大日本帝国とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 大日本帝国の意味・解説 

だいにっぽん‐ていこく【大日本帝国】

読み方:だいにっぽんていこく

明治憲法時代日本の国号


大日本帝国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/26 00:54 UTC 版)

大日本帝国(だいにほんていこく、だいにっぽんていこく、旧字体大日本帝󠄁國)とは、公式には1947年まで使用されていた日本国国号の一つ[1]江戸時代末期(幕末)に外交文書に使用され始めた。


注釈

  1. ^ 1789年(寛政元年)刊行のヨーロッパ地誌『泰西輿地図説』(朽木昌綱)で、オランダ語「Keizerdom」の訳語として「帝國」が初めて登場した。1810年(文化7年)刊行の蘭和辞典『譯鍵』(藤林淳道)でも、「帝国」が訳語として採用された。

出典

  1. ^ 大日本帝国(だいにっぽんていこく)の意味 - goo国語辞書” (日本語). goo辞書. 2021年12月10日閲覧。
  2. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「大日本帝国憲法」
  3. ^ 前野みち子 2006, p. 27-28.
  4. ^ 前野みち子 2006, p. 28-30.
  5. ^ a b c 前野みち子 2006, p. 44.
  6. ^ 法令全書 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  7. ^ 水野筑後守永井岩之丞ゼームス、スチルリング (1854年10月14日). “日本國大不列顛國約定(日英和親条約)”. 国立国会図書館デジタルコレクション. 2022年3月18日閲覧。
  8. ^ Sir James Stirling, Mezio-no Chekfu-no Kami, Nagai Evan Ocho (1854年10月14日). “Anglo-Japanese Friendship Treaty”. wikisource. 2022年3月18日閲覧。
  9. ^ 日本國大不列顛國約定(日英和親条約)”. データベース「世界と日本」. 政策研究大学院大学・東京大学東洋文化研究所 (1854年10月14日). 2022年3月18日閲覧。
  10. ^ 法令全書 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  11. ^ 幕末将軍家の銀印見つかる 国家元首の意思示す” (日本語). 日本経済新聞 (2019年12月12日). 2018年8月20日閲覧。
  12. ^ 水野筑後守、永井玄蕃頭井上信濃守堀織部正岩瀬肥後守、野々山鉦蔵、バロン、グロス (1858年10月9日). “日本國佛蘭西國修好通商條約”. 国立国会図書館デジタルコレクション. 2022年3月18日閲覧。
  13. ^ 有利浩一郎 (2019年1月). “日仏修好通商条約、その内容とフランス側文献から見た交渉経過(8) ~日仏外交・通商交渉の草創期~”. 財務省. 2022年3月18日閲覧。
  14. ^ 近代デジタルライブラリー - 万延元年遣米使節図録(田中一貞 編、1920年)[1]
  15. ^ 前野みち子 2006, p. 52.
  16. ^ 条約締結ノ手続、形式及其他ノ先例雑件 16.条約ニ於ケル本邦ノ国号ニ関スル件 - 外務省 アジア歴史史料センター
  17. ^ 国立公文書館アジア歴史資料センター「在本邦和蘭公使・領事来翰 自明治元年/(1)和蘭公使館来翰 和文」アーカイブされたコピー”. 2014年8月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年8月29日閲覧。[2]
  18. ^ 枢密院会議筆記明治21年(1888年)6月18日午後。
  19. ^ 「主義」の流布と中国的受容― 社会主義・共産主義・帝国主義を中心に - 陳力衛 『成城大學經濟研究』 (199), 31-58, 2013-01, NAID 110009577486
  20. ^ 『日本書紀』欽明天皇
  21. ^ 「帝国」言説と幕末日本 ―蘭学・儒学・水戸学そして幕末尊攘論― - 桐原健真
  22. ^ 外務省条約局作成(昭和11年5月)「我国国号問題二関スル資料」(外務省記録「条約ノ調印、批准、実施其他ノ先例雑件」所収)。外務省外交史料Q&A[3]「戦前の日本では、国号の英語標記を "Japan" から "Nippon" に変更しようとする動きがあったそうですが、このことに関する史料はありますか。」
  23. ^ 昭和21年7月23日提出『衆議院議員田中伊三次外一名提出憲法改正案に関する質問主意書に対する答弁書』。
  24. ^ 大辞林大日本帝国[リンク切れ]
  25. ^ 名古屋大学 前野みち子『言語文化研究叢書』 第5号(2006年3月)「日本像を探る」 国号に見る日本の自己意識
  26. ^ 旧都については旧皇室典範(昭和22年5月2日廃止)第11条では「卽位ノ禮及大嘗祭ハ京都ニ於テ之ヲ行フ」と規定され典憲の上で配慮されていた。この点につき伊藤博文「皇室典範義解」は「維新の後明治元年8月27日即位の礼を挙行せられ臣民再ひ祖宗の遺典を仰望することを得たり13年車駕京都に駐まる旧都の荒廃を嘆惜したまひ後の大礼を行ふ者は宜く此の地に於てすへしとの旨あり勅して宮闕を修理せしめたまへり本条に京都に於て即位の礼及大嘗祭を行ふことを定むるは大礼を重んし遺訓を恪み又本を忘れさるの意を明にするなり」と説明している。枢密院議長伊藤伯著「帝国憲法皇室典範義解」(国家学会刊行 明治22.6.1)P.157-158
  27. ^ 石村修、「憲法における領土」法制理論 39 pp.158-185, 2007-03. 新潟大学法学会 hdl:10191/6089, ISSN 0286-1577
  28. ^ 「植民地法制の形成-序説-」石村修(専修大学法科大学院 第6回東アジア法哲学会シンポジウム)[4]
  29. ^ 1924年に台湾で使用された地理教科書によれば「我が大日本帝国はアジア州の東部に位して、太平洋中に長くつづいている大小数千の島々と、朝鮮半島から成り立っています。島の主なものは本州、四国、九州、台湾、北海道本道、樺太です。全国の面積は4万三千余方里で凡そその三分の一は本州、三分の一は朝鮮、残り三分の一はその他の地方です」。韓炫精、「教科書における帝国の風景」『研究室紀要』2014年7月 40巻 p.203-217, ISSN 0285-7766, 東京大学大学院教育学研究科基礎教育学研究室、脚注12・1方里≒15.423平方キロメートル。
  30. ^ 『海外各地在留本邦人人口表. 昭和6年10月1日現在』(者:外務省通商局第三課 [編]。出版者:外務省通商局)の『例言』(昭和7年12月に通商局第三課が記したもの)に「2. 本表ニハ海外在留本邦内地人ノ「国別人口」、「在外公館別男女人口」、「職業別人口」及「明治三十七年乃至昭和六年ニ於ケル比較数」ヲ集録シタリ 朝鮮人及台湾人ニ付テハ其ノ多数カ在外公館ニ対シ正規ノ登録ヲ為ササル為在留者ニ対スル正確ナル計数ヲ得難ク仍而本表ニハ現ニ登録済ミノ者の数ヲ掲ケタリ」と書かれている。『海外各地在留本邦人人口表. 昭和13年10月1日現在』(著者:外務省調査部第二課 [編]。出版者:外務省調査部)の『例言』(昭和14年10月に外務省調査部第二課が記したもの)にも「三、朝鮮人及台湾人ハ其ノ多数カ在外帝国公館ニ対シ正規ノ登録ヲ為ササル為メ在留者ニ対スル適確ナル計数ヲ得難ク本調書ニハ現ニ登録済ミノ者人口ノミ掲記セリ」と書かれている。
  31. ^ ただし満洲国には国籍法が存在しなかったため、法的な「満洲国民」は存在しなかった。満州国#国籍法の不存在を参照のこと。
  32. ^ この概念の先駆は辻清明である。第一論文「統治構造における割拠性の基因」の初出は『国家学会雑誌』58巻1号(昭和19年)、「新版・日本官僚制度の研究」1969年序ⅲ~ⅳページ。
  33. ^ 西本筆、「文部行政の歴史的研究序説」『北海道大学教育学部紀要』1990年2月 54巻 p.97-111(P.98), 北海道大學教育學部。
  34. ^ 辻の階統制と割拠性についての解説としては 小西徳慶、「日本におけるセクショナリズムと稟議制の源流-「日本社会」論を前提として-」『政經論叢』 2011年3月 79巻 3-4号 p.115-160 NAID 120005258999, 明治大学政治経済研究所。
  35. ^ 政治の基本機構のあり方に関する調査小委員会(第五回)八木秀次参考人[5][6]
  36. ^ 大河内繁男、「統合調整機能の強化:総合管理庁講想と総務庁」『上智法學論集』 1985年 28巻 1-3号 p.133-154, NCID AN00115768, 上智大學法學會
  37. ^ 中曽根康弘、石原慎太郎共著『永遠なれ日本』(PHP研究所 2001年)p.115
  38. ^ 戦間期台湾地方選挙に関する考察 台湾研究フォーラム
  39. ^ 第2版,世界大百科事典内言及, 日本大百科全書(ニッポニカ),百科事典マイペディア,ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,旺文社世界史事典 三訂版,旺文社日本史事典 三訂版,デジタル大辞泉,世界大百科事典. “国際連盟とは” (日本語). コトバンク. 2021年12月30日閲覧。
  40. ^ Harrison, Mark (2000). The Economics of World War II: Six Great Powers in International Comparison. Cambridge University Press. p. 3. ISBN 9780521785037. https://books.google.com/books?id=ZgFu2p5uogwC 2016年10月2日閲覧。 
  41. ^ タクシーの謎・・・なぜ大手4社は「大日本帝国」?(裏読みWave) - 日本経済新聞電子版(2013年10月25日)
  42. ^ 外交史料 Q&A 昭和戦前期”. 2013年3月5日閲覧。
  43. ^ NHK NEWS WEB 『イースター島が日本に? 外交“公”文書が歴史を作る』(2018年4月26日)”. NHK (2018年4月26日). 2020年1月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月28日閲覧。



「大日本帝国」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



大日本帝国と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大日本帝国」の関連用語

大日本帝国のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大日本帝国のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
タクシーサイトタクシーサイト
Copyright(c) 2000-2022 taxisite Inc. All Rights Reserved.
タクシー業界用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大日本帝国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの大日本帝国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS