侵攻とは? わかりやすく解説

しん‐こう【侵攻】

読み方:しんこう

[名](スル)他国他の領地攻め込むこと。「内乱に乗じて敵本土に―する」


侵攻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/05 07:22 UTC 版)

侵攻しんこう: invasion)とは、戦争紛争などにおいて、敵地に侵入して攻めること、攻めて相手の領地に侵入すること[1]英語のinvasionは「軍隊または国が武力を使って他国に侵入したり、支配したりする事態」「集団が力を使って、または迷惑で望ましくない方法で場所に入ってくる行動」などを意味し[2]、日本語訳としては侵入とも訳され[3]、かつては「攻撃」とも訳された[4]


  1. ^ 精選版 日本国語大辞典、コトバンク
  2. ^ invasion」,Cambridge Advanced Learner's Dictionary, Cambridge Academic Content Dictionary, Cambridge University Press.
  3. ^ a b 宮崎繁樹「占領に關する一考察」『法律論叢』24(1-2)、明治大学法律研究所、1950年、 116-132頁、 NAID 120001439764
  4. ^ a b * 「御署名原本・大正九年・条約第一号・同盟及聯合国ト独逸国トノ平和条約及附属議定書 (国立公文書館)」 アジア歴史資料センター Ref.A03021294200 ,173頁
  5. ^ a b 侵略の定義に関する決議:United Nations General Assembly Resolution 3314 on the Definition of Aggression,侵略の定義に関する決議 (html)”. ミネソタ大学人権図書館. 2022年3月7日閲覧。
  6. ^ a b コトバンク「侵略」
  7. ^ 三石善吉「ロシア帝国の「保護国フィンランド」 -武器なき「国家」防衛の二戦略」筑波学院大学紀要,2021年、p.48.
  8. ^ 我妻真一「1968 年8月のソ連外交」立命館国際研究、1999-12
  9. ^ マシューズ オーエン、ネムツォーワ アンナ「ロシアに広がる愛国主義の炎--ロシア グルジア侵攻と金融危機の影響で反欧米感情が沸騰している」ニューズウィーク 23(43), 44-45, 2008-11-12,グルジアの概要と開発課題外務省


「侵攻」の続きの解説一覧

侵攻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/03 08:07 UTC 版)

ダンジョンセイバー」の記事における「侵攻」の解説

編成したチームで敵ダンジョン攻略する複数部隊送り込むことができるが、一度操作できるのは1部隊だけである。敵ダンジョン攻略中に自陣表示されず、罠にかかったり階層進んだときのみメッセージ知らされるまた、味方守備部隊と敵侵攻部隊接触した際は画面切り替わり通常の戦闘画面開かれる。敵ダンジョン最深部にいるガーディアンを倒すか、自分のダンジョン攻めてきた敵部隊全て撃退するか、どちらか勝利する味方の侵攻部隊全滅したガーディアン敗れたりしても、ゲームオーバーはならず最終時点の強さのまま自動的にコンティニューされ編成画面に戻る。

※この「侵攻」の解説は、「ダンジョンセイバー」の解説の一部です。
「侵攻」を含む「ダンジョンセイバー」の記事については、「ダンジョンセイバー」の概要を参照ください。


侵攻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 14:56 UTC 版)

イタリアのエジプト侵攻」の記事における「侵攻」の解説

1940年8月10日ムッソリーニグラッツィアーニ元帥に向け厳命発した。 「イギリス本土上陸作戦アシカ作戦)の実施決定され準備入った実行日は週内もしくは月内であり、ドイツ軍イギリス本土上陸日に貴官も侵攻を開始してなければならない繰り返すようだが、この命令地域占領自体目的としているのではない。アレクサンドリアであろうがソルームであろうが、そこの占領要求しているのではない。私が求めているのは、ただ貴官貴官目の前イギリス軍攻撃しているということである。」 ムッソリーニ厳命応えグラッツィアーニ第10軍司令官ベルティ将軍に対し8月27日侵攻開始として準備するよう指令した。けれども、グラッツィアーニベルティあるいは他の北アフリカ将軍の中で侵攻の成功信じている者はいなかった。ローマ総参謀長バドリオ元帥十分な物資供給約束したが、それは現地には届いていなかった。 9月8日グラッツィアーニは(解任恐怖さらされながら)翌日エジプトへ侵攻することとなった。 5個歩兵師団にマレッティ戦闘団加えたイタリア軍によりエジプト侵攻が行なわれた。侵攻には動員可能なリビア植民地部隊のほとんどが含まれていた。リビア植民地部隊リビア兵団構成していたリビア師団には正規のリビア騎兵(サヴァーリー (en) とよばれる)が含まれていた。また、師団砂漠専門部隊及びラクダ部隊歩兵大隊砲兵及び非正規騎兵スィパーヒー (en) とよばれる)も編制中に入っていた。 侵攻計画輸送能力不足に対応して変更が行なわれた。側面砂漠を侵攻経路とする案は変更され、第1 (en) 及び第2リビア師団 (en) が海岸道路近く経路から第23軍団の先鋒部隊として侵攻することとなった。マレッティ戦闘団は侵攻側面護衛部としての役割与えられた第10軍司令官ベルティ戦車及び砲兵部隊用法は、単独の戦力として用いるのではなくあくまでも歩兵随伴戦力として運用するというものだった1940年9月9日イタリア空軍機によるイギリス空軍機に対す航空戦開始された。リビア東部からエジプト西部の空域イタリア空軍戦闘機 CR.42とイギリス空軍戦闘機グロスター グラディエーターとの戦闘が行なわれた。また、双方爆撃機それぞれ敵の防御陣地に対し空爆行なったイギリス空軍トブルクほかイタリア軍侵攻部隊背後中間準備地域新作任務加わ部隊準備集結地)を爆撃した。これに対しイタリア空軍は侵攻経路イギリス軍防衛陣地戦力弱めるために爆撃行なった。 この侵攻の過程で1個師団進路見失い、多くの車輌エンジンオーバーヒート起こすなど、イタリア軍地上部隊の侵攻は困難を極めるのだった一方、数で圧倒されていたイギリス軍は、地雷敷設し順次撤退続けた不幸なことに、マレッティ戦闘団エジプト国境近くリビア側の侵攻開始地点、シディ・オマール (Sidi Omar) へたどり着けず、動けなくなっていた。この結果イタリア軍地上部隊侵攻開始ゆっくりと始まったイタリア軍自身の発する無線通信傍受されこれらの情報筒抜けだった。9月10日に至るまで、マレッティ戦闘団砂漠通過しながらその進路前方の11軽騎兵隊を発見できなかった。濃霧イギリス軍隠しイタリア軍緩慢な前進追跡可能にした。霧が晴れた時に、第11軽騎兵隊は上空イタリア空軍機と地上戦車及び砲兵攻撃標的となった9月13日6月イギリス軍11軽騎兵隊に占領されていたリビア領内のフォート・カプッツォが、第1黒シャツ師団3月23日』により奪還された。この日イタリア軍はリビア・エジプト国境を越えたエジプト侵攻作戦開始した4日後にようやくエジプト領内侵入することができた。 同日、ソルームでは、コールドストリームガーズ第3大隊の1個小隊が第1リビア師団全体唯一の標的となっていた。その前に平地リビア兵団火砲戦車及び輸送車両隊列組み整列していた。嵐のような砲撃台地上のイギリス軍前哨陣地の上に降り注いだ。けれども、弾幕射撃開始され時点で既に前哨陣地部隊はハルファヤ峠を下り撤退していた。砲声轟きこれにより地平線下で視認できないイギリス軍小部隊からの執拗な攻撃悩まされていたイタリア軍将兵勇気づけられることとなったイタリア軍の4個師団大部分は小競り合いだけで峠をゆっくりと通過していった。イタリア軍イギリス軍撤退して行った時に敷設していった地雷により、いくらかの損害を被ったまた、ほとんどイギリス軍兵士遭遇することがなかった。破壊され放棄されたイギリス軍車輌存在イギリス軍部隊が既に撤退していたことを無言で示していた。 9月16日、アラム・エル・ダブ (Alam el Dab) 付近海岸道路から内陸部移動しようとしたイタリア軍大規模な戦車部隊により、コールドストリームガーズ第3大隊孤立したこの時に、無線通信により第11軽騎兵隊への援助要請通じ第3大隊包囲免れた同日終わりには、防衛部隊のほとんどがマルサ・マトルー付近への撤退成功したこの時イタリア軍はこの侵攻する予定であった最も遠い地点で来ていて、第1黒シャツ師団はシディ・バラーニ (سيدي براني (en) )占領していた。 イタリア軍はシディ・バラーニの先 10 mi (16 km) にあるマクティラ (Maktila) まで進んでグラッツィアーニ装備物資補給理由に侵攻を停止した彼はムッソリーニバドリオに対し彼の抱えている問題点を述べたその際彼は彼の部隊の移動徒歩であるために、マルサ・マトルーへの行軍6日要する述べたまた、物資要求したその中で新たに600頭のラバ付け加えられていた。このことは、彼が輸送用車輌望んで無理なものとあきらめていたとみられる。 侵攻を通じイタリア軍はいくつかのイギリス軍飛行場占領したムッソリーニが侵攻を継続するよう督促したにもかかわらずグラッツィアーニはシディ・バラーニで塹壕陣地築いた。さらに加えて彼はマクティラ (Maktila) 、トゥマー (Tummar) 、ニベイワ (Nibeiwa) 及び崖の上台地上のソファフィ (Sofafi) の9か所堅固な防御施した基地建設した。また彼は後方ブク・ブク (Buq Buq) 、シディ・オマール及びハルファヤ峠にイタリア本国師団配置したグラッツィアーニはマルサ・マトルーのイギリス軍主力防衛陣地の約80 mi (130 km) 西までにしか到達できなかった。

※この「侵攻」の解説は、「イタリアのエジプト侵攻」の解説の一部です。
「侵攻」を含む「イタリアのエジプト侵攻」の記事については、「イタリアのエジプト侵攻」の概要を参照ください。


侵攻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/28 08:29 UTC 版)

アルジェリア侵略」の記事における「侵攻」の解説

1830年6月14日フランス国王シャルル10世フランス軍アルジェリア上陸成功させるen:Invasion of Algiers in 1830)。ブルモン将軍率いる37000人のフランス軍アルジェのカスバでフサイン・イブン・パシャの軍と交戦、これを破った6月29日太守邸を守る砦を包囲7月4日には砦も破り、邸の攻撃を始める。7月5日、フサイン・イブン・パシャは降伏した1830年7月29日七月革命起こりシャルル10世退位する彼の業績」は次の政権にも引き継がれフランスから移民アルジェリア送り込まれるなどされていき、フランス支配既成事実作られていった1834年には、アルジェリアフランス併合されるフランスアルジェリア軍隊増派し、占領統治既成事実つくり上げその一方地方の有力部族と「協定締結強制する。「協定」が結ばれても、「協定」を破棄軍事力による威嚇をし、フランス側による一方的な統治宣言」をして占領既成事実化が図られていった。しかし、この段階では仏軍占領沿岸都市限られ占領拡大をするよりもオスマン帝国時代支配機構そのまま利用し治安維持する方針をとろうとしていた。 1832年1837年アブデルカーデル武装抵抗始まった内陸都市ムアスカルマスカラ)を本拠地とし、西のベイをはじめとして中央アルジェリアから一部沿岸都市をも含む全アルジェリア3分の2支配下においた(en:Battle of Macta、en:Siege of Constantine)。1837年フランスと「タフナ条約英語版)」(アラビア語: معاهدة تافنة‎ maahdh tafnah)を結びアブデルカーデル支配する土地については主権認められる1839年には入植地建設がすすみ、ヨーロッパ系住民25000人が入植する。 時間稼ぎ条約破り仏軍作戦行動開始1839年1842年には再び戦闘局面入りen:Battle of Mazagran)、アブデルカーデルはその根拠地失い山岳地農村舞台抵抗継続。しかし、仏軍司令官ビュジョーの焦土作戦によって追い詰められモロッコ逃亡する。しかし、モロッコから絶縁を受け、国内でのゲリラ戦展開する1842年降伏1843年en:Battle of the Smala。1845年en:Battle of Sidi Brahim

※この「侵攻」の解説は、「アルジェリア侵略」の解説の一部です。
「侵攻」を含む「アルジェリア侵略」の記事については、「アルジェリア侵略」の概要を参照ください。


侵攻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 09:34 UTC 版)

モンゴルのポーランド侵攻」の記事における「侵攻」の解説

ポーランド侵攻軍はチャガタイ家バイダルオゴデイ家コデンジョチ家長兄オルダ3人将軍率いられ1240年後半には偵察活動入った。彼らに率いられモンゴル軍トゥメン万人隊)は既に占領していたヴォロディームィル=ヴォルィーンシキー当時キエフ・ルーシ領で、後にハールィチ・ヴォルィーニ大公国となったヴォルィーニ公国の街。現ウクライナ・ヴォルィーニ州)から行軍を開始し最初にルブリン略奪し1241年2月13日バイダルコデン凍ったヴィスワ川渡河してクラクフ公英語版)ウラディームィル(ポーランド語版)率いポーランド軍の守るサンドミェシュ英語版)(ポーランド語: Sandomierz、独: Sandomir サンドムィル)を包囲し陥落させた(トゥルスクの戦い)。 モンゴル帝国ヨーロッパ侵攻軍は3軍団擁していたが、モンゴル軍サンドミェシュから複数部隊分かれて行動したバトゥ率いモンゴル軍本隊は、カルパチア山脈のベレッケ峠(英語版)からパンノニア平原入ってハンガリー進撃したモヒの戦い)。 オルダ支隊ポーランド中部中北部荒らし、ボルブシュ(英語版)から北はレンツィカ(英語版)を経由してヴウォツワヴェクまで進んだ後南転し、コニン(英語版)とシェラツ(英語版)を蹂躙してヴロツワフ向かった一方当時ポーランド諸公の中で最も勢力を持っていた公の一人であるシロンスクヘンリク2世は、レグニツァ近辺自軍同盟者軍勢招集したヘンリク2世はさらに軍勢の規模大きくするため、シロンスク公国で最も大きな都市1つだったヴロツワフ見捨てモンゴル荒らすに任せたバイダル率い支隊は、サンドミェシュ英語版)からポーランド南部進撃した3月18日フミェルニクの戦いでウラディームィル(ポーランド語版)率いクラクフサンドミェシュ連合軍が再び敗れ、ウラディームィルが戦死するポーランドパニック状態となった3月24日市民見捨てたクラクフ市はモンゴル軍によって包囲され焼き払われた。 バイダル率い支隊その後ポーランド南部西部のタルチェク(英語版)(タルチェクの戦いポーランド語))ビトムラチブシュラチブシュ戦いポーランド語))オポーレオポーレ戦いポーランド語))蹂躙しヴロツワフオルダ支隊合流した一方ヘンリク2世ボヘミアからヴァーツラフ1世率い大軍救援に来るのを待っていた。バイダルコデンヴロツワフ包囲するかを思案中に、ヘンリク2世軍勢ボヘミア援軍近付いているのを知ったバイダルオルダ率い2つ支隊ヴロツワフ離れヘンリク2世軍勢ボヘミア軍と合流するのを阻もうとした。 4月9日モンゴル軍レグニツァ近郊のレグニツキェ・ポーレ(ポーランド語レグニツァの野)で、ヘンリク2世率いるポーランド・ドイツ連合軍対峙した(レグニツァの戦いワールシュタットの戦い))。ポーランド・ドイツ連合軍には、主力となるドイツ騎士団オポーレ公ミェシュコ2世軍隊、トゥルスクとフミェルニクで敗北したポーランド軍、そしてテンプル騎士団ホスピタル騎士団メンバー達と少数外国人義勇兵加わっていた。ヘンリク軍勢は敵と同数それ以上の数軍隊擁し有効な戦略採用していたが、組織規律武装経験に勝るモンゴル軍には全く歯が立たず4月9日戦いで大敗ヘンリク2世戦死したモンゴル軍レグニツァ城を占領しなかったが、ヴロツワフなどのシロンスク公国領内ほしいままに略奪して回ったポーランド攻撃従事した後、バイダルオルダ支隊ボヘミア軍との衝突避けて5月にはハンガリーモラヴィア(現チェコ東部地方移り1241年オロモウツオロモウツ戦いチェコ語版、ロシア語版)を行なった。そこでハンガリー西進中のバトゥ率い本隊との合流待った4月11日バトゥ率い本隊は、モヒの戦いハンガリー軍を破るとバイダル支隊合流し孤立していたバーベンベルク家フリードリヒ2世ウィーン目指した

※この「侵攻」の解説は、「モンゴルのポーランド侵攻」の解説の一部です。
「侵攻」を含む「モンゴルのポーランド侵攻」の記事については、「モンゴルのポーランド侵攻」の概要を参照ください。


侵攻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 21:09 UTC 版)

日本占領時期のインドネシア」の記事における「侵攻」の解説

詳細は「蘭印作戦を参照 1941年12月8日オランダ亡命政府日本に対して宣戦布告した1942年1月には、アーチボルド・ウェーヴェル将軍指揮の下、東南アジアにおける連合軍調整するためのABDA司令部結成された。侵攻に至るまで数週間オランダ政府高官は、政治犯家族個人的職員連れてオーストラリア亡命した日本軍到着する前に敵対するインドネシア人グループ間での対立があり、そこでは人々殺害されたり、行方不明になったり隠れ潜んだりした。華人およびオランダ人が所有していた財物荒らされたり破壊された蘭印政府王立オランダ領東インド陸軍(KNIL)や植民地警察軍(Merechaussee)は、治安維持目的であり、植民地外部の敵を想定していなかった。そのために東インド植民地の防衛イギリス依存していた。1942年1月までに、スラウェシ島カリマンタン島一部が日本の支配下となった2月までに日本軍スマトラの上陸を完了し、そこで現地アチェ人にオランダに反抗するよう推奨したオランダ依存していたイギリス軍シンガポールの戦い日本軍敗北し蘭印政府軍敗北確定した2月19日、すでにアンボン島占拠した日本側東方支隊ティモール島上陸しクパン近く西ティモールに特殊落下傘部隊降下させた。そして12月には侵攻してきた連合軍追い出すためにポルトガル領ティモールディリ地域上陸した2月27日日本阻止目的とした連合軍海軍抵抗は、ジャワ海域の戦いで敗北一掃された。1942年2月28日から3月1日にかけて日本軍ジャワ島北海岸沿いの4地点一斉上陸した。最も激し戦闘が、アンボンティモールカリマンタンジャワ海域での侵攻地点行われたバリのように蘭印軍がいない場所では戦闘が行われなかった。3月9日蘭印軍司令官総督のアリディウス・チャルダ・ファン・スタルケンボルフ・スタックハウエル(英語版と共に降伏した日本人自分たちが「アジアの光」であるとの言葉広めた日本の占領当初大日本帝国軍旗を振って日本私たちの兄」「大日本」などの支持を叫ぶインドネシア人から楽観的な熱意歓迎された。インドネシアには「インドネシア民族長い間異民族支配されるが、やがて北の方から黄色い肌の民族やってきて白人追い払いしばらくの間統治するが、トウモロコシの実るころまでに去りその後に独立訪れる」という「ジョヨボヨ(英語版)」という伝説があり、この伝説も日本への期待感助長しとみられる日本軍進駐するにつれて反体制的インドネシア人事実上全ての群島地域ヨーロッパ人グループ(特にオランダ人)を殺害するようになり、より大きなグループ居場所については日本軍知らせたスカルノインドネシア独立のために日本どのように利用するかを検討し日本軍への協力決めた蘭印政府スカルノ一家オーストラリアへ送るためにスマトラ島西部のパダン移したが、間に合わ日本軍到着した日本軍パダン入城前からスカルノ協力決めており、日本軍パダン入城後にスカルノブキティンギ陸軍第25軍会談し協力約束したスカルノ1942年7月ジャカルタ移って独立運動家ハッタやスタン・シャフリルと合流し互い立場確認したとされるハッタインドネシア人犠牲軽減するために対日協力決めたシャフリル対日協力をせずに消極的な抵抗決めたスカルノ陸軍第16軍今村均会談し政治活動開始した

※この「侵攻」の解説は、「日本占領時期のインドネシア」の解説の一部です。
「侵攻」を含む「日本占領時期のインドネシア」の記事については、「日本占領時期のインドネシア」の概要を参照ください。


侵攻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/12 02:58 UTC 版)

コーカサス戦争」の記事における「侵攻」の解説

1816年、特別グルジア軍司令官エルモーロフ(英語版)がアレクサンドル1世承認得て平定作戦開始1817年コーカサス戦争勃発1817年-1821年ロシア軍によるプレグラド陣地グロズヌイ、ヴニェザープナヤ、ブールナヤ要塞建設開始1822年-1826年チェルケス人のザクバニエ族(露: закубанских горцев, 英: zakubanski highlanders)に対するロシア軍懲罰作戦ベイブラート蜂起鎮圧1825年アレクサンドル1世死去デカブリストの乱によりロシア第一次遠征1817年1825年終了。この戦争42年間という長きに及んだ主な原因は、デカブリストの乱中断され事にあり、その結果としてガージャール朝ペルシアロシア・ペルシア戦争トルコマーンチャーイ条約)、オスマン帝国露土戦争)がイスラム勢力支援する介入戦争開始した1826年ロシア・ペルシア戦争勃発1827年、パスケヴィッチ(英語版将軍コーカサス総司令官任命1828年露土戦争勃発1830年ガジ=マホメド(英語版)がダゲスタン初代イマーム宣言しジハード布告1830年にはイスラム神秘主義ナクシュバンディー教団イマーム国(英語版)を建国して軍事政治制度整備して強大なロシア帝国対抗する余裕与え、ハジ・ムラート(英語版のような有能な軍事指導者活躍する余地与えることになった1831年ガジ=マホメド軍、タルキキズリャル、ブールナヤ、ヴニェザープナヤ、デルベント奪取後にロシア軍反撃始まりダゲスタン山岳部退却ポーランド11月蜂起中断され、パスケヴィッチ将軍ポーランド転戦1832年en:Battle of Gimryの戦闘ガジ=マホメドが死亡。ガムザト=ベク英語版)、第2代イマーム宣言1833年ロシア第二次遠征1825年1833年終了1834年、ガムザト=ベク、アヴァール・ハン国(英語版)の首都フンザフ(英語版)に侵攻。ガムザト=ベクロシアへ抵抗拒否したOmar, Pakkou-Bekkheの家族処刑。その報復でハジ・ムラート(英語版)らがガムザト=ベク暗殺したシャミール第3イマーム宣言1835年アレクサンドル・バリャチンスキー将軍コーカサス総司令官任命1837年イマーム国(英語版)がアヴァール・ハン国(英語版)を併合しシャミールダゲスタン(アヴァール・ハン国)のハン名乗り、ハジ・ムラートを追放1839年en:Siege of Akhoulgo。1840年en:Battle of the Valerik River。セミョーン・アタルシチコフ(ロシア語版)がクバン・コサック部隊ロシア語版)(1860年クバーニ・コサック軍)に配属される1842年en:Battle of Dargo (1842)。1843年それまでロシア中立の姿勢だったシャミールが、突如アヴァール・ハン国(英語版内のロシア軍に対し掃討戦実施1844年ミハイル・セミョーノヴィチ・ヴォロンツォフコーカサス総督府英語版)(1844年-1853年)に任命1845年アレクサンドル・バリャチンスキー将軍コーカサス総司令官1844年-1856年)に任命en:Battle of Dargo (1845)。1851年シャミールがハジ・ムラートの暗殺謀ったが、発覚して、ハジ・ムラートはロシア帝国逃亡。ハジ・ムラートの家族処刑された。1851年にハジ・ムラート(英語版)とシャミール不仲になると、ロシア帝国のアヴァール・ハン国(英語版)への離間工作活動成功しイスラム勢力は分裂して弱体化した1852年4月24日5月5日)にハジ・ムラートがアゼルバイジャンから逃亡試みたが、失敗して殺害された。ハジ・ムラートの首は皇帝ニコライ1世のもとに送られた。1853年クリミア戦争激化しロシア帝国シャミール停戦申し出た黒海衆クリミア配置換えクリミア戦争等でたびたび中断され戦争長期化した。 1855年戦闘再開1856年黒海衆防衛線衆がコーカサス戦争参加1857年、A.バリャチンスキー将軍コーカサス総督1857年-1862年)に任命1859年シャミール、グニブ山(英語版)で敗北しen:Battle of Ghunib)、イワン・ラザレフ(英語版)による説得に応じてロシア帝国投降1860年黒海衆防衛線衆を統合したクバーニ・コサック軍結成される1864年ロシアによるコーカサス征服完了

※この「侵攻」の解説は、「コーカサス戦争」の解説の一部です。
「侵攻」を含む「コーカサス戦争」の記事については、「コーカサス戦争」の概要を参照ください。


侵攻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 21:54 UTC 版)

パナマ侵攻」の記事における「侵攻」の解説

大義名分作戦」は当初「ブルー・スプーン」と名付けられていたが、ジェームズ・L・リンゼイ陸軍大将から「奇妙な作戦名だ」と評されたのをきっかけに作戦名は「大義名分」と改められた。ブッシュ12月20日未明パナマ駐留していたアメリカ南方軍など空軍海軍陸軍からなる5万7384人のアメリカ軍パナマに侵攻させ、ノリエガ率いパナマ国家防衛軍との間で激し戦闘が行われた。 アメリカ製旧式の武器中心としたパナマ国家防衛に対してロッキードF-117戦闘機マクドネル・ダグラスAH-64 アパッチなどの最新鋭機を中心とした300を超える航空機投入するなど、圧倒的な軍事力持ったアメリカ軍は間も無く首都のパナマ市占領した。 なお、ノリエガアメリカ軍による拘束逃れてバチカン大使館逃れたものの、その後アメリカニフティ・パッケージ作戦によってノリエガ大使館より退去させ、1990年1月3日アメリカ軍拘束された。 パナマ展開するアメリカ海兵隊LAV-25 銃撃戦展開するアメリカ軍第75レンジャー連隊 パナマ市郊外降下する508歩兵連隊第1大隊 パナマ展開するアメリカ陸軍M113装甲兵員輸送車 星条旗持ったアメリカ軍兵士

※この「侵攻」の解説は、「パナマ侵攻」の解説の一部です。
「侵攻」を含む「パナマ侵攻」の記事については、「パナマ侵攻」の概要を参照ください。


侵攻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/15 09:05 UTC 版)

ハノーファー侵攻 (1757年)」の記事における「侵攻」の解説

1757年6月初、交渉による合意不可能であることが明らかになると、フランス軍ハノーファーへの進軍開始した最初の小競り合い5月3日にはすでに始まったフランス軍一部プロイセン駐留軍800人しかいないゲルデルン英語版)の包囲に3か月もかけたため進軍遅れた一方フランス軍大半は10万人もの大人数だったため進軍遅かった。 数で上回られたため、監視軍はヴェーザー川渡ってハノーファー選帝侯領内に戻りカンバーランド公応戦準備をした。7月2日救援派遣されイギリス艦隊待たずプロイセンエムデン港がフランス陥落したこれによりハノーファーネーデルラント連邦共和国から切り離されイギリスからの補給海路で直輸送するしかなくなったフランス軍続いてカッセル落とし右翼守った

※この「侵攻」の解説は、「ハノーファー侵攻 (1757年)」の解説の一部です。
「侵攻」を含む「ハノーファー侵攻 (1757年)」の記事については、「ハノーファー侵攻 (1757年)」の概要を参照ください。


侵攻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/29 00:03 UTC 版)

アメリカ合衆国によるドミニカ共和国占領 (1916年-1924年)」の記事における「侵攻」の解説

アメリカ海軍漸次的な侵攻でドミニカ政府と軍と警察全て支配した最初の上陸1916年5月5日海兵隊の2個中隊がプレーリーからサント・ドミンゴ上陸したきだった上陸目的アメリカ公使館員領事保護、そしてサン・ヘロニモ砦(San Geronimo)の占領だった。上陸軍は数時間後に7個中隊の増援受けた5月6日、キャスタイン(英語版)からの軍勢上陸して同じくアメリカ軍事占領されていたハイチ公使館員保護した最初の上陸から2日後にあたる5月7日民選大統領フアン・イシドロ・ヒメネス・ペレイラ(英語版)が辞任した1916年5月15日、ケイパートン提督部隊サント・ドミンゴ占領した6月1日、ジョセフ・ヘンリー・ペンドルトン(英語版大佐率い海兵隊部隊重要な港であるプエルト・プラタとモンテ・クリスティ(英語版)を占領海上封鎖行った7月3日のグアヤカナスの戦い英語版)から2日後海兵隊アリアス根拠地であるサンティアゴ・デ・ロス・カバリェロス前進した。しかし、アリアス抵抗をやめてケイパートンと合意戦闘回避した3日後、アリアス出国した残り占領軍その後の2か月内に上陸してドミニカ全国占領した11月29日、ハリー・シェパード・ナップ(英語版大尉旗艦オリンピア)を首班とする軍政府成立した

※この「侵攻」の解説は、「アメリカ合衆国によるドミニカ共和国占領 (1916年-1924年)」の解説の一部です。
「侵攻」を含む「アメリカ合衆国によるドミニカ共和国占領 (1916年-1924年)」の記事については、「アメリカ合衆国によるドミニカ共和国占領 (1916年-1924年)」の概要を参照ください。


侵攻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/30 00:51 UTC 版)

ガザ侵攻 (2006年)」の記事における「侵攻」の解説

6月25日ハマース武装勢力ガザ南部国境地帯にあるイスラエル領内の軍駐屯地トンネル侵入銃撃戦となった双方戦死者出しながら兵士1名を拉致して撤退したイスラエル兵がパレスチナ側に拉致されるのは10年振りであり、リクードや軍の意向の元、オルメルト兵士救出のためとして戦車隊中心とした陸軍ガザ地区進軍させた。イスラエル軍ガザ幹線道路発電所破壊ガザ市民生活麻痺状態陥った6月28日には、ハマース議員20名と閣僚3分の1逮捕して軍の監視下に置き、ガザ自治政府機能停止したガザヨルダン川西岸から統治分離している)。さらにこの日イスラエルの戦闘機シリアバッシャール・アル=アサド大統領滞在する別荘上空飛び回りシリア軍挑発した(シリアはこの挑発動じなかったが、これによりイラン実質的な同盟結んだ)。この侵攻以後ガザ地区イスラエル軍による占領下置かれたまた、イスラエル7月12日隣国レバノンへの攻撃開始地上軍の侵攻に至った8月半ば停戦し、10月初めに撤退した2006年レバノン侵攻)。一方オルメルト進めるとしていたヨルダン川西岸地区からの撤収計画9月自身によって延期宣言されたパレスチナでは、侵攻を招いたハマース支持率低下し9月からハマースファタハ連立政権模索され始め9月11日ファタハマフムード・アッバース議長連立発表したガザ地区ではファタハ支持するデモが行われるが、これらは給料滞るハマース政権に不満を持った警察官など主導していた。デモ白熱しハマース支持者衝突したガザハマース支持者が多い)。これをきっかけとしてハマースファタハ衝突となり、ハマースイスラエル破壊の停止拒否したことから10月に連計画解消された。その後衝突継続しガザ地区治安悪化していった。すでにハマース単独内閣維持難し情勢であり、アッバース議長中心となって連立政権樹立された[いつ?]。

※この「侵攻」の解説は、「ガザ侵攻 (2006年)」の解説の一部です。
「侵攻」を含む「ガザ侵攻 (2006年)」の記事については、「ガザ侵攻 (2006年)」の概要を参照ください。


侵攻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/26 03:50 UTC 版)

イラン進駐 (1941年)」の記事における「侵攻」の解説

この侵攻は、迅速かつ容易に行なわれた。南からイギリス軍イラク司令部イラク軍団として知られている)、これは、6日後にイラン・イラク司令部パイ軍団)と改名されるが、エドワード・クイナン(英語版中将指揮下で前進したパイ軍団は、第8インド歩兵師団と第10インド歩兵師団第2機甲旅団第9機甲旅団、第21インド歩兵旅団より構成されていた。ソビエト軍は北より、ドミトリー・コズロフ大将指揮下のザカフカース戦線の第44軍、第47軍、第53軍侵攻した航空戦力海軍戦力戦い参加したペルシア軍は9個師団動員したレザー・シャー大西洋憲章の元、アメリカ合衆国大統領フランクリン・D・ルーズベルト訴えた。 「閣下何度もおっしゃっていた、国際的な正義自由に対す人々権利を守る必要があると言うご意見に基づいて・・。私はこれらの攻撃的な行為停止するための、有効で緊急の人道的処置取っていただけるように閣下にお願いいたします。この事件は、平和を維持し国内改革行なうこと以外にやることの無い、平和で穏やかな国に、戦い引き起こしました」 ― 8月25日の手紙。 しかし、以下に示すルーズベルトからの返答により、シャーの国をアメリカ合衆国大統領救済する気が無いことから嘆願失敗終わった。 「この問題全体的に見れば皇帝陛下直面している重大な問題のみではなくヒトラー世界征服野望による基本的な問題考えられます。ドイツによる征服動きは、軍事力止めない限りヨーロッパからアジアアフリカそしてアメリカへも広がっていくのは確実です独立維持しておきたいという国は、もし自分たちがヨーロッパ多数の国に生じたように、1国1国侵略されいとしても、大きな視野での努力行なうべきというのは明確であります周知のように、この真実認めることによって、アメリカ合衆国政府国民は、可能な限り迅速に合衆国防衛確立するのみでなく、ドイツの世界征服野望対抗する行動行なう国々具体的に援助するという非常に広範囲な計画を始めました」 ルーズベルトは「イギリスもしくはソビエト政府が、イラン独立領土何の意図持たないというイラン政府への声明」によりシャー安心させた。しかし、後にソビエト北部で州の独立主義者支援行ないその一方で、アメリカ英国1953年イラン石国有化運動の間に民主主義的選ばれたイランモハンマド・モサッデグ首相転覆支援した戦い8月25日夜明けに、イギリス海軍ショアハム級スループ「ショアハム」 (HMS Shoreham) がアーバーダーン港を攻撃することで始まったアーバーダーン停泊していたイラン海軍バブル級砲艦「パラング (Palang)」はショアハムによって撃沈され、残った船は破壊される鹵獲された。抵抗準備する時間無くアーバーダーン石油産出施設は、事前に移動していたバスラからシャットゥルアラブ川下ってきた艦艇武装ヨットシーベル (Seabelle)」など)から上陸してきた2個大隊によりその日のうちにイギリスの手落ちた小部隊武装商船カニンブラ(英語版) (HMAS Kanimbla) から、石油生産設備と港を保護するために、バンダレ・シャープール上陸したイギリス空軍空軍基地通信施設攻撃したまた、オーストラリアスループヤラ (HMAS Yarra)」 がホラムシャハル (Khorramshahr) のイラン海軍基地攻撃しイランバブル級砲艦バブル (Babr)」を沈めたバスラからイギリスインド部隊は、ガスレ・シェイフ(8月25日占領)へ前進しシャー戦闘の終結命令した8月28日までに、アフヴァーズ (Ahwaz) に到達したイギリスインドの8個大隊ウィリアム・スリム少将 (William Slim) の指揮下で、ハナーキーン(英語版)(バグダード100マイル北東で、バスラから300マイル)から、ナフテ・シャー油田通りケルマーンシャーハマダーン抜けるパーイェ・ターフ渓谷向かって前進した防衛部隊が夜に撤退した後、パーイェ・ターフは8月27日占領された。8月29日ケルマーンシャーに対する攻撃計画されたものの、防御部隊降伏文書締結を行うことを要求したため、中止された。 ソビエト軍北から侵入しマークー向かって前進したマークー爆撃により防衛破壊された同様にカスピ海沿岸バンダレ・パフラヴィーソビエト軍上陸したこの時ソビエト海軍は、同士討ちを行うという事件が発生した海軍の作戦で、2隻のイラン軍軍艦沈み砲艦4隻がイギリス海軍により鹵獲された。6人のペルシア人兵士銃殺されイギリス軍インド軍損害死者22人、負傷者42であったイラン抵抗虚しくソビエトイギリス戦車と歩兵瞬く間にイラン軍無力化した。イギリス軍ソビエト軍は、8月30日センナSennaハマダーン100マイル西)と、8月31日ガズヴィーンテヘラン100マイル西でハマダーン北東200マイル)で遭遇したイラン敗北し油田略奪され価値あるイラン縦貫鉄道連合国の手落ちた輸送手段欠如により、イギリス軍ハマダーンアフヴァーズ先に軍を進めないことに決めたその間イラン新首相モハンマド・アリー・フォルギーは、ドイツの大使その人員がテヘラン去りドイツとイタリアハンガリールーマニア大使館閉鎖し残ったドイツ国民は、イギリスソビエト当局引き渡されることに同意したレザー・シャー9月16日息子モハンマド・レザー・シャー帝位譲り退位したレザー・シャー南アフリカ亡命した1944年死亡)。その翌日イギリス軍ソビエト軍部隊テヘラン入城したイラン戦争中ソビエトイギリスより分されていたが、ソビエト軍イギリス軍は、ドイツの外交官協議した後、10月17日テヘランから撤収した

※この「侵攻」の解説は、「イラン進駐 (1941年)」の解説の一部です。
「侵攻」を含む「イラン進駐 (1941年)」の記事については、「イラン進駐 (1941年)」の概要を参照ください。


侵攻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/08 21:14 UTC 版)

日本占領時期のイギリス領ボルネオ」の記事における「侵攻」の解説

詳細は「英領ボルネオ作戦を参照 日本の侵攻作戦は、イギリス領大日本帝国陸軍に、オランダ領は大日本帝国海軍指令された。陸軍は第35歩兵旅団ボルネオ担当した旅団川口清健少将指揮し以前には中国南部広州駐留していた部隊によって編成されていた。1941年12月13日日本の船団は、フランス領インドシナ(現・ベトナム)のカムラン湾出航船団護衛は、軽巡洋艦由良」および第三水雷戦隊12駆逐隊(「叢雲」「東雲」「白雲」「薄雲)、第七号駆潜艇特設水上機母艦神川丸」だった。10隻の兵員輸送船が侵攻部隊先発隊運んだ栗田健男少将指揮する重巡洋艦鈴谷」「熊野」および駆逐艦吹雪」「狭霧」が支援部隊だった。日本軍は、ミリセリア占領後クチンおよび近く飛行場進撃することを企図した。輸送船団発見されることなく進み12月16日夜明け2つの上陸部隊はイギリス軍抵抗をほとんど受けずに、ミリセリア制圧した

※この「侵攻」の解説は、「日本占領時期のイギリス領ボルネオ」の解説の一部です。
「侵攻」を含む「日本占領時期のイギリス領ボルネオ」の記事については、「日本占領時期のイギリス領ボルネオ」の概要を参照ください。


侵攻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 01:51 UTC 版)

グレナダ侵攻」の記事における「侵攻」の解説

10月25日午前5時開始されグレナダへの侵攻は宣戦布告行われなかった。アメリカ軍によってこの作戦は「アージェント・フュリー(Urgent Fury押さえ切れない憤怒)」と命名された。 攻軍の総計アメリカ軍から7,300名、OECS諸国などの軍から353名が投入された。アメリカレンジャー部隊ネイビーシールズデルタフォースなどの特殊部隊海兵隊など7,000人以上の部隊が参加している。 グレナダ側にグレナダ兵約1,500人およびキューバ人約722人(高度な軍事訓練を受け武装した建設労働者」、および軍事顧問人数は1,500人程度とも)。このほかグレナダ国内ソ連北朝鮮リビア東ドイツブルガリアから来た60人ほどの顧問がいた。シールズがポール・スクーン(英語版グレナダ総督救出通信基地破壊実施陸軍レンジャー部隊海兵隊等がパールズ空港キューバ兵が建設中であったポイント・サリンス国際空港占拠、及びアメリカ人医学生らの救出行ったグレナダ各地戦闘が行われたが、圧倒的な兵力アメリカ軍政府関連施設空港大学など拠点次々制圧した戦闘数日間続きアメリカ軍19名が死亡116名が負傷しグレナダ側では兵士45名、民間人少なくとも24名が死亡し兵士358名が負傷したまた、キューバ人は24名が死亡59名が負傷し638名が捕虜になったそれぞれの人数については資料により若干違いがある)。 グレナダ作戦行動をとる海兵隊CH-53 シースタリオンZU-23-2対空機関砲

※この「侵攻」の解説は、「グレナダ侵攻」の解説の一部です。
「侵攻」を含む「グレナダ侵攻」の記事については、「グレナダ侵攻」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「侵攻」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

侵攻

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 10:25 UTC 版)

発音(?)

し↗んこー

名詞

(しんこう)

  1. 他国他の領域攻撃すること。

動詞

活用

サ行変格活用
侵攻-する

「侵攻」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「侵攻」の関連用語

侵攻のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



侵攻のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの侵攻 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのダンジョンセイバー (改訂履歴)、イタリアのエジプト侵攻 (改訂履歴)、アルジェリア侵略 (改訂履歴)、モンゴルのポーランド侵攻 (改訂履歴)、日本占領時期のインドネシア (改訂履歴)、コーカサス戦争 (改訂履歴)、パナマ侵攻 (改訂履歴)、ハノーファー侵攻 (1757年) (改訂履歴)、アメリカ合衆国によるドミニカ共和国占領 (1916年-1924年) (改訂履歴)、ガザ侵攻 (2006年) (改訂履歴)、イラン進駐 (1941年) (改訂履歴)、日本占領時期のイギリス領ボルネオ (改訂履歴)、グレナダ侵攻 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの侵攻 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS