天地とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 天地 > 天地の意味・解説 

あめ‐つち【天地】

読み方:あめつち

天と地全世界。てんち。

「—は広しといへど、我(あ)がためは狭(さ)くやなりぬる」〈万・八九二〉

天地の神々

「いざ子ども狂(たは)わざなせそ—の堅めし国そ大和島根は」〈四四八七〉


てん‐ち【天地】

読み方:てんち

天と地

宇宙世界世の中。「自由の—を求めて旅立つ」「新—」

書物荷物などの、上と下。「紙の—」


天地

英語 topbottom

クルマ居住性表現するときの上下方向のこと。天地寸法どのように使う。足元フロアから頭上ルーフまでの上寸法や、ドア開口部の上寸法を天地寸法という。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

天地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/19 04:45 UTC 版)

天地(てんち、あまち、あめつち)




「天地」の続きの解説一覧

天地(てんち)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/30 03:59 UTC 版)

ぱわふる☆チアーズ!!」の記事における「天地(てんち)」の解説

沫里の幼なじみサッカー部エース。沫里がチア部に入部するきっかけ作った張本人

※この「天地(てんち)」の解説は、「ぱわふる☆チアーズ!!」の解説の一部です。
「天地(てんち)」を含む「ぱわふる☆チアーズ!!」の記事については、「ぱわふる☆チアーズ!!」の概要を参照ください。


天地(Tiandi)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 05:03 UTC 版)

フォーオナー」の記事における「天地(Tiandi)」の解説

片手剣(いわゆる大刀)を扱う武将。素早い身のこなし特徴で、回避攻撃主軸置かれている。皇帝王侯貴族親衛隊務め武人であり、主に生涯仕えることを美徳とする。君主命を落とした場合束縛解かれ恐るべき闘士となる。

※この「天地(Tiandi)」の解説は、「フォーオナー」の解説の一部です。
「天地(Tiandi)」を含む「フォーオナー」の記事については、「フォーオナー」の概要を参照ください。


天地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 06:07 UTC 版)

どことなくなんとなく」の記事における「天地」の解説

妻子もちのサラリーマン。「白い夜」の夢を見た晩をさかいに世の中実在感が感じられなくなってしまった。

※この「天地」の解説は、「どことなくなんとなく」の解説の一部です。
「天地」を含む「どことなくなんとなく」の記事については、「どことなくなんとなく」の概要を参照ください。


天地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 14:26 UTC 版)

<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-」の記事における「天地」の解説

七大国家一つ黄河帝国東岸から更に東側ある日本風の島国。他の七大国家とは別の意味隔絶しており、内乱生じているのが常となっている文字通り修羅の国特殊超級職の【征夷大将軍】を頂点にその下に四大大名がいるという一応の勢力関係はあるが、内乱により【征夷大将軍】が殺害されることも多く力関係変動しやすい。<超級>は決闘ランキングに3人、討伐ランキング2人クランランキング1人合計6人。

※この「天地」の解説は、「<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-」の解説の一部です。
「天地」を含む「<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-」の記事については、「<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-」の概要を参照ください。


天地(あまち)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 16:29 UTC 版)

いちご100%」の記事における「天地(あまち)」の解説

高1のころ、泉坂高校転校してきた、綾に運命感じた真中ライバル。泉坂に引っ越してきたしてきた日に綾に一目ぼれする。

※この「天地(あまち)」の解説は、「いちご100%」の解説の一部です。
「天地(あまち)」を含む「いちご100%」の記事については、「いちご100%」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「天地」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

天地

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 09:02 UTC 版)

名詞

てんち

  1. 天と地
  2. 天の方向と地の方向
  3. 人間生活活動する世界
  4. や紙、荷物などの上と下。
  5. あめつち 参照

発音(?)

て↘んち

関連語

人名

天 地(あまち)

  1. 日本人のひとつ。

「天地」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



天地と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「天地」の関連用語

1
100% |||||

2
98% |||||

天地のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



天地のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天地 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのぱわふる☆チアーズ!! (改訂履歴)、フォーオナー (改訂履歴)、どことなくなんとなく (改訂履歴)、<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- (改訂履歴)、いちご100% (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの天地 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS