動機とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 心理学 > 動機の意味・解説 

どう‐き【動機】

人が意志決めたり行動起こしたりする直接原因。「犯行の動機」「タバコをやめた動機」

motive心理学で、人間動物行動引き起こし、その行動持続性を与え内的原因

倫理学で、行為をなすべく意志する際、その意志規定する根拠義務欲望衝動など。

モチーフ2


どう‐き【動機】

〔名〕

物体機械運動がおこるきっかけ動きみなもとまた、動かす力。

暦象新書(1798‐1802)中「動機一発する者は、常に一定に向て、一直線を画行して、自ら止留することなく、動機至らざる者は、常に一定処に安在して、永静不動なり」

西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉初「伝信機〈略〉既に鉄片運動を得れば、其動機を針端に伝へて」

② (英 motive フランス motif ドイツ Motiv の訳語

(イ) 倫理学で、対象または目的観念に導かれた衝動欲望をいう。〔哲学字彙(1881)〕

善の研究(1911)〈西田幾多郎〉三「こはその生受的なると後得的なるとを問はず意志の力とも称すべき者で、爰に之を動機と名づけて置く」

(ロ) 心理学で、行動ひき起こす意識的無意識的原因をいう。〔教育・心理論理術語詳解(1885)〕

③ (━する) 事を発動させるきっかけ。人が意志決めたり行動起こしたりする直接原因、または目的また、そのようなきっかけ原因などを持つこと。

恋慕ながし(1898)〈小栗風葉二七恋人離れては、其天才も神手も最早(もは)や発揮すべき動機(ドウキ)が無いのだ」

芸術創作または学問上の研究にあたり、その意欲をそそるもとになる素材思想モチーフ

(5) 音楽で、楽曲最小単位になる旋律断片、または音型。通常主題のなかに含まれ、また主題同義用いられることもある。モチーフ


動機

作者小杉健治

収載図書動機
出版社光文社
刊行年月1990.3

収載図書動機
出版社光文社
刊行年月1993.10
シリーズ名光文社文庫


動機

作者山下憲子

収載図書ショートショートの広場 6
出版社講談社
刊行年月1995.3
シリーズ名講談社文庫


動機

作者横山秀夫

収載図書ザ・ベストミステリーズ推理小説年鑑 2000
出版社講談社
刊行年月2000.6

収載図書動機
出版社文芸春秋
刊行年月2000.10

収載図書動機
出版社文藝春秋
刊行年月2002.11
シリーズ名文春文庫

収載図書罪深き者に罰を―ミステリー傑作42
出版社講談社
刊行年月2002.11
シリーズ名講談社文庫


動機

作者ダフネ・デュ・モーリア

収載図書デュ・モーリア傑作
出版社東京創元社
刊行年月2000.11
シリーズ名創元推理文庫


動機


動機

作者金堀常美

収載図書真夜中ココア
出版社新風舎
刊行年月2005.2
シリーズ名新風舎文庫


動機

作者ロナルド・A.ノックス

収載図書法月綸太郎本格ミステリ・アンソロジー
出版社角川書店
刊行年月2005.10
シリーズ名角川文庫


動機

作者家田満理

収載図書ショートショートの広場 20
出版社講談社
刊行年月2008.3
シリーズ名講談社文庫


動機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/03 04:46 UTC 版)

動機(どうき)は、




「動機」の続きの解説一覧

動機

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 08:20 UTC 版)

名詞

どうき

  1. 考え行動始めようになった意識的または無意識的原因

発音

ど↗ーき

関連語

翻訳




動機と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「動機」の関連用語

動機のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



動機のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの動機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの動機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS