入母屋とは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > リフォーム用語 > 入母屋の意味・解説 

いり もや [0] 【入母屋】

建築屋根形式の一。屋根の上方は切妻造り下方寄棟造りのように四方に庇(ひさし)を葺()きおろすもの。

入母屋

東アジアみられる伝統的屋根形式のひとつ。上部においては切妻造下部においては寄棟造となる構造をもつ。日本においては古来より切妻屋根寄棟屋根より尊ばれ、その組み合わせである入母屋造はもっとも格式が高い形式として重んじられた。

入母屋

読み方:イリモヤ(irimoya)

寄棟切妻をのせたような屋根型で、破風をもつ。


入母屋造

(入母屋 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/07 04:44 UTC 版)

入母屋造(いりもやづくり)は、東アジア伝統屋根形式のひとつである。広義には当該形式の屋根をもつ建築物のことを指す。単に入母屋ということもある。




「入母屋造」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「入母屋」の関連用語

入母屋のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



入母屋のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2019 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの入母屋造 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS