城郭とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 曲輪 > 城郭の意味・解説 

じょう‐かく〔ジヤウクワク〕【城郭/城×廓】

読み方:じょうかく

城の周囲設けた囲い城壁。「—を巡らす

城と外囲い

外敵を防ぐための防御施設。とりで。「天然の—」


城郭

読み方:ジョウカク(joukaku)

(1)城の周囲の柵・塁・堀。
(2)天守閣含めた全体


城郭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/25 08:51 UTC 版)

城郭(じょうかく)とは、のこと[要出典]。または城と曲輪の総称。本来、城は内城、郭は外城を指した[要出典]。城郭で囲まれた都市を城壁都市という。




「城郭」の続きの解説一覧

城郭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 23:59 UTC 版)

舌状台地」の記事における「城郭」の解説

舌状台地先端部に城郭を設け事例各地に見られ平山城として言及される舌状台地先端部に城郭を構え場合台地面につながる部分には空堀設けるのが一般的であった例えば、青森県中泊町中里遺跡では、もともと古代集落があった場所に空堀などが施され中世城館となった東京都調布市深大寺城は、野川沼地三方にもち、西側台地につながる部分空堀設けた連郭式縄張中世城郭であったまた、現在の千葉県市原市にあった椎津城は、台地側に3条空堀設けていた。

※この「城郭」の解説は、「舌状台地」の解説の一部です。
「城郭」を含む「舌状台地」の記事については、「舌状台地」の概要を参照ください。


城郭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/17 02:15 UTC 版)

南漢山城」の記事における「城郭」の解説

城郭は基本的に元城外城区分されるが、元城一つ繋がれ本城であり、外城として東側巖城と漢峰城、南側新南城があり、東西2つ高台構築されている。元城1624年仁祖2年)から1626年(同4年)の間に増改築当時ママ築城されて周囲7,545mになる。 元城内部は約67万余坪と測量されている。現在元城南側北側一部破損された状態である。

※この「城郭」の解説は、「南漢山城」の解説の一部です。
「城郭」を含む「南漢山城」の記事については、「南漢山城」の概要を参照ください。


城郭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 13:50 UTC 版)

山形城」の記事における「城郭」の解説

山形城は、本丸二の丸三の丸が、同心円状配置された輪郭式平城である。二の丸には5つ三の丸には11の出入り門が作られた中世居館拡張して城郭とし、本丸御殿のみで天守造られなかったが二ノ丸代用三重建てられていた。ただこの三重元禄期(1688~1704)までに取壊されている。二の丸一辺500メートルどの方形、三の丸1.5キロメートルから2キロメートルほどの楕円形であった本丸には御殿二の丸には藩の政庁御三階櫓が、三の丸には534人の上級、中級最上家家臣屋敷城外には1,326人の家臣屋敷寺院が町方を取り囲むように置かれた霞城公園取り囲む水堀は、二の丸の濠であり、良く保存されている。三の丸水堀江戸期終わりごろには埋没し湿地化していたところが多かった多くは現在、住宅地などの地下埋没しているが、発掘調査結果良く保存されていることが確かめられた。

※この「城郭」の解説は、「山形城」の解説の一部です。
「城郭」を含む「山形城」の記事については、「山形城」の概要を参照ください。


城郭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/22 08:28 UTC 版)

基町」の記事における「城郭」の解説

中世までこの地太田川河口干潟であった応安4年1371年今川了俊紀行文道ゆきぶり』には「しほひ(潮干)の浜」として登場する広島県教育委員会資料によると、中世以前遺跡埋蔵文化財発見されていない戦国時代末期毛利輝元平野部に城と城下町一体化して築き領国政治・経済中心とすること(近世城郭)を決める。当時五箇」(ごか、五ヶとも)と呼ばれた寒村であったこの地天正17年1589年築城開始慶長4年1599年落成した。「広島」が名付けられたのはこのときである。のち城は福島正則次いで浅野長晟入場し幕末まで浅野氏統治した。 「広島城」も参照 Clip正保城絵図安芸国広島城絵図』 つまり近世においては広島城の城郭内に当たり、幕末まで機能し続けた現在の基町範囲内では、本丸二の丸三の丸(内大手郭)・外郭大手郭と西の郭に当たる大手郭の一部北の郭北の丸現在の白島上八丁堀)。外堀つまり現在の町境には二重櫓築かれ、特に太田川(現旧太田川)を外堀位置づけ隣接する西側沿岸にも築かれていた。川には防衛上の観点から架橋制限が行われていた。 中枢部であった本丸二の丸には厳重な警備がしかれ誰でも簡単には立ち入ることができなかった。三の丸には一族大名重臣住んでおり外郭城下町隔離していたものの、日中であれば藩士でなくても入ることができた。 明治時代初め本丸二の丸三の丸大手郭を「南町」、白島側の北の丸北の郭を「北町」、川側の西の郭小姓町)を「西町」と称していた。1887年明治20年南町北町西町一緒になり広島開基の地に因んで基町」と名付けられた。

※この「城郭」の解説は、「基町」の解説の一部です。
「城郭」を含む「基町」の記事については、「基町」の概要を参照ください。


城郭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 01:00 UTC 版)

八王子市」の記事における「城郭」の解説

片倉城跡 - 片倉町空堀土塁等が残り15世紀後半中世城郭の形態を今に伝える。東京都指定史跡滝山城跡 - 高月町大石定重築城その後北条氏照居城規模の大きさ保存状態良さでは日本でも有数の城跡東京都立滝山自然公園一画丘陵斜面を覆う約5千本のが有名。国指定史跡高月城跡 - 高月町八王子城跡 - 元八王子町北条氏照居城であり、関東屈指の山城である。国指定史跡日本100名城。 ■右列に画像あり 初沢城跡 - 初沢町東京都指定史跡浄福寺城跡 - 下恩方町小田野城跡 - 西寺方町。国指定史跡

※この「城郭」の解説は、「八王子市」の解説の一部です。
「城郭」を含む「八王子市」の記事については、「八王子市」の概要を参照ください。


城郭(日本の城)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 11:42 UTC 版)

日本最後の一覧」の記事における「城郭(日本の城)」の解説

最後に完成した完全な天守現存する城郭建築松山城天守本壇が1854年2月落成最後に完成した天守有する日本式城郭:松前城1849年幕府築城許可1854年9月完成最後に完成した幕藩体制下の藩による日本式城郭:石田城1849年幕府築城許可1863年6月完成最後に完成した日本式城郭:園部城1868年明治政府築城許可1869年8月完成最後に完成した、藩が建築した城(稜堡式城郭):松尾城1869年9月着工1870年藩庁などが完成個人所有であった最後の城:犬山城現存天守。旧城主成瀬家所有であった2004年より財団法人所有となる

※この「城郭(日本の城)」の解説は、「日本最後の一覧」の解説の一部です。
「城郭(日本の城)」を含む「日本最後の一覧」の記事については、「日本最後の一覧」の概要を参照ください。


城郭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 05:37 UTC 版)

安土桃山時代」の記事における「城郭」の解説

「城#日本」も参照 戦国時代から安土桃山時代にかけて鉱山技術建築技術築城技術造船技術などが進歩して軍事色が強い山城から平山城移行した城下町発展商業化城主政治統治商人への経済支配重視する平城移行した織豊系城郭呼ばれ野面積み石垣用いられるようになり、天守を持つ城郭建築主流となる。 犬山城現存国宝安土城本能寺の変後焼失 松本城現存国宝大坂城大坂の陣焼失現在の遺構江戸時代造られたもの 丸岡城現存国の重要文化財伏見城江戸時代初期に廃城御香宮神社表門遺構として伝えられている聚楽第豊臣秀次失脚時に破棄大徳寺唐門西本願寺飛雲閣遺構として伝えられる。 佐和山城 竹田城 名護屋城 姫路城現存国宝世界遺産倭城文禄・慶長の役朝鮮半島築かれた城 蔚山城 西生浦城 順天城

※この「城郭」の解説は、「安土桃山時代」の解説の一部です。
「城郭」を含む「安土桃山時代」の記事については、「安土桃山時代」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「城郭」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「城郭」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



城郭と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

城郭のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



城郭のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの城郭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの舌状台地 (改訂履歴)、南漢山城 (改訂履歴)、山形城 (改訂履歴)、基町 (改訂履歴)、八王子市 (改訂履歴)、日本最後の一覧 (改訂履歴)、安土桃山時代 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS