編成とは? わかりやすく解説

へん‐せい【編成】

読み方:へんせい

[名](スル)個々のものを集めて組織的なまとまりとすること。「番組を―する」「予算―」「十両―の列車


編成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/29 16:18 UTC 版)

編成(へんせい)は、個々のものを集めて組織的なまとまりにすること。




「編成」の続きの解説一覧

編成(683系)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 06:35 UTC 版)

JR西日本683系電車」の記事における「編成(683系)」の解説

2015年3月改正以降のもの。 JR西日本和倉温泉名古屋 大阪・米原北陸本線) → 0番台クロ683-0 サハ682-0 モハ683-1000 サハ683-300 サハ682-0 クモハ683-1500 クハ682-500 モハ683-1300 クハ683-700 2000番台クロ682-2000 モハ683-3400 サハ682-2200 サハ683-2500 クモハ683-3500 クハ682-2700 サハ683-2400 クモハ683-3500 4000番台クロ683-4500 サハ682-4300 モハ683-5000 サハ682-4400 モハ683-5400 サハ683-4700 サハ683-4800 サハ682-4300 クモハ683-5500 JR西日本北越急行譲受車両) ← 米原 金沢名古屋8000番台クハ683-8701 モハ683-8301 クハ682-8501 クモハ683-8701 サハ682-8001 サハ683-8001 モハ683-8001 サハ682-8002 クロ683-8001

※この「編成(683系)」の解説は、「JR西日本683系電車」の解説の一部です。
「編成(683系)」を含む「JR西日本683系電車」の記事については、「JR西日本683系電車」の概要を参照ください。


編成(管弦楽版)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 13:20 UTC 版)

小組曲 (ドビュッシー)」の記事における「編成(管弦楽版)」の解説

編成表木管金管打弦Fl. 1、ピッコロ1 Hr. 2 Timp. 1 Vn.1 1 Ob. 2(第3楽章のみ1)、イングリッシュホルン1(第3楽章のみ) Trp. 2 他 トライアングル,シンバル,サスペンデッド・シンバル,タンバリン Vn.2 1 Cl. 2 Trb. Va. 1 Fg. 2 他 Vc. 1 他 Cb. 1 その他 ハープ金管楽器基本的に弱音器使用全体として小規模な編成となっているが、打楽器が多いことが特筆される

※この「編成(管弦楽版)」の解説は、「小組曲 (ドビュッシー)」の解説の一部です。
「編成(管弦楽版)」を含む「小組曲 (ドビュッシー)」の記事については、「小組曲 (ドビュッシー)」の概要を参照ください。


編成 (新造時)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/09 09:56 UTC 版)

近鉄1000系電車」の記事における「編成 (新造時)」の解説

1972年7月24日竣工1000系1000形1001・モ1002制御電動車 (Mc) モ1050形モ1051:中間電動車 (M)1100形ク1101・ク1102:制御車 (Tc) サ1150形サ1151:付随車 (T) 1200系1200形モ1201:制御電動車 (Mc) モ1250形モ1251:中間電動車 (M)1300形ク1301:制御車 (Tc) サ1350形サ1351:付随車 (T) 1973年9月7日竣工1000系1000形1003 - モ1007制御電動車 (Mc) ク1100形ク1103 - ク1107制御車 (Tc) 1972年度は1000系1200系初代)の2系列分けて竣工したが、1200系冷房装置搭載して落成したため別形式とされた。同系列は電算記号1000系とは異な「RT」付与されたが、後述編入改造によって他の1000系各編成と同じ「T」に改められた。なお、1972年竣工グループ4両編成2本はいずれ宇治山田方からMc-T-M-Tcで電動車付随車制御車交互に連結する編成として就役開始している。 ← 近鉄名古屋 宇治山田鳥羽1000系T01 ク1101Tc モ1051M サ1151T モ1001Mc ← 近鉄名古屋 宇治山田鳥羽1200系RT01 ク1301Tc モ1251M サ1351T モ1201Mc ← 近鉄名古屋 宇治山田鳥羽1000系T02 - T07 ク1102 - ク1107Tc モ1002 - モ1007Mc

※この「編成 (新造時)」の解説は、「近鉄1000系電車」の解説の一部です。
「編成 (新造時)」を含む「近鉄1000系電車」の記事については、「近鉄1000系電車」の概要を参照ください。


編成(289系)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 06:35 UTC 版)

JR西日本683系電車」の記事における「編成(289系)」の解説

運用開始された時点でのもの。 転用にあたって287系と編成を揃えるため基本付属編成とも方向転換が行われている(「しらさぎ時代当てはめるグリーン車米原寄り変更)。 JR西日本新大阪 白浜289系くろしお」用クモハ289-3500 サハ289-2400 クハ288-2700 クモハ289-3500 サハ289-2500 サハ288-2200 モハ289-3400 サハ289-2500 クロ288またはクロハ288-2000 JR西日本新大阪 城崎温泉289系こうのとり」「きのさき」「はしだて」用 クモハ289-3500 サハ289-2400 クハ288-2700 クモハ289-3500 サハ288-2200 モハ289-3400 クロ288またはクロハ288-2000

※この「編成(289系)」の解説は、「JR西日本683系電車」の解説の一部です。
「編成(289系)」を含む「JR西日本683系電車」の記事については、「JR西日本683系電車」の概要を参照ください。


編成(1950年12月以降)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 06:24 UTC 版)

警察予備隊」の記事における「編成(1950年12月以降)」の解説

師団#警察予備隊・保安隊」も参照 中央に警察予備隊本部(約100名)が置かれ、これが内閣総理大臣幕僚機関となった実力部隊としては警察予備隊総隊(約75千名)が置かれた。総隊の司令部機能は総隊総監部担った。総隊総監部及び4個管区隊を基幹とする編成は、1950年12月29日公布され警察予備隊部隊の編成及び組織に関する規程により、決定された。それまでは仮部隊の編制であった。各管区隊は定員1万3千名でほぼ師団相当するこれらの管区隊の編成完結1951年5月1日のことである。 管区隊の編成は、管区総監部及び直轄部隊のほか、3個普通科連隊(3個大隊基幹)、1個ないし2個の特科連隊(4個大隊基幹であったまた、出身地近い場所配属される郷土部隊主義建前であったが、その実施は困難であった本部東京都越中島駐屯地長官官房 警務局 人事局 装備経理局 工務医務局 その他、本部附置された組織警察予備隊建設部、警察予備隊地方建設部 総隊総監部総隊総監部直轄部隊 管理補給隊 第1管区隊(東京都越中島駐屯地警備区域南東北関東・甲信越・東海地方担当第1連隊本部神奈川県久里浜第3大隊愛知県豊川第2連隊本部長野県松本第3連隊本部新潟県高田第3大隊金沢) 第61連隊本部愛知県豊川第2管区隊北海道真駒内駐屯地警備区域北海道北東北地方担当第4連隊本部北海道帯広第3大隊遠軽) 第5連隊本部石川県金沢第3大隊函館) 第6連隊本部栃木県宇都宮第3大隊船岡) 第62連隊本部北海道美幌第1大隊帯広第5大隊恵庭第3管区隊京都府宇治駐屯地後に伊丹駐屯地警備区域北陸近畿・中国山口県除く)・四国地方担当。第7連隊本部岡山県水島第2大隊福山第3大隊舞鶴) 第8連隊本部広島県呉市広、第2大隊海田市第3大隊米子第9連隊本部香川県善通寺第3大隊松山) 第63連隊本部兵庫県姫路第4管区隊福岡県福岡駐屯地警備区域山口県九州地方担当。第10連隊本部福岡県福岡第3大隊針尾) 第11連隊本部山口県小月第2大隊北九州市曽根第3大隊大分県中津) 第12連隊本部鹿児島県鹿屋第3大隊熊本) 第64連隊本部長崎県針尾

※この「編成(1950年12月以降)」の解説は、「警察予備隊」の解説の一部です。
「編成(1950年12月以降)」を含む「警察予備隊」の記事については、「警察予備隊」の概要を参照ください。


編成(第1番)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 03:18 UTC 版)

SF交響ファンタジー」の記事における「編成(第1番)」の解説

ピッコロ、フルート2、オーボエ2、イングリッシュホルンクラリネット2、バスクラリネットファゴット2、コントラファゴットホルン4、トランペット3、トロンボーン2、バストロンボーンチューバティンパニ打楽器4(大太鼓スネアドラム2、吊りシンバルトムトム2、タムタムコンガハープピアノ弦五部

※この「編成(第1番)」の解説は、「SF交響ファンタジー」の解説の一部です。
「編成(第1番)」を含む「SF交響ファンタジー」の記事については、「SF交響ファンタジー」の概要を参照ください。


編成(第2番)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 03:18 UTC 版)

SF交響ファンタジー」の記事における「編成(第2番)」の解説

ピッコロ、フルート2、オーボエ2、イングリッシュホルンクラリネット2、バスクラリネットファゴット2、コントラファゴットホルン4、トランペット3、トロンボーン2、バストロンボーンチューバティンパニ打楽器4(大太鼓スネアドラム2、吊りシンバルトムトム2、タムタムコンガハープピアノ弦五部

※この「編成(第2番)」の解説は、「SF交響ファンタジー」の解説の一部です。
「編成(第2番)」を含む「SF交響ファンタジー」の記事については、「SF交響ファンタジー」の概要を参照ください。


編成(第3番)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 03:18 UTC 版)

SF交響ファンタジー」の記事における「編成(第3番)」の解説

ピッコロ、フルート2、オーボエ2、イングリッシュホルンクラリネット2、バスクラリネットファゴット2、コントラファゴットホルン4、トランペット3、トロンボーン2、バストロンボーンチューバティンパニ打楽器4(大太鼓スネアドラム2、吊りシンバルトムトム2、タムタムコンガハープピアノ弦五部

※この「編成(第3番)」の解説は、「SF交響ファンタジー」の解説の一部です。
「編成(第3番)」を含む「SF交響ファンタジー」の記事については、「SF交響ファンタジー」の概要を参照ください。


編成(5000番台)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 00:46 UTC 版)

JR東日本E257系電車」の記事における「編成(5000番台)」の解説

号車表記便宜上のものであり、中央本線特急など一部列車では号車逆転することがある。 ← 松本熱海 黒磯号車1 2 3 4 5 6 7 8 9 形式クハE256-5000 モハE256-5100 モハE257-5100 サロハE257-5000 サハE257-5000 モハE257-6000 モハE256-5000 モハE257-5000 クハE257-5100 クハE256-5000 モハE256-5100 モハE257-5100 サロハE257-5000 サハE257-5000 モハE257-6000 モハE256-5000 モハE257-5000 クハE257-5100

※この「編成(5000番台)」の解説は、「JR東日本E257系電車」の解説の一部です。
「編成(5000番台)」を含む「JR東日本E257系電車」の記事については、「JR東日本E257系電車」の概要を参照ください。


編成(最新)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/02 00:53 UTC 版)

アメリカ北方陸軍」の記事における「編成(最新)」の解説

アメリカ北方陸軍司令部 即応旅団戦闘団(CCMRF: Chemical, biological, radiological, nuclear, or high-yield explosive Consequence Management Response Force第3歩兵師団第1旅団戦闘団より改編民間支援任務部隊(JTF-CS) アメリカ国内通常爆弾NBC兵器によるテロ発生した場合に、民間他の政府機関支援するための部隊である。 この項目は、軍事関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(プロジェクト:軍事プロジェクト:軍事史Portal:軍事)。 表 話 編 歴 アメリカ陸軍 United States Army主要部隊 総軍・軍 総軍 | 第1軍 | 第3軍 | 第5軍 | 第6軍 | 第7軍 | 第8軍 | 第10軍 | 陸軍特殊作戦コマンド 軍団 第1 | 第3 | 第5 | 第18空挺 師団 歩兵空挺 第1 | 第2 | 第3 | 第4 | 第7 | 第10山岳 | 第23 | 第24 | 第25 | 第32 | 第82空挺 | 第101空中強襲 | 第106 騎兵機甲 第1騎兵 | 第1機甲 旅団連隊 歩兵空挺170歩兵旅団 | 第172歩兵旅団 | 第173空挺旅団 | 第75レンジャー連隊 | 第442連隊戦闘団 騎兵 第2ストライカー騎兵連隊 | 第3装甲騎連隊 砲第17砲兵旅団 | 第18砲兵旅団 特殊作戦 第160特殊作戦航空連隊 | 第1特殊部隊連隊 その他司令部 特殊部隊司令部 | 特殊作戦支援司令部 | 民事心理戦司令部 その他部隊 陸軍特殊部隊群 | 第1特殊戦訓練グループ | 第1特殊作戦部隊デルタ分遣隊 現役部隊一覧 | 歴代部隊一覧 | 分隊編制 | 中隊編制 | 連隊編制 | 旅団戦闘団編制 | 師団編制 主要機関 陸軍省 | 陸軍士官学校 | 陸軍指揮幕僚大学 | 陸軍工兵司令部 | ケネディ特殊戦学校 | トリプラー陸軍病院 | アメリカ合衆国教化隊 | 西半球安全保障協力研究所(旧・米州学校) | 犯罪捜査司令部英語版) 主要役職 陸軍長官 | 陸軍参謀総長 歴史・伝統 大陸軍 | 陸軍総司令官 | アメリカ陸軍軍服 | 陸軍は進んで行く 訓練 アメリカ陸軍基礎訓練 | 予備役将校訓練課程 その他 階級一覧 | 保有装備一覧 | 保有航空機一覧 アメリカ空軍 - アメリカ海軍 - アメリカ海兵隊 - アメリカ沿岸警備隊

※この「編成(最新)」の解説は、「アメリカ北方陸軍」の解説の一部です。
「編成(最新)」を含む「アメリカ北方陸軍」の記事については、「アメリカ北方陸軍」の概要を参照ください。


編成(昭和20年当時)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 08:26 UTC 版)

歩兵第22連隊」の記事における「編成(昭和20年当時)」の解説

連隊人員 2876名 歩兵大隊3個 歩兵大隊 人員799名 大本部 人員55名 大通信六号無線携帯用歩兵中隊3個 179×3 中隊長中尉 中隊指揮20三八式歩兵銃×141九六式軽機関銃×9、八九式重擲弾筒×9小隊52×3小隊長少尉分隊×4個 分隊長軍曹 1個分隊は分隊長以下13名、につき九六式軽機関銃1丁。1名につき九九式手榴弾4個装機関銃中隊1個 137中隊長中尉 九二式重機関銃×8機関銃小隊×2小隊長少尉 九二式重機関銃×4丁(機関銃小隊は、歩兵中隊編入され行動する)機関銃1個分隊15名 大隊砲小隊1個 70九二式歩兵砲×2大隊分隊 分隊長以下11名で1門を運用 歩兵砲(連隊砲)中隊1個 156名 四一式山砲×4門 速射砲中隊1個 106名 九四式三十七粍速射砲 ×4門 連隊通信通信中隊1個 144名 九二式五号無線機手動発電伝搬距離約60km)、九四式無線機九六式無線機

※この「編成(昭和20年当時)」の解説は、「歩兵第22連隊」の解説の一部です。
「編成(昭和20年当時)」を含む「歩兵第22連隊」の記事については、「歩兵第22連隊」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「編成」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

編成

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 07:40 UTC 版)

名詞

へんせい

  1. 個々のものを集めて組織のある一つのものにまとめあげること。

翻訳

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
編成-する

翻訳


「編成」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「編成」の関連用語

編成のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



編成のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの編成 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのJR西日本683系電車 (改訂履歴)、小組曲 (ドビュッシー) (改訂履歴)、近鉄1000系電車 (改訂履歴)、警察予備隊 (改訂履歴)、SF交響ファンタジー (改訂履歴)、JR東日本E257系電車 (改訂履歴)、アメリカ北方陸軍 (改訂履歴)、歩兵第22連隊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの編成 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS