蘆花とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 蘆花の意味・解説 

蘆花

作者徳冨蘆花

収載図書明治大正小品
出版社おうふう
刊行年月2006.4


徳冨蘆花

(蘆花 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/23 14:03 UTC 版)

徳冨 蘆花(とくとみ ろか、1868年12月8日明治元年10月25日) - 1927年昭和2年)9月18日)は、日本小説家。ベストセラーとなった小説『不如帰』や、キリスト教の影響を受けた自然描写作品『自然と人生』などで知られる。本名は徳富健次郎(とくとみ けんじろう)。思想家ジャーナリスト徳富蘇峰は兄。「徳」の表記にこだわり、各種の文学事典、文学館、記念公園などは「冨」の字を採用している。




  1. ^ a b 『日本の近代小説』岩波書店 1954年
  2. ^ 『近代文學回想集 日本近代文学大系60』角川書店 1973年(田山花袋「近代の小説」和田謹吾注))
  3. ^ a b c 木村毅『明治文学を語る』恒文社 1982年
  4. ^ 『順礼紀行』で蘆花がトルストイを訪れた時の会話に「行々は少なくも半農の生活をする心算に候」とある。(『近代文學回想集 日本近代文学大系60』角川書店 1973年(田山花袋「近代の小説」和田謹吾注))
  5. ^ 『みみずのたはこと』岩波文庫 1977年(中野好夫「解説」)
  6. ^ 原田愛子「蘆花と共に-私の歩んだ道」(『明治文學全集42 徳富蘆花集』)
  7. ^ 矢野鶴子「叔父と私」(『明治文學全集42 徳富蘆花集』月報16)
  8. ^ 村松剛(『巡礼紀行』中公文庫 1989年)
  9. ^ 徳富蘇峰・蘆花生家 熊本県HP”. 2013年11月26日閲覧。
  10. ^ 徳富記念園・熊本市HP”. 2013年11月25日閲覧。
  11. ^ 逗子市立図書館報「季刊マーメイド 柳屋旅館訪問記」2013年8月1日号
  12. ^ 逗子市観光協会「逗子のお寺」
  13. ^ 逗子市観光協会「逗子の文学碑」


「徳冨蘆花」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「蘆花」の関連用語

蘆花のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



蘆花のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの徳冨蘆花 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS