見えとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 建材 > 見え > 見えの意味・解説 

ま‐みえ【目見え/見え】

まみえること。謁見(えっけん)。

昨日—に来たる女は全くの田舎ものとも見えず」〈鉄腸花間鶯


みえ【見え/見栄/見得】

動詞「みえる」の連用形から。「見栄」「見得」は当て字

見た目外観。みば。「—を飾る」

見栄見た目の姿を意識して、実際以上によく見せようとする態度。「—で英字新聞を読む」

見得歌舞伎演技演出の一。俳優が、感情高揚した場面で、一瞬動き停止して、にらむようにして一定のポーズをとること。


みえ【見・見栄・見得】

〔名〕 (動詞「みえる(見)」の連用形名詞化

① (見) 見えること。見えるさま。見た目。みば。

役者論語(1776)耳塵集小足にあるき、度々刀を杖につくは見へあしく」

② (見栄) (他人によく見られるように)うわべを飾ること。他人の目を気にして不相応体裁をつくろうこと。

洒落本辰巳之園(1770)自序「『どこへなりと行ますべい』『そんならもっと、身重(ミヘ)をして来やうものを』」

五重塔(1891‐92)〈幸田露伴〉一「さりとは外見(ミエ)を捨て堅義自慢にした身の装り方」

③ (見得歌舞伎で、役者感情または動作高揚頂点達した時、一瞬動き停止して、あるポーズをつくる演技

歌舞伎韓人漢文手管始唐人殺し)(1789)一「とど宜しく有て、伝七、急度見へに成る」

歌舞伎脚本で、単に様子・姿の意にも用いる。

歌舞伎韓人漢文手管始唐人殺し)(1789)四「妾めいたる形にて〈略〉、此着物を縫てゐる見へにて」


見え

読み方:みえ

ヤ行下二段活用動詞見ゆ」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの
見ゆ」の口語形としては、ヤ行下一段活用動詞「見える」が対応する。

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



見えと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「見え」の関連用語

見えのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



見えのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS