入とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 接辞 > 接尾語 > の意味・解説 

しお〔しほ〕【入】

読み方:しお

接尾助数詞染色のときに染料に布を浸す度数数えるのに用いる。また、古く、酒を醸造するとき、酒を醸(か)む回数を数えるのにも用いる。

紅の八―の衣」〈万・二二三

「八―折の酒を醸み」〈記・上〉

「眉(まゆ)は漆にて百―(ももしほ)塗ったる如にして」〈太平記二三


じゅ【入】

読み方:じゅ

⇒にゅう


にゅう【入】

読み方:にゅう

[音]ニュウニフ)(呉) ジュ(慣) ジュウジフ)(漢) [訓]いる いれる はいる しお

学習漢字1年

[一]ニュウ

ある区域範囲中にはいる。「入学入国入浴加入介入混入参入出入侵入潜入転入突入没入乱入

いれる。「入金入手入籍入念記入吸入購入収入挿入注入投入納入搬入編入輸入

必要とする。「入費入用

漢字の四声の一。入声(にっしょう)。「平上去入(ひょうじょうきょにゅう)」

[二]ジュ〉はいる。「入水入内(じゅだい)・入木(じゅぼく)・入洛(じゅらく)」

[補説] 「入魂(じっこん)」のジッ入声ジフ音変化、「入唐(にっとう)」「入宋(にっそう)」のニッ入声ニフ音変化

名のり]いり・なり

難読一入(ひとしお)


読み方:いり

  1. 夕暮-日ノ入リノ意。〔第一類 天文事変
  2. 夕暮日の入りより)。
  3. 夕方。〔掏摸

分類 掏摸


読み方:いれる

  1. 飲む事を云ふ。

分類 役者


読み方:にゅう

  1. 陶器などの亀裂(ひび)をいふ。
  2. 瀬戸物瑕疵が入つて居ることをいふ。
  3. 道具類キズの事。
  4. 道具屋骨董商符牒のことで疵のことをいう、疵入りの略。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:イリiri

所在 岡山県苫田郡鏡野町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

〒708-0351  岡山県苫田郡鏡野町入

名字 読み方
いり
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

読み方
いり
かえる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/12 07:18 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

関連項目



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「入」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類

接尾語    入    

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「入」の関連用語



3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

入のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



入のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本郵政株式会社日本郵政株式会社
Copyright (C) 2022 JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd. All Rights Reserved.
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2022 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの入 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS