身なりとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 身なりの意味・解説 

身なり

読み方:みなり

服装その人ファッションなどのこと。「身なりを整える」などと使う。「身形と書く。

み‐なり【身形】

読み方:みなり

衣服をつけた姿。また、その服装。「きちんとした—」「—を構わない

からだのかっこうからだつき

「—はだつき細やかに美しげなるに」〈源・胡蝶


身なり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 17:17 UTC 版)

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン」の記事における「身なり」の解説

身長は165cm前後当時西洋人としては中背ながら、筋肉質がっしりとした体格をしていた。フォン・ベルンハルト夫人は「背が低く醜く赤いあばた顔をした不器用な男。髪は真っ黒で、顔の周りもじゃもじゃ垂れ下がっていた」と軽蔑的に述べている。肌は浅黒く天然痘瘢痕あったとされるが、肖像画銅像ライフマスク近年明らとなった多彩な女性関係などから容貌美男とは言えないものの、さほど悪くなかったではないかと思われる表情豊か生き生きした眼差し人々強い印象与え多くの崇拝者がいた。基本的に服装には無頓着であり、若いころには着飾っていたものの、歳を取ってからは一向に構わなくなった。フォン・ベルンハルト夫人は「服はとても平凡で当時流行とさほど違いはなかった」と回顧録記している弟子ツェルニー初めベートーヴェン会ったとき、「ロビンソン・クルーソーのよう」「黒い髪の毛は頭の周りもじゃもじゃ逆立っている」という感想を抱いたと言われる。また作曲夢中になって無帽で歩いていたため、浮浪者誤認逮捕されてウィーン市長が謝罪する珍事起こった部屋の中は乱雑であった一方入浴洗濯を好むなど綺麗好きであったと言われる。また生涯少なくとも60回以上引越し繰り返したことも知られている当時ウィーンではベートーヴェン変わり者であることを知らない者はいなかったが、それでもほかのどんな作曲家よりも敬愛されており、それは盛大な葬儀多数参列者描いた書画からも伺える。しかし、「ベートーヴェン変人説」も、メッテルニヒ政権によるデマであるとする見解もある。 潔癖症で手を執拗に洗うところがあった。 性格矛盾と言っても差し支えのない正反対側面があった。人付きあいにおいて、ことのほか親切で無邪気かと思えば厳しく冷酷で非道な行動に出るなどと気分揺れ激しかった親しくなると度が過ぎた冗談を口にしたり無遠慮な振る舞い見せたりすることが多かったため、自分本位野蛮で非社交的という評判であったとされている。これもどこまで真実なのかは定かではないが、ピアノソナタ・ワルトシュタインや弦楽四重奏曲大フーガつきの出版に際して出版社の「カット命令には律儀に応じている。癇癪持ちであったとされ、女中女性)に物を投げつけるなど、しばしば暴力的な行動に出ることもあったという。師ハイドンに、楽譜に「ハイドン教え子と書くよう命じられたときは、「私は確かにあなたの生徒だったが、教えられたことは何もない」と突っぱねたパトロンカール・アロイス・フォン・リヒノフスキー侯爵には、「侯爵よ、あなたが今あるはたまた生まれそうだったからに過ぎない。私が今あるのは私自身努力によってである。これまで侯爵は数限りなくいたし、これからももっと数多く生まれるだろうが、ベートーヴェンは私一人だけだ!」と書き送っている。(1812年このような「場をまったくわきまえない発言の数々メッテルニヒ政権成立後に仇となり、大編成の委嘱遠ざかるまた、後援者リヒノフスキー家に下宿している際に正餐のために毎日4時集まるように言われると、それを断り、「毎日三時半に家に帰り、服を着替え、髭を剃ったしなくてはならないのか?まっぴらごめんだ!」とヴェーゲラー述べている。 テプリツェゲーテとともに散歩をしていたところ、オーストリア皇后大公一行遭遇した際も、ゲーテ脱帽最敬礼をもって一行見送ったに対しベートーヴェン昂然として頭を上げ行列横切り大公らの挨拶受けたという。のちにゲーテは「その才能には驚くほかないが、残念なことに不羈奔放な人柄だ」とベートーヴェン評している。 交響曲第5番冒頭について「運命このように戸を叩く」と語ったことや、ピアノソナタ第17番が“テンペスト”と呼ばれるようになったいきさつなど、伝記語られるベートーヴェン逸話は、自称ベートーヴェン無給秘書」のアントン・シンドラー著作よるものが多い。しかし、この人物はベートーヴェンの死後、ベートヴェン資料破棄した改竄加えたりしたため現在ではそれらの逸話にはあまり信憑性認められていない聴覚喪失しながらも音楽家として最高の成果をあげたことからロマン・ロランをはじめ、彼を英雄視神格化する人々多く生まれた死後、「不滅の恋人宛に書かれ1812年の手紙が3通発見されており、この「不滅の恋人」が誰であるかについては諸説ある。テレーゼ・ブルンスヴィックその妹ヨゼフィーネ・ブルンスヴィックなどとする説があったが、現在ではメイナード・ソロモンらが提唱するアントニー・ブレンターノクレメンス・ブレンターノらの義姉当時すでに結婚し4児の母であった)説がもっと有力である。しかし、「秘密諜報員ベートーヴェンのようなこれらの定説覆す新たな研究生まれている。これらは氷山の一角過ぎず20 - 30代ピアニストとして一世を風靡していたころは大変なプレイボーイであり、多くの女性との交際経験があった。この行動模倣した人物に、後年フランツ・リストがいる。 メトロノーム価値認め初め活用した音楽家だといわれている。積極的に数字書き込んだために、後世演奏家にとって交響曲第9番やハンマークラヴィーアソナタのメトロノーム記号については、多くの混乱生まれている。彼はイタリア語ではなく母語ドイツ語速度表示行った最初の人物である。この慣習の打破はあまり歓迎されず、多くの当時作曲家速度表示にはイタリア語用い本人短期間でイタリア語戻している。 パン生卵入れて煮込んだスープや、魚料理肉料理茹でたてマカロニチーズ和えたものが大好物であった。またワイン嗜み銘柄安物トカイワイン好んでいた。父親に似て大の酒好きであった。 コーヒーは必ず自ら豆を60数えて淹れたという。

※この「身なり」の解説は、「ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン」の解説の一部です。
「身なり」を含む「ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン」の記事については、「ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン」の概要を参照ください。


身なり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/22 18:30 UTC 版)

山岡士郎」の記事における「身なり」の解説

出社時は常に喪服類似する黒のスーツ・黒のネクタイで、初期サスペンダー着用しており、ネクタイもかなり緩めである。初期休日海釣り山歩きにまで黒のスーツ・黒のネクタイで来ていた。その事ゆう子に「同じ服ばっかり」とからかわれ事もある。現在はプライベートでは私服である。

※この「身なり」の解説は、「山岡士郎」の解説の一部です。
「身なり」を含む「山岡士郎」の記事については、「山岡士郎」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「身なり」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「身なり」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

身なりのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



身なりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン (改訂履歴)、山岡士郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS