土人とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > > 土人の意味・解説 

ど じん [0] 【土人】

原住民などを軽侮ていった語。
もとからその土地に住んでいる人。土着の人。


土人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/21 12:25 UTC 版)

土人(どじん)とは、律令制度の「本貫地に居住している人(土人) [1]」。「其の地に生まれ住む人。土地の人。 [2]」「原住民、現地人 [3]natives [4]、現代では「原始的生活をする、土着の人種 [5]」、土人形・土偶、「未開地域の原始的な生活をしている住民を侮蔑していった語」[6]を第二語義とする辞書もある。


  1. ^ a b 西別府元日 (1996-06-15). “日本古代における地方吏僚集団の形成とその限界”. 史學研究 (広島史学研究会) (212): 3頁. http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/00025292. 
  2. ^ 金澤庄三郎(編) (昭和二十五年), 廣辭林 (新訂一一五〇版 ed.), 三省堂出版 
  3. ^ 金田一京助; 佐伯梅友; 大石初太郎; 逸村裕(編) (昭和五十八年), 新選国語辞典 (常用新版 ed.), 小学館 
  4. ^ 梅棹忠夫; 金田一春彦; 阪倉篤義; 日野原重明(編) (1990年), 日本語大辞典, 講談社カラー版, 講談社 
  5. ^ 西尾実; 岩淵悦太郎; 水谷静夫; 安江良介他(編) (1994年), 岩波国語辞典 (1994年第5版,1997年第5版第3刷. ed.), 岩波書店 
  6. ^ 土人デジタル大辞泉
  7. ^ 松原弘宣 (2005.03.01). “古代の民衆交通-古代国家の交通規制と民衆の交通権について”. 四国遍路と世界の巡礼―人的移動・交流とその社会史的アプローチ― (愛媛大学法文学部附属 四国遍路・世界の巡礼研究センター). http://henro.ll.ehime-u.ac.jp/post-200/. 
  8. ^ 姜成山 (2014). 渤海王国の社会と国家-在地社会有力者層の検討を中心に-. pp. 45. http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/8805782. 
  9. ^ 韓復智; 洪進業 (2003年). 後漢書紀傳今註. 10. 五南圖書出版股份有限公司. pp. 4811. 
  10. ^ 西别府元日 『律令国家の展開と地域支配』 思文閣出版、2002年、183頁。 
  11. ^ 「「土人云」の語は、まさしく近在の村人、漁民との交流を物語る。」 榊原悟 『日本絵画の見方』 角川学芸出版、2004年、284頁。 
  12. ^ 早川聞多 (1992-03-31). “<研究ノート>蕪村筆『夜色樓臺図』覚書”. 日本研究 : 国際日本文化研究センター紀要 (国際日本文化研究センター) 6: 133. http://jairo.nii.ac.jp/0378/00001700/en. 
  13. ^ 1968年5月9日衆議院内閣委員会での厚生省社会局保護課長曾根田郁夫答弁
  14. ^ 新札幌市史編集長海保洋子. “近代のアイヌ民族史”. 公益財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構. 2016年11月15日閲覧。 「「古民」、「土人」は土地の人という意味で本州で古くから使われているのですが、それを「旧土人」に呼称を統一します。なぜ「旧土人」かということを申しますと、近世の呼称の「土人」を「旧土人」にしたわけです。では、「新土人」は誰かといったら、開拓民たちが相当するのですが、もちろん「新土人」という言葉の使われ方はありません。」
  15. ^ 日本国語大辞典, 7 (縮小版第一版第一刷 ed.), 小学館, (昭和五十五年十月二十日) 
  16. ^ 大辭典, 三民書局股份有限公司, (中華民国七十四年(1985年)), pp. 857 
  17. ^ 漢語大詞典 (2 ed.), 漢語大詞典出版社, (2001年), ISBN 7543200163 
  18. ^ 森鴎外『伊沢蘭軒』(青空文庫)
  19. ^ 南方熊楠『十二支考 10 猪に関する民俗と伝説』(青空文庫)
  20. ^ 芥川龍之介『神神の微笑』(青空文庫)
  21. ^ 柳田国男『山の人生』 (青空文庫)
  22. ^ 木暮理太郎『望岳都東京』(青空文庫)
  23. ^ 中里 介山『大菩薩峠 白雲の巻』(青空文庫)
  24. ^ 高原健吉 (1973). “土人のことばと民衆の論理”. 思想の科学 (思想の科学社) 6 (22): 32. 
  25. ^ 曽野綾子 『「いい人」をやめると楽になる』 祥伝社、2002年、聖書の中の友情論。ISBN 4396313004 
  26. ^ 鈴木泰 (2013年9月). “第14回里川文化塾 大久保長安・八王子の治水とまちづくり”. ミツカン水の文化センター事務局. 2016年11月6日閲覧。
  27. ^ 高木敏雄 『比較神話学』 (青空文庫)、1904年(明治37年)。 
  28. ^ 竹井十郎 『日本人の新発展地南洋』 海外社、1929年、(3) 土人とは野蠻人の謂ひではない 表南洋と裏南洋http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1191634/21 
  29. ^ 和辻哲郎 『アフリカの文化』 (青空文庫)、1937年(昭和12年)。 
  30. ^ 戸坂潤 『認識論とは何か』 (青空文庫)、1937年(昭和12年)。 
  31. ^ 池澤夏樹 『カデナ』 新潮社、2009年(平成21年)、嘉手苅朝栄。ISBN 4103753072 
  32. ^ 婆羅門教論 : 仏教起原 加古義一 編[他] 清水久次郎 明22.1
  33. ^ 米国今不審議 赤峰瀬一郎 著 実学会英学校 明19.10
  34. ^ 波斯之旅 : 回疆探検 吉田正春 著 明27.4 博文館
  35. ^ 福澤諭吉『文明教育論』1889年(明治22年)(青空文庫)
  36. ^ 柄谷行人; 浅田彰 (1989-02). “昭和精神史を検証する”. 文學界 (東京: 文藝春秋) 43 (2): 72頁. 
  37. ^ 柄谷行人; 中上健次 『柄谷行人中上健次全対話』 講談社〈講談社文芸文庫〉、2011年、205頁。ISBN 9784062901208 
  38. ^ 翁長知事「言語道断」 「土人」発言、機動隊撤収にも言及」琉球新報 2016年10月21日閲覧
  39. ^ 「土人発言「侮蔑的な意味知らなかった」 機動隊員に戒告」 朝日新聞2016年10月21日
  40. ^ 「土人」発言は何が問題なのか 大阪で沖縄女性らが見せ物にされた人類館事件 沖縄タイムス 2016年10月20日。同10月26日閲覧
  41. ^ 郡山暢ことばのタブーとその言い換え関西大学、国文学, 第97号, 2013.03.31, p148
  42. ^ 「差別語含む」との指摘で岩波文庫が出荷停止 朝日新聞デジタル


「土人」の続きの解説一覧





土人と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「土人」の関連用語

1
100% |||||

2
96% |||||

3
92% |||||

4
先住民 国語辞典
92% |||||

5
土民 国語辞典
92% |||||


7
58% |||||


9
36% |||||


土人のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



土人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの土人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS