転用とは? わかりやすく解説

てん‐よう【転用】

読み方:てんよう

[名](スル)本来の目的他にかえて使用すること。「住宅資金教育費に―する」


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/31 13:35 UTC 版)

帝都電鉄モハ100形電車」の記事における「転用」の解説

1964年7月にはクハ1200形全車とも運転台撤去して中間車化、サハ1200形1201 - 1204へ改番され、更に1966年8月サハ1202が京王線転属、翌1967年9月にはサハ1203・1204がクハ1203・1204へ復元され上で改軌に伴い台車5070系→5100系の台車交換不要となった2700系由来東急車輛TS-101へ交換したデハ1401 - 1403やデハ1801 - 1803と共にこちらも京王線転属となった。 これらは主に動物園線競馬場線高尾線3つの支線中心に運用され1969年京王線系統ATS稼働開始に備えてデハクハにはATS機器搭載工事実施されている。 また、井の頭線残ったクハ1250形は1970年11月中間車化されサハ1250形1251 - 1257となり、サハ1300形と共にデハ1900形などの編成組み込まれるようになった

※この「転用」の解説は、「帝都電鉄モハ100形電車」の解説の一部です。
「転用」を含む「帝都電鉄モハ100形電車」の記事については、「帝都電鉄モハ100形電車」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/22 19:59 UTC 版)

震源」の記事における「転用」の解説

震源という言葉は、ものごと(とくに事件騒動)の原因渦中という意味使われることがある震央という言葉をなにかのたとえに使うことはほとんどない

※この「転用」の解説は、「震源」の解説の一部です。
「転用」を含む「震源」の記事については、「震源」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 04:30 UTC 版)

守破離」の記事における「転用」の解説

IT業界では、守破離用いて下のように技術者個人スキル組込みスキル標準などで評価することがある

※この「転用」の解説は、「守破離」の解説の一部です。
「転用」を含む「守破離」の記事については、「守破離」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/22 18:00 UTC 版)

犬笛」の記事における「転用」の解説

詳細は「en:Dog whistle (politics)」を参照 犬笛には聞き取ることができるが、人の耳で聞き取ることができない音を発することから転じて特定の層を意識して暗号のような表現使い(特に人種差別的なメッセージ発信し人心を操る政治手法のことを指して、「犬笛と呼ぶことがある

※この「転用」の解説は、「犬笛」の解説の一部です。
「転用」を含む「犬笛」の記事については、「犬笛」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/20 22:29 UTC 版)

「奇跡」記事における「転用」の解説

普通に起こりそうもないできごと起こ可能性極めて低い出来事について、宗教信仰とは無関係に奇跡呼ばれることがあるスポーツでは、格上に対する劇的な勝利信じがたいプレーに対して開催地名を取ってキンシャサの奇跡メドウランズの奇跡などと呼ぶことがある。特にサッカーでは、劣勢にあったチーム後半ロスタイム同点追いつく、あるいは逆転した場合にも「~の奇跡」と名付ける事があるリーグ戦においては引き分けでも勝ち点1が得られることから圧倒的格上相手に対して引き分けでも奇跡みなされる場合がある)。(例)イスタンブールの奇跡マイアミの奇跡カンプ・ノウの奇跡 スポーツ以外では、急激な経済発展指して東洋の奇跡漢江の奇跡などと言うことがある。 また、統計学的に極めて低い確率でしか起こらない望ましい)ことが実現した場合にも用いられる例えば、液体の水持ち気候安定し高等生物多数生息する星はめったに生まれないという立場からみて、「奇跡の星地球」といった呼び方をする[要出典]。

※この「転用」の解説は、「奇跡」の解説の一部です。
「転用」を含む「奇跡」の記事については、「奇跡」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/11 01:09 UTC 版)

試製四十一糎榴弾砲」の記事における「転用」の解説

ソビエト連邦労農赤軍)は、1931年昭和6年)に勃発した満州事変の頃から極東における帝国陸軍動向警戒しており、翌年以降は満ソ国境トーチカ陣地構築するなど国境線強化励んでいた。満州防衛を担う関東軍もこれに呼応し国境各地に永久陣地構築各種要塞砲国境守備隊配備していた。日本軍防御陣地の中でも、ウスリー河対岸ソ連イマン(現・ダリネレチェンスク)を見渡せる高地抱え長大な満ソ国境において唯一シベリア鉄道視認できる戦略拠点であった虎頭要塞重要視されており、七年式三十糎長榴弾砲2門を筆頭に要塞砲増強されていたが、この虎頭要塞砲兵隊攻撃能力危惧したソ連軍は、ウスリー河対岸シベリア鉄道イマン鉄橋国境より15km迂回して架橋しなおしたイマン迂回鉄橋)。旧新と二重に建設され鉄橋のうち、古い手前側鉄橋は、七年式三十糎長榴弾砲射程圏内であったが、新設後方鉄橋射程限界線まで後退してしまった。それに対抗するために転用されたのが長射程・大威力試製四十一糎榴弾砲である。また同時に日本軍火砲では最大の射程50,120m(50.12km)を誇る日本唯一の列車砲である九〇式二十四糎列車加農配備決定している。 1942年昭和17年)春までの備砲完了目処に1941年昭和16年11月から約1ヶ月間にわたり富津射撃場にて実弾射撃を含む砲手選抜操砲要員訓練実施された。その後に本砲は分解され20数両の貨車に分載、神戸港で九四式列車加農とともに「辰福丸」に積載され大連港輸送され陸揚げ同年12月ハルビン到着香坊鉄道第3連隊必要な組み立て終え虎頭鉄道輸送され、搬入秘匿のため夜間行われた砲床構築経て1942年3月備砲開始し5月までに設置完了したその後に本砲の掩体として2箇所砲門有する鉄筋コンクリート製のドーム厚さ2mから7m)状の掩体壕建造し、壕に擬装行い四十一榴の陣地完成した1944年昭和19年)、南方戦線戦況悪化により関東軍から南方軍戦力抽出する転用が激増した虎頭要塞国境守備隊改編され、砲兵隊中隊数が激減し九一式十糎榴弾砲四一式山砲などの軽砲引き抜かれたものの、試製四十一糎榴弾砲九〇式二十四糎列車加農七年式三十糎長榴弾砲四五式二十四糎榴弾砲九六式十五加農四五十五糎加濃などの重砲そのままであった。

※この「転用」の解説は、「試製四十一糎榴弾砲」の解説の一部です。
「転用」を含む「試製四十一糎榴弾砲」の記事については、「試製四十一糎榴弾砲」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/24 17:25 UTC 版)

逆縁」の記事における「転用」の解説

生前仇敵供養をなすことから親類縁者でもない者が供養する、また年長者が年少者供養をすることを逆縁というが、これが俗に転用されて、親より先に死ぬことを逆縁というようになったまた、寡婦夫の兄弟再婚すること、広く寡夫が妻の姉妹再婚することも含めて逆縁婚という(レビラト婚ソロレート婚を参照)。 この項目は、仏教関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(ポータル 仏教/ウィキプロジェクト 仏教)。 表 話 編 歴 仏教基本教義 縁起 四諦 八正道 三法印四法印諸行無常 諸法無我 涅槃寂静 一切皆苦四苦八苦 輪廻 六道 煩悩三毒)業(三業解脱 唯識 菩提 仏性 人物 釈迦 十大弟子 龍樹 無著 世親 玄奘 達磨 信仰対象 三宝仏 法 僧仏の一覧如来 菩薩 明王 天部 垂迹神 高僧分類 原始仏教 部派仏教 大乗仏教 密教 神仏習合 修験道 宗派 仏教宗派 - 仏教系新宗教 地域別仏教 インド 中国 日本 朝鮮 台湾 ベトナム チベット スリランカ ミャンマー タイ 中東 ヨーロッパ アフリカ 中央アメリカ 聖典 三蔵律蔵 経蔵 論蔵パーリ語:パーリ語経典漢訳:漢訳大蔵経大正新脩大蔵経漢訳仏典一覧)西蔵訳:チベット大蔵経 聖地 ルンビニー ブッダガヤ サールナート クシナガラ 五台山 峨眉山 熊野三山 高野山 比叡山 霊峰 霊場 宗教 ウィキプロジェクト 仏教 ウィキポータル 仏教

※この「転用」の解説は、「逆縁」の解説の一部です。
「転用」を含む「逆縁」の記事については、「逆縁」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/26 15:47 UTC 版)

2インチ中迫撃砲」の記事における「転用」の解説

1918年春に迫撃砲として使用されなくなった後、余った砲弾対戦車地雷に転用された。その多く地雷用の信管付けて西部戦線埋められた。 地雷設置した場所の資料不十分だったため、戦後地雷が残ることになり、フランスでは1930年代まで地雷による犠牲者出ていた。

※この「転用」の解説は、「2インチ中迫撃砲」の解説の一部です。
「転用」を含む「2インチ中迫撃砲」の記事については、「2インチ中迫撃砲」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/07 18:04 UTC 版)

投網」の記事における「転用」の解説

網打/網打ちあみうち)とは、第1義には、投網獲ること、および、その人をいうが、第2義には、相撲の決まり手一つである。これは、漁師投網を打つように、相手力士差し手両手持ちながら、土俵外放り投げるであることに由来する第2義については別項網打ち」に詳しい。

※この「転用」の解説は、「投網」の解説の一部です。
「転用」を含む「投網」の記事については、「投網」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/01 06:20 UTC 版)

旗艦」の記事における「転用」の解説

ヒンデンブルク号飛行船であるがツェッペリン社が有する最大の飛行船であったため旗艦呼ばれたまた、他の多くの海軍用と同様、「旗艦」「フラグシップ」もほかの用途に転用されて、日常的な用語として使われるこの場合集団グループ最も重要な位置付けあるものを指すが、この最も重要な位置付けとは、通常ステータス性を持つものや戦略的に重要なものとしての位置づけである。 たとえば、会社利益支え主力製品、あるいは会社技術の粋を尽くしてつくられ最高価格製品を「旗艦製品」「フラグシッププロダクト」と呼んだり会社の中で最大の設備規模有する中核店舗、あるいは先駆的な試みをする位置付け店舗を「旗艦店」「フラグシップストア」と呼んだりする。 「フラグシップ機」も参照

※この「転用」の解説は、「旗艦」の解説の一部です。
「転用」を含む「旗艦」の記事については、「旗艦」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/07 05:15 UTC 版)

サンドバッグ」の記事における「転用」の解説

格闘技試合練習試合喧嘩などで一方的に攻撃を受けてしまう状態を「サンドバッグ」と呼称する場合がある

※この「転用」の解説は、「サンドバッグ」の解説の一部です。
「転用」を含む「サンドバッグ」の記事については、「サンドバッグ」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 03:45 UTC 版)

落書き」の記事における「転用」の解説

価値のない情報氾濫する場」という意味で、電子掲示板書かれる内容を、「便所の落書き」と非難することがある由来としては、新世紀エヴァンゲリオン庵野秀明監督が、インターネット上チャット通信について「便所の落書き」と批判したことにある。また東芝クレーマー事件において筑紫哲也自身の番組中、インターネット上情報を、「かなり恣意的で、トイレの落書きに近い、などという酷評すらあります」と報じた

※この「転用」の解説は、「落書き」の解説の一部です。
「転用」を含む「落書き」の記事については、「落書き」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/01 07:13 UTC 版)

包丁」の記事における「転用」の解説

人斬包丁/人斬り包丁ひときりばうちゃう、現代仮名遣いひときりぼうちょう武士の刀(日本刀)をあざけったり、怖れたりしていう語。語構成ja: 人斬/人斬り(人を斬り殺すこと)+ 包丁 ]。「斬」は「切」とも記す。「包丁」は「庖丁」とも記す。

※この「転用」の解説は、「包丁」の解説の一部です。
「転用」を含む「包丁」の記事については、「包丁」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 05:47 UTC 版)

縁起」の記事における「転用」の解説

本記事で解説した仏教用語としての用法他に下記のような語義がある。『岩波仏教辞典』は、これらの語義仏教用語としての「縁起」が転用されて生じたとしている。 社寺仏像経典などの由来や沿革寺社縁起縁起絵巻縁起状など。 吉凶幸不幸の、因由前兆。「縁起を担ぐ」、「縁起が良い」、「縁起が悪い」、縁起物縁起直し縁起棚など。

※この「転用」の解説は、「縁起」の解説の一部です。
「転用」を含む「縁起」の記事については、「縁起」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/09 22:08 UTC 版)

話し合い解散」の記事における「転用」の解説

転じて与野党間の協議によって事前に申し合わせた上で衆議院解散を行うことをいう。

※この「転用」の解説は、「話し合い解散」の解説の一部です。
「転用」を含む「話し合い解散」の記事については、「話し合い解散」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/24 06:44 UTC 版)

ハト派」の記事における「転用」の解説

中央銀行金融政策評する際に物価安定重視し通貨引き締めを行う姿勢タカ派景気拡大重視し金融緩和積極的に行う姿勢ハト派称する場合がある田中秀臣ベン・バーナンキ 世界経済新皇帝」講談社、P84)。

※この「転用」の解説は、「ハト派」の解説の一部です。
「転用」を含む「ハト派」の記事については、「ハト派」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 21:05 UTC 版)

「聖地」記事における「転用」の解説

元々は宗教的な要素の強い言葉であるが、その意味合いから政治・文化スポーツなど様々な形で転用が見られる

※この「転用」の解説は、「聖地」の解説の一部です。
「転用」を含む「聖地」の記事については、「聖地」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/02 02:40 UTC 版)

ゴルゴタの丘」の記事における「転用」の解説

ヨーロッパでは、イエス受難出来事十字架の道行き)、あるいはそれが起こったと言われる所を再現する山や丘にある教会群は「カルワリオの丘」(ドイツ語:Kalvarienberg、ポーランド語:Kalwaria)と称されることがある。(イタリア語では「サクロ・モンテ」とも呼ばれる。) また、西ヨーロッパ一部フランス北部ベルギーなど)では十字架上のイエス中心とする群像中世から近世にかけて公の場建てられ、これらも「カルワリオ」(フランス語calvaireブルトン語: c'halvarオランダ語:calvarie)と呼ばれている。なおスペインポルトガルではこの類群像は「クルセーロ」(スペイン語:crucero)または「クルゼイロ」(ポルトガル語: cruzeiro)と呼ばれる

※この「転用」の解説は、「ゴルゴタの丘」の解説の一部です。
「転用」を含む「ゴルゴタの丘」の記事については、「ゴルゴタの丘」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/26 15:46 UTC 版)

偶像」の記事における「転用」の解説

転じてあこがれの的熱狂的なファンをもつ人を指してアイドルと呼ぶ

※この「転用」の解説は、「偶像」の解説の一部です。
「転用」を含む「偶像」の記事については、「偶像」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/30 00:25 UTC 版)

地方」の記事における「転用」の解説

国との類比で、様々な法人関連する地域組織組織構造に関しても、類似の使われ方をすることがある全域に対する一部地域 企業活動する全域に対してその中のひとつ地域を「地方」と考える。 本社に対する支社本部に対する支部

※この「転用」の解説は、「地方」の解説の一部です。
「転用」を含む「地方」の記事については、「地方」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 22:14 UTC 版)

おやじ狩り」の記事における「転用」の解説

2011年7月16日菅内閣野田佳彦財務大臣は、横浜市行われた震災復興についての公開討論で、たばこ税酒税増税案について、タバコと酒が成人嗜好品で、主な課税対象者が庶民であることから、「税制を通じおやじ狩りみたいなところがある」と述べ増税否定的姿勢示した。 この野田発言は、2005年1月25日小泉内閣第三のビール増税案を第162回国会に上程したことについて、当時民主党衆議院議員だった野田が、衆議院本会議代表質問小泉純一郎に対して税制おやじ狩り」と述べた政治姿勢同じで一貫したものであった

※この「転用」の解説は、「おやじ狩り」の解説の一部です。
「転用」を含む「おやじ狩り」の記事については、「おやじ狩り」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/08 18:09 UTC 版)

国鉄トキ900形貨車」の記事における「転用」の解説

太平洋戦争後も一般貨車業務用客車需給自体逼迫していたことから整理対象になったトキ900形は多種多様な客貨車改造種車となっている。暖房車マヌ34形、ヌ100形有蓋車10000形ワム90000形豚積車ウ300形陶器車ポ300形長物車チサ1600形操重車50形雪かき車キ950形、車掌車ヨ3500形多数あり。改造に際しては種車台枠強度不足な問題多く多く中間軸を省いた二軸車か、ボギー台車装備かに変更され改造流用といえども台枠部材一部連結器ブレーキ装置など、比較限られた部品流用に留まった事例が多い。

※この「転用」の解説は、「国鉄トキ900形貨車」の解説の一部です。
「転用」を含む「国鉄トキ900形貨車」の記事については、「国鉄トキ900形貨車」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 05:02 UTC 版)

山の神」の記事における「転用」の解説

山の神女神であり、恐ろしいものの代表的存在であったことから中世以降口やかましい妻の呼称一つとして山の神」が用いられるようになった

※この「転用」の解説は、「山の神」の解説の一部です。
「転用」を含む「山の神」の記事については、「山の神」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/15 04:55 UTC 版)

流産」の記事における「転用」の解説

一度妊娠したものが出産至らず終わる、ということから転じて物事企画中止になることを流産と呼ぶ用法生まれたが、近年では余り用いられない戦前の日本では一度大命降下しながら諸般の事情組閣できなかった場合流産内閣と呼ぶ用法があった(清浦奎吾の「鰻香内閣」など)。

※この「転用」の解説は、「流産」の解説の一部です。
「転用」を含む「流産」の記事については、「流産」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/19 18:11 UTC 版)

ままこ立て」の記事における「転用」の解説

算数文章題使われる。「環状並べた碁石」、あるいは「積み上げられたカード」などを一定の規則にしたがって取り除いたときに最後に残るものを求め問題。 1から順に番号書かれているカード1枚ずつあり、このカードを1から番号順に時計回り並べる。そして、1の番号ついているカードから1枚おきに時計回りに取除き最後に残る番号について考える。例えば、カード10のとき、1→3→5→7→9→2→6→10→8→4の順に取除き最後に残るカードは4となる。カード枚数変えて、同じ規則カード取り除くとき、次の問い答えよ12カード並べるとき、最後に残るカード番号答えなさい。1→3 というように、1のカードと3のカード2枚取ったときに10残る。ここで改め番号振りなおすと、もともと5,6,7,8であったものが1, 2, 3, 4,…となり、問題の例から4が残ることが分かる。4の元の番号は8であるから答えは8である。 並べカード枚数20以上100枚下のとき、最後に残るカード番号が2になるような場合をすべて答えなさい。一般にカード2の累乗あるとき、その最後の「2の累乗」番目自身最後に残る。 つまり、取り始め次に位置するカードが残る。 したがって、1を除いたときの残り枚数2の累乗になったならば、次に取り始める3の隣の2が最後に残る。 2の累乗+1で、20以上100以下のもの3365二つ2007カード並べるとき、最後に残るカード番号答えなさい。2を10個かけると1024であるから、2007-1024=983(取り除いたときに、その前隣は、新し1番の後隣になって最後に残る。 983番目の正の奇数+1=983番目の正の偶数=1966番。

※この「転用」の解説は、「ままこ立て」の解説の一部です。
「転用」を含む「ままこ立て」の記事については、「ままこ立て」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/26 02:57 UTC 版)

二千石」の記事における「転用」の解説

漢代に郡太守代名詞として使われことから転じ知事などの地方長官を「二千石」と表現する用法がある。

※この「転用」の解説は、「二千石」の解説の一部です。
「転用」を含む「二千石」の記事については、「二千石」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/22 13:48 UTC 版)

悲劇」の記事における「転用」の解説

スポーツなどで、ある国やチーム悲願達成あと一歩のところで逃したときや、あまりに酷い負け方をしたときにその出来事開催地名を取って「~の悲劇」と名付ける事がある。とくにサッカーの国際大会このような表現がされることがある。(例)ドーハの悲劇パリの悲劇 また、期待大きく裏切られたり、順調に進んでいた中で突然大失敗不慮災害見舞われたりすることを、「悲劇的と言う事がある。(例)悲劇的結末 単に大きな事故災害、その他悲惨な事態を呼ぶこともある。(例)ヒルズボロの悲劇ヘイゼルの悲劇コソボ悲劇ダンピールの悲劇

※この「転用」の解説は、「悲劇」の解説の一部です。
「転用」を含む「悲劇」の記事については、「悲劇」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/24 14:23 UTC 版)

餌付け」の記事における「転用」の解説

人間関係おいても食事おごったり、食品贈ったりして信頼関係を築くことを「餌付けということがある。揶揄的な表現である。

※この「転用」の解説は、「餌付け」の解説の一部です。
「転用」を含む「餌付け」の記事については、「餌付け」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/21 13:36 UTC 版)

錦の御旗」の記事における「転用」の解説

錦の御旗」という言葉は、その意味合いから転用され、現在では自身の主張正当性を示すもの」を指す意味でも用いられる似た用法で「水戸黄門印籠」という表現があるが、「葵の御紋」が一時の権威を示す」ものと言う意味と対比して錦の御旗」は、歴史的永続性を含む、「永遠不変の正当性を示すより重い意味で使われる

※この「転用」の解説は、「錦の御旗」の解説の一部です。
「転用」を含む「錦の御旗」の記事については、「錦の御旗」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/04 14:54 UTC 版)

人柱」の記事における「転用」の解説

ネットスラング・パソコン用語として人柱とは、リスクがあるにもかかわらず最新の製品など自ら進んで購入してテストする者を指す。また、クロックアップなどの規格外使い方試すこと含まれる技術革新スピードが速い分野あるため製品サイクル速く、年単位見れば実に数多く新製品投入されている。それらには販売開始時点で高価なものや入手困難品も時に見られハードウェア面で設計ミス無くてもデバイスドライバ完成度低さなどからトラブル抱えている可能性もある。そのため、そういった製品用いることや、製品保証対象外となるような規格外使い方をすることは、様々なリスクとりわけ経済的リスクつきまとう行為である。他人のために犠牲になるという点では本来の人柱」と共通しているが、この意味では自ら進んで行う行為である点で異なる。 また、ハードウェアに限らずソフトウェアおいても人柱表現用いられる新しオペレーティングシステムベンダーから提供された際にいち早くこれを導入しバグ・不具合などを報告するレビュワーも「人柱」の一種である。

※この「転用」の解説は、「人柱」の解説の一部です。
「転用」を含む「人柱」の記事については、「人柱」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/09 03:36 UTC 版)

立直」の記事における「転用」の解説

立直」の語は以下に転用されているパチンコで、図柄変動によって大当たり期待させるアクションを「リーチと呼ぶリーチ (パチンコ)を参照パチスロでは、ボーナス成立した時の特別な制御出現する出目を、リーチ目という。 ビンゴゲームで、ある1つマスに印がつけば1列に印がそろうようになる状態を「リーチと呼ぶリーチ (ゲーム)を参照。 その他「落第にリーチかかった」などと、ある状態が達成される寸前であることを「リーチと呼ぶいずれも普通カタカナ書かれる

※この「転用」の解説は、「立直」の解説の一部です。
「転用」を含む「立直」の記事については、「立直」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 15:38 UTC 版)

王国」の記事における「転用」の解説

宗教において理想とする国家を「王国」と称する場合がある(例: キリスト教の「千年王国」、エホバの証人の「神の王国」など)。 特定の政党政治家(特に世襲議員)が長年支持基盤としている選挙区を「○○王国と呼ぶこともある(例: 民主王国、「田中王国」と呼ばれた新潟5区小沢王国呼ばれる岩手県第3区など)。 他にも特定の産業などが盛んな地域や、特定のメーカー機械車両などが寡占している様を「○○王国と呼ぶことがある(例: 「果樹王国山形」「ボーイング王国日本」など)。

※この「転用」の解説は、「王国」の解説の一部です。
「転用」を含む「王国」の記事については、「王国」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 08:50 UTC 版)

手順前後」の記事における「転用」の解説

ゲーム以外の場面においても説明考え順序逆転している場合や、その逆転によって適切な結果得られないようなことを指して手順前後と呼ぶことがある

※この「転用」の解説は、「手順前後」の解説の一部です。
「転用」を含む「手順前後」の記事については、「手順前後」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 07:58 UTC 版)

処女」の記事における「転用」の解説

上述の意味から転じて、「初めての」(例:「処女作」、「処女航海」(これは船が女性として表現される事にもちなむ))、また「人がまだ足を踏み入れていない」(例:「処女地」、「処女雪」)という意味でも使われるまた、食品など原材料との関係でバージン呼ばれるものも存在する。 まだ人が一度も登頂したことのない山未踏峰)のことを「処女峰」とも呼ぶ。 自然のまま森林原生林のこと「処女林と呼ぶ地下のマグマ含まれていたで、火山爆発温泉活動などによって初め地表付近に現れ新たに水循環加わったものを「処女水と呼ぶヘアカラーパーマなど薬剤使用した施術を何もしたことのない髪のことを「バージンヘア」という。バージンヘアカラー剤やパーマ剤によるヘアダメージがないため、キューティクル規則正しく並んでおり、艶やかで芯のあるしなやかな髪が特徴である。 オリーブ・オイルで、果汁から遠心分離などによって直接得られた油を「バージン・オイル」、その中で果汁香りが良いものを「エクストラ・バージン・オイルと呼ぶパルプで、古紙再利用原料含まれていない木材パルプを「バージン・パルプと呼ぶ

※この「転用」の解説は、「処女」の解説の一部です。
「転用」を含む「処女」の記事については、「処女」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 20:48 UTC 版)

天邪鬼」の記事における「転用」の解説

人の心見計らって悪戯をしかける子鬼とされることから転じて現代では「他者多数派)の思想・言動逆らうような言動をする"ひねくれ者"、"つむじ曲がり"」を指して、「あまのじゃく(な人)」と称されるようになった映像作品上のキャラクターとして転化される際にもこの性格押し出されることが多く一例として特撮作品ぐるぐるメダマン』では仲間内対立を招くキャラクターとして、『忍者戦隊カクレンジャー』では人々意地悪にして騒動を起こす敵役として登場している。

※この「転用」の解説は、「天邪鬼」の解説の一部です。
「転用」を含む「天邪鬼」の記事については、「天邪鬼」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 08:57 UTC 版)

一方通行」の記事における「転用」の解説

一方通行は、意思伝達一方的で相手伝わっていないことや、その状態にある人間関係も指す。

※この「転用」の解説は、「一方通行」の解説の一部です。
「転用」を含む「一方通行」の記事については、「一方通行」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/21 14:26 UTC 版)

凶作」の記事における「転用」の解説

本来の意味から転じてロット単位見た製品全体出来悪さや、高不良率・高故障率など。 質的な人材確保難 これらを形容する表現として用いられることがある。 たとえば、プロ野球新人選手獲得に際して行われるプロ野球ドラフト会議においてはかつてはアマチュア選手しか参加できなかったオリンピック日本代表選考など影響から選考対象となるプロ野球選手志望者の層が薄くなる年度が見られその様な場合に「凶作ドラフト」などという表現用いられることがあった。

※この「転用」の解説は、「凶作」の解説の一部です。
「転用」を含む「凶作」の記事については、「凶作」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/23 06:40 UTC 版)

2次元」の記事における「転用」の解説

漫画アニメ架空の登場人物などについては、一部で「2次元」という言い方多用されている。これはが主に、平面2次元空間)の絵・画像で描写されているからである。ただキャラクターによってはフィギュアコスプレなど立体3次元)での表現をされることも少なくない。 またこの文脈において、アイドル歴史上の人物などの実在或いは実在していたキャラクターは、それが映像・漫画など平面上で表現される場合であっても3次元」と呼ばれ、これが「2次元」の対義語とされているちなみに近年では3D空間における表現トゥーンレンダリング登場している。

※この「転用」の解説は、「2次元」の解説の一部です。
「転用」を含む「2次元」の記事については、「2次元」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 05:46 UTC 版)

トロイカ体制」の記事における「転用」の解説

1981年 - 1983年までの読売ジャイアンツ藤田元司監督時代第1次)で、監督藤田ヘッドコーチ牧野茂助監督王貞治3人合議しながら指揮執った体制本田技研工業本田宗一郎藤沢武夫両名引退後布陣技術出身河島喜好営業出身川島八郎西田通弘体制2006年4月 - 2009年5月までの日本の民主党の執行部体制。代表(当時前原誠司堀江メール問題辞任した後、代表に就任した小沢一郎自由党出身)、元代表であり党内実力者である菅直人鳩山由紀夫それぞれ代表代行幹事長に登用し挙党一致体制敷いたユーロ圏債務問題文脈では、欧州中央銀行ECB) 、欧州連合EU) 、国際通貨基金IMF) の3つの組織のことをいう。 2014年4月東海旅客鉄道JR東海)の会長であった葛西敬之が、日本では極めて少ない事例である代表権のある名誉会長に就任し社長代表権のある会長3人体制が「トロイカ体制」と報じられた。ただし、同社代表取締役はこの異動の前後を通じ6名であり、代表取締役数に変動があったわけではない

※この「転用」の解説は、「トロイカ体制」の解説の一部です。
「転用」を含む「トロイカ体制」の記事については、「トロイカ体制」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/28 00:38 UTC 版)

「袴」の記事における「転用」の解説

植物草本)の部分覆っている皮のことを俗に「はかま」という。つくしのように土中から生えるときに穂先などを保護するためのもので長く伸びた後も残る場合もある。

※この「転用」の解説は、「袴」の解説の一部です。
「転用」を含む「袴」の記事については、「袴」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/13 19:22 UTC 版)

劣化」の記事における「転用」の解説

コピー機による複写や、テープへのダビング劣化することから転じて作品Aに類似した作品Bが作成されたとき、揶揄する意味を込めて「BはAの劣化コピーだ」と言い表されることもある。 また、日本語では、核分裂性ウラン235天然ウランより少なくなったウランを、劣化ウランと呼ぶことがあるこのようなウラン核燃料としての使用後生じるほか、ウラン濃縮行った後の残りとしても発生する

※この「転用」の解説は、「劣化」の解説の一部です。
「転用」を含む「劣化」の記事については、「劣化」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 07:40 UTC 版)

四つ」の記事における「転用」の解説

相撲用語の「がっぷり」は、比喩表現という形で通用語化(副詞化)してもおり、「しっかり組み合ったり、噛み付いたりするさま」を表わすとなっている。 相撲用語がっぷり四つ」も同様、比喩表現という形で通用化してもおり、「物事などに正面から取り組むこと」や「相手互角に勝負をすること」を意味する相撲用語の「四つに組む」「四つに渡る」は、「互いに正面からぶつかって堂々と争う」意味に転じて通用化してもいる。坂口安吾1946年昭和21年)に著した評論デカダン文学論の中で藤村人生四つに組んでゐるとか、最も大きな問題に取組んでゐるとか」と記述しているのは、通用としての四つに組む」の用例である。

※この「転用」の解説は、「四つ」の解説の一部です。
「転用」を含む「四つ」の記事については、「四つ」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/19 08:19 UTC 版)

火の車」の記事における「転用」の解説

家計経済状況苦しさを「火の車」と表現するのは、火車または本項の「火の車」からの転用である。火の車乗せられた者が苦痛味わうことや、苦に満ちた世界娑婆)を仏教語の「火宅」(火事遭った家の意)と関連づけたことが由来とされている内燃機関搭載した自動車から火災発生するさまを見て正しく火の車だ」という転用もする。

※この「転用」の解説は、「火の車」の解説の一部です。
「転用」を含む「火の車」の記事については、「火の車」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 03:29 UTC 版)

こぼれ種」の記事における「転用」の解説

落胤のこと。

※この「転用」の解説は、「こぼれ種」の解説の一部です。
「転用」を含む「こぼれ種」の記事については、「こぼれ種」の概要を参照ください。


転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/21 07:50 UTC 版)

箸休め」の記事における「転用」の解説

料理においては箸休め主題となる料理引き立たせるために出される小品料理であるが、転じて余談閑話など主題なるもの挿入される小話」を箸休めと形容する場合がある

※この「転用」の解説は、「箸休め」の解説の一部です。
「転用」を含む「箸休め」の記事については、「箸休め」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「転用」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「転用」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「転用」の関連用語

転用のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



転用のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの帝都電鉄モハ100形電車 (改訂履歴)、震源 (改訂履歴)、守破離 (改訂履歴)、犬笛 (改訂履歴)、奇跡 (改訂履歴)、試製四十一糎榴弾砲 (改訂履歴)、逆縁 (改訂履歴)、2インチ中迫撃砲 (改訂履歴)、投網 (改訂履歴)、旗艦 (改訂履歴)、サンドバッグ (改訂履歴)、落書き (改訂履歴)、包丁 (改訂履歴)、縁起 (改訂履歴)、話し合い解散 (改訂履歴)、ハト派 (改訂履歴)、聖地 (改訂履歴)、ゴルゴタの丘 (改訂履歴)、偶像 (改訂履歴)、地方 (改訂履歴)、おやじ狩り (改訂履歴)、国鉄トキ900形貨車 (改訂履歴)、山の神 (改訂履歴)、流産 (改訂履歴)、ままこ立て (改訂履歴)、二千石 (改訂履歴)、悲劇 (改訂履歴)、餌付け (改訂履歴)、錦の御旗 (改訂履歴)、人柱 (改訂履歴)、立直 (改訂履歴)、王国 (改訂履歴)、手順前後 (改訂履歴)、処女 (改訂履歴)、天邪鬼 (改訂履歴)、一方通行 (改訂履歴)、凶作 (改訂履歴)、2次元 (改訂履歴)、トロイカ体制 (改訂履歴)、袴 (改訂履歴)、劣化 (改訂履歴)、四つ (改訂履歴)、火の車 (改訂履歴)、こぼれ種 (改訂履歴)、箸休め (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS