国力とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > > 国力の意味・解説 

こく‐りょく【国力】

読み方:こくりょく

国の勢力。国の経済力軍事力などを総合した力。「―増強

「国力」に似た言葉

国力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/10 07:33 UTC 版)

国力(こくりょく)は、国際関係においてある国家がもつ様々なの総体。




「国力」の続きの解説一覧

国力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 05:55 UTC 版)

アマルナ時代」の記事における「国力」の解説

アメンホテプ4世は、アジアに対して大規模な軍事遠征行なってはいない。彼は国内統治アマルナでの宗教改革集中している間は戦闘避けたため、当時勢力伸ばしつつあったヒッタイト帝国古代エジプト王朝領土だったシリア及びパレスチナ地方属国群を奪われ、国力が一時低下していた。 また、アメンホテプ王がこの時代、まれな「平和主義者であったとする見解嘗て存在した

※この「国力」の解説は、「アマルナ時代」の解説の一部です。
「国力」を含む「アマルナ時代」の記事については、「アマルナ時代」の概要を参照ください。


国力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 09:29 UTC 版)

円相場」の記事における「国力」の解説

為替レート#国力」および「為替レート#為替レートと物価」も参照 森永卓郎は「円安とは、日本二流扱いされていることと同じである」と指摘している。 為替レートに対しては、たとえば「為替は国力を表すはずだ。少子化衰退していく国の通貨上昇するのはおかしい」というような誤解持たれることがある為替レートいうのは基本的に2つ通貨交換価値過ぎず長期的には購買力平価沿った動きになる。すなわち、インフレ率高ければ通貨価値下がり、インフレ率低ければ上がる考えることができる。そして、長期的にはそれが為替レート反映される、とシンプルに考えればよい。基本的に為替レート単純にモノモノとの交換レートに過ぎないため、為替が国力を表したり成長率が高い通貨が買われたりすると言うのは幻想であると言える

※この「国力」の解説は、「円相場」の解説の一部です。
「国力」を含む「円相場」の記事については、「円相場」の概要を参照ください。


国力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 14:12 UTC 版)

独眼竜政宗 (ゲーム)」の記事における「国力」の解説

石高 その国の米の収入。この値が大きいほど収穫量影響する開墾することで上がる台風や敵の忍者攻撃下がってしまう。また戦闘負けた場合下がってしまう。 訓練度 その国の軍事力を示す数値。この値が大きいほど攻撃力防御力上昇し鉄砲弾数増える訓練することで上がる2年訓練しなかったり忍者攻撃を受ける下がってしまう。 米 いわゆる兵糧秋に収穫に応じて増える自軍から進攻する際に必要の他、毎年春に給料として兵に支払われるこの時米が少ないと足りない兵数減ってしまう。 金 国資産。兵を買う時に必要なほか、開墾忍者を送る時に使用する

※この「国力」の解説は、「独眼竜政宗 (ゲーム)」の解説の一部です。
「国力」を含む「独眼竜政宗 (ゲーム)」の記事については、「独眼竜政宗 (ゲーム)」の概要を参照ください。


国力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 19:01 UTC 版)

ナンダ朝」の記事における「国力」の解説

ナンダ朝国制などについての史料は非常に限られており、ギリシア人などの残した間接的な史料からその強大な軍事力経済力窺い知れるに過ぎない一説ではインド度量衡ナンダ朝発明によるといわれ、またナンダ朝発行した銀貨相当数見つかっておりその影響インド経済深く残った。ある伝説には「ナンダ王は9億9千万枚金貨を持っている。」とある。 ギリシア人の記録にはナンダ朝20歩兵3千、ないし4千戦象有していたとされているこれらの記録正確さ確認困難であるが、当時ナンダ朝強大さが周囲知られていたことは確認できる

※この「国力」の解説は、「ナンダ朝」の解説の一部です。
「国力」を含む「ナンダ朝」の記事については、「ナンダ朝」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「国力」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

国力

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 01:08 UTC 版)

名詞

こくりょく

  1. 国家軍事力経済力などの総合的

発音(?)

こ↗く↘りょく

「国力」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



国力と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国力」の関連用語

国力のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



国力のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアマルナ時代 (改訂履歴)、円相場 (改訂履歴)、独眼竜政宗 (ゲーム) (改訂履歴)、ナンダ朝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの国力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS