領土とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 土地 > 領土の意味・解説 

りょう‐ど〔リヤウ‐〕【領土】


【領土】(りょうど)

ある国家政治的軍事的経済的な支配下に置き、他国人間許可なく滞在できない地域の事。
言い換えれば「どの地域まで侵入した侵略または不法入国とみなすか」を定義する境界線国境)の内側にある土地の事。この領域正規の手続き踏まず侵入した場合司法機関によって逮捕され軍事的政治的に緊張する場所では射殺されることもある。

国際的な原則として、ある土地を領土として保有する国家1つ下し存在しないものとされる
土地領有権巡って紛争起きた場合講和した時点双方同意基づいて国境線が引き直される
現在進行形紛争地帯である場合、その土地がどの国の領土であるのかは戦況によって流動し定かでない

領土に関する法的主張に関して国際的に通用する明示的なルールはない。
よって、ある土地がどの国の領土であるかは「どの国がその地域軍事的占領下置いているか」が決定する
このため、領土の境界線に近い土地厳格な軍事的管理下に置かれる事が一般的である。
国境に関する各国の主張一致しない場合帰属不明な土地経済活動を営むのは極めて困難である。

このような事情があるため、どこに国境を置くかは主に軍事上の要求によって定められる
仮想敵国からの行軍妨げ地形的要害があり、しかし自国兵員展開する事は妨げない事が望ましい。
そうした条件を満たす理想的な土地として、河川山岳などが国境として定められる事が多い。

険しい山脈・密林湖・海洋なども、行軍がほぼ不可能なため事実上非武装地帯化す
そうした地域軍事的手段突破できないため、慣習的に国境として定められる事が多い。

近代以降艦艇航空機発達により、そうした地域であっても戦略爆撃海兵隊空挺降下などで)浸透を許す事がある
とはいえ占領のための大規模な軍団を同じルート展開する事は現代でも不可能に近い。

また、休戦講和結果戦争中引かれ便宜上国境そのまま固定されてしまう事もある。
そのような国境一般に防衛には不適切で、防備のために比較多く軍事的投資を必要とする。
この事は不利な戦況忌避して紛争抑止する事もあれば、状況改善求めて再び紛争引き起こす場合もある。

物理的に領有する事ができないため、事実上どの国の領土でもない地域存在する
例え公海南極大陸をその代表例挙げる事ができる。
これらの地域多大な国益生み出す潜在的可能性秘めているものの、現時点では軍事的占領不可能である。

もちろん、南極大陸地上戦闘部隊駐屯させる事は理論上可能である。
また、メガフロートなどの技術活用して洋上軍事基地建設して恒久的に維持する事も一概に不可能だとは言い切れない。
しかし、そのために必要な予算非現実的なほど膨大で、投資値する戦略的利点があるとは到底思えない

関連領空 領海 無防備都市宣言


領土

作者西条八十

収載図書謎のギャラリー―謎の部屋
出版社新潮社
刊行年月2002.2
シリーズ名新潮文庫


領土

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/07/31 00:38 UTC 版)

領土(りょうど、英語: territory)は、広義には領海領空を含めた国家主権が及ぶ全ての国家領域を指すが、狭義にはこれらのうち土地からなる領域を指す[1]版図(はんと)とも呼ばれる。


  1. ^ a b 『国際法辞典』、344頁。
  2. ^ a b 小寺(2006)、224頁。
  3. ^ 韓国大統領「経済領土は世界一」 米韓FTA合意”. 日本経済新聞 (2010年12月7日). 2022年6月16日閲覧。
  4. ^ 韓国の経済領土、世界3位へ”. 中央日報 (2011年10月14日). 2022年6月16日閲覧。
  5. ^ 韓国の「経済領土」が世界2位に 中国とFTA交渉妥結”. 聯合ニュース (2014年11月10日). 2022年6月16日閲覧。


「領土」の続きの解説一覧

領土

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 01:23 UTC 版)

自由都市ダンツィヒ」の記事における「領土」の解説

自由都市ダンツィヒは、ダンツィヒグダニスク)の都市部分とツォポット (Zoppot)、ティーゲンホーフ (Tiegenhof)、ノイタイヒ (Neuteich) 等の25263村落含んでおり、東プロイセン挟まれ地域であった全面積は1966平方kmであり、領土はナポレオン時代の約2倍の大きさである。

※この「領土」の解説は、「自由都市ダンツィヒ」の解説の一部です。
「領土」を含む「自由都市ダンツィヒ」の記事については、「自由都市ダンツィヒ」の概要を参照ください。


領土

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 15:11 UTC 版)

モンバサ・スルタン国」の記事における「領土」の解説

モンバサ・スルタン国の領土は現在のケニア沿岸ザンジバル諸島覆っていた。

※この「領土」の解説は、「モンバサ・スルタン国」の解説の一部です。
「領土」を含む「モンバサ・スルタン国」の記事については、「モンバサ・スルタン国」の概要を参照ください。


領土

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 07:11 UTC 版)

フランス王国」の記事における「領土」の解説

フランス王国は領土の拡張激し時代であった13世紀以前フランス王国ごく一部だけがフランク王支配下にあったとされている。 北部では、ノルマンディー公国形成につながる海賊侵入があった。西部では、12世紀イングランド王国を含むアンジュー帝国設立したことにより、アンジュー帝国君主ヨーロッパで最も強力な権力者としての地位確立していた。その結果アンジュー帝国フランスカペー家王の間フランス分割百年戦争つながりフランス15世紀半ばまでにのみこれらの領土の支配権取り戻した

※この「領土」の解説は、「フランス王国」の解説の一部です。
「領土」を含む「フランス王国」の記事については、「フランス王国」の概要を参照ください。


領土

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/25 02:21 UTC 版)

フランドレンシス大公国」の記事における「領土」の解説

建国によればフランドレンシスは氷融解についての意識向上を目的とした環境保護主義試みとされる。フランドレンシスは領有権主張する土地訪問しようとする意志持たない。 フランドレンシスは領有権の主張について国際社会声明出しており、その領土内に国民居住させようとしない世界で唯一の国であると主張している。南極条約(1959年)のとある解釈根拠として、西南極沿岸5つの島(サイプル島チェリー島、メイハー島(英語版)、プランケ島(英語版)、カーニー島(英語版))の領有主張している。Niels Vermeerschはこの主張知らせるために、国際連合欧州連合および南極条約承認国へ信書送ったが、全ての国はこの主張黙殺した。この主張原因で、2010年には同じくミクロネーションの西アークティカ大公国英語版)との外交的対立勃発し結果として南極ミクロネーション連合(AMU)を設立することとなった。この外交的対立の収束についてはオランダ雑誌Columbus』 、クロアチアニュースサイトTelegram』 、フランス書籍Les Micronations』で述べられている。2010年にはロシアオンライン新聞のChastny Korrespondent(英語版) (英: Private Corresepondent)紙は南極ミクロネーションについての記事発信し、フランドレンシスを南極大陸で最も「印象深いミクロネーション一つであるとした。

※この「領土」の解説は、「フランドレンシス大公国」の解説の一部です。
「領土」を含む「フランドレンシス大公国」の記事については、「フランドレンシス大公国」の概要を参照ください。


領土

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/03 18:12 UTC 版)

リーグレ共和国」の記事における「領土」の解説

リーグレ共和国成立時西の国境は北はサルデーニャ王国、東はパルマ・エ・ピアチェンツァ公国東北チスパダーナ共和国(旧ミラノ公国領域であったトランスパダーナ共和国吸収しすぐにチザルピーナ共和国となった)、南はリグリア海

※この「領土」の解説は、「リーグレ共和国」の解説の一部です。
「領土」を含む「リーグレ共和国」の記事については、「リーグレ共和国」の概要を参照ください。


領土

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/17 05:33 UTC 版)

領域 (国家)」の記事における「領土」の解説

詳細は「領土」を参照 領土という用語は、広義には領域全てを指す意味で用いられることもあるが、狭義には土地からなる国家領域を指す。狭義の領土は領域中心部分であり、領域国は広範かつ排他的な領域主権有する国家の要件のひとつである。

※この「領土」の解説は、「領域 (国家)」の解説の一部です。
「領土」を含む「領域 (国家)」の記事については、「領域 (国家)」の概要を参照ください。


領土

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 07:58 UTC 版)

リスク (ボードゲーム)」の記事における「領土」の解説

リスクゲーム盤以下の通り大陸名とそれに属する領土も一覧にした。各大陸名、領土名等はリスク上ののであるが、リンク先リスクゲーム外で一般に使われるものにリンクしてある。リスクでの領土等の名称と、実際地名の定義とは必ずしも一致しないリスク用いられる領土 北アメリカ (5) アラスカ アルバータ* 中央アメリカ アメリカ東海岸 グリーンランド カナダ北西部 オンタリオ* ケベック* アメリカ西海岸 南アメリカ (2) アルゼンチン ブラジル ペルー ベネズエラ ヨーロッパ (5) イギリス アイスランド 北ヨーロッパ スカンジナビア 南ヨーロッパ ウクライナ 西ヨーロッパ アフリカ (3) コンゴ 東アフリカ エジプト マダガスカル 北アフリカ 南アフリカ アジア (7) アフガニスタン 中国 インド イルクーツク 日本 カムチャッカ 中東 モンゴル シャム シベリア ウラル ヤクーツク オーストラリア (2) オーストラリア東部 インドネシア ニューギニア オーストラリア西部

※この「領土」の解説は、「リスク (ボードゲーム)」の解説の一部です。
「領土」を含む「リスク (ボードゲーム)」の記事については、「リスク (ボードゲーム)」の概要を参照ください。


領土

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/01 03:43 UTC 版)

ブルターニュ地域圏」の記事における「領土」の解説

ブルターニュ地域圏ブルターニュ公国およびブルターニュ州の80%から作られた。残り20%ロワール=アトランティック県となってペイ・ド・ラ・ロワール地域圏含まれている。ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏首府ナントはかつてブルターニュ公国首都だった。現在ブルターニュ公国二つ地域圏分けられ理由一部に、ナント首府レンヌ競い合い避けることがあった。ナント16世紀からブルターニュ公国首都であり、一方レンヌには 1560年から1789年の間、高等法院がおかれ、1689年から1789年にはブルターニュ行政首都がおかれ、監察府 (intendant) の首都もおかれた。監督府は17世紀から18世紀王政フランスにおいて最も重要な行政単位であったブルターニュ公国になってからは元々二年おきに異な都市おかれる制度であったが、1730年1758年1760年除いて1728年から1789年までレンヌにおかれた。にもかかわらず1789年になって会計部ナント置かれた。 こうして、1941年フランスの地域圏作られた際にはレンヌ首府置かれナントは隣の地域圏おかれることとなったナント為に作られ地域圏ペイ・ド・ラ・ロワールPays-de-la-Loireロワール川の地)と名付けられた。ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏ブルターニュ地方と、アンジューメーヌなど伝統的な県を合わせて作られた。 現在の区画には不満を言う人々もおり、地域圏ロワール=アトランティック県ブルターニュ地域圏組み入れブルターニュ地方再統一することを願う声もある。

※この「領土」の解説は、「ブルターニュ地域圏」の解説の一部です。
「領土」を含む「ブルターニュ地域圏」の記事については、「ブルターニュ地域圏」の概要を参照ください。


領土(統治)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 09:11 UTC 版)

斎藤利治」の記事における「領土(統治)」の解説

関・加治田合戦後、佐藤忠能養子として加治田城となった。はじめ、永禄八年十一月斎藤利治に対して信長より知行与えられた。 初代佐藤忠能から二代斎藤利治にかけての領地は、太田古井飛騨川の線・武儀郡郡上郡益田郡加茂郡中濃全域と、飛騨国越中国他国一部達し何十万石以上と言われていた。 「加治田森武蔵守殿三人懸け大名・人持にて候。」との記載がある。 本能寺の変後(利治忠死後)、三代目斎藤利尭は新五の祖父にあたり岐阜城主信孝の家老として勢威があった。

※この「領土(統治)」の解説は、「斎藤利治」の解説の一部です。
「領土(統治)」を含む「斎藤利治」の記事については、「斎藤利治」の概要を参照ください。


領土

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 08:15 UTC 版)

文郎国」の記事における「領土」の解説

文郎国交趾䳒・武寧ベトナム語版)・福禄越裳寧海陽泉陸海ベトナム語版)・武定中国語版)・懐驩(中国語版)・九真平文新興中国語版)・九徳中国語版)・文郎の15の部に分かれていたとされる諸説あるが、『嶺南摭怪(中国語版)』では東は南海、西は巴蜀中国語版)、北は洞庭湖、南は猢猻精国(ベトナム語版)まで広がっていたという。『ベトナム史略』では南は現在のクアンチ省から北はカオバン省まで広がっていたとしている。

※この「領土」の解説は、「文郎国」の解説の一部です。
「領土」を含む「文郎国」の記事については、「文郎国」の概要を参照ください。


領土

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/11 06:39 UTC 版)

黄金海岸」の記事における「領土」の解説

黄金海岸領有変遷次のとおり。 ポルトガル領黄金海岸ポルトガル1482年1642年オランダ黄金海岸オランダ1598年1872年スウェーデン領黄金海岸スウェーデン1650年1658年; 1660年1663年デンマーク領黄金海岸デンマーク=ノルウェー1658年1850年ブランデンブルク領黄金海岸プロイセン領黄金海岸ドイツ1682年-1721年イギリス領黄金海岸イギリス1821年-1957年ガーナは、黄金海岸大まかに呼ばれるこの地域正式名称であり、独立直前には次の4つ部分からなり法的立場明確に分かれていた。 ゴールドコースト直轄植民地 アシャンティ直轄植民地 ゴールドコースト北方地域保護領イギリス領トーゴランド改組した信託統治領トーゴランド このため独立先立ち、まずこの4地域統合して1957年英連邦独立自治領independent dominionガーナ成立した英連邦関係省次官ジョン・ホープ英語版)はこの名前は「ゴールドコースト住民希望に従って選ばれたと説明した

※この「領土」の解説は、「黄金海岸」の解説の一部です。
「領土」を含む「黄金海岸」の記事については、「黄金海岸」の概要を参照ください。


領土

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/01 15:02 UTC 版)

バイロイト侯領」の記事における「領土」の解説

1541年レーゲンスブルク分割条約により、"untergebirgisch"地域一部最終的にクルムバッハ侯領編入された。これ以後、この地域ウンターラントとなり、従来の侯領地域をオーバーラントと呼ぶようになった。こうして領土が確定して以降近隣地域との協定による領土の変動や小地域獲得は、いずれも本質的なものではなかった。こうして獲得した地域(たとえば、1751年ニュルンベルクエシェナウバイロイト侯領売却している)が、ウンターラントオーバーラントの両地域を結ぶことは一度としてなかったのであるバンベルクニュルンベルクの領土が両者の間に横たわり、両地域分断していた。これは、侯領にとって不利な状態であり、両地域それぞれ異なった形で発展したバイロイト侯領属す貴族のうち、ウンターラントの者たちが帝国直轄地であることを主張し続けたに対してオーバーラントの者たちにはそうした主張見られなかった。こうしたことから、18世紀末バイロイト侯領は、オーバーラント団結して一枚岩であったに対してウンターラント貴族達は違い連携したり、牽制したりバラバラな状態となったのである。さらにウンターラントには他の領邦との共同統治地区多く存在していたことも、事態複雑にした要因一つである。

※この「領土」の解説は、「バイロイト侯領」の解説の一部です。
「領土」を含む「バイロイト侯領」の記事については、「バイロイト侯領」の概要を参照ください。


領土

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 23:43 UTC 版)

メキシコ第一帝政」の記事における「領土」の解説

メキシコ第一帝国は以下の管轄地区分されていた。 カリフォルニア メヒコ ヌエボ・メヒコ テキサス ヌエバ・ビスカヤ コアウイラ ヌエボ・レイノ・デ・レオン ヌエボ・サンタンデール ソノラ サカテカス サン・ルイス・デ・ポトシ グアナフアト ケレタロ プエブラ グアダラハラ オアハカ メリダ・デ・ユカタン バリャドリッド ベラクルス グアテマラ エルサルバドル ホンジュラス ニカラグア コスタリカ

※この「領土」の解説は、「メキシコ第一帝政」の解説の一部です。
「領土」を含む「メキシコ第一帝政」の記事については、「メキシコ第一帝政」の概要を参照ください。


領土

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 04:33 UTC 版)

ヌエバ・エスパーニャ」の記事における「領土」の解説

ヌエバ・エスパーニャ領域は、当初パナマ地峡以北新大陸スペイン領土すべてを含み1565年新たに占領されフィリピン管轄下に置かれた。北の境界ブリティッシュコロンビア州アラスカ州までを主張した歴史的にヌエバ・エスパーニャ副王領領域であった地域以下の通りアジアフィリピンマリアナ諸島1898年まで) カリブ海諸島ベイ諸島1643年まで)、ケイマン諸島1670年まで)、キューバイスパニョーラ島ハイチを含む。1697年まで)、ジャマイカ1655年まで)、プエルトリコトリニダード島1797年まで)、 アメリカ大陸中央アメリカコスタ・リカ南国境までの範囲)、メキシコ1821年まで)、アメリカ合衆国南西部のほぼ全部現在のアメリカ合衆国カリフォルニア州ネバダ州ユタ州コロラド州ワイオミング州アリゾナ州ニューメキシコ州テキサス州のすべてまたは一部を含む)、フロリダ州1819年まで)

※この「領土」の解説は、「ヌエバ・エスパーニャ」の解説の一部です。
「領土」を含む「ヌエバ・エスパーニャ」の記事については、「ヌエバ・エスパーニャ」の概要を参照ください。


領土

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 23:39 UTC 版)

ケル・アジェール」の記事における「領土」の解説

ケル・アジェールの領土はアルジェリアイリジ地区から、リビアウバリ地区またがっている。歴史的にこの地域古代ガラマンテス文明の発祥地であった

※この「領土」の解説は、「ケル・アジェール」の解説の一部です。
「領土」を含む「ケル・アジェール」の記事については、「ケル・アジェール」の概要を参照ください。


領土

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/31 01:26 UTC 版)

キエフ公国」の記事における「領土」の解説

キエフ公国は、ハールィチ・ヴォルィーニ大公国南東位置したキエフ公国中心地ドニプロー川右岸地帯で、かつてのポリャーヌィ族デレヴリャーネ族公国領、ペチェネグ人らポロースャの諸領地、ヴォーロホウ州を含有していた。13世紀には、ヴォルィーニの残る地域併合した一方ドニプロー川左岸地帯におけるキエフ公国の領土は少なくわずかに10 - 15 km程度に及ぶ一帯領有したに過ぎなかった。南方については、ポロースャの一帯をヴォロダーレウからローデニまで領有し、その中にはユーリイェウやトルチェシク、ボフスラーウコールスニといった都市含まれた。北方領地はウージュ川にまで及び、ウシェシク、イスコーロステニ、オーヴルチチョルノーブィリといった都市含まれた。恐らく、その領地はスロヴェーチュナ川からプリピャチ川まで及んでいたと考えられ、のちにはキエフミンスク軍管区の間に国境線引かれたと見られている。西域では領土はヴォルィーニ達しており、その限界はスルーチ川であったとされる国境線はボロヒーウシク州から恐らくはローシ川とテーテレヴァ川に及んでいたと考えられている(関連項目沿ローシ川防衛線)。 13世紀半 - 14世紀前半におけるハールィチ・ヴォルィーニ大公国の領土 13世紀半の大公国 大公国による領土拡大 (年) ルーシの外の諸公ジョチ・ウルス ハンガリー王国 ポーランド王国 ドイツ騎士団 リトアニア 大公国内の州の堺 主な通商ルーシの諸公国国境 「公座の都市キエフ チェルニーヒウ ペレヤースラウ ホロドク ピンシク トゥーロウ ヴォロディームィル ハールィチ メンシク スルーチェシク ドゥブローヴィツャ ステパーニ ホルチェヴシク オーヴルチ イスコロステーニ ヴォズヴャーヘリ コロジャージェン フーヴィン メジボージ ノヴホロドク ヴァルホヴィーシク ロードカ ムカーチェヴェ コシツェ サンドミル ルブリン ホルム チェルヴェン ステイシク ヴィズナ ヴィリシク ドロホチン カムヤネツィ コブルィン ベレスチャ ヴォロダヴァ リュヴォムリ ベルズ ズヴェヌィホロド リヴィウ ブジシク ペレームィシィリ ヤロスラウ シャノク サンビール ルーツィク ドロホブジ ペレソプヌィーツャ ドゥベン クレムヤネツィ ザスラヴリ テレヴォビリ コロムィーヤ ヴァスィーリウ チェルン オクト ボロト ウシツャ キエフ公国 トゥーロウ・ピンシク公国 ポロツィク公国 黒ルーシ ザカルパッチャ州 (1230年-1240年) (1230年代) (1252年-1254年) (1280年-1320年) (1289年-1302年) (1251年-1252年) (1254年) ハールィチ公国 ベレスチャホルムヴォルィーニ公国 ベルズルーツィクドニプロー川 ボジ川 ドニステル川 プルト川 セレト川 ティサ川 ヴィスワ川 シャン川 ブーフネマン川 プルィーピヤチ川 ヴェプル川

※この「領土」の解説は、「キエフ公国」の解説の一部です。
「領土」を含む「キエフ公国」の記事については、「キエフ公国」の概要を参照ください。


領土

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/30 00:20 UTC 版)

皇国の守護者」の記事における「領土」の解説

ツァルラント東端より海洋によって隔てられ洋上存在する東海列洲がその領土となっている。北領・内地・東洲・皇嶼・南塊・西領の六つ大島からなる

※この「領土」の解説は、「皇国の守護者」の解説の一部です。
「領土」を含む「皇国の守護者」の記事については、「皇国の守護者」の概要を参照ください。


領土

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/06 21:34 UTC 版)

低潮高地」の記事における「領土」の解説

国連海洋法条約は、低潮高地の領土としての取り扱いについては規定していない。国際司法裁判所において低潮高地対す主権帰属争われた例として、以下のものがある。 「カタールバーレーン間の海洋境界画定および領土問題」(Maritime Delimitation and Territorial Questions between Qatar and Bahrain事件では、カタールバーレーンの間で領海画定及び領土の領有争われ両国がともに領海主張する海域位置する低潮高地帰属問題となった2001年3月16日判決は、低潮高地領域主権について海洋法条約及び規則規定していないことを認めつつ、この問題は島及びその他の陸地同様の感覚考えることはできないとした。 2008年5月23日の「ペドラ・ブランカ/プラウ・バトゥ・プテ、ミドル・ロックス及びサウス・レッジに対す主権」(Sovereignty over Pedra Branca/Pulau Batu Puteh, Middle Rocks and South Ledge事件ペドラ・ブランカ事件英語版))の判決では、まず領海境界画定行いその後で、領海内に所在する低潮高地沿岸国に帰属する判断した

※この「領土」の解説は、「低潮高地」の解説の一部です。
「領土」を含む「低潮高地」の記事については、「低潮高地」の概要を参照ください。


領土

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 01:27 UTC 版)

和田政宗」の記事における「領土」の解説

竹島巡っては、2014年平成26年2月22日開催され「竹島の日」記念式典出席した際に「次は(竹島奪還記念式開こう」と発言した2014年平成26年10月16日参議院国土交通委員会では、尖閣諸島竹島観光資源として有益性挙げ実地調査のための上陸が可能かについて質疑した。この際和田は領土・領海意識育成のため、学校教育での取り組みを行うべきであることなどを述べた中国漁船サンゴ密漁問題について、2014年平成26年11月5日参議院本会議質疑行い200隻以上の中国漁船による日本の排他的経済水域内での密猟を「侵略行為と言ってもおかしくない状況」と非難し釈放のために支払担保金額の引き上げ巡視船による監視強化求めたその後同月19日参議院本会議において、外国人領海内の漁業排他的経済水域EEZ内の無許可操業行なった場合罰金を最高3000万円引き上げ外国人漁業規制法改正法可決成立した

※この「領土」の解説は、「和田政宗」の解説の一部です。
「領土」を含む「和田政宗」の記事については、「和田政宗」の概要を参照ください。


領土

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 21:49 UTC 版)

ハールィチ・ヴォルィーニ大公国」の記事における「領土」の解説

ハールィチ・ヴォルィーニ大公国12世紀末、ハールィチヴォルィーニの両公国統合によって創られた大公国であった。その大公国の領土は、シャン川ドニステル川上流およびブク川の広い地域またがっていた。 大公国本領は、東のトゥーロフ・ピンスク公国キエフ公国、南のベルラードとジョチ・ウルス、西のハンガリー王国ポーランド王国、北のドイツ騎士団リトアニアポロツク公国接していた。ハールィチ・ヴォルィーニでは、プリピャチ川の諸支流は東の境、ボジ川・プルト川セレト川の上流は南の境、カルパチア山脈シャン川とウェプル川の河岸地域は西の境をなしていた。それに対して、北の境ははっきりと定められていたことなくリトアニア部族との戦争成果に応じて進退したりしていた。 13世紀半 - 14世紀前半におけるハールィチ・ヴォルィーニ大公国の領土 13世紀半の大公国 大公国による領土拡大 (年) ルーシの外の諸公ジョチ・ウルス ハンガリー王国 ポーランド王国 ドイツ騎士団 リトアニア 大公国内の州の堺 主な通商ルーシの諸公国国境 「公座の都市キエフ チェルニーヒウ ペレヤースラウ ホロドク ピンシク トゥーロウ ヴォロディームィル ハールィチ メンシク スルーチェシク ドゥブローヴィツャ ステパーニ ホルチェヴシク オーヴルチ イスコロステーニ ヴォズヴャーヘリ コロジャージェン フーヴィン メジボージ ノヴホロドク ヴァルホヴィーシク ロードカ ムカーチェヴェ コシツェ サンドミル ルブリン ホルム チェルヴェン ステイシク ヴィズナ ヴィリシク ドロホチン カムヤネツィ コブルィン ベレスチャ ヴォロダヴァ リュヴォムリ ベルズ ズヴェヌィホロド リヴィウ ブジシク ペレームィシィリ ヤロスラウ シャノク サンビール ルーツィク ドロホブジ ペレソプヌィーツャ ドゥベン クレムヤネツィ ザスラヴリ テレヴォビリ コロムィーヤ ヴァスィーリウ チェルン オクト ボロト ウシツャ キエフ公国 トゥーロウ・ピンシク公国 ポロツィク公国 黒ルーシ ザカルパッチャ州 (1230年-1240年) (1230年代) (1252年-1254年) (1280年-1320年) (1289年-1302年) (1251年-1252年) (1254年) ハールィチ公国 ベレスチャホルムヴォルィーニ公国 ベルズルーツィクドニプロー川 ボジ川 ドニステル川 プルト川 セレト川 ティサ川 ヴィスワ川 シャン川 ブーフネマン川 プルィーピヤチ川 ヴェプル川

※この「領土」の解説は、「ハールィチ・ヴォルィーニ大公国」の解説の一部です。
「領土」を含む「ハールィチ・ヴォルィーニ大公国」の記事については、「ハールィチ・ヴォルィーニ大公国」の概要を参照ください。


領土

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 14:43 UTC 版)

ブラウザ三国志」の記事における「領土」の解説

各領土には攻め込みやすさを示すレベル資源設定されており、武将使って攻め落とすことで資源徴収できる基本的に資源が多い土地レベル高く一定レベル超える上級兵と戦う。また、ゲーム数が進行するごとに新し資源配置領地登場することもある。 自分の領土にするためには名声値が必要。占領した土地名声値を使用することで資源収量防御レベルアップできるまた、合計名声値が一定値に達すると、自分の領土を使って拠点・砦)を設営できる。 マップ各地には先述した城の他にも砦が設置されており、NPC防衛している。これらの砦や城を初め攻め落としたプレイヤー所属する同盟にはボーナス与えられる

※この「領土」の解説は、「ブラウザ三国志」の解説の一部です。
「領土」を含む「ブラウザ三国志」の記事については、「ブラウザ三国志」の概要を参照ください。


領土

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 02:21 UTC 版)

連合国軍占領下の日本」の記事における「領土」の解説

外地など領土の剥奪 ポツダム宣言には「日本國主權本州北海道九州四國竝ニ吾等ノ決定スル小島局限セラルベシ」とされ、日本統治していた地域のうち、外地台湾朝鮮)・租借地関東州)・委任統治区域南洋群島)を失った。 また内地についても、ソ連侵攻によって南樺太千島列島占領されSCAPIN-677では北緯30以南南西諸島および小笠原諸島伊豆諸島についても暫定的に施政権停止された(後に施政権回復)。 旧領土の放棄時点はいつであるかについては降伏当初より論点であったが、ポツダム宣言受諾義務発生であって領土権喪失は(現実には台湾朝鮮軍事占領され別の国として取り扱われており、連合国意向次第流動的であるが)法律上立場としては領土の帰属確定する時点(すなわち講和条約締結時点)と解釈されていた。結果としてサンフランシスコ講和条約中華民国との平和条約により朝鮮台湾南樺太千島列島領土権正式に放棄した南千島についての帰属未定)。 朝鮮半島 ポツダム宣言受諾後朝鮮総督府政務総監遠藤柳作民衆保護のため朝鮮人による政府樹立を、人望のあった呂運亨要請した。呂は8月15日、ただちに朝鮮建国準備委員会(建準)を設置し朝鮮総督府ら行政権事実上移譲を受けることとなり、翌月9月6日には朝鮮人民共和国として建国宣言行った発表され閣僚名簿には金日成李承晩含まれていた。9月8日朝鮮半島上陸した連合国軍実質的にアメリカ軍)は臨時政府認知せず、アメリカ軍政庁設置したその後臨時政府アメリカソ連冷戦により短期間瓦解し1948年8月15日李承晩大統領として大韓民国が、9月9日金日成国家元首として朝鮮民主主義人民共和国建国された。 李承晩はまだ連合国部分占領下にあった日本対し対馬領有要求したが、これらの要求連合国によって却下され、さらに1949年4月に、連合国大韓民国国連加盟否決する至った。また朝鮮戦争時に、アメリカ経由韓国からの要望として、外務省から山口県に6万人規模亡命政権設置打診する電報があった。施設等用意依頼された。山口県田中知事は「わが県民にも半月以上、米の配給滞っている。朝鮮仮政府受け入れなんて、とんでもない話である」としてGHQ現状報告をしたと語っている。またGHQへの予算支援のため「山口県20避難キャンプ作り臨時テント1か所に200人ずつ、合わせて250テント5万人を受け入れる」といった計画GHQ提出している。亡命政権候補地は他にハワイなども候補地となっていた。 サンフランシスコ講和条約では、日本放棄すべき地域として「済州島巨文島及び鬱陵島を含む朝鮮」と規定条約草案作られる段階で、韓国政府独島竹島)もこれに加えるように要求していたが、ラスク極東担当国務次官補から大使へ、竹島に関する韓国主張認められないとする書簡ラスク書簡)が送られ韓国主張退けられた。 なお国法上朝鮮半島正式な独立は、サンフランシスコ講和条約発効日である。 サンフランシスコ講和条約発効直前1952年昭和27年1月18日大韓民国国際法反して李承晩ライン」を一方的に設定し竹島武装占拠した多く日本漁船拿捕され、日本人漁民44人が死傷し、3929人が抑留された。船や漁獲物は強奪された。 北方領土 終戦間際ソ連軍によって侵略されその後占領され北方領土については、アメリカは「サンフランシスコ講和条約ヤルタ会談密約放棄したのであるジョン・フォスター・ダレス国務長官)」という立場とっている。 戦時占領下の国々 第二次世界大戦日本軍連合国軍(英、米、、仏)を追い出しその後釜に座る形で日本軍の占領下に置かれ国々もしくは独立向かった東南アジア国々は、日本軍敗れた後、宗主国である勝戦国(英、米、、仏)が再度植民地とした。しかし、これらの国からの独立を目指して戦い続けていた独立指導者中心となって各地独立宣言が行われた。連合国はほとんどのアジア植民地独立認めず軍隊送り込んできたため、独立戦争勃発した多く独立指導者は反欧米であると同時に反日立場でもあったが、一部の国では日本本土引き上げず現地に留まってい残留日本兵協力するケースもあった。これらの戦争によって1960年代までにほぼ全ての植民地独立勝ち取ったが、イギリスポルトガル1990年代後半に至るまでアジア植民地持ち続けた。なお現在に至るまでフランス南太平洋に、アメリカ北西太平洋植民地持ち続けている。

※この「領土」の解説は、「連合国軍占領下の日本」の解説の一部です。
「領土」を含む「連合国軍占領下の日本」の記事については、「連合国軍占領下の日本」の概要を参照ください。


領土

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 09:16 UTC 版)

日本国との平和条約」の記事における「領土」の解説

ポツダム宣言の8項(カイロ宣言履行されるべきこと)を受けて規定され条項である。日本には領土の範囲定めた一般的な国内法存在せず本条約の第2条が領土に関する法規範一部になると解されている。国際法的には、「日本全ての権利権原及び請求権放棄」とは、処分連合国与えることへの日本同意であるとイアン・ブラウンリー解釈している。例え台湾は、連合国与えられ処分行使しなかったため条約後主権不確定とし、他国黙認により中国請求権凝固する可能性指摘している。

※この「領土」の解説は、「日本国との平和条約」の解説の一部です。
「領土」を含む「日本国との平和条約」の記事については、「日本国との平和条約」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「領土」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

領土

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 12:55 UTC 版)

名詞

(りょうど)

  1. その国の主権及ぶ地域
  2. 領有している土地

発音(?)

りょ↘ーど

関連語

翻訳


「領土」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



領土と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「領土」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



領土のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの領土 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの自由都市ダンツィヒ (改訂履歴)、モンバサ・スルタン国 (改訂履歴)、フランス王国 (改訂履歴)、フランドレンシス大公国 (改訂履歴)、リーグレ共和国 (改訂履歴)、領域 (国家) (改訂履歴)、リスク (ボードゲーム) (改訂履歴)、ブルターニュ地域圏 (改訂履歴)、斎藤利治 (改訂履歴)、文郎国 (改訂履歴)、黄金海岸 (改訂履歴)、バイロイト侯領 (改訂履歴)、メキシコ第一帝政 (改訂履歴)、ヌエバ・エスパーニャ (改訂履歴)、ケル・アジェール (改訂履歴)、キエフ公国 (改訂履歴)、皇国の守護者 (改訂履歴)、低潮高地 (改訂履歴)、和田政宗 (改訂履歴)、ハールィチ・ヴォルィーニ大公国 (改訂履歴)、ブラウザ三国志 (改訂履歴)、連合国軍占領下の日本 (改訂履歴)、日本国との平和条約 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの領土 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS