際立とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 際立の意味・解説 

きわ‐だ・てる きは‥ 【際立】

〔他タ下一〕 [文]きはだ・つ 〔他タ下二〕 他との区別著しくなるようにする。目だつようにする。

古活字本荘子抄(1620頃)八「遙物の理はどこか限ともなし。きわたてて問はば不可也」


きわ‐だ・つ きは‥ 【際立】

〔自タ五(四)〕 他との区別著しく、はっきりしている。目だつ顕著である。きわが立つ。

杜詩続翠抄(1439頃)三「たつべい月日きはたっていく也」

評判記色道大鏡(1678)二「額の至極は、をのれなりにきはたたずして、鬂(びん)さきのみ、きしりととりまはしたるを最上とす」


際立

読み方:キワダテ(kiwadate)

はっきりと目立つようにすること。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「際立」の関連用語

際立のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



際立のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS