乾坤一擲とは?

Weblio 辞書 > 成句の検索 > 四字熟語 > 出典別 > 韓愈 > 乾坤一擲の意味・解説 

乾坤一擲

読み方:けんこんいってき

乾坤一擲とは、いちかばちかの思い切った勝負を意味する表現である。読み方は「けんこんいってき」。主に「乾坤一擲の大勝負のような言い回し用いられる。「一擲乾坤を賭す」ともいう。乾坤一擲の類語としては、「天王山」「ルビコン川を渡る」「一六勝負」などが挙げられる。要はイチかバチか大勝負ということである。

乾坤一擲の「乾」と「坤」の字は、それぞれ天地の「天」と「地」を意味する。「一擲」は「(サイコロを)1回だけ投げる」ことを意味する。天がでるか、はたまた地がでるか、意を決してサイコロを振る、といった意味合い表現解釈できる。

英語では「乾坤一擲」は stake everything のように表現しうる。stake=賭ける、 everything=なにもかも、という意訳である。

乾坤一擲の由来

乾坤一擲は、中国の唐の文人韓愈が、項羽と劉邦対決を評して述べた言葉由来する。劉邦と項羽戦いの末、鴻溝の地を二分して和解した。しかし、劉邦配下である張良陳平が、劉邦に対して項羽の兵は疲弊しているので好機である」と話したため、劉邦項羽追撃して勝利をおさめた。韓愈は、この劉邦大勝負を「乾坤一擲」という言葉表現した。

「乾坤一擲」の語を使った例文表現例としては「乾坤一擲の大勝負」が挙げられる。ただし、「乾坤一擲」という言葉そのものが「大勝負」の意味合いを含んでいるため、「乾坤一擲」と「大勝負」とで意味の重複が生じている(なかば重言である)。

けんこん‐いってき【×坤一×擲】

運命をかけて大勝負をすること。「乾坤一擲の大企画


けんこん‐いってき【乾坤一擲】

〔名〕 さいころ投げて、天が出るか地が出るかを賭(か)けること。自分運命をかけるような大仕事大勝負をすること。一擲乾坤を賭す。いちかばちか。

新版由比正雪(1912)〈小泉三申〉六「御三家名門徳川頼宣なる一箇の好英雄を、自家野心道具に使ひ、平談暢話の間に乾坤一擲的事業基礎を築きたり」


乾坤一擲

読み方:ケンコンイッテキ(kenkon’itteki)

運命をかけて大きな勝負をすること


乾坤一擲

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 03:27 UTC 版)

成句

けんこんいってき

  1. 命を懸けた一か八かの勝負をすること。



乾坤一擲と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「乾坤一擲」の関連用語

乾坤一擲のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



乾坤一擲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの乾坤一擲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS