薬用とは? わかりやすく解説

やく‐よう【薬用】

読み方:やくよう

として用いること。「—クリーム

用いて治療すること。

浪子は—に運動細かに医師(いしゃ)の戒(いましめ)を守りて」〈蘆花不如帰


生薬

(薬用 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/18 05:07 UTC 版)

生薬(しょうやく、きぐすり、: Crude drug)とは、天然に存在する薬効を持つ産物を、そこから有効成分を精製することなく、体質の改善を目的として用いる薬の総称。生薬の大半は植物由来のものであるが、動物や鉱物などに由来するものもある[1]。世界各地の伝統医学で多くの生薬が用いられている。


  1. ^ a b 漢方ですこやか生活 日本漢方製薬製剤協会、2019年9月21日閲覧。
  2. ^ a b 花輪寿彦 2003, pp. 286–288.
  3. ^ a b c 馬場篤 1996, p. 4.
  4. ^ a b c d 陳維華ほか原著、木村郁子ほか翻訳『薬対論』南山堂、2019年、2頁
  5. ^ 小山幸伸「薬種」『日本歴史大事典 3』小学館2001年
  6. ^ “【厚労省】西洋ハーブ製剤の承認申請‐海外データ活用を容認”. 薬事日報. (2007年3月28日). http://www.yakuji.co.jp/entry2615.html 2015年10月1日閲覧。 
  7. ^ 第43回生薬分析シンポジウム食品と医薬品の境界
  8. ^ DNA配列情報を利用したブラックコホシュ国内市場品の基原鑑別
  9. ^ 富山大学和漢医薬学総合研究所民族薬物研究センター民族薬物資料館
  10. ^ ニホンドウ漢方ミュージアム 博物館ななめ歩き - 文化庁広報誌 ぶんかる”. www.bunka.go.jp. 2022年2月12日閲覧。
  11. ^ Hello! TSUMURA バーチャル漢方記念館を公開いたしました”. www.tsumura.co.jp. 2022年2月12日閲覧。
  12. ^ オランウータンはお医者さん〜日経サイエンス2018年7月号より - 日経サイエンス”. www.nikkei-science.com. 日経サイエンス (2018年6月8日). 2022年2月10日閲覧。
  13. ^ 野生チンパンジー薬草利用研究:成果と展望 著:ハフマン・マイケルA doi:10.2354/psj.9.2_179
  14. ^ Bakalar, Nicholas (2022年2月7日). “Chimps Catch Insects to Put on Wounds. Is It Folk Medicine?” (英語). The New York Times. 2022年2月10日閲覧。
  15. ^ “Nutrition or Detoxification: Why Bats Visit Mineral Licks of the Amazonian Rainforest”. PLOS ONE 3 (4): e2011. (2008). doi:10.1371/journal.pone.0002011. http://www.plosone.org/article/fetchObject.action?uri=info:doi/10.1371/journal.pone.0002011&representation=PDF. 



薬用(中国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 05:35 UTC 版)

冬虫夏草」の記事における「薬用(中国)」の解説

古来より中国では、セミ幼虫寄生して生じた「嬋花」が小児夜泣きなどに使用されていた。

※この「薬用(中国)」の解説は、「冬虫夏草」の解説の一部です。
「薬用(中国)」を含む「冬虫夏草」の記事については、「冬虫夏草」の概要を参照ください。


薬用(日本)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 05:35 UTC 版)

冬虫夏草」の記事における「薬用(日本)」の解説

冬虫夏草エキスは、生体組織におけるATP効率的な生産可能にし、生体全機能の向上改善寄与する考えられている。毒性作用認められていない冬虫夏草菌類から免疫抑制物質発見され、それをもとにした創薬期待されている。冬虫夏草摂取によって、陸上競技男子長距離選手身体的コンディション好影響与えることが示唆された。 日本では、オオコウモリガは自然界には棲息せず、子嚢菌門核菌綱ボタンタケ目バッカクキン科として冬虫夏草属があり、この属に属すキノコ類総称としてひろく冬虫夏草と呼ぶ用法が行われている。 日本漢方界(薬学分野)では、「冬虫夏草」の呼称を、中国倣い、オオコウモリガに寄生するO. sinensisのみに限定する用法とともにはばひろく冬虫夏草属Cordyceps)のやスチルベラ科(Stilbellaceae)などのも含む、昆虫寄生して発生する麦角菌類の総称として用い用法が行われている。対して日本菌学分野では、冬虫夏草呼称総称として用い傾向にあり、O. sinensisは「シネンシストウチュウカソウ」という和名で呼ぶことが多い。 日本漢方製薬会社がO. sinensisの人工栽培成功し熊本県天草市ほかで生産されているほか、O. sinensis以外の人工栽培行っている企業もある。

※この「薬用(日本)」の解説は、「冬虫夏草」の解説の一部です。
「薬用(日本)」を含む「冬虫夏草」の記事については、「冬虫夏草」の概要を参照ください。


薬用(民間療法)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 17:02 UTC 版)

テーブルビート」の記事における「薬用(民間療法)」の解説

古代ローマ人は、テーブルビートを含むビート発熱便秘などの治療用いたローマ美食家アピキウス著書料理について』(De Re Coquinaria)に書かれている便秘効果がある5種類スープのうちの3種類にはビート含まれている。ヒポクラテスは、ビート傷口にあてることを奨励した古代ローマ時代から、ビート絞り汁催淫効果があると考えられてきた。ビートヒト性ホルモン合成重要な元素ホウ素多く含む。 中世から、ビート消化器系から血液系の病を治療するのに用いられてきた。15世紀イタリア科学者バルトロメオ・プラティナ(英語版)はニンニク臭を消すために、ビートニンニク一緒に食べることを奨励している。

※この「薬用(民間療法)」の解説は、「テーブルビート」の解説の一部です。
「薬用(民間療法)」を含む「テーブルビート」の記事については、「テーブルビート」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「薬用」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「薬用」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「薬用」の関連用語

1
100% |||||

2
96% |||||


4
92% |||||

5
92% |||||

6
92% |||||

7
76% |||||


9
76% |||||

10
76% |||||

薬用のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



薬用のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生薬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの冬虫夏草 (改訂履歴)、テーブルビート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS