日本刀とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 武具 > > 日本刀の意味・解説 

にほん とう -たう [0] 【日本刀】

日本固有の製法による刀剣類の総称砂鉄を、踏鞴たたら)を用いて火度製錬して得る玉鋼たまはがね)を原材料として鍛造する。古墳時代から日本人の手になる作刀があるが、普通日本刀として思い起こされる彎刀(わんとう)は、平安末期基本的形態完成した。鎌倉時代技術的最高水準達し室町時代以降需要増大とともに質的低下をみた。さらに豊臣秀吉刀狩りを境に質的にも形の上でも大きな変化があり、慶長1596~1615以前のものを古刀以後のものを新刀と呼ぶ。また、その外装である拵(こしら)えは高度な機能美要求され、鐔(つば)・目貫めぬき)・笄(こうがい)などの金工品は常にその中心的制作対象とされた。にっぽんとう。 → 太刀

日本刀

名称
日本刀<にほんとう
区分
重要無形文化財
保持
天田誠一<あまた せいいち>
雅号 天田昭次)<あまた あきつぐ>
新潟県
大隅貞男<おおすみ ただお>
雅号 大隅俊平)<おおすみ としひら>
群馬県

資料一覧
解説
刀剣鍛造技法大陸半島から伝来したといわれる我が国独特の鍛法では,作刀材料として玉鋼たまはがね>や,古鉄等を加工した卸おろしがね>,良質銑鉄などを用いる。折返し鍛練の中の夾雑物叩き出し硬い皮鉄かわがね>で軟らかい芯鉄しんがね>を包む。さらに刀身焼刃土を塗布して土取<つちどり>を行い焼きを入れて直刃<すぐは>,乱刃<みだれば>の刃文描き出す焼入れの後,姿(体配),肉置が整えられて<なかご>に刀匠銘などが切られる。日本刀の折れず曲がらずよく切れるという矛盾した機能解決する作刀技術は,比類がないものといえよう

日本刀

名称: 日本刀
ふりがな にほんとう
芸能工芸区分 工芸技術
種別 金工
認定区分 各個認定
指定年月日 1955.05.12(昭和30.05.12)
解除年月日
指定要件
備考
解説文: 鎌倉時代は日本刀の黄金時代で、この時代になって山城大和備前相模美濃の五か国の鍛法・作風、すなわち、いわゆる五ヶ伝」ができあがったが、他に備中青江伯耆などにも古い鍛法が伝わっていた。山城伝や備中青江伝の作風には乱刃と直刃両様があり、鎌倉時代から南北朝時代わたって直刃名品も多い。
工芸技術のほかの用語一覧
漆芸:  髹漆
金工:  刀剣研磨  彫金  日本刀  銅鑼  鋳金  鍛金

日本刀

作者広坂光則

収載図書閑話百題―ショートショート集 上
出版社新風舎
刊行年月2007.3


日本刀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/11 02:13 UTC 版)

日本刀(にほんとう)は、日本固有の鍛冶製法によって作られた類の総称である[1]


注釈

  1. ^ アジアでは倭刀と呼ばれたが、現地で日本刀に模して作成されたものを指す事も多い。現代の漢文圏では「倭」を忌んで「和刀」と表記することもある。
  2. ^ 刀剣メーカーのコールドスチールなどが製造している。
  3. ^ 日本最古といわれる観智院本。「後鳥羽院御字被召抜鍛冶十二月結番次第」という記述がある[14]
  4. ^ 正宗賞の受賞刀の解説文によると「均整のとれた力強い太刀姿や現代丁子とは明らかに異なる焼刃の古色さもさることながら、その映りである。備前伝を手掛ける多くの刀匠にとっては刃文と共に地鉄、ひいては乱れ映りの再現が長年の課題であったが、本作では随所に現れた地斑状の暗帯部によって乱れ映りが明瞭に形成され、古作に近い雰囲気を湛えるのに見事成功している。このことから映りの解明に向けて大きく前進したことは間違いなく、一つの到達点に達したと言え、革新的な功績として今回の受賞は称えられるべきである」としている(『刀剣美術』、平成26年6月号より)。
  5. ^ 『実戦刀譚』の著者である成瀬関次は、柄に使われる木材は朴が最も多く、その中でもくるいの少ない板目・柾目のしっかりしたモノを使うべきであり、若木、樹皮に近い部分、節目、逆目、木取の都合で斜になったモノは使ってはならないとしている。
  6. ^ 二つ纏めて縁頭とも呼ばれる。
  7. ^ 山本七平は「自身の経験に照らして日本刀で斬れるのは高々3人である」としている(『私の中の日本軍』より)

出典

  1. ^ 三省堂大辞林第三版
  2. ^ a b c d 歴史 - 刀剣博物館
  3. ^ 福永 1993, 2巻p. 61.
  4. ^ 福永 1993, 2巻pp. 30–33.
  5. ^ 近藤好和『弓矢と刀剣』吉川弘文館、121頁。
  6. ^ 清水克行『喧嘩両成敗の成立』講談社メチエ、14頁。
  7. ^ 二木謙一『図解 戦国合戦がよくわかる本 武具・組織・戦術・論功行賞まで』PHP研究所、70頁。
  8. ^ 久保田正志『日本の軍事革命』綿正社、28頁~30頁。
  9. ^ “銃3つ、刃物12本、実弾 米乱射容疑者宅に大量の武器”. 朝日新聞. (2013年3月31日). http://www.asahi.com/international/update/0331/TKY201303310010.html 2013年3月31日閲覧。 
  10. ^ a b c 『金属が語る日本史』72p(斎藤努著、吉川弘文官出版、2012年初版)
  11. ^ 日本の歴史07『武士の成長と院政』 2001年 下向井龍彦 講談社 ISBN 4-06-268907-3
  12. ^ 図説・日本刀大全―決定版 34頁。
  13. ^ a b c d e f 得能一男 2007, p. 17.
  14. ^ a b c d e 小泉富太郎 et al. 1966, p. 30.
  15. ^ a b 小泉富太郎 et al. 1966, p. 32.
  16. ^ a b c 得能一男 2007, p. 18.
  17. ^ 小泉富太郎 et al. 1966, p. 246.
  18. ^ a b 小泉富太郎 et al. 1966, p. 247.
  19. ^ a b c d e f g h i 得能一男 2007, p. 23.
  20. ^ a b c d e 小泉富太郎 et al. 1966, p. 31.
  21. ^ a b c 石井昌国 & 加島進 1966, p. 80.
  22. ^ a b 石井昌国 & 加島進 1966, p. 82.
  23. ^ 石井昌国 & 加島進 1966, p. 83.
  24. ^ a b 得能一男 2007, p. 24.
  25. ^ a b c d e f トマス・D・コンラン. 図説 戦国時代武器防具戦術百科. 原書房 
  26. ^ a b 近藤好和. 騎兵と歩兵の中世史. 吉川弘文館 
  27. ^ a b c d 日本の武器と武芸. 別冊宝島 
  28. ^ 日本甲冑史 上巻. 中西立太. 大日本絵画 
  29. ^ a b c d 戸田藤成. 武器と防具 日本編. 新紀元社 
  30. ^ 臺丸谷政志『日本刀の科学』サイエンス・アイ新書、163頁。
  31. ^ a b c d e f 笹間良彦. イラストで時代考証2 日本軍装図鑑 上. 雄山閣 
  32. ^ a b c d e f g h 「騎兵と歩兵の中世史」近藤好和
  33. ^ 中西立太. 日本甲冑史. 大日本絵画 
  34. ^ a b c d 戸田藤成. 武器と防具 日本編. 新紀元社 
  35. ^ a b c d e 戸部民夫. 日本の武器・甲冑全史. 辰巳出版 
  36. ^ (渡邉・住、2014)、p.6
  37. ^ (天田、2004)、pp.12, 13,78
  38. ^ (渡邉・住、2014)、p.9
  39. ^ (渡邉・住、2014)、「はじめに」のp.ii
  40. ^ 不可能とされた名刀の地紋再現に成功 奈良・吉野の刀匠、刀剣界最高賞を受賞 産経WEST 2014年6月13日
  41. ^ 現代に生きる刀匠 河内國平さんに聞く 精神を強くするのが名刀 切れ味追求へ回帰 日本経済新聞 2015年7月25日
  42. ^ 日本刀名匠の眼力、武器にこそ潜む「本来の美」神が宿る武器「日本刀」(4) 日本経済新聞 2015年8月21日
  43. ^ (渡邉・住、2014)、pp.i, ii(「はじめに」)
  44. ^ (天田、2004)、p.83
  45. ^ https://doi.org/10.15027/32973 「たたら製鉄法」の基礎研究と定量実験としての教材化
  46. ^ (渡邉・住、2014)、p.10
  47. ^ 日立金属「たたらの話」
  48. ^ 柴山光男著 『趣味の日本刀』 雄山閣 2002年6月20日発行、ISBN 4639010265
  49. ^ JSTP編 『もの作り不思議百科』 コロナ社 1996年7月25日初版第3刷発行 ISBN 4-339-07668-6
  50. ^ a b c 歴史群像編集部編 『図解 日本刀事典』 学研 2006年12月26日第1刷発行 ISBN 4054032761
  51. ^ 【日本刀の美の壺】日本刀鑑賞の要点
  52. ^ 差裏(kotobank)
  53. ^ 小泉富太郎 et al. 1966, p. 221.
  54. ^ a b 小泉富太郎 et al. 1966, p. 222.
  55. ^ a b c d e 小泉富太郎 et al. 1966, p. 223.
  56. ^ a b c d e f g h i 小泉富太郎 et al. 1966, p. 224.
  57. ^ a b c d e f 小泉富太郎 et al. 1966, p. 226.
  58. ^ 試し斬りについて
  59. ^ 田中普門『古流剣術』愛隆堂、1995年6月、119ページ。
  60. ^ 『最強!侍伝説-侍を遊び尽くす(別冊宝島(512))』宝島社、2000年6月、122ページ。
  61. ^ a b c d e f g h i j k 兵器と戦術の日本史. 中公文庫 
  62. ^ 福永 1993, 3巻, p. 7.
  63. ^ 福永 1993, 3巻, p. 43.
  64. ^ a b 山本七平著 『私の中の日本軍』 文春文庫 1983年1月初版第1刷発行 ISBN 978-4167306014
  65. ^ a b c d e f g h i j k 「刀と首取り」鈴木真哉
  66. ^ a b c d e f g h 鈴木眞哉. 「戦闘報告書」が語る日本中世の戦場. 洋泉社 
  67. ^ a b c d e f g h i j k l m 横山雅始. ガチ甲冑合戦でわかった実戦で最強の「日本武術」. 東邦出版 
  68. ^ a b c d e f 近藤好和. 弓矢と刀剣. 吉川弘文館 
  69. ^ a b c d 武士の日本史. 岩波新書 
  70. ^ ハービー・J.S. ウィザーズ. 世界の刀剣歴史図鑑. 原書房 
  71. ^ かもよしひさ. 雑兵物語. パロル舎 
  72. ^ a b c d 図説・日本武器集成. 学研 
  73. ^ a b c d e f 中西豪 大山格. カラー版 戦国武器甲冑事典. 誠文堂新光社 
  74. ^ a b c d e 武具 ずかん. 技術評論社 
  75. ^ a b c d e 戦闘技術の歴史5 東洋編. 創元社 
  76. ^ a b c d e f g h i j k l m ビジュアルポーズ集 図説戦国甲冑武者のいでたち. 新紀元社 
  77. ^ a b 宮永忠将. 空想世界構築教典 増補改訂完全版. 洋泉社 
  78. ^ a b c d e f g h i j k 最新研究でここまでわかった日本史通説のウソ. 彩図社 
  79. ^ a b c 武器屋. 新紀元文庫 
  80. ^ 東郷隆. ビジュアル合戦雑学入門 甲冑と戦国の攻城兵器. 大日本絵画 
  81. ^ a b c d e f 森瀬繚. ゲームシナリオのための戦国事典. SBクリエイティブ 
  82. ^ a b c d e f g h i j k l 武器で読み解く日本史. PHP文庫 
  83. ^ 須田武郎. 中世騎士物語. 新紀元文庫 
  84. ^ a b c d e f g h i 樋口隆晴. 歴史群像 武器と甲冑. 歴史群像 
  85. ^ a b c d e f g h i j k トマス・D・コンラン. 日本社会の史的構造 南北朝期合戦の一考察. 思文閣出版 
  86. ^ a b c 樋口隆晴. 歴史群像 武器と甲冑. 歴史群像 
  87. ^ 東郷隆. 絵解き 戦国武士の合戦心得. 講談社文庫 
  88. ^ a b c トマス・D・コンラン. 図説 戦国時代武器防具戦術百科. 原書房 
  89. ^ a b c 中世武士の勤務評定 南北朝期の軍事行動と恩賞給付システム. 戎光祥出版 
  90. ^ a b 「刀と真剣勝負 日本刀の虚実」渡辺誠
  91. ^ 笹間良彦『図説 日本戦陣作法辞典』柏書房、280頁。
  92. ^ a b c d e f g 中世的武具の成立と武士. 吉川弘文館 
  93. ^ a b c d e 歴史REAL 足利将軍15代. 洋泉社MOOK 
  94. ^ a b c 樋口隆晴. 歴史群像 武器と甲冑. 歴史群像 
  95. ^ a b c d e f g h i j 検証 長篠合戦. 吉川弘文館 
  96. ^ 中西豪 大山格. カラー版 戦国武器甲冑事典. 誠文堂新光社 
  97. ^ 陸軍戸山流で検証する日本刀真剣斬り. 並木書房 
  98. ^ a b c 渡辺誠. 刀と真剣勝負 日本刀の虚実. ワニ文庫 
  99. ^ a b 吉丸雄哉. 新典社. 武器で読む八犬伝 
  100. ^ 日本刀図鑑 保存版. 光芸出版 
  101. ^ a b c 戸田藤成. 武器と防具 日本編. 新紀元社 
  102. ^ 笹間良彦. 図説日本武道辞典. 柏書房 
  103. ^ http://sillok.history.go.kr/popup/viewer.do?id=wnb_12601001_003&type=view&reSearchWords=&reSearchWords_ime= 朝鮮王朝実録 "○宋經略進住安州, 提督李如松進兵坡州, 戰于碧蹄驛, 不利, 退住開城。 提督引大軍而南, 柳成龍先行促辦糧草, 幸不乏供。 臨津氷解, 乃從上流薄氷上, 聯葛索布籬, 作梁以渡軍, 列邑士民始從山谷出, 竭力搬運, 事皆隨辦。 提督徐行至坡州, 持重不前。 査大受與我將高彦伯, 領兵數百, 先行偵探, 至京城西, 遇賊於碧蹄驛南礪石峴, 斬百餘級。 提督聞之大喜, 獨與親丁騎兵千餘馳赴之, 令大軍繼發。 賊先伏大兵於峴後, 只數百人據峴示弱。 提督卽麾兵進, 賊自峴而下, 兵未交, 賊兵猝起於後, 結陣山上, 幾萬餘。 天兵短劍、騎馬, 無火器, 路險泥深, 不能馳騁, 賊奮長刀, 左右突鬪, 鋒銳無敵。 提督麾下李有升及勇士八十餘人被砍死, 提督使査大受殿後, 奪路而出, 大軍繼至, 賊望見還走。 提督暮還坡州, 召李有升壻王審大, 拊背慟哭曰: "好男兒, 爲我死也。" 提督欲退住東坡, 柳成龍、兪泓、金命元等, 叩帳請見曰: "勝負, 兵家常事, 當觀勢更進, 奈何輕動?" 提督曰: "昨日吾軍無不利事, 但此地經雨泥濘, 不便住軍, 所以欲還東坡, 休兵更進耳。" 遂退陣東坡。 明日退住開城, 成龍等力爭不聽, 獨留査大受領兵數百, 與柳成龍守臨津。"
  104. ^ a b c d e f g h i j 長篠合戦と武田勝頼. 吉川弘文館 
  105. ^ 中国武術史大観. 国書刊行会 
  106. ^ 図説日本武道辞典. 柏書房 
  107. ^ マキアヴェリ戦術論. 原書房 
  108. ^ a b c d e 日本刀が語る歴史と文化. 雄山閣 
  109. ^ a b 武器と防具 中国編. 新紀元社 
  110. ^ 中国武術史 先史時代から十九世紀中期まで. 技芸社 
  111. ^ 此自倭犯中國始有之。彼以此跳舞、光閃而前、我兵已奪氣矣。倭善躍、一迸足則丈餘、刀長五尺、則丈五尺矣。我兵短器難接、長器不捷、遭之者身多兩斷、縁器利而雙手使、用力重故也。今如獨用則無衛、惟鳥銃手賊遠發銃、賊至近身再無他器可以攻刺、如兼殺器則銃重藥子又多、勢所不能、惟此刀輕而且長、以備臨身棄銃用此。況有殺手當鋒、故用長刀備之耳。
  112. ^ 西股総生. 戦国の軍隊. 角川ソフィア文庫 
  113. ^ 榎本秋. 戦国武将の戦術論. ベストセラーズ 
  114. ^ 騎馬武者 サムライの戦闘騎乗. 新紀元社 
  115. ^ 武具の日本史. 平凡社新書 
  116. ^ 歴史群像アーカイブVOL.6 戦国合戦入門. 学研 
  117. ^ a b c 日本の軍事革命. 錦正社 
  118. ^ 大波篤司. 図解 近接武器. 新紀元社 
  119. ^ 新・歴史群像シリーズ『土方歳三』、学習研究社 84頁
  120. ^ 近藤好和『武具の日本史』平凡社新書、2010年8月10日、70ページ。
  121. ^ 藤木久志『戦国の村を行く』朝日撰書、1997年6月1日、101ページ、102ページ
  122. ^ 清水克行『喧嘩両成敗の誕生』講談社撰書メチエ、2006年。



日本刀

出典:『Wiktionary』 (2018/03/21 05:31 UTC 版)

名詞

   (にほんとう)

  1. 日本古来からの製法製造される刀剣総称



日本刀と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本刀」の関連用語

日本刀のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本刀のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
文化庁文化庁
Copyright © 2020 The Agency for Cultural Affairs. All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2020 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本刀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの日本刀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS