の引退試合では、龍原砲再結成して冬木弘道邪道組と対戦その後行われたバトルロイヤルでは最後に龍原砲残り、再び天龍ラリアット17発、パワーボム3発を食らい最後まで天龍厳し攻撃真正面から受け続けた試合後、天龍会場にいた原の家族向けてマイク握り、「長らく借りいたしました今日、原をお返しします」と語りかけ、花向けとした。

※この「WAR」の解説は、「阿修羅・原」の解説の一部です。
「WAR」を含む「阿修羅・原」の記事については、「阿修羅・原」の概要を参照ください。


WAR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 18:52 UTC 版)

天龍源一郎」の記事における「WAR」の解説

SWS崩壊後1992年6月28日天龍はWARを設立して新日本との対抗戦活路見出した反選手会同盟熱戦繰り広げ12月14日越中詩郎を、1993年になると1月長州力2月木村健吾6月8月橋本真也9月蝶野正洋同じく9月馳浩12月藤波辰爾全てシングルマッチ破ったまた、WAR時代にもWWFからの要請により1993年1994年ロイヤルランブル出場1994年試合では残り5人まで生き残った1994年1月4日天龍東京ドーム大会で猪木ピンフォール勝ちを収め、これにより天龍はB(馬場)、I(猪木)の双方からピンフォール勝ちを収めた唯一の日本人レスラー呼ばれることとなった1994年5月に、当時邪道プロレス」と呼ばれていたFMWマットで、大仁田厚とノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチ対戦した1996年10月グレート・ムタ同年12月高田延彦からもシングルそれぞれ勝利した1997年11月より、所有者より借り受ける形で力道山ベルト賭けた日本J1選手権争奪トーナメント開催し藤原喜明北尾撃破1998年1月14日後楽園ホールでの荒谷信孝との決勝戦勝利し日本J1選手権獲得する。この試合は、天龍としても満足のいくのだったようで試合後のインタビューの際に「隣(東京ドーム開かれていたマライア・キャリーコンサート)より熱かったろ?」とのコメントを残す。

※この「WAR」の解説は、「天龍源一郎」の解説の一部です。
「WAR」を含む「天龍源一郎」の記事については、「天龍源一郎」の概要を参照ください。


WAR(黒い戦争)(エドウィン・スター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 06:19 UTC 版)

中西学」の記事における「WAR(黒い戦争)(エドウィン・スター)」の解説

2008年のG1タッグ吉江豊とのタッグチーム「ビックマウンテンズ」の時に使用したテーマ曲

※この「WAR(黒い戦争)(エドウィン・スター)」の解説は、「中西学」の解説の一部です。
「WAR(黒い戦争)(エドウィン・スター)」を含む「中西学」の記事については、「中西学」の概要を参照ください。


War

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/17 00:03 UTC 版)

ニック・アダムス (架空の人物)」の記事における「War」の解説

いずれの話も、第一次世界大戦参加し、そして負傷したニック描いている。 上陸前夜 "Night Before Landing" "'Nick sat against the wall ...'" 身を横たえて "Now I Lay Me" 最前線 "A Way You’ll Never Be" 異国にて "In Another Country"

※この「War」の解説は、「ニック・アダムス (架空の人物)」の解説の一部です。
「War」を含む「ニック・アダムス (架空の人物)」の記事については、「ニック・アダムス (架空の人物)」の概要を参照ください。


War(ウォー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 13:31 UTC 版)

コール オブ デューティ ワールド・アット・ウォー」の記事における「War(ウォー)」の解説

プレイヤーは2チーム分かれてマップ上にある5ヶ所の陣地奪い合うドミネーション違い制圧できる陣地戦局ごとに指定される。旗の近くにいると制圧開始され人数が多いほど制圧素早く行える。

※この「War(ウォー)」の解説は、「コール オブ デューティ ワールド・アット・ウォー」の解説の一部です。
「War(ウォー)」を含む「コール オブ デューティ ワールド・アット・ウォー」の記事については、「コール オブ デューティ ワールド・アット・ウォー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「war」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「war」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「war」の関連用語

warのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



warのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2024 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.warの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの戦争 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのConker's Bad Fur Day (改訂履歴)、阿修羅・原 (改訂履歴)、天龍源一郎 (改訂履歴)、中西学 (改訂履歴)、ニック・アダムス (架空の人物) (改訂履歴)、コール オブ デューティ ワールド・アット・ウォー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS