日本におけるオートバイとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本におけるオートバイの意味・解説 

日本におけるオートバイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/18 17:11 UTC 版)

日本におけるオートバイ(にほんにおけるオートバイ)では、日本においてのオートバイの免許区分、法令、環境について述べる。なお日本のオートバイ史については、日本のオートバイ史を参照。


  1. ^ 三輪バイク:9月から要二輪免許 ヘルメット着用も 毎日jp・毎日新聞 2009年6月11日
  2. ^ a b c d 警察庁・運転免許技能試験実施基準の改正について (PDF) 別添4 試験車両基準・別添5 1技能審査課題設定基準。なお道路交通法施行規則第24条6・7に基いて、限定免許の適用を受ける場合についての記述もある
  3. ^ 日本自動車工業会 JAMAGAZINE 2002年4月号
  4. ^ a b 道路交通法施行規則等の改正試案
  5. ^ 道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令
  6. ^ 自動二輪車の二人乗り規制|首都高を使う|首都高ドライバーズサイト
  7. ^ 事業内容”. 全国オートバイ協同組合連合会. 2018年3月11日閲覧。 陳情活動の【実現した内容】に、「・二輪車の高速道路等における二人乗り禁止の解除」とある
  8. ^ “高速道路のバイク2人乗り解禁、来年4月から”. Response. (株式会社イード). (2004年11月30日). http://response.jp/article/2004/11/30/65957.html 2016年4月12日閲覧。 
  9. ^ 自動車リサイクル促進センター内の二輪車のリサイクルについて
  10. ^ 二輪車の排出ガス基準を強化しました(国土交通省・2005年8月29日)
  11. ^ 国土交通省・二輪自動車等の排出ガス測定方法 (WMTC) を導入しました (PDF) - 2010年10月28日公示。ただし「50cc以下かつ最高時速50km以下」は対象外となっている。
  12. ^ ディーゼル重量車及び二輪車の排出ガス規制を強化します。 - 国土交通省・2015年7月1日
  13. ^ 環境省・自動車排出ガス専門委員会(第54回)配付資料 54-2 二輪車の排出ガス規制に関する国際基準調和の動向等について (PDF) - 小排気量車の数値と区分が日本と欧州で異なる。
  14. ^ 二輪の生産終了が止まらない?排出ガス規制・騒音規制の影響 - 日経トレンディネット2009年4月28日
  15. ^ 日本自動車工業会・JAMAGAZINE 2008年12月号
  16. ^ 二輪の生産終了が止まらない?排出ガス規制・騒音規制の影響 - 日経トレンディネット2009年4月28日
  17. ^ a b 国土交通省・自動車の騒音規制改正案に関する今後の対応について~道路運送車両法施行規則等関係規則の一部改正案に関する今後の対応~ - 平成19年10月19日
  18. ^ 自動車等のマフラー(消音器)に対する騒音対策の強化について (PDF) (国土交通省)
  19. ^ 二輪の生産終了が止まらない?排出ガス規制・騒音規制の影響 - 日経トレンディネット2009年4月28日
  20. ^ 環境省・新加速試験法の導入等について (PDF)
  21. ^ a b c 「装置型式指定規則」及び「道路運送車両の保安基準の細目を定める告示」等の一部改正について (PDF) 国土交通省・2013年1月25日 - 対象は「50cc超または最高時速50km超」となっている。
  22. ^ a b 装置型式指定規則、道路運送車両の保安基準の細目を定める告示等 の一部改正について (PDF) - 国土交通省・平成28年4月20日
  23. ^ 四輪車及び二輪車の近接排気騒音規制の取り扱いについて (PDF) - 環境省
  24. ^ 道路運送車両の保安基準の細目を定める告示 第118条第4項ロ (PDF) - 国土交通省(ただし+5dbまでは適合範囲とされる)
  25. ^ Big Machine - 盗難バイク探索衝撃レポート第2弾、P. 78
  26. ^ 二輪車新聞 2012年7月20日発行号
  27. ^ 高校PTA連 宣言やめた バイク3ない運動 転機」東京新聞(藤川大樹)2012年10月4日
  28. ^ 欧州各都市に見られる二輪車駐車事情 | JAMAGAZINE 2006年7月号
  29. ^ 都市交通における二輪車の役割に関する研究 | JAMAGAZINE 2005年6月号-表2「二輪駐車場における自動二輪車の受け入れ状況」
  30. ^ 問題解決へ動き出すか、二輪車駐車問題 | JAMAGAZINE 2006年7月号 ‐「社会から今までまともに扱われなかったバイクの存在」
  31. ^ a b c JAMAGAZINE 2006年7月号 問題解決へ動き出すか、二輪車駐車問題 - 「法の狭間に落ち込んでいた自動二輪の駐車問題」「やがて交通バリアフリー法に行き当たる」「早急に考えられるべき、附置義務駐車場の増加」
  32. ^ 二輪車駐車環境の向上をめざして(調査報告書)
  33. ^ 10年で68倍 東京都の二輪車駐車違反 | Response.Web魚拓
  34. ^ asahi.com:二輪の駐車違反急増、過去最多 規制強化と駐輪場不足 -関西Web魚拓
  35. ^ 二輪の駐車違反、過去最高52万1千台 駐輪場不足響くWeb魚拓
  36. ^ 平成19年中の交通死亡事故の特徴及び 道路交通法違反取締り状況について - 警察庁 (PDF)
  37. ^ 国会質問会議録 2004.04.08 道路交通法改正案への質疑 - 民主党 松井孝治 公式HP
  38. ^ a b 3分で読む! バイクの駐車環境”. 日本自動車工業会. 2018年3月11日閲覧。
  1. ^ 自治体により異なったり、ご当地ナンバーなどを採用している地域もある。
  2. ^ 注:多通行帯道路から右折する場合又は、それ以外の道路で「原動機付自転車の右折方法(小回り)」の標識の指示がある場合に限る。
  3. ^ a b c 想定外の取得順序のため、審査だが時限数は不明。
  4. ^ AT限定普通二輪所持者が普通二輪の限定解除に臨む場合、5時間が基準であるがATでない小型限定二輪免許所持の場合3時間となる。
  5. ^ AT限定大型二輪所持者が大型二輪の限定解除に臨む場合、8時間が基準であるが、ATでない普通二輪、又はATでない小型限定普通二輪免許所持者の場合は5時間となる。
  6. ^ DIAVEL 日本仕様および発売日 -ドゥカティジャパンは日本仕様の諸元における騒音規制の影響を公表している。
  7. ^ WEB Mr.BIKE ドゥカティの新世代スーパーバイク、1199パニガーレをサーキット試乗! - 規制の強化により、マフラーからの排気音が低下してもエンジンの駆動音で数値に抵触してしまうため、マフラーをエンジンから離すことにより測定上の数値を満たしている。
  8. ^ CBR400R・環境性能 - なお2013年4月23日発売のホンダ・CBR400Rは平成26年規制の適用が公表されている。
  9. ^ エンジンの最高kW÷(車両重量+75kg)に1000を掛けた数字。例として5.3kW・137kgの車両がPMR25となり、11kW・145kgの車両はPMR50となる。
  10. ^ 尾崎豊の「15の夜」にも歌われている
  11. ^ 2005年での平均年齢は42.7歳(自工会調べ)
  12. ^ 5月31日公布、11月30日施行
  13. ^ 原動機付自転車は自転車法によって自転車と共に駐車場所(駐輪場)の整備が、早い時期から義務づけられていた。
  14. ^ 駐車監視員制度の導入による駐車違反取締り業務の一部を民間業者へ委託した。


「日本におけるオートバイ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本におけるオートバイ」の関連用語

日本におけるオートバイのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

T002

雄町の冷泉

ハンド

ワインの瓶型

尾山のヒメハルゼミ

デグー

三棚

幅木





日本におけるオートバイのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本におけるオートバイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS