アスコットタイとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 服飾 > 衣服 > ネクタイ > アスコットタイの意味・解説 

アスコットタイ

フロックコートモーニングコートなど、昼間のメンズ正礼装に用いる幅広ネクタイ。結んだ形が(せみ)に似ていることからネクタイとも呼ばれ、着用時にはスティックピン(長い針状ピン)を用いる。

アスコット・タイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/07 14:50 UTC 版)

アスコット・タイ(Ascot tie)とは、フロックコートモーニングコートの昼間の男性の第一礼装に用いる幅広の蝉型ネクタイである。素材はスピットルフィールドなる厚手の紋織絹が用いられ、無地もある。自分で結ぶ物が普通だが、結び切りの物もある。モードとしてのアスコット・タイの登場は1876年になってから。[1]パール状のネクタイピンを使用する。




  1. ^ 1991年11月20日 婦人画報社書籍編集部発行 男の服飾事典282ページ
  2. ^ アスコットタイの結び方 - ozie(オジエ)
  3. ^ ネクタイ - タキシード会議


「アスコット・タイ」の続きの解説一覧



アスコットタイと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アスコットタイ」の関連用語

アスコットタイのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アスコットタイのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウエディングパークウエディングパーク
© copyright 2019 WeddingPark, Ltd.
ウエディングパークウエディングパーク 結婚用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアスコット・タイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS