2015年3月とは? わかりやすく解説

2015年3月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/04 03:58 UTC 版)

The Odd Couple (バー)」の記事における「2015年3月」の解説

Nightclub & Bar Media Groupが、「Bartender of the Year」としてシュナイダー表彰

※この「2015年3月」の解説は、「The Odd Couple (バー)」の解説の一部です。
「2015年3月」を含む「The Odd Couple (バー)」の記事については、「The Odd Couple (バー)」の概要を参照ください。


2015年3月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 01:30 UTC 版)

レジェンド・オブ・トゥモロー」の記事における「2015年3月」の解説

番組のタイトル依然として不明であったが、オーディション情報から新キャラクターの設定一部明らかとなり、物語タイムトラベル関わることが判明した

※この「2015年3月」の解説は、「レジェンド・オブ・トゥモロー」の解説の一部です。
「2015年3月」を含む「レジェンド・オブ・トゥモロー」の記事については、「レジェンド・オブ・トゥモロー」の概要を参照ください。


2015年3月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/20 16:01 UTC 版)

イドリブの戦い (シリア内戦)」の記事における「2015年3月」の解説

2015年3月、政府軍反体制派組織合同作戦司令室ファトフ軍の間でイドリブ巡り戦闘が行われた。この頃同市には住民シリア政府支配離れたイドリブ郊外からの避難民数十万人が3年にわたって身を寄せていた。ファトフ軍これまでの反体制派以上に高度に組織化され、また重武装化していた。ファトフ軍政府軍による空爆食らいながらも、約2000人の戦闘員40輌におよぶ兵員輸送車乗って四方から攻撃加え政府軍拠点制圧したうえで市内進入するなど、系統立った戦闘展開した。なお、戦闘開始前からイドリブ行政機構はジスル・シュグールに移されており、このことがイドリブ陥落早めたとする見方もある。 2015年3月24日シリア政府統治するイドリブ攻略のために、アル=ヌスラ戦線シャーム自由人イスラム運動など、イドリブ県活動する複数反体制武装勢力による合同作戦司令室ファトフ軍」が結成された。これをきっかけにシリア政府軍ファトフ軍の間でイドリブ支配権をめぐり戦闘が行われる。 『ハヤート』紙(2015年3月30日付)によると、イドリブ攻略参加したファトフ軍戦闘員内訳は以下の通り ヌスラ戦線 - 1000シャーム旅団(アフマド・イーサー・シャイフが指導) - 1000シャーム自由人イスラム運動(ハーシム・シャイフが指導) - 900人。イドリブ攻略数ヶ月前トルコから300万米ドル当の最新兵器装備提供されたという その他 - 300人 これに対してイドリブ市の防衛にあたっていたシリア軍次のとおり シリア軍 - 3000人 国防隊 - 15003月25日戦闘が行われファトフ軍による自爆テロが行われ、検問所襲撃された。この時点で既にイドリブ県大半は反体制派支配しており、政府支配下にあるのはイドリブ市、アリーハー、ジスル・シュグール、アブー・ズフール航空基地など6つ基地を残すのみとなっていた。一方でファトフ軍中核を担うと思われていたヌスラ戦線は独自行動をとっていることが明らとなった26日イドリブ周辺ファトフ軍次々と施設占領していった。これに対して政府軍空爆応戦すると同時に新たな検問所哨所などを設置して反撃試みた27日イドリブ県知事のハイルッディーン・サイイドが軍服姿で政府軍部隊視察したファトフ軍攻勢強めイドリブ一帯の軍検問所20カ所制圧し市内侵入した。そして中心部中央郵便局市東部のミフラーブ交差点国立博物館農学部福祉関連ビル、マアッラトミスリーン交差点、シャムラ・ガソリン・スタンド、ハール市場などを制圧した市北東部ではバーブ・ハワー検問所制圧し、カファルヤー町、フーア市に至る兵站路を遮断政府軍進行阻止するための防御固めた28日イドリブ陥落しファトフ軍の手落ちたジハード主義者占領され県庁所在地としては、ラッカ次いで2つ目だったファトフ軍市民から歓迎されたと主張したまた、イドリブ中央刑務所にはファトフ軍兵士たち進入しシリア政府によって処刑され囚人たち遺体とする写真公表したバッシャール・アル=アサド写真破られ前大統領ハーフィズ・アル=アサドの像は破壊されたこの時点でシリア政府支配下にとどまっているのは、行政機構移したジスル・シュグールの他、アリーハー、アブー・ズフール航空基地、マストゥーマの「野営キャンプ」、アレッポ県方面の「煉瓦工場」などわずかな町と施設限られた。しかし、これらの拠点反体制派攻勢に晒された。 戦闘では、双方合わせて170人の兵士戦闘員死亡した支配者交代に伴いイドリブから大量の避難民市外流出した一方でそれまでトルコイドリブ県各地に避難していた元住民がイドリブ帰還したイドリブ陥落衝撃受けたアサド政権では内部対立生じたとされる。また各地反体制派勢い強まり4月南部戦線によるダルアー県での攻勢5月ファトフ軍によるジスル・シュグール占領ISILによるパルミラ占領などが行われた。

※この「2015年3月」の解説は、「イドリブの戦い (シリア内戦)」の解説の一部です。
「2015年3月」を含む「イドリブの戦い (シリア内戦)」の記事については、「イドリブの戦い (シリア内戦)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「2015年3月」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

2015年3月のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



2015年3月のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのThe Odd Couple (バー) (改訂履歴)、レジェンド・オブ・トゥモロー (改訂履歴)、イドリブの戦い (シリア内戦) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS