蝉とは? わかりやすく解説

せび【×蝉】

読み方:せび

「せみ」に同じ。〈新撰字鏡


せみ【×蝉】

読み方:せみ

半翅(はんし)目セミ科昆虫総称。翅(はね)は膜質で透明。頭部三角形両側複眼その間単眼が3個あり、管状口吻(こうふん)をもち、樹液を吸う。雄は腹部発音器をもち、樹幹などで鳴く幼虫地中木の根の汁を吸って育ち数年ののち地上出て成虫になる日本にはアブラゼミ・ニイニイゼミ・ヒグラシ・クマゼミ・ミンミンゼミ・ツクツクボウシなど32種が知られる。《 夏》「閑(しづ)かさや岩にしみ入る—の声/芭蕉

帆柱の上端または長いさおの先などにつけて、綱を掛けて、高い所に物を引き上げるのに用い小さ滑車せみぐちせみもと

雅楽に使う横笛部分の名。吹き口と頭(かしら)の中間の背面を約1センチ切り取って蝉形の木片はめこんだもの。

蝉の画像
(2)

せん【×蝉】

読み方:せん

人名用漢字] [音]セン(漢) [訓]せみ

[一]セン

昆虫の名。セミ。「蝉蛻(せんぜい)/寒蝉秋蝉

連なって美しい。「蝉鬢(せんびん)」

[二]〈せみ(ぜみ)〉「蝉時雨(せみしぐれ)/油蝉

[補説] 人名用漢字表戸籍法の字体は「蟬」。


作者佐伯正博

収載図書薔薇その他
出版社日本図刊行
刊行年月1986.9
シリーズ名トレビ文庫


作者青柳士郎

収載図書錦鯉の里
出版社健友館
刊行年月2001.2


作者滝川麻紀

収載図書
出版社文芸社
刊行年月2001.7


作者岩本和博

収載図書プールのジョン
出版社牛の会
刊行年月2007.3
シリーズ名ライブラリー


作者松山巌

収載図書猫風船
出版社みすず書房
刊行年月2007.6


作者勢成太

収載図書千葉県知事―珍次元ズッコケ創作第3巻
出版社文芸社ビジュアルアート
刊行年月2008.3


作者ラフカディオ・ハーン

収載図書蝶の幻想
出版社築地書館
刊行年月1988.9


作者堀口大学

収載図書ちくま文学 9 怠けものの話
出版社筑摩書房
刊行年月1989.3


作者山田詠美

収載図書現代小説 1991
出版社徳間書店
刊行年月1991.5

収載図書晩年の子供
出版社講談社
刊行年月1991.10

収載図書晩年の子供
出版社講談社
刊行年月1994.12
シリーズ名講談社文庫


作者本吉晴夫

収載図書告発
出版社三樹書房
刊行年月1991.5

収載図書告発―ある医師悲しみ
出版社三樹書房
刊行年月1995.6


作者牧野信一

収載図書牧野信一作品集
出版社沖積舎
刊行年月1993.8

収載図書牧野信一全集 第2巻 大正13年1月大正15年7月
出版社筑摩書房
刊行年月2002.3


作者登史草兵

収載図書夢見る妖虫たち―妖異繚乱
出版社北宋
刊行年月1994.9

収載図書幻想小説大全鳥獣虫魚
出版社北宋
刊行年月2002.1



作者坂口安吾

収載図書坂口安吾全集 01
出版社筑摩書房
刊行年月1999.5


読み方:せみ

  1. 甲斐絹一切。〔第七類 雑纂
  2. 甲斐絹類を云ふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:セミsemi

夏の代表的昆虫セミ科昆虫総称。雄は腹面発音器をもち、それにより鳴く

季節

分類 動物


読み方:セミsemi

作者 大木実

初出 昭和56年

ジャンル 詩集


読み方:セミsemi

作者 葛原繁

初出 昭和30年

ジャンル 歌集


セミ

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/24 23:06 UTC 版)

セミ(蟬・蝉)は、カメムシ目(半翅目)・頸吻亜目・セミ上科(Cicadoidea)に分類される昆虫の総称。「鳴く昆虫」の一つとして知られる。


  1. ^ a b c 吉澤和徳・山崎柄根・篠原明彦「六脚亜門分類表」『節足動物の多様性と系統』石川良輔編、岩槻邦男・馬渡峻輔監修、裳華房、2008年、426-437頁。
  2. ^ Cicadidae Latreille, 1802” (英語). ITIS. 2013年8月23日閲覧。
  3. ^ 国立国会図書館. “セミは夜も鳴くのか知りたい。” (日本語). レファレンス協同データベース. 2019年8月8日閲覧。
  4. ^ 読売テレビ ニューススクランブル 「今年はセミが大発生!?セミの謎に迫る」(2007/8/3)
    アーカイブされたコピー”. 2007年9月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年8月20日閲覧。
  5. ^ セミについてのあれこれ - エフシージー総合研究所 IPM研究室 研究員オダの環境レポート、2014年8月4日
  6. ^ 子供に必ず一度は「セミが羽化する瞬間」を見せたほうがいい理由 - 青山潤三、現代ビジネス、2018年8月18日
  7. ^ セミ成虫の寿命1週間は俗説! - 山陽新聞、2019年6月19日
  8. ^ 野鳥の異常行動・怪死相次ぐ 目が腫れ上がり、人を恐れず...米” (日本語). Newsweek日本版 (2021年7月1日). 2021年7月8日閲覧。
  9. ^ セミが大発生した米国では「セミの食べ方」を紹介するメディアが続々と…”. クーリエ・ジャポン (2021年6月2日). 2022年4月9日閲覧。
  10. ^ a b 『日本薬局方外生薬規格1989』増補版、薬時日報社、1997年、p44、ISBN 4-8408-0458-3(『局外生規』では、項目名を「センタイ:蝉退」とし「ゼンタイ」を正名とすることを許容している)。
  11. ^ a b 蝉退(ぜんたい)”. 生薬辞典. Kampo view. 2010年12月3日閲覧。
  12. ^ 『信州の民間薬』全212頁中19頁医療タイムス社昭和46年12月10日発行信濃生薬研究会林兼道編集
  13. ^ 米で発生の17年ゼミ、甲殻類アレルギーの人は食べないで!FDA 時事通信
  14. ^ @US_FDA. "Don't eat #cicadas if you're allergic to seafood as these insects share a family relation to shrimp and lobsters. go.usa.gov/xHg69" (ツイート). Twitterより2021年6月3日閲覧


「セミ」の続きの解説一覧

蝉(せみ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/31 14:13 UTC 版)

魔王 JUVENILE REMIX」の記事における「蝉(せみ)」の解説

ナイフ使い殺し屋今時若者精神的に幼い部分もあるが、殺人仕事ぶりプロ死に関してはドライな考えを持つベラベラうるさくしゃべる様子本当に「蝉」のようだと言われている。岩西の下で殺ししており自分岩西操り人形なのではないかという強迫観念にも近い不安を持っている。

※この「蝉(せみ)」の解説は、「魔王 JUVENILE REMIX」の解説の一部です。
「蝉(せみ)」を含む「魔王 JUVENILE REMIX」の記事については、「魔王 JUVENILE REMIX」の概要を参照ください。


蝉(せみ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 09:47 UTC 版)

グラスホッパー (小説)」の記事における「蝉(せみ)」の解説

ナイフ巧みに扱う殺し屋痩身猫のように機敏な茶髪青年で、蝉の異名通り口煩い女子供でも平気で殺せる殺し屋斡旋を行う岩西部下で、彼を疎ましく思っており、ガブリエル・カッソ(注:架空の映画監督)の映画抑圧』の主人公自分重ね現状悲観している。

※この「蝉(せみ)」の解説は、「グラスホッパー (小説)」の解説の一部です。
「蝉(せみ)」を含む「グラスホッパー (小説)」の記事については、「グラスホッパー (小説)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「蝉」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/07/30 22:23 UTC 版)

発音(?)

  1. せみ) カメムシ目半翅目(wp)頸吻亜目セミ上科分類される昆虫総称

派生語

  • (せみ)─
  • (せん、ぜん)─
  • (せみ、ぜみ)
  • (せん、ぜん)

成句


出典:『Wiktionary』 (2016/07/29 14:06 UTC 版)

発音(?)




※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「蝉」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



蝉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのセミ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの魔王 JUVENILE REMIX (改訂履歴)、グラスホッパー (小説) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS