日本の仏教とは?

日本の仏教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/28 17:49 UTC 版)

日本仏教(にほんのぶっきょう)は、上宮聖徳法王帝説によれば西暦538年に百済よりもたらされた(日本書紀には552年とあり、どちらが正しいのかはよくわからない)。約8470万人が仏教徒であるとされる(2013年統計)[1]。現代では、仏教と神道は区別されることが多いが、幕末までは仏と神を一体で不可分とする神仏習合の時代であった。




注釈

  1. ^ 99%の日本人は神道信者との重複で1%は長崎県などで多いキリスト教徒とされている
  2. ^ 『善人→「自力作善」の者=阿弥陀仏を頼りとせず、自分の力で善根功徳を積んでさとりを開こうとする者』でさえ往生できるのだから、悪人→我々のような煩悩を具足のように身にまとった者が往生できるのはいうまでもないことだという思想

出典

  1. ^ a b 総務省 (2013). 第六十三回 日本統計年鑑 平成26年. 東京: 日本統計協会. http://www.stat.go.jp/data/nenkan/index2.htm. 
  2. ^ 文化庁『宗教年鑑』」
  3. ^ 『図解仏教』成美堂出版、32頁。
  4. ^ 高埜利彦『近世の朝廷と宗教』吉川弘文館、2014年、P394-397
  5. ^ 神田千里『宗教で読む戦国時代』講談社(講談社選書メチエ)2010年 P.49-87 ISBN 978-4-06-258459-3


「日本の仏教」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本の仏教」の関連用語

日本の仏教のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本の仏教のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の仏教 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS