森羅万象とは?

Weblio 辞書 > 成句の検索 > 四字熟語 > 動物 > 動物 > 森羅万象の意味・解説 

森羅万象

読み方:しんらばんしょう

森羅万象とは、森羅万象の意味

森羅万象とは、存在しているありとあらゆる物事現象という意味のこと。わかりやすく説明すると、この宇宙存在する全部ということである。森羅万象の「森羅」とは、木々重なり、生い茂っている様子指しており、「万象」は、あらゆるものを意味する。この二つの用語を組み合わせることにより、大地覆いつくす木々のように、この世存在するあらゆるものがどこまでも無限にがってい様子、が語源である。英語表現は everything や all などが挙げられる。

森羅万象の対義語、類語

森羅万象の対義語有象無象が挙げられる。また、類語万有天地宇宙等などである。

森羅万象の例文、使い方

「森羅万象そのほどを得たらん人こそ、よく馴れ、よく修行なさば、真の大通にもいたるべし」といった例からもわかるように、森羅万象という言葉多様な和歌等で用いられてきた。現代文例文としては、「私たちは森羅万象を考慮して行動なければいけない」「人の悩みは森羅万象のように絶えない」などの使い方がある。

森羅万象という言葉壮麗なだけに、使いどころ見極める必要性がある。多様し過ぎると陳腐印象与えてしまうこともあるので注意が必要である。森羅万象は宇宙とほぼ同義といって良く両者の用語を見極め使い方をしっかり理解することが大事になるまた、宇宙あらゆるものを表す森羅万象は、仏教絵画素材になることも多い。その代表例が曼陀羅であり、森羅万象という言葉がよく視覚化されている。


森羅万象

読み方:しんらばんしょう

森羅万象とは、森羅万象の意味

森羅万象とは、宇宙に数限りなく存在する、ありとあらゆる物事現象のこと。すなわち、この世存在するすべてのことを意味する。

森羅万象の語源

森羅万象の語源は、言葉成り立ちからひもとける。森羅万象は「森羅」「万象」の2つ言葉成り立っている。「森羅」は「たくさんの樹木が茂って並ぶさま」を表すのが原義であり、転じて「数限りなく並ぶ連なるもの」の意となり、さらに「万物」の意を表すようになった。「万象」はすべての形あるものの意で、転じて「あらゆる現象」を表す。「万象」は「ばんぞう」「まんぞう」とも読み鎌倉時代では「しんらまんぞう」という読み方一般的だった。「森羅」「万象どちらもあらゆるもの」「あらゆる現象」という同じような意味を持つ類語形成された四字熟語である。森羅万象は「法句経ほっくきょう)」という仏典由来する。

森羅万象の英語表現

森羅万象を英語で表現すると、all things in the universe宇宙にあるすべてのもの)やall natureすべての自然のもの)が当てはまる。all things in the universe におけるuniverse宇宙という意味を表し、森羅万象の意味に含まれる宇宙を示す言葉として適当である。all 以外にも、everything という単語も森羅万象の「すべて」「あらゆる」という意に沿った単語である。everything in the world世界中すべてのもの)もしくは everything in the universe宇宙すべてのもの)という表現が森羅万象を表す。形式ばった表現では、nature(自然)と表現されることもある。森羅万象の解釈により英訳表現異なりそれぞれに応じた表現当てはめられる。

森羅万象の類義語

森羅万象の類義語には、「有象無象」「一切合切」「諸事万端」「天地万物」がある。有象無象は「有形無形のすべて」を意味し、森羅万象と共通の意味を持つ。ただし、同時に有象無象は、「数は多いが、雑多くだらない人や物」という人や物をおとしめる否定的ニュアンスを含む意味での使い方が多い。森羅万象にはこうした否定的ニュアンスはないため、森羅万象の類語として使用する際はどういった文脈使用されているのか吟味する必要がある

一切合切は、「何もかもすべて」を意味する。「一切」「合切」ともに「残らずみな」を意味し同意言葉重ね意味を強め四字熟語である。森羅万象と同じくあらゆるもの全てを意味するが、森羅万象はより世の中広く大きくとらえる場合使用されることが多く、特に科学宗教哲学分野でよく使われる。一切合切場合何もかも残らずすべて、という意味から「何でもかんでも」といった意味が際立ち、節操のない印象与える。

諸事万端は「さまざまな事柄すべて」という意味を持つ四字熟語である。言葉の意味としては森羅万象と同じだが、用法において諸事万端は「整える」という言葉が続くことが多く、主に事前準備抜かりなく行う意味が強い。天地万物は「天と地の間にあるすべて」を意味する。森羅万象は、人間の手の届かない部分にまで及ぶこの世のすべて、という神や宗教的概念も含むことが多くこうした意味における類語として、天地万物は最も意味が近いものである

森羅万象の語を使った例文、使用例



例文見て分かるように、森羅万象は自然や科学宗教思想との親和性が高い。「この世あらゆるものすべて」という意味に加え、「目に見えるものも目に見えないものこの世にはある」という神秘的意味合いも含まれていることが分かる

森羅万象

読み方:しんらばんしょう

森羅万象とは

森羅万象は、存在するすべてのものを指す語句である。この世にある万物事象表現する際に使用する。森羅万象は森羅万象組み合わさっているのが特徴だ。森羅樹木が連なって生い茂るさまの意で、無数に並んでいる様子を表す言葉だ。また森羅自体天地の間に存在するあらゆるものという意味を持ち合わせている。万象は、様々な形、形のあるすべての物という意味だ。

森羅万象の由来・語源

森羅万象は、仏典である「法句経ほっくきょう)」に由来しているのがポイントだ。森羅万象はもともと仏教由来する言葉である。法句経には「参羅及万像一法之所レ印」と書かれている万象は「ばんしょう」と読まれるのが一般的だが、「ばんぞう」や「まんぞう」と読まれることもある。またキリスト教徒であるイエズス会の「日葡辞書」にも使用され、「御主デウス森羅万象ヲツクリタマウ」とも記されている。

森羅万象の語の使い方や例文

森羅万象は、この世存在する一切のものを表現する際に使用する。例文としては「非常に嬉しく、森羅万象のすべての物に感謝したい」や「森羅万象に想い馳せれば、自分悩みなど小さなことだと気づくだろう」といった使い方をする。スケール大きな言葉なので多用すると、逆に真実味薄れることがあるので注意したい。同じく使いどころ間違えると大げさで、仰々しくなってしまうこともあるため、その点にも注意が必要だ。

森羅万象の類語と使い分け方

森羅万象の類語には有象無象天地万物一切合切などが挙げられる。有象無象は形ある物と形のない物すべてを意味する。しかし、有象無象には数が多いだけで役に立たない人や物に対して使用されるケース多く、ややネガティブニュアンスがある。そのため肯定的ニュアンス使用されることが多い森羅万象とは、しっかりとした使い分けが必要だ。天地万物は森羅万象と同じく天地の間に存在するすべての物」を表す際に使用する。天地万物は森羅万象に最も意味が近く置きかえることが可能な言葉である。一切合切は「ありとあらゆるものすべて」の意を持つ語句だ。 「残らずすべて」という意味を持つ一切合切二つの言葉組み合わさっている。このように同じ意味の言葉重ねることで、より意味を強調しているのが特徴だ。語句印象として一切合切は、細かいこと構わずなんでも全部といったニュアンスを含むので、やや乱暴な印象もある。

森羅万象の英語

森羅万象を英語で表現すると、everythingが適している。everythingは「すべてのもの」「あらゆるもの」をあらわす単語だ。

しんら‐まんぞう〔‐マンザウ〕【森羅万象】

しんらばんしょう(森羅万象)」に同じ。

御主(あるじ)デウス—ヲツクリタマウ」〈日葡


しんら‐ばんしょう〔‐バンシヤウ〕【森羅万象】

[1754〜1809]江戸後期狂歌師戯作者医師江戸の人。本名森島中良、のち桂川甫斎。通称、甫粲(ほさん)。狂号、竹杖為軽(たけづえのすがる)。平賀源内門人で、2世風来山人と称した。洒落本田舎芝居」など。しんらまんぞう


しんら‐ばんしょう〔‐バンシヤウ〕【森羅万象】

宇宙存在する一切のもの。あらゆる事物現象しんらまんぞう

[補説] 人名別項。→森羅万象


しんら‐ばんしょう ‥バンシャウ 【森羅万象】

1 〔名〕 宇宙間に数限りなく存在するいっさい物事しんらばんぞうしんらまんぞう

洒落本契情買虎之巻(1778)一「森羅万象(シンラバンシャウ)そのほどを得たらん人こそ、よく馴れ、よく修行なさば、真の大通にもいたるべし」

2

[一] 江戸後期戯作者狂歌師桂川甫粲(かつらがわほさん)の別号

[二] 江戸後期狂言師戯作者別号七珍万宝(しっちんまんぽう)。天保二年(一八三一)没。


しんら‐ばんぞう ‥バンザウ 【森羅万象】

〔名〕 (「ばん」は「」の漢音。「ぞう」は「象」の呉音) =しんらばんしょう(森羅万象)(一)

造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉一「凡そ天地覆載の間だ森羅万象(シンラバンザウ)(〈注〉メニミヘミミニキク)、事々物々、一として奇妙ならざる無し


しんら‐まんぞう ‥マンザウ 【森羅万象】

〔名〕 (「まん」「ぞう」はそれぞれ」「象」の呉音) =しんらばんしょう(森羅万象)(一)

正法眼蔵123153法性「この森羅万象と法性と、はるかに同異の論を超越せり」

日葡辞書(1603‐04)「ヲンアルジ デウス xinra(シンラ) manzǒuo(マンザウヲ) ツクリ タマウ


森羅万象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/05 10:32 UTC 版)

森羅万象(しんらばんしょう、しんらばんぞう、しんらまんぞう)は、あらゆる現象[1]宇宙存在する一切のもの[2]。「森羅」は樹木が限りなく茂り並ぶことであり、「万象」は万物やあらゆる現象[1]。なお、「宇宙」はあらゆる存在を包容する無限空間時間の広がり、及び宇宙空間を指す[3]




「森羅万象」の続きの解説一覧

森羅万象

出典:『Wiktionary』 (2018/03/31 20:20 UTC 版)

名詞

しんらばんしょうしんらまんぞう

  1. 宇宙存在する一切のもの。あらゆる事物現象

発音

し↘んらばんしょ
し↘んら ば↗んしょー



森羅万象と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「森羅万象」の関連用語

森羅万象のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



森羅万象のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの森羅万象 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの森羅万象 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS