西洋人とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 西洋人の意味・解説 

せいよう‐じん〔セイヤウ‐〕【西洋人】

読み方:せいようじん

欧米諸国の人。欧米人


西洋

(西洋人 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 00:23 UTC 版)

西洋(せいよう、: the West、Occident)は、東洋(the East, Orient、オリエント)の対概念。歴史的にはユーラシア大陸の西端と東端に数千年にわたる二つの文化圏が存在し、現代日本語では二つの文化圏を西洋と東洋という概念で表現する[1]。一方、中国では歴史学の東西比較研究がテーマとなる場合、西洋と東洋という表現の代わりに西方東方と表現する[1]


  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 佐藤正幸. “明治初期の英語導入に伴う日本語概念表記の変容に関する研究”. 山梨県立大学. 2020年1月18日閲覧。
  2. ^ kotobank 「洋」
  3. ^ weblio 「洋」
  4. ^ kotobank 「西洋」
  5. ^ kotobank ブリタニカ国際大百科事典 「東洋」
  6. ^ kotobank 世界大百科事典 「東洋」
  7. ^ エドワード・サイード 『オリエンタリズム』(下) 今沢紀子訳、平凡社〈平凡社ライブラリー〉、1993年、306頁など


「西洋」の続きの解説一覧

西洋人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/01 00:29 UTC 版)

新暗行御史」の記事における「西洋人」の解説

いずれもプリティニカ帝国出身ルシード・フォン・マルレーネ甲山(チルガプサン)(後の古倶慮(コグリョ))マーク大佐と共に侵略した西洋軍の剣士妖怪・悪葬る程の腕前持ち山道戦い引き分けたその後、国には帰らず居残っていた。使用する剣技文秀授けたと思われる後に阿志泰との最終決戦居合わせガリマール転移した阿志泰背後から不意打ち一撃葬ったハトゥ マルレーネ付き人文秀とも面識あり、かつて文秀西洋訪れた際に通訳をしていた。山道との戦いマルレーネ庇い山道斬られるルシード・フォン・ユリアース ルシード・フォン・マルレーネの父、王室近衛隊長。かつてウィンザー女王命により文秀窮地救った後に阿志泰との最終決戦駆けつけるウィンザー女王 プリティニカ帝国女王パーティ会場西洋訪れた文秀桂月香恋仲気づいており進展させる発言をする茶目っ気がある。外交相手解慕漱とも縁が深い

※この「西洋人」の解説は、「新暗行御史」の解説の一部です。
「西洋人」を含む「新暗行御史」の記事については、「新暗行御史」の概要を参照ください。


西洋人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/07 02:51 UTC 版)

熱血同行」の記事における「西洋人」の解説

メアリー 演 - 馬澤涵 / 声 - 閆萌萌 イギリス遠東会社の代表。イギリス生まれイギリス人養父育てられた社長令嬢。崇利明の留学時代恋人

※この「西洋人」の解説は、「熱血同行」の解説の一部です。
「西洋人」を含む「熱血同行」の記事については、「熱血同行」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「西洋人」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

西洋人

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 10:22 UTC 版)

名詞

西 せいようじん

  1. 西洋の人。欧米の人。

類義語

翻訳


「西洋人」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



西洋人と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

西洋人のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



西洋人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの西洋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの新暗行御史 (改訂履歴)、熱血同行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの西洋人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS