購入とは? わかりやすく解説

購入

読み方:こうにゅう

購入とは、「物を買う(こと)」という意味用いられる表現である。英語のpurchaseもしくはbuy(ing)に相当する

購入の「購」の字は「あがなう」と訓読し、対価支払って目当てのものを得る(つまり「買う」)ことを意味する。「入」の字は「いれる」と読まれ、「購入」「納入」「導入のような表現においては「(物を移し入れる」という意味合い用いられるとりわけ「購入」の語では「自分のものにする」という意味合いまで汲み取り得る。

平たく言えば「購入」とは「買い入れるという意味合い漢語述べた言い方である。

ちなみに現代中国語でも「購入」の語は用いられる繁体字では日本語同じく「購入」、簡体字では「购入」と表記される

「購入」の語は名詞としても動詞としてもよく用いられる動詞としては「買う」よりも幾分かたい響きがあり、「購入なさいますか」「ご購入際には~」というような丁寧な表現において用いられやすい。名詞としては「購入履歴」「購入日」「即日購入」等々のように他の名詞連結して用いられるこおが多い。

「購入」と同じく「買う」の意味用いられる漢語表現には「購買」「決済」「買入」なども挙げられる。「購買」は「買う」「購う」という同義の字並置した語彙であり、その意味で「創作」「殴打」などと同じ構成の表現である。「購入」は「買い入れる」すなわち「買って自分のものにする」という意味合いを含む。「決済」は売買取引済ませるための対価代金)の受け渡しを指す意味で用いられる語であり、購入そのものとは指示対象微妙に異なる。「買入」は和語である「買い入れから送り仮名省いた略記であり、使いどころ微妙に異なるが、意味は「購入」と同じといえる

こう‐にゅう〔‐ニフ〕【購入】

読み方:こうにゅう

[名](スル)買うこと。買い入れること。「日用品を―する」「共同―」


売買

(購入 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 09:29 UTC 版)

売買(ばいばい)とは、当事者の一方(売主)が目的物の財産権を相手方(買主)に移転し、相手方(買主)がこれに対してその代金を支払うことを内容とする契約


  1. ^ 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、109頁
  2. ^ 柚木馨・高木多喜男編著 『新版 注釈民法〈14〉債権5』 有斐閣〈有斐閣コンメンタール〉、1993年3月、2頁
  3. ^ a b 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、111頁
  4. ^ 我妻栄・有泉亨・川井健著 『民法2 債権法 第2版』 勁草書房、2005年4月、268頁
  5. ^ 我妻栄・有泉亨・川井健著 『民法2 債権法 第2版』 勁草書房、2005年4月、273頁
  6. ^ 近江幸治著 『民法講義Ⅴ 契約法 第3版』 成文堂、2006年10月、121頁・163頁
  7. ^ 近江幸治著 『民法講義Ⅴ 契約法 第3版』 成文堂、2006年10月、163頁
  8. ^ a b c 松尾弘 『民法の体系 第6版』慶應義塾大学出版会、250頁。ISBN 978-4766422771 
  9. ^ a b 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、124頁
  10. ^ 松尾弘 『民法の体系 第6版』慶應義塾大学出版会、250-251頁。ISBN 978-4766422771 
  11. ^ a b 牧野和夫、河村寛治、飯田浩司 『国際取引法と契約実務 第2版』中央経済社、197頁。 
  12. ^ a b c d 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、122頁
  13. ^ a b 松尾弘 『民法の体系 第6版』慶應義塾大学出版会、284頁。ISBN 978-4766422771 
  14. ^ 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、126頁
  15. ^ 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、124-125頁
  16. ^ 柚木馨・高木多喜男編著 『新版 注釈民法〈14〉債権5』 有斐閣〈有斐閣コンメンタール〉、1993年3月、149頁
  17. ^ 柚木馨・高木多喜男編著 『新版 注釈民法〈14〉債権5』 有斐閣〈有斐閣コンメンタール〉、1993年3月、44頁
  18. ^ 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、122-123頁
  19. ^ 我妻栄・有泉亨・川井健著 『民法2 債権法 第2版』 勁草書房、2005年4月、279頁
  20. ^ 松尾弘 『民法の体系 第6版』慶應義塾大学出版会、262-263頁。ISBN 978-4766422771 
  21. ^ a b c d e f 松尾弘 『民法の体系 第6版』慶應義塾大学出版会、263頁。ISBN 978-4766422771 
  22. ^ 松尾弘 『民法の体系 第6版』慶應義塾大学出版会、262頁。ISBN 978-4766422771 
  23. ^ a b 松尾弘 『民法の体系 第6版』慶應義塾大学出版会、282頁。ISBN 978-4766422771 
  24. ^ 我妻栄・有泉亨・川井健著 『民法2 債権法 第2版』 勁草書房、2005年4月、292頁
  25. ^ 我妻栄・有泉亨・川井健著 『民法2 債権法 第2版』 勁草書房、2005年4月、85頁
  26. ^ 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、138頁
  27. ^ 松尾弘 『民法の体系 第6版』慶應義塾大学出版会、259頁。ISBN 978-4766422771 
  28. ^ 我妻栄・有泉亨・川井健著 『民法2 債権法 第2版』 勁草書房、2005年4月、278-279頁
  29. ^ 松尾弘 『民法の体系 第6版』慶應義塾大学出版会、259-260頁。ISBN 978-4766422771 
  30. ^ 最判昭43年8月20日民集22・8・1692
  31. ^ a b 澤田壽夫、柏木昇、杉浦保友、高杉直、森下哲朗、増田史子 『マテリアルズ国際取引法 第3版』有斐閣、51頁。ISBN 978-4641046696 


「売買」の続きの解説一覧

購入

出典:『Wiktionary』 (2020/06/22 14:54 UTC 版)

名詞

こうにゅう

  1. を買うこと。

類義語

対義語

動詞

活用

サ行変格活用
購入-する

「購入」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



購入と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「購入」に関係したコラム

  • バイナリーオプションのハイローとは

    バイナリーオプションのハイローとは、ある時点での通貨ペアの価格がその後に上がるか下がるかを予想するオプション商品の総称です。ハイローは、ハイアンドロー、HIGH&LOW、HIGHLOWとも呼ばれていま...

  • バイナリーオプションとFXとの違い、メリット、デメリットは

    バイナリーオプションもFXも、外国為替を対象にした投資商品ですが、注文方法や決済方法など異なる点がいくつかあります。それは、バイナリーオプション、FXのメリット、デメリットでもあります。例えば、バイナ...

  • FXのレバレッジの計算方法は

    FX(外国為替証拠金取引)において、通貨ペアの売買の際に必要になるのが証拠金です。レバレッジは、証拠金と、通貨ペアの価格、通貨数により計算することができます。FXのレバレッジの計算方法は、次のような式...

  • GMOクリック証券の提供するバイナリーオプションのハイローの解説

    GMOクリック証券株式会社の提供するバイナリーオプションは、外為オプション(外為OP)というサービス名で、ハイロー(HIGH&LOW)を提供しています。2012年5月現在、取り扱っている通貨ペアは、U...

  • 株式投資を1000円から始めるには

    株式投資は、10万円、100万円単位のお金が必要というイメージがありますが、実は、わずか1000円から始めることができます。株式投資を1000円から始めるには、いくつかの条件があります。まず、株式の売...

  • 株365の取引で用いられる用語

    株365の取引画面や取引明細書に記載されている専門用語の意味や計算方法について解説をします。▼総資産証拠金預託金額と建玉の損益を合計した金額です。総資産=証拠金預託金額+建玉損益▼証拠金預託金額購入前...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「購入」の関連用語

購入のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



購入のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの売買 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの購入 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS