ISILとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > ISILの意味・解説 

ISIL

読み方:アイシルアイスル
別名:イラク・レバントのイスラム国イラクとレバントのイスラム国
英語:Islamic State of Iraq and the Levant

中東拠点テロ活動繰り広げているイスラム過激派組織通称イスラム国」(IS)を指す呼称のひとつ。

イスラム国2014年まで「イラクとシャームのイスラーム国」(ISIS)の名で活動しており、2014年6月国家樹立宣言、「イスラム国」(Islamic State)を名乗った。ただし「国」は自称過ぎず国家承認した国はない。各メディアは「イスラム国」、その略称「IS」、旧名の「ISIS」など、それぞれの呼び名用いている。「ISIL」の呼び名もまた複数ある呼称のひとつである。ただし2014年時点では日本のメディアが「ISIL」の呼び名用いる例はさほど多くなかった。

2015年1月自民党が同テロ組織を「ISIL」と呼ぶ方針固めた。イスラム国という呼び方が同組織を「国」と見なしていると解釈される危険をさけるための対応である、と説明されている。

ISIS

別名:イラクとシャームのイスラーム国イラク・シャーム・イスラーム国イラク・シャーム・イスラム国イラク・シリア・イスラーム国イラクとシリアのイスラーム国イラクとレバントのイスラーム国イラク・レバント・イスラーム国、Dawlat alIslāmiyya fi al-'Iraq wa-l-Sham
英語:Islamic State of Iraq and al-ShamIslamic State of Iraq and SyriaIslamic State of Iraq and the Levant、ISIL

イラクおよびシリア中心とする地域で、イスラーム国家樹立目的として活動する過激派武装組織の略称。「ISIS」の他に、「IS」、「ISI」、「ISIL」、「イスラム国」、「Daesh」など、さまざまな呼び名用いられる。

ISISは「イラクとシャームのイスラーム国」の略とも「イラクとシリアのイスラーム国」の略とも解釈される。「シャーム」(al-Sham)はシリアSyria)の異称であり、シリア周辺地域を指す歴史的呼称である。なお、ISISの異称のひとつ「ISIL」(イラクとレバントのイスラーム国」における「レバント」は、シリアレバノンなど複数国・地域を含む歴史的地域名である。

ISISは当初ISI」(イラクイスラーム国)という組織名名乗り2013年4月にISISに改称2014年6月には建国国家樹立宣言して「イスラム国」(IS)を名乗るに至った。組織拡大に伴い名称のスケールを広げている流れ汲み取ることができる。ただし「イスラム国」の呼び名はあくまで自称であり、国際的国家として承認されていない。「イスラム国」の呼称は同組織国家として扱っているかのような印象与えるとして、基本的に避けられている。

ISISは2006年結成されたとされる。以来2015年現在に至るまで、多数自爆テロ誘拐暗殺などの事件起こしている。イラクファルージャ周辺勢力基盤持ち2011年からのシリア騒乱ではシリアにおける勢力拡大して、北部の諸都市制圧する動き見せている。

ISISは、かつてアルカイダ対す忠誠表明しており、アルカイダ傘下組織一つ数えられたこともある。しかしアルカーイダ2014年1月発表した声明では、アルカーイダとISISとの関係性が明確に否定された。この声明に対しては、ISISがアルカーイダに「破門」されたとする見方もあった。その理由として、ISISがシリアにおいて、同じくアルカーイダ対す忠誠表明するアンヌスラ戦線との対立強めていることが挙げられている。

ISISは、アンヌスラ戦線の他にも、反体制立場をとる武装勢力としばしば抗争起こしていることが知られている。ISISは2014年1月に、レバノン武装勢力ヒズボラ構成員目標としたテロ犯行声明発表した。

2015年1月には前年拘束していた日本人2名を人質にとり、日本に対して身代金要求した。日本はこれの要求退けている。

アイシル【ISIL】


ISIL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 05:06 UTC 版)

ISIL(アイシル)又は、イラク・レバントのイスラム国: Islamic State in Iraq and the Levant)は、イラクシリアにまたがる地域で活動するイスラーム過激派組織である[32]イスラム国: Islamic State、略称: IS)と自称している(→#名称・表記も参照)。


注釈

  1. ^ 「Levant(レバント)」とは、トルコからシリア、エジプトパレスチナヨルダンレバノンをも含む大シリアを指したり、ダマスカスを指して用いられたりすることもあるため、専門家からは訳に対する疑義が表明されることもある。一方で、「ISIS」という音は Isis (=イシス神)と同じで、英語圏の人にも聞き取りやすく記憶しやすいので、英語圏の人は好む、とも指摘されることがある。
  2. ^ 報道されたラテン文字表記の地図には、アラビア語のラテン文字転写に様々な誤りがある、と指摘されている。地図にある Orobpa は Oroba ないし Ouroba、Qoozaz は Qoqaz、また Anathol は Anaṭol が正しいという[109]
  3. ^ もっとも同性愛を理由とする死刑はISILに限ってのことではなく、中東を中心として戒律に厳格な国では一般的である。「イスラーム教徒による性的マイノリティー迫害」も参照。
  4. ^ この声明に対して、ヌスラ戦線の指導者アブー・ムハンマド・アル=ジャウラニ(Abu Mohammad al-Jawlani)はISILとの関係は認めたものの、合併については否定したうえアルカイダのリーダー、アイマン・ザワーヒリーに対する忠誠を誓約した。しかしシリアで活動するヌスラ戦線のメンバーによると、多くのメンバーがISILに合流したという[142]
  5. ^ エジプトのシーシー政権は、同胞団をテロ組織と見なしているため、「テロリスト同胞団」と表記している。
  6. ^ 国連安保理決議1267[268][269]および決議1989[270][271]では、タリバンおよびアルカイダをテロ組織に指定し、制裁措置を取ることが確認されている。前述の決議に基づいて設置された制裁委員会[272]の制裁対象者リストにISILも掲示されている[273]
  7. ^ 国連の制裁対象者リストを元にテロ組織指定。[274]
  8. ^ キリスト教、イスラム教における聖人「崇敬」(≠崇拝)については「聖人#崇敬と歴史」、「聖人#イスラム教」を参照。

出典

  1. ^ Islamic State” (英語). Australian National Security. オーストラリア政府. 2020年8月21日閲覧。 “Islamic State is an Iraq and Syria-based Sunni extremist group and former al-Qa'ida affiliate that adheres to a global jihadist ideology.”
  2. ^ a b c The Islamic State” (英語). Mapping Militant Organizations. スタンフォード大学 (2015年1月23日). 2020年8月21日閲覧。
  3. ^ a b Saltman, Erin Marie; Winter, Charlie (November 2014). Islamic State: The Changing Face of Modern Jihadism (Report). Quilliam Foundation. ISBN 978-1-906603-98-4. オリジナルの26 February 2015時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150226115714/http://www.quilliamfoundation.org/wp/wp-content/uploads/publications/free/islamic-state-the-changing-face-of-modern-jihadism.pdf 2015年4月23日閲覧。. 
  4. ^ a b Crooke, Alastair (2014年9月5日). “You Can't Understand ISIS If You Don't Know the History of Wahhabism in Saudi Arabia” (英語). ハフポスト. http://www.huffingtonpost.com/alastair-crooke/isis-wahhabism-saudi-arabia_b_5717157.html 2020年8月21日閲覧。 
  5. ^ Kirkpatrick, David (2014年9月24日). “ISIS Harsh Brand of Islam Is Rooted in Austere Saudi Creed”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2014/09/25/world/middleeast/isis-abu-bakr-baghdadi-caliph-wahhabi.html 2015年5月6日閲覧。 
  6. ^ Arnstrong, Karen (2014年11月27日). “Wahhabism to ISIS: How Saudi Arabia exported the main source of global terrorism”. New Statesman. https://www.newstatesman.com/world-affairs/2014/11/wahhabism-isis-how-saudi-arabia-exported-main-source-global-terrorism 2020年8月21日閲覧。 
  7. ^ John Rossomando (2014年7月8日). “ISIS Threatens to Commit Another Holocaust Against Jews”. Algemeiner.com. https://www.algemeiner.com/2014/07/08/isis-threatens-to-commit-another-holocaust-against-jews/ 2017年12月10日閲覧。 
  8. ^ Graham Allison (2016年8月8日). “Why ISIS Fears Israel”. National Interest. 2017年12月10日閲覧。
  9. ^ Samar Batrawi (2015年10月28日). “What ISIS Talks About When It Talks About Palestine”. Foreign Affairs. 2017年12月10日閲覧。
  10. ^ “ISIS fanatics call on supporters to 'terrorize' Jewish people in the West”. The Jerusalem Post. (2017年3月2日). http://www.jpost.com/Middle-East/ISIS-Threat/ISIS-fanatics-call-on-supporters-to-terrorize-Jewish-people-in-the-West-482987 2017年12月10日閲覧。 
  11. ^ New ISIS and Al-Qaeda propaganda prioritize the US and Jews as targets”. Anti-Defamation League (2017年5月15日). 2017年12月10日閲覧。
  12. ^ ISIS Augments Its Threats Against Israel”. Anti-Defamation League (2014年7月30日). 2017年12月10日閲覧。
  13. ^ ISIS Promotes Murdering Jews in New Online Campaign” (英語). Anti-Defamation League (2015年10月20日). 2020年8月21日閲覧。 “The ISIS propaganda also serves to further demonstrate the pervasiveness of anti-Semitism in terrorist ideology, and the way in which terrorist organizations exploit popular anti-Semitism and anti-Israel sentiment to mobilize and recruit supporters.”
  14. ^ 「イラク・レバントのイスラム国」(ISIL)の退潮と今後の展望”. 公安調査庁. 公安調査庁. 2019年7月10日閲覧。
  15. ^ 打倒ISISで2大テロ組織が共闘
  16. ^ Areas Under ISIS Control - ニューヨーク・タイムズ
  17. ^ Steven Bucci 11 reasons the Islamic State might be more dangerous than al-Qaida The Hamilton Spectator 2014年9月4日
  18. ^ “ISIS on offense in Iraq”. Al-Monitor. (2014年6月10日). http://www.al-monitor.com/pulse/security/2014/06/syria-iraq-isis-invasions-strength.html 2014年7月19日閲覧。 
  19. ^ ISIS ‘essentially moved’ its Syria HQ from Raqqa to Deir ez-Zor province – report RT.com 2017年4月23日
  20. ^ Iraq forces launch 'last big fight' against IS”. Rudaw (2017年10月26日). 2018年11月12日閲覧。
  21. ^ “Anti-IS forces converge on Syria border town”. フランス通信社. (2017年11月4日). https://sg.news.yahoo.com/anti-forces-converge-syria-border-town-113315169.html 
  22. ^ “Syrian army & allies capture last major ISIS held town in Syria”. RT (Russia: TV-Novosti). (2017年11月4日). https://www.rt.com/news/409274-syrian-army-capture-last-isis-town/ 
  23. ^ Francesco Bussoletti (2018年6月29日). “Syria, the Isis pockets of resistance at Deir Ezzor are reduced to two”. Difesa & Sicurezza. 2018年7月6日閲覧。
  24. ^ Aboufadel, Leith (2018年12月13日). “Breaking: SDF captures Daesh's de facto capital in Syria”. 2019年8月15日閲覧。
  25. ^ US-backed fighters seize east Syria village from ISIS”. The National. 2019年8月15日閲覧。
  26. ^ Leith Aboufadel (2019年1月24日). “ISIL's reign over eastern Euphrates nearing its end – map”. Al-Masdar News. 2019年1月25日閲覧。
  27. ^ Rukmini Callimachi (2019年1月24日). “Down to Its Last 2 Villages in Syria, ISIS Still Fights Back”. The New York Times. 2019年1月25日閲覧。
  28. ^ Leith Aboufadel (2019年2月7日). “ISIS squeezed into last areas as SDF troops capture 2 villages east of the Euphrates (MAP)”. Al-Masdar News. 2019年2月15日閲覧。
  29. ^ Rikar Hussein (2019年2月9日). “US-backed Fighters Launch Final Push to Defeat IS in Syria”. VOA News. 2019年2月15日閲覧。
  30. ^ “US-allied Syrian force declares victory over Islamic State”. The Washington Post. (2019年3月23日). https://www.washingtonpost.com/world/the_americas/us-backed-syrian-force-declares-victory-over-islamic-state/2019/03/23/fc0eb35c-4d34-11e9-8cfc-2c5d0999c21e_story.html 
  31. ^ Iraqi City in Hands of Al-Qaida-Linked Militants”. ボイス・オブ・アメリカ (2014年1月4日). 2014年7月19日閲覧。
  32. ^ 全編アラビア語、異色米映画「モスル」”. 産経ニュース (2021年11月16日). 2021年11月16日閲覧。
  33. ^ a b c d e Mariam Karouny (2014年9月5日). “焦点:次世代見据えるイスラム国、シリア北東部で「国家モデル」構築”. ロイター. http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0H007W20140905 2014年9月5日閲覧。 
  34. ^ 石油と身代金で大儲け、ではなかった? 「イスラム国」の経済統制に市民の不満が噴出 - 講談社『クーリエビジネス』
  35. ^ CNN
  36. ^ 「イスラム国」、シリア領の半分を制圧=監視団体 朝日新聞
  37. ^ 勢力圏拡大止まらず=日本の面積に匹敵か-「イスラム国」台頭1年時事通信
  38. ^ ラマディ、ほぼ制圧 IS、失地重ね陰り毎日新聞
  39. ^ “シリア民主軍、ISの「首都」ラッカを「完全制圧」と発表”. AFPBB News (フランス通信社). (2017年10月17日). http://www.afpbb.com/articles/-/3147090 2017年10月17日閲覧。 
  40. ^ ISIS、米軍撤退後に支配地奪還か 「勝利宣言」の可能性も”. CNN.co.jp. CNN (2019年2月5日). 2019年2月5日閲覧。
  41. ^ IS完全制圧「来週にも」 米大統領”. 産経ニュース. 産経新聞社 (2019年2月7日). 2019年2月7日閲覧。
  42. ^ イスラム国最後の拠点奪還、残党勢力と戦闘継続 : 国際”. 読売新聞オンライン (2019年3月23日). 2019年3月23日閲覧。
  43. ^ McKernan, Bethan (2019年3月23日). “Isis defeated, US-backed Syrian Democratic Forces announce” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/world/2019/mar/23/isis-defeated-us-backed-syrian-democratic-forces-announce 2019年3月23日閲覧。 
  44. ^ IS、インドに「ヒンド州」設立を主張 勢力誇示狙いか”. 朝日新聞 (2019年5月14日). 2019年7月2日閲覧。
  45. ^ ISが「パキスタン州」設立宣言 南アジアで影響力誇示”. 朝日新聞 (2019年5月16日). 2019年7月2日閲覧。
  46. ^ アラビア語ラテン翻字: Al-Dawlatu al-ʾIslāmiyyatu fii al-'Iraaqi wa al-Shaami、片仮名転写: アッ=ダウラ・ル=イスラーミーヤ・フィ・ル=イラーク・ワ・ッ=シャーム
  47. ^ a b “「イスラム国」「ISIS」「ISIL」 その違いは?”. CNN. (2014年9月12日). http://www.cnn.co.jp/world/35053738.html 2014年9月13日閲覧。 
  48. ^ なぜ「ダーイシュ」の語が原理主義者を煩わせるのか”. thenational.ae/. 2014年11月22日閲覧。
  49. ^ 「イスラム国」の新しい呼び名――ダーイシュ - ウォール・ストリート・ジャーナル
  50. ^ イスラム国ではなく「ダーイシュ」、弱点を突いて解体せよ - JBpress
  51. ^ 写真と動画:エジプト空軍、リビアのダワーイシュ拠点に爆撃/エジプト空軍の報復は迅速かつ過激
  52. ^ ダワーイシュ戦士9人殺害、シリア軍の待ち伏せで - ワールドチャンネル
  53. ^ 在リビア「ダワーイシュ」に押し寄せるエジプトの波 - جريدة الأنباء الكويتية
  54. ^ バグダディ、チュニジア人ダワーイシュ戦闘員をリビアに送る
  55. ^ “「ダーイシュ」ではなく「ダワーイシュ」を”. ahram. (2015年1月15日). http://digital.ahram.org.eg/Policy.aspx?Serial=1759620 2015年3月10日閲覧。 
  56. ^ a b Rana MOUSSAOUI (2014年6月30日). “シリアとイラクの武装勢力、イスラム国家樹立を宣言”. AFP. AFPBB News. http://www.afpbb.com/articles/-/3019144 2014年6月30日閲覧。 
  57. ^ a b “ナイル.com:(47)ISをどう呼ぶか”. 毎日新聞. (2015年3月11日). http://mainichi.jp/feature/news/20150311mog00m030008000c.html 2015年3月17日閲覧。 
  58. ^ 「イスラム国」?ISIL? どう呼ぶか、国会で論議 政府「国とは認めない」”. 2015年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月15日閲覧。
  59. ^ “テロ組織の「イスラム国」の呼称は不正”. イラン・イスラム共和国放送. (2014年9月22日). http://japanese.irib.ir/iraq/item/48633-%E3%83%86%E3%83%AD%E7%B5%84%E7%B9%94%E3%81%AE%E3%80%8C%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%A0%E5%9B%BD%E3%80%8D%E3%81%AE%E5%91%BC%E7%A7%B0%E3%81%AF%E4%B8%8D%E6%AD%A3 2015年3月4日閲覧。 
  60. ^ a b 堀潤 (2015年2月11日). “「イスラム国」やめました”. Yahoo! ニュース. http://bylines.news.yahoo.co.jp/horijun/20150211-00042956/ 2015年2月17日閲覧。 
  61. ^ a b 経過報告:「イスラム国」という名称の変更を希望します”. 宗教法人名古屋モスク. 2015年3月4日閲覧。
  62. ^ “愛知のモスクに脅迫電話 後藤さん映像公開後に”. 朝日新聞. (2015年2月5日). http://www.asahi.com/articles/ASH254V9SH25OIPE04P.html 2015年3月18日閲覧。 
  63. ^ “モスク7カ所に嫌がらせ 「イスラム国」絡み電話で「出て行け」”. 産経ニュース. (2015年2月24日). http://www.sankei.com/affairs/news/150224/afr1502240024-n1.html 2015年3月18日閲覧。 
  64. ^ Büyükelçilik Duyurusu在京報道各社各位”. トルコ大使館. 2015年3月19日閲覧。
  65. ^ “NHK NEWS WEB 過激派組織ISについて”. 日本放送協会. (2015年2月13日). オリジナルの2015年2月13日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/WhXSR 2015年2月13日閲覧。 
  66. ^ 朝日と中日 「IS」表記を開始 「イスラム国」連呼回避 日本報道検証機構
  67. ^ 2015年2月2日のバックナンバーのニュース・ズームアップでは「イスラム国」と記載。参照:森本毅郎・スタンバイ! バックナンバー【2015年02月02日(月)】
  68. ^ 2015年2月3日のバックナンバーの朝刊読み比べでは「イスラム国」と記載。参照:森本毅郎・スタンバイ! バックナンバー【2015年02月03日(火)】
  69. ^ 森本毅郎・スタンバイ! バックナンバー【2015年02月04日(水)】
  70. ^ カンテレ通信 2015年2月15日放送 関西テレビ放送
  71. ^ IS-Terrormiliz verliert letzte Bastion in Syrien”. www.sueddeutsche.de (2019年3月23日). 2019年3月23日閲覧。
  72. ^ Syrie : avec la chute de Baghouz, l’EI perd son dernier territoire”. www.lemonde.fr (2019年3月23日). 2019年3月23日閲覧。
  73. ^ La matanza que se oculta bajo el asedio internacional a la capital del ISIS en Siria”. elpais.com (2019年4月25日). 2019年4月25日閲覧。
  74. ^ “ハリケーン「イシス」はだめ=「イスラム国」別称と同じつづり-世界気象機関”. 時事通信. (2015年4月18日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015041800109 2015年4月18日閲覧。 
  75. ^ “ハリケーン名に「Isis」やめます 世界気象機関”. 朝日新聞. (2015年4月18日). http://www.asahi.com/articles/ASH4L0GD4H4KUHBI028.html 2015年4月18日閲覧。 
  76. ^ a b c 飯山陽『イスラム教の論理』新潮社〈新潮新書 752〉、2018年2月20日、27-29頁。ISBN 978-4-10-610752-8
  77. ^ イスラム教に反するイラクとシャームのイスラム国 イランラジオ日本語 2014年7月14日
  78. ^ ISIL日本人殺害事件に対する声明 日本ムスリム協会 2015年2月2日
  79. ^ イスラム教徒“怒りと不安” 都内のモスク”. 日本テレビ (2015年2月2日). 2015年2月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年2月5日閲覧。
  80. ^ 「テロリズム認めていない」 ムスリムの留学生訴え 日本海新聞 2015年2月1日
  81. ^ 花房吾早子 国内のイスラム教徒も怒り 「言動、理解できない」 朝日新聞 2015年2月1日
  82. ^ 過激派テロ「教えに反する」 春日部のモスクでイスラム教徒 埼玉新聞 2015年2月2日
  83. ^ トルコ市民「これはイスラム教ではない」”. TBSテレビ (2015年2月1日). 2015年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月5日閲覧。
  84. ^ モスクに嫌がらせ電話相次ぐ「イスラム国がイスラム教徒と混同されているのでは」 スポーツニッポン 2015年2月5日
  85. ^ 「ダーイシュ(イスラム国)にはイスラム的要素が全くない」ヨルダン王妃が非難 2015年03月11日
  86. ^ a b c d e f g h i j k 週刊新潮2015年2月5日号 特集記事「「イスラム国」大全」
  87. ^ “イスラム国:国家的統治 フセイン政権残党が組織”. 毎日新聞. (2014年9月15日). http://mainichi.jp/select/news/20140915k0000m030093000c.html 2014年9月15日閲覧。 
  88. ^ a b c ミレン・ギッダ (2015年10月6日). “「カネ不足」に悩むISISの経済危機”. ニューズウィーク. http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/10/isis-16.php 2015年10月17日閲覧。 
  89. ^ “ISISの指揮系統 最高指導者1人、副官2人に知事24人”. CNN. (2014年9月21日). http://www.cnn.co.jp/world/35054085-2.html 2014年9月21日閲覧。 
  90. ^ Saudi Prince is real leader of al-Qaeda ALALAM 2013年10月19日
  91. ^ ‘Bandar Bush’ is back calling the shots on ISIL’s advance through Iraq Intrepid Report 2014年7月7日
  92. ^ Global Terrorism and Saudi Arabia: Bandar’s Terror Network Global Reseach 2014年1月11日
  93. ^ a b c d e f 渡辺淳基 (2014年11月13日). “「イスラム国」通貨発行へ オスマン帝国を模倣し正統性”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASGCG02FWGCFUHBI01V.html 2014年11月13日閲覧。 
  94. ^ “イスラム国 恐怖統治の実態”. 時事ドットコム (時事通信社). http://www.jiji.com/jc/v4?id=isis0003 2015年2月7日閲覧。 
  95. ^ 2008年テロ動向分析を基にした今後の国際テロ動向予測 東京海上日動リスクコンサルティング株式会社 ERM事業部長 茂木寿
  96. ^ イラク:スンニ派、内紛激化…イスラム国と旧政権残党 毎日新聞 2014年7月15日 アーカイブ
  97. ^ 焦点:スンニ派武装勢力のもろすぎる関係、分裂でイラク混沌化も 2014年6月29日 ロイター
  98. ^ "Iraqi audio recording shows Saddam Hussein's deputy may still be alive". The Guardian. 16 May 2015.
  99. ^ "Al-Douri criticises ISIS, Iran, hails Operation Decisive Storm". Middle East Monitor. 16 May 2015.
  100. ^ 「イスラム国の黒幕」殺害か=フセイン元大統領側近-イラク 時事通信 2015年4月17日
  101. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p NOUR MALAS AND MARIA ABI-HABIB イスラム国の豊富な資金源 拡大する闇取引 (要登録) ウォール・ストリート・ジャーナル 2014年8月28日
  102. ^ a b c d e f g h i j k l m n 田中浩一郎・保坂修司 日本記者クラブ 会見詳録「イスラーム国をめぐる諸問題」 (PDF) pp.4-7, 2014年12月4日
  103. ^ 出典、関連記事 Kurier「Kreuzigung als Beweis ihrer Ordnung」
  104. ^ a b c d e (3)覆された中東秩序 軋む「押しつけの国境」 産経ニュース 2014年6月29日
  105. ^ (3)覆された中東秩序 軋む「押しつけの国境」産経新聞、2014年6月29日、同年8月13日閲覧
  106. ^ ISIS RELEASES MAP OF 5-YEAR PLAN TO SPREAD FROM SPAIN TO CHINA、BREITBART、2014年7月1日、同年11月23日閲覧
  107. ^ Tim Fernholz (2014年7月1日). “Don't believe the people telling you to freak out over this “ISIL” map”. Quartz. http://qz.com/228833/dont-believe-the-people-telling-you-to-freak-out-over-this-isil-map/ 2014年11月23日閲覧。 
  108. ^ “「イスラム国」バグダディ容疑者が動画で初登場 最高指導者カリフを名乗る【イラク情勢】”. ハフィントン・ポスト. (2014年7月7日). http://www.huffingtonpost.jp/2014/07/07/isis-leader-abu-bakr-al-baghdadi_n_5562501.html 2015年3月1日閲覧。 
  109. ^ ISIS Released Map of 5-Year Plan to Spread from Spain to China[475x356]、reddit.com、2014年7月4日、同年11月23日閲覧
  110. ^ 内田通夫 (2014年11月8日). “疎外された若者を結集する「イスラム国」”. 東洋経済. http://toyokeizai.net/articles/-/52847 2014年11月9日閲覧。 
  111. ^ (『エコノミスト』2014年11月11日号 池内恵「イスラム成立とオスマン帝国崩壊」より) - 池内恵は「《今、サイクス・ピコ協定を否定する》というイスラーム国の主張に、《欧米が勝手に引いた国境線が悪い》と漠然と共感する日本人もいるようだが、サイクス・ピコ協定を否定すれば、戦乱やジェノサイド(大虐殺)を再び引き起こすということである。(中略)その過程でどれだけの人命が失われるか想像を絶する。またその終着点も全く見えてこない。」「《サイクス・ピコ協定を放棄》という主張からは平和も秩序も生まれないのである。」と述べた。
  112. ^ アル=バグダーディー、自らの力を誇示Mardomsalari 2014年7月7日
  113. ^ イスラム教から逸脱…操縦士焼殺を宗教界が非難 読売新聞 2015年2月6日
  114. ^ a b アブーバクル・バクダーディーからイラクの女性たちへの贈り物ジャーメ・ジャム 2015年2月3日
  115. ^ 「敵の慣習だ」男性の細身の服装、宗教警察が取り締まり産経新聞
  116. ^ 「イスラム国」が性的少数者を迫害 安保理が初討議産経新聞
  117. ^ “「イスラム国」が子どもに思想教育”. NHK. (2014年11月8日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141108/k10013044481000.html 2014年11月8日閲覧。 
  118. ^ 秋山信一 (2014年9月23日). “イスラム国:思想統制を強化 歴史、哲学、芸術の授業撤廃”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/news/20140923k0000e030174000c.html 2014年11月8日閲覧。 
  119. ^ エコノミスト2014年11月11日号 池内恵「イスラム成立とオスマン帝国崩壊」より、(ISILの機関紙)「ダービクではコーラン23章第6節の、配偶者だけでなく《右手の所有する者》とは交わってもよいという文言を根拠に、捕虜の女性との、正式な婚姻関係ではない妾としての性的関係を正当化している。」
  120. ^ Islamic State Says Slavery is Established Part of Islamic Law.The Islamic State's (ISIS, ISIL) Magazine Wed, September 10, 2014
  121. ^ “キリスト教とヤジディ教の女性奴隷、5千円で売られる イスラム国の文書で明らかに”. クリスチャントゥデイ. (2014年11月6日). http://www.christiantoday.co.jp/articles/14504/20141107/christian-yazidi-isis.htm 2014年11月14日閲覧。 
  122. ^ 歌声も絵心も滅びない モスル、ISの暴力から解放された街で『朝日新聞』朝刊2018年2月13日
  123. ^ “イスラム国「謎の指導者」 誕生の経緯”. NHK. (2015年1月1日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150101/k10014385981000.html 2015年1月1日閲覧。 
  124. ^ Baghdad bomb fatalities pass 150 BBC(2009年10月26日)2013年7月31日閲覧
  125. ^ Baghdad car bombs cause carnage BBC(2009年12月8日)2013年7月31日閲覧
  126. ^ Ammar Karim (2009年4月23日). “イラクのアルカイダ指導者を拘束、イラク軍発表”. AFP通信. http://www.afpbb.com/articles/-/2595527?pid=4065240 2014年6月20日閲覧。 
  127. ^ イラク、アルカイダ幹部2人を殺害 同組織に打撃 AFP通信(2010年4月20日)2013年7月30日閲覧
  128. ^ Martin Chulov (2010年5月16日). “Iraqi Insurgent Group Names New Leaders”. The New York Times. http://atwar.blogs.nytimes.com/2010/05/16/iraqi-insurgent-group-names-new-leaders/?_php=true&_type=blogs&_r=0 2015年4月9日閲覧。 
  129. ^ アルカイダ系武装勢力が犯行声明 イラクの連続爆弾テロ 共同通信(2012年3月25日)2013年8月4日閲覧
  130. ^ イラク刑務所襲撃、アルカイダ系組織が犯行声明 AFP通信(2013年7月23日)2013年8月5日閲覧
  131. ^ “アルカーイダ系が犯行声明 イラク刑務所襲撃”. 共同通信. MSN産経ニュース. (2013年7月23日). オリジナルの2013年7月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130723192607/http://sankei.jp.msn.com/world/news/130723/mds13072321240002-n1.htm 2013年8月5日閲覧。 
  132. ^ “イラク過激派攻勢 政権打倒へ戦力を増強 シリアから武器・戦闘員を獲得”. 産経新聞. (2014年6月14日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/140614/mds14061409230001-n1.htm 2014年6月14日閲覧。 
  133. ^ “シリア反体制派にイスラム過激派、武装勢力が明かす”. AFP通信. (2013年4月10日). http://www.afpbb.com/articles/-/2938033?pid=10560953 2014年6月20日閲覧。 
  134. ^ Key Free Syria Army rebel 'killed by Islamist group' BBC(2013年7月12日)2013年7月30日閲覧
  135. ^ “Syria's al-Nusra Front 'part of al-Qaeda'” (英語). BBC. (2013年4月10日). http://www.bbc.com/news/world-middle-east-22078022 2014年9月16日閲覧。 
  136. ^ “反体制派司令官殺害される=アルカイダ系と内紛―シリア”. 時事通信. ニュースばこ. (2013年7月12日). オリジナルの2013年7月12日時点におけるアーカイブ。. http://newsokulog.com/news_111327.htm 2013年7月30日閲覧。 
  137. ^ Islamists Seize Airbase Near Aleppo ウォール・ストリート・ジャーナル(2013年8月6日)2013年9月29日閲覧
  138. ^ アルカイダ系がトルコ国境の町を制圧 シリア反体制派で内紛 CNN(2013年9月19日)2013年9月29日閲覧
  139. ^ “シリアでイスラム過激派が勢力拡大”. NHK. (2013年9月23日). オリジナルの2013年9月23日時点におけるアーカイブ。. http://blog.goo.ne.jp/kanayame_47/e/3564abe8b9ffbaf0a401a8dd9b396f73 2013年9月29日閲覧。 
  140. ^ Al-Qaeda group and FSA declare truce as Turkey keeps Syria border gate closed Hürriyet Daily News(2013年9月19日)2013年9月29日閲覧
  141. ^ 溝田拓士 (2013年11月9日). “アル・カーイダ系組織に不和…シリアで活動”. 読売新聞. オリジナルの2013年11月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131110214325/http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20131109-OYT1T01147.htm 2013年11月9日閲覧。 
  142. ^ “Iraqi al-Qaeda chief rejects Zawahiri orders” (英語). アルジャジーラ. (2013年6月15日). http://www.aljazeera.com/news/middleeast/2013/06/2013615172217827810.html 2014年9月16日閲覧。 
  143. ^ “イスラム過激派、シリア反体制派8人処刑 遺体はりつけに NGO”. AFP通信. (2014年6月30日). http://www.afpbb.com/articles/-/3019202 2014年6月30日閲覧。 
  144. ^ a b “アルカイダ上回る残虐さ=女性を性奴隷、身代金誘拐-弱体化は当面困難・イスラム国”. 時事通信社. (2014年8月18日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201408/2014081800029 2014年8月24日閲覧。 
  145. ^ “シリアの武装集団ISILとは無関係、アルカイダがネットで声明”. ロイター. (2014年2月4日). http://in.reuters.com/video/2014/02/04/シリアの武装集団ISILとは無関係-アルカイダがネットで声明字幕・4日?videoId=276703720&videoChannel=200 2014年7月8日閲覧。 
  146. ^ “シリア内戦、反体制派3派が連合してISILと激しい戦闘”. AFP通信. (2014年1月5日). http://www.afpbb.com/articles/-/3005977 2014年7月12日閲覧。 
  147. ^ “シリアのイスラム武装勢力、キリスト教徒に課税”. AFP通信. (2014年2月27日). http://www.afpbb.com/articles/-/3009430 2014年6月20日閲覧。 
  148. ^ “「イスラム国」シリア油田地帯掌握 資金力をさらに強化”. 東京新聞. (2014年7月9日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2014070902000123.html 2014年7月9日閲覧。 
  149. ^ “イラク西部アンバール県の治安情勢(外務大臣談話)” (プレスリリース), 外務省, (2014年1月9日), https://www.mofa.go.jp/mofaj/page4_000339.html 2014年6月30日閲覧。 
  150. ^ “イラクのファルージャ、武装勢力ISILが掌握 新たに65人死亡”. AFP通信. (2014年1月5日). http://www.afpbb.com/articles/-/3005973 2014年6月20日閲覧。 
  151. ^ a b Ghazwan Hassan (2014年6月5日). “Iraq dislodges insurgents from city of Samarra with airstrikes” (英語). ロイター. http://www.reuters.com/article/2014/06/05/us-iraq-security-idUSKBN0EG1RG20140605 2014年6月20日閲覧。 
  152. ^ “Deadly fighting breaks out in Iraq's Mosul” (英語). アルジャジーラ. (2014年6月7日). http://www.aljazeera.com/news/middleeast/2014/06/deadly-car-bomb-attacks-rocks-iraq-north-20146682623969252.html 2014年6月20日閲覧。 
  153. ^ イラク 政権に打撃 過激派、第2の都市制圧 MSN産経ニュース(2014年6月11日)2014年6月12日閲覧
  154. ^ イラク過激派、トルコ総領事ら49人を拉致 AFP通信(2014年6月11日)2014年6月12日閲覧
  155. ^ “スンニ派武装組織、イラク北西部のタルアファル制圧”. ロイター. (2014年6月16日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0EQ1BH20140615 2014年6月21日閲覧。 
  156. ^ a b c 秋山信一 (2014年6月18日). “イラク:「サウジは過激派組織ISILを支援」と非難声明”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/news/20140618k0000e030165000c.html 2014年6月20日閲覧。 
  157. ^ “イスラム過激派、北部の空港占拠 製油施設を包囲、攻防続く”. 共同通信. 47NEWS. (2014年6月20日). http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014062001002405.html 2014年6月21日閲覧。 
  158. ^ “武装勢力がイラク空軍基地を攻撃、複数の小規模油田制圧”. ロイター. (2014年6月30日). http://jp.reuters.com/article/jpUSpolitics/idJPKBN0F01WC20140625 2014年6月30日閲覧。 
  159. ^ a b c “イラクで、テロ組織ISISによる残忍な措置が継続”. アルメナール・チャンネル. IRIB. (2014年6月29日). http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/46266-イラクで、テロ組織isisによる残忍な措置が継続 2014年6月30日閲覧。 
  160. ^ 中村禎一郎 (2014年6月26日). “イラク北部モスル 過激派掌握2週間 イスラム法強制始まる”. 東京新聞. http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2014062602000143.html 2014年6月30日閲覧。 
  161. ^ “国家の統一性に危機 旧バース党勢力も復権狙う 酒井啓子・千葉大教授”. 産経新聞. (2014年6月14日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/140614/mds14061409310002-n1.htm 2014年6月14日閲覧。 
  162. ^ 和田浩明 (2014年6月18日). “米国:イラクのサウジ非難に強い反発 サキ国務省報道官”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/news/20140618k0000e030166000c.html 2014年6月20日閲覧。 
  163. ^ “米上院共和党議員、「イラク現状はアメリカのテロ支援の結果によるものだ」”. ファールス通信. IRIB. (2014年6月23日). http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/46109-米上院共和党議員、「イラク現状はアメリカのテロ支援の結果によるものだ」 2014年6月24日閲覧。 
  164. ^ “豪外相が、同国人のテロ組織への加担を懸念”. DPA. IRIB. (2014年6月19日). http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/46003-豪外相が、同国人のテロ組織への加担を懸念 2014年6月20日閲覧。 
  165. ^ “1mn displaced since ISIL appeared in Iraq: UNHCR” (英語). PRESS TV. (2014年6月20日). http://www.presstv.ir/detail/2014/06/20/367875/1mn-displaced-since-isil-appeared/ 2014年6月30日閲覧。 
  166. ^ “米軍、イラク北部の「イスラム国」に空爆 2011年の撤退後初”. AFP通信. (2014年8月9日). http://www.afpbb.com/articles/-/3022712 2014年8月12日閲覧。 
  167. ^ “空爆「成功」今後も続けていく~オバマ氏”. 日テレNEWS24. (2014年8月10日). http://www.news24.jp/articles/2014/08/10/10256967.html 2014年8月23日閲覧。 
  168. ^ Maria Abi-Habib (2014年8月11日). “米空爆の「イスラム国」、本拠地シリアで勢力増す”. ウォール・ストリート・ジャーナル. http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303721104580085253602807276 2014年8月23日閲覧。 
  169. ^ 青木伸行 (2014年8月22日). “「国境には制約されない」米高官、シリアでのイスラム国空爆検討を認める”. 産経新聞. http://sankei.jp.msn.com/world/news/140823/amr14082321450010-n1.htm 2014年8月25日閲覧。 
  170. ^ a b Indira A.R. Lakshmanan (2014年8月25日). “「イスラム国」は油田備えたタリバン-莫大な自己資金力が脅威”. ブルームバーグ. http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NAW8586KLVRT01.html 2014年8月27日閲覧。 
  171. ^ SAM DAGHER (2014年8月25日). “「イスラム国」、シリア北部の空軍基地を制圧”. ウォール・ストリート・ジャーナル. http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052970204431804580112652692087156 2014年8月27日閲覧。 
  172. ^ “イスラム国、シリア兵160人以上を処刑 映像公開”. AFP通信. (2014年8月29日). http://www.afpbb.com/articles/-/3024373 2014年8月29日閲覧。 
  173. ^ “オバマ米大統領、シリアでの偵察飛行を承認 空爆の準備か”. CNN. (2014年8月26日). http://www.cnn.co.jp/usa/35052889.html 2014年8月27日閲覧。 
  174. ^ Serene ASSIR (2014年8月26日). “シリア、米国との対テロ共闘の「用意ある」”. AFP通信. http://www.afpbb.com/articles/-/3024064 2014年8月27日閲覧。 
  175. ^ 工藤武人 (2014年9月2日). “独もイスラム国を「脅威」と判断…武器支援へ”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/world/20140902-OYT1T50009.html 2014年9月3日閲覧。 
  176. ^ “イスラム国に対抗 独がクルド人部隊に武器供与へ”. テレビ朝日. (2014年9月2日). http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000033741.html 2014年9月3日閲覧。 
  177. ^ 赤川省吾 (2014年9月3日). “ドイツが軍事貢献へカジ クルド勢力に武器、東欧派兵も”. 日本経済新聞. http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM02H05_S4A900C1FF2000/ 2013-4-9-3閲覧。 
  178. ^ 神田大介 (2014年9月2日). “イスラム国非難決議を採択 国連人権理、調査求める”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASG920SHJG91UHBI036.html 2014年9月3日閲覧。 
  179. ^ “国連 イスラム過激派組織の残虐行為非難”. NHK. (2014年9月2日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140902/k10014270711000.html 2014年9月3日閲覧。 
  180. ^ 白川義和; 水野哲也 (2014年9月20日). “国連安保理、「イスラム国」壊滅へ議長声明採択”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/world/20140920-OYT1T50036.html 2014年9月20日閲覧。 
  181. ^ NOÉMIE BISSERBE (2014年9月20日). “フランス、イスラム国に初の空爆―イラク北東部で補給所を破壊”. ウォール・ストリート・ジャーナル. http://jp.wsj.com/news/articles/SB10656493786288173419804580164983143840418 2014年9月21日閲覧。 
  182. ^ 空爆死者、子供含む865人 対イスラム国、9月以降(産経ニュース 2014年11月12日)
  183. ^ 渡辺淳基 (2014年11月9日). “「イスラム国」車列を空爆 最高指導者「致命傷」の情報”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/SDI201411099585.html 2014年11月9日閲覧。 
  184. ^ “米軍、ISIS指導者狙い車列空爆 イラク北部”. CNN. (2014年11月9日). http://www.cnn.co.jp/world/35056293.html 2014年11月9日閲覧。 
  185. ^ Dan De Luce; Jérôme CARTILLIER (2014年11月25日). “ヘーゲル米国防長官が辞任、イスラム国対応めぐり事実上の更迭”. AFP通信. http://www.afpbb.com/articles/-/3032565 2014年11月29日閲覧。 
  186. ^ Gerald F. Seib (2014年11月25日). “ヘーゲル米国防長官が辞任する理由”. ウォール・ストリート・ジャーナル. http://jp.wsj.com/news/articles/SB12021915100590764698404580297932282866278 2014年11月29日閲覧。 
  187. ^ The Capital Tribune Japan (2014年12月8日). “米国防長官、ヘーゲル氏辞任とカーター氏指名の背景は?”. The Page. http://thepage.jp/detail/20141208-00000006-wordleaf 2014年12月15日閲覧。 
  188. ^ “イランのF4戦闘機がイスラム国を空爆、米国防総省報道官”. (2014年12月3日). http://www.afpbb.com/articles/-/3033254 2014年12月27日閲覧。 
  189. ^ “ISISが戦闘機を撃墜、操縦士のヨルダン人を拘束か”. (2014年12月24日). http://www.cnn.co.jp/world/35058336.html 2014年12月27日閲覧。 
  190. ^ UAE、対「イスラム国」空爆参加を停止 ヨルダン操縦士拘束受け AFP BB 2015年2月5日付
  191. ^ “イスラム国:「アフガン・パキスタンも領土」 2015年01月27日 13時10分(最終更新 01月27日 13時52分)”. 毎日新聞. (2015年1月26日). http://mainichi.jp/select/news/20150127k0000e030204000c.html 2015年1月28日閲覧。 
  192. ^ Selcan Hacaoglu (2015年1月27日). “クルド人部隊、コバニを奪還-「イスラム国」の進軍阻止”. ブルームバーグ. http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NISOSB6VDKHS01.html 2015年1月31日閲覧。 
  193. ^ リチャード・ホール (2015年1月28日). “コバニ奪還で揺らぐ「イスラム国」の支配”. ニューズウィーク. http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/01/post-3533_1.php 2015年1月31日閲覧。 
  194. ^ 貫洞欣寛 (2015年1月31日). “「イスラム国」から奪還された街 記者が歩いた”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASH100DXVH1ZUHBI034.html 2015年1月31日閲覧。 
  195. ^ ヨルダン軍パイロットの殺害映像か 「イスラム国」が投稿 ハフィントンポスト 2015年2月4日付
  196. ^ 【イスラム国事件】ヨルダン軍「報復」空爆開始 UAEは中断、米主導に足並みの乱れ 産経ニュース 2015年2月5日付
  197. ^ a b “アメリカ特殊部隊がシリアで地上作戦 「イスラム国」幹部を殺害”. ハフィントン・ポスト. (2015年5月17日). http://www.huffingtonpost.jp/2015/05/16/isil-usa--syria_n_7299096.html 2015年8月22日閲覧。 
  198. ^ “ア米軍がイスラム国ナンバー殺害 イラク空爆”. スポーツニッポン. (2015年8月21日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2015/08/22/kiji/K20150822010984040.html 2015年8月22日閲覧。 
  199. ^ a b “米、空爆で「イスラム国」幹部を殺害”. 日本経済新聞. (2015年8月28日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM29H1A_Z20C15A8NNE000/ 2015年8月29日閲覧。 
  200. ^ “トルコがISISを空爆、有志連合の一員として初”. CNN. (2015年8月30日) 
  201. ^ “トルコ軍、「イスラム国」を空爆 米などとの共同作戦に初参加”. 日本経済新聞. (2015年8月30日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM29H44_Z20C15A8FF8000/ 2015年8月30日閲覧。 
  202. ^ トルコ軍「イスラム国」砲撃…シリア北部支配地読売新聞 2016年08月24日
  203. ^ a b “仏軍がシリアで「イスラム国」拠点を空爆”. 読売新聞. (2015年9月27日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20150927-OYT1T50063.html 2015年9月27日閲覧。 
  204. ^ [1][2]
  205. ^ a b “英下院が承認、シリアを空爆…欧米の包囲網強化”. 読売新聞. (2015年10月3日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20151203-OYT1T50116.html 2015年10月4日閲覧。 
  206. ^ 「米空爆で「イスラム国」(IS)ナンバー2、死亡か」産経ニュース2016.3.26
  207. ^ 「シリアで米軍急襲「イスラム国」ナンバー2殺害」読売新聞2016年03月26日
  208. ^ 「米軍、「イスラム国」幹部殺害 イラク支援を増強 」日本経済新聞2016/3/26
  209. ^ “A Top ISIS Leader Is Killed in an Airstrike, the Pentagon Says”. New York Times. (2016年3月25日). http://www.nytimes.com/2016/03/26/world/middleeast/abd-al-rahman-mustafa-al-qaduli-isis-reported-killed-in-syria.html 2016年3月26日閲覧。 
  210. ^ “U.S. confirms death of ISIS operative Omar al-Shishani”. CNN. (2016年3月14日). http://edition.cnn.com/2016/03/14/politics/u-s-confirms-death-of-isis-operative-omar-al-shishani/index.html 2016年3月14日閲覧。 
  211. ^ Top ISIS Commander 'Omar the Chechen' Believed Dead After Airstrike
  212. ^ ISIL commander Omar the Chechen confirmed dead”. www.aljazeera.com. 2016年3月16日閲覧。
  213. ^ IS「戦争相」殺害か=ジョージア出身の司令官-米軍時事通信2016/03/09
  214. ^ “IS最高指導者、シリアで殺害か=バグダディ容疑者、ロシア空爆で”. 時事通信. (2017年6月16日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2017061600929 2017年6月16日閲覧。 
  215. ^ IS「国家」崩壊=シリア最後の拠点制圧-クルド人勢力が宣言”. news.livedoor.com (2019年3月23日). 2019年3月23日閲覧。
  216. ^ IS急襲作戦名は米女性の名前、バグダディ容疑者の性的暴行被害者”. AFP (2019年10月29日). 2019年10月29日閲覧。
  217. ^ 米、バグダーディーに代わる人物も殺害”. www.trt.net.tr (2019年10月29日). 2019年11月2日閲覧。
  218. ^ 「イスラム国」に新指導者、報復の懸念も”. www.nikkei.com. 2019年11月1日閲覧。
  219. ^ IS、バグダディ容疑者の後継者発表 米国に報復を警告”. theworldnews.net. 2019年11月1日閲覧。
  220. ^ Islamic State group names its new leader as Abu Ibrahim al-Hashemi”. www.bbc.co.uk/ (2019年10月31日). 2019年11月1日閲覧。
  221. ^ イラク政府はタッル・アファルのISISからの解放を宣言』 2017年9月1日 Onebox News
  222. ^ イスラム国は首都を失い事実上の崩壊へ』 2017年10月17日 Onebox News
  223. ^ シリア、IS最後の拠点奪還 政府軍発表2017年11月10日 Yahoo!ニュース
  224. ^ “イラク軍、国内最後のIS拠点を奪還”. フランス通信社. (2017年11月17日). http://www.afpbb.com/articles/-/3151139 2017年11月17日閲覧。 
  225. ^ “エジプト 「イスラム国」系過激派に強い危機感”. NHK. (2015年2月1日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150201/k10015119531000.html 2015年2月1日閲覧。 
  226. ^ YAROSLAV TROFIMOV (2015年1月30日). “イスラム国拡大、エジプトなど襲う集団”. ウォール・ストリート・ジャーナル. http://jp.wsj.com/articles/SB12431244049710433766304580431124151818724 2015年2月1日閲覧。 
  227. ^ “リビアのホテル襲撃、「イスラム国」が犯行声明”. 朝日新聞. (2015年1月29日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20150129-OYT1T50078.html 2015年2月1日閲覧。 
  228. ^ 中部シルト制圧を宣言=リビアの「イスラム国」時事通信
  229. ^ IS拠点制圧 大統領評議会が宣言 中部シルト毎日新聞 2016年8月12日
  230. ^ “エジプト軍基地など襲撃で26人死亡、イスラム国系が犯行声明”. AFP通信. (2015年1月30日). http://www.afpbb.com/articles/-/3038186 2015年1月31日閲覧。 
  231. ^ الصفحة الرسمية للمتحدث العسكري للقوات المسلحة 1月29日 12:51 - Facebook エジプト軍報道官(アラビア語)
  232. ^ 「イスラム国」系組織、シナイ半島で軍施設攻撃 死者多数 2015 年 1 月 30 日 13:40 JST - ウォール・ストリート・ジャーナル MATT BRADLEY and SHARAF AL-HOURANI(有料記事)
  233. ^ イエメンで自爆テロ、死者140人超 「イスラム国」か 日本経済新聞
  234. ^ イエメン兵士14人を殺害 「イスラム国」関連か産経新聞
  235. ^ ダーイシュ アフガニスタンで存在感Jam-e Jam 2015年7月3日
  236. ^ ダーイシュとターリバーンの間で激しい戦闘Jam-e Jam 2015年6月29日
  237. ^ パリ同時テロ、128人が死亡 ISが犯行声明朝日新聞デジタル
  238. ^ “仏大統領、国家非常事態を宣言 「テロに立ち向かう」”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2015年11月14日). https://r.nikkei.com/article/DGXLASGM14H0W_U5A111C1000000 2015年11月15日閲覧。 
  239. ^ 「イスラム国」支持者、カナダで爆死 テロ計画かテレビ朝日 2016年8月13日
  240. ^ トルコ南部テロ、50人死亡 「イスラム国」か日本経済新聞 2016年8月21日
  241. ^ 「イスラム国」が“人材募集” リオ五輪攻撃目的かテレビ朝日 2016年8月3日
  242. ^ カブール空港付近で爆発、ISの自爆テロか 米兵ら死傷朝日新聞 2021年8月27日
  243. ^ “IS、ロシア打倒を宣言 イスラム教徒に攻撃呼び掛け”. AFPBB. (2015年10月14日). http://www.afpbb.com/articles/-/3063053 2017年12月14日閲覧。 
  244. ^ 北朝鮮の高麗航空にサイバー攻撃 米軍標的の「イスラム国」
  245. ^ “IS「韓国など60カ国、戦争の火で燃やす」”. 中央日報. (2015年11月27日). http://japanese.joins.com/article/968/208968.html 2015年11月30日閲覧。 
  246. ^ “ISの最新映像に中華民国国旗 馬総統、台湾市民に平静呼びかけ”. 中央通訊社. (2015年11月25日). http://japan.cna.com.tw/news/apol/201511250004.aspx 2015年11月30日閲覧。 
  247. ^ “イスラム国メッセージ「日本にとっての悪夢が始まるのだ」”. スポニチ. (2015年2月2日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2015/02/02/kiji/K20150202009735480.html 2015年10月13日閲覧。 
  248. ^ “【イスラム国】機関誌で「日本攻撃」呼び掛け”. 産経ニュース. (2015年9月10日). http://www.sankei.com/world/news/150910/wor1509100050-n1.html 2015年11月1日閲覧。 
  249. ^ ISIS、数年後に新疆ウイグルの占領を計画、中国を「復讐ランキング」首位に―中国誌 中国情報の日本語メディア―FOCUS-ASIA.COM - 中国の経済情報を中心としたニュースサイト。分析レポートや特集、調査、インタビュー記事なども豊富に配信。
  250. ^ US Expands Airstrikes on Islamic State in Iraq
  251. ^ 大島隆 (2014年9月23日). “米がシリア領内で空爆 対「イスラム国」、イラクに続き”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASG9R3K01G9RUHBI00L.html 2014年9月23日閲覧。 
  252. ^ 加納宏幸 (2014年9月23日). “米国がシリア空爆を開始「イスラム国」標的”. MSN産経ニュース. http://sankei.jp.msn.com/world/news/140923/amr14092311040004-n1.htm 2014年9月23日閲覧。 
  253. ^ 「イスラム国」掃討報告書、米軍が戦況歪曲か 米紙報道日本経済新聞
  254. ^ Top Iranian general, Hezbollah lead Iraq ground war. ynetnews Ynetnews 2014年11月5日
  255. ^ イラン:革命防衛隊が越境 イラク支援のイスラム国攻撃 - 毎日新聞
  256. ^ Zainab Fattah (2014年8月26日). “イランがイラク・クルド人勢力を支援、反「イスラム国」戦闘で”. ブルームバーグ. http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NAX7WB6VDKHX01.html 2014年9月20日閲覧。 
  257. ^ “湾岸も「イスラム国」警戒 同じスンニ派サウジなど 静観一転、テロ温床懸念”. 朝日新聞. (2014年9月7日). http://www.asahi.com/articles/DA3S11337801.html 2014年9月20日閲覧。 
  258. ^ 大内清 (2014年9月8日). “【イラク情勢】「あらゆる措置をとる」対イスラム国でアラブ連盟が合意 米国に言及なし”. 産経新聞. http://sankei.jp.msn.com/world/news/140908/mds14090810060001-n1.htm 2014年9月20日閲覧。 
  259. ^ Maria Abi-Habib in Beirut; Jay Solomon in Washington (2014年9月12日). “中東諸国、対「イスラム国」で米国との共闘を約束”. ウォール・ストリート・ジャーナル. http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052970203714004580148541140258552 2014年9月20日閲覧。 
  260. ^ Bulent Kilic (2014年9月21日). “シリアのクルド人、6万人以上がトルコに避難 イスラム国が攻勢”. AFP通信. http://www.afpbb.com/articles/-/3026562 2014年9月24日閲覧。 
  261. ^ 和田浩明 (2014年11月1日). “イスラム国:「スンニ派部族を大量処刑」 米が懸念表明”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/news/20141102k0000m030059000c.html 2014年11月2日閲覧。 
  262. ^ “イスラム国、イラクで部族民40人以上を「処刑」”. AFP通信. (2014年10月30日). http://www.afpbb.com/articles/-/3030347 2014年11月2日閲覧。 
  263. ^ “IIslamic State sends warning to Hamas and Fatah”. The Times of Israel. (2015年6月30日). http://www.timesofisrael.com/liveblog_entry/islamic-state-sends-warning-to-hamas-and-fatah/ 2015年11月30日閲覧。 
  264. ^ “IS:「ハマス絶滅させる」 ネットで宣言 イスラエルも照準”. 毎日新聞. (2015年7月2日). http://sp.mainichi.jp/shimen/news/20150702ddm007030076000c.html 2015年11月30日閲覧。 
  265. ^ “イスラエル、ガザ報復空爆 「イスラム国」賛同系が攻撃認める”. 日本経済新聞. (2015年6月7日). https://r.nikkei.com/article/DGXLASGM07H2R_X00C15A6000000 2015年11月30日閲覧。 
  266. ^ パレスチナ:ダーイシュがハマースに宣戦布告アル・クドゥス・ル・アラビー 2015年7月4日
  267. ^ “アルカイダ系組織が「イスラム国」非難 イエメン拠点”. 日本経済新聞. (2014年11月23日). https://r.nikkei.com/article/DGXLASGM22H3G_S4A121C1000000 2014年11月23日閲覧。 
  268. ^ 安保理決議1267(仮訳)”. 外務省. 2015年1月28日閲覧。
  269. ^ (英語)国際連合安全保障委員会決議1267”. 国際連合 (1999年10月15日). 2015年1月28日閲覧。
  270. ^ 国連安保理決議第1989号(仮訳)”. 外務省. 2015年1月28日閲覧。
  271. ^ (英語)国際連合安全保障委員会決議1989”. 国際連合 (2011年6月17日). 2015年1月28日閲覧。
  272. ^ (英語)The Al-Qaida Sanctions Committee”. アル・カーイダ制裁委員会. 2015年1月28日閲覧。
  273. ^ (英語)Al-Qaida Sanctions List”. アル・カーイダ制裁委員会. 2015年1月28日閲覧。 “QE.J.115.04. Name: AL-QAIDA IN IRAQ(イラクのアル・カーイダ)として掲示”
  274. ^ Martin Waehlisch (2010-10) (PDF). EU Terrorist Listing - An Overview about Listing and Delisting Procedures (Report). Berghof Peace Support. Berghof Foundation. pp. 4-5. http://www.berghof-foundation.org/fileadmin/redaktion/Publications/Other_Resources/RLM_EU_Terrorist_Listing.pdf 2015年1月24日閲覧。. 
  275. ^ “Proscribed terrorist groups” (PDF) (プレスリリース), イギリス内務省, (2015年1月23日), https://www.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/397683/Proscription-20150123.pdf 2015年1月24日閲覧。 
  276. ^ “Foreign Terrorist Organizations” (プレスリリース), アメリカ合衆国国務省, http://www.state.gov/j/ct/rls/other/des/123085.htm 2015年1月24日閲覧。 
  277. ^ “ロシア イスラム国をテロ組織認定”. NHKオンライン. (2014年12月30日). オリジナルの2015年1月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150101152932/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141230/k10014361101000.html 2015年1月24日閲覧。 
  278. ^ “Listed terrorist organisations” (プレスリリース), Australian National Security, http://www.nationalsecurity.gov.au/Listedterroristorganisations/Pages/default.aspx 2015年1月24日閲覧。 
  279. ^ “Currently listed entities” (プレスリリース), Public Safety Canada, http://www.publicsafety.gc.ca/cnt/ntnl-scrt/cntr-trrrsm/lstd-ntts/crrnt-lstd-ntts-eng.aspx 2015年1月24日閲覧。 
  280. ^ “India bans Islamic State”. The Hindu. (2014年12月16日). http://www.thehindu.com/news/national/indian-government-bans-islamic-state-terror-organisation/article6698369.ece 2015年1月24日閲覧。 
  281. ^ “Egypt brands jihadist ISIL a 'terrorist group'”. Hürriyet Daily News. (2014年11月30日). http://www.hurriyetdailynews.com/egypt-brands-jihadist-isil-a-terrorist-group.aspx?pageID=238&nID=75033&NewsCatID=352 2015年1月24日閲覧。 
  282. ^ “Saudi Arabia designates Muslim Brotherhood terrorist group”. ロイター. (2014年5月7日). http://www.reuters.com/article/2014/03/07/us-saudi-security-idUSBREA260SM20140307 2015年1月24日閲覧。 
  283. ^ サウジ、同胞団をテロ組織指定 思想的影響力に警戒” (2014年3月8日). 2015年1月28日閲覧。
  284. ^ “UAE publishes list of terrorist organisations”. Gulf News. (2014年11月15日). http://gulfnews.com/news/gulf/uae/government/uae-publishes-list-of-terrorist-organisations-1.1412895 2015年1月24日閲覧。 
  285. ^ 国際テロ組織 世界のテロ組織等の概要・動向”. 公安調査庁. 2015年1月28日閲覧。
  286. ^ イラクのアルカイダ(AQI)”. 公安調査庁. 2015年1月28日閲覧。
  287. ^ G7外相声明テロ組織ISIL/DAESHとの戦いのための共同行動(仮訳)” (2014年9月25日). 2015年1月28日閲覧。
  288. ^ 服部正法 (2014年11月2日). “ナイジェリア:ボコ・ハラムが停戦合意を否定”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/news/20141102k0000m030030000c.html 2014年11月3日閲覧。 
  289. ^ ミシェル・フロルクルス (2014年10月2日). “フィリピン過激派組織がISISと共闘宣言”. ニューズウィーク. http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2014/10/isis-1.php 2014年11月3日閲覧。 
  290. ^ ジェマー・イスラミア(JI) 公安調査庁
  291. ^ 「アブ・サヤフ・グループ(ASG)」 公安調査庁
  292. ^ 押野真也 (2014年10月19日). “「イスラム国」シンパ増殖 過激派が傘下入り”. 日本経済新聞. http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM19H0F_Z11C14A0FF8000/ 2014年11月3日閲覧。 
  293. ^ Ammar Karim; Samer al-Atrush in Cairo (2014年11月11日). “エジプト過激派組織、イスラム国指導者への忠誠を表明”. AFP通信. http://www.afpbb.com/articles/-/3031422 2014年11月11日閲覧。 
  294. ^ “【「イスラム国」世界に拡大】“領土獲得”着々 他のイスラム勢力とのあつれきも”. 共同通信社. (2015年2月4日). http://www.47news.jp/47topics/e/261727.php 2015年2月28日閲覧。 
  295. ^ 松本太 (2015年2月26日). “ついに「ダーイシュ」に報復宣言、エジプトは中東を安定に導けるか? ダーイシュの“模倣犯”に挟まれ、国内は治安悪化の一途”. 日本ビジネスプレス. http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/43022 2015年2月28日閲覧。 
  296. ^ 「イスラム国」戦闘員、中国から300人合流か日本経済新聞 2015年1月31日閲覧
  297. ^ “「イスラム国」戦闘員3万人に拡大か”. NHK. (2014年9月12日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140912/k10014552151000.html 2014年9月13日閲覧。 
  298. ^ 国連、ISの戦闘員2~3万人が残存しているとの見方示す”. www.sankei.com (2019年3月23日). 2019年3月23日閲覧。
  299. ^ 「イスラム国」残党2万人超 国連報告日本経済新聞 2018年8月20日
  300. ^ 「イスラム国志願で拘束」は嘘だったが、実際にイスラム過激派に入った日本人の若者がいた! 戦闘にも加わり重傷(2016年3月26日) - エキサイトニュース(1/6)” (日本語). www.excite.co.jp. 2018年9月17日閲覧。
  301. ^ “イスラム国:建国宣言後の1カ月で6300人が新加入”. 毎日新聞. (2014年8月21日). http://mainichi.jp/select/news/20140821k0000e030199000c.html 2014年8月24日閲覧。 
  302. ^ イスラム国「最も裕福なテロ組織」 高水準の装備や宣伝動画 産経新聞 2014年9月23日
  303. ^ a b c James PHEBY (2014年11月1日). “空爆でも止まらない外国人戦闘員の流入、イスラム国”. AFP通信. http://www.afpbb.com/articles/-/3030582 2014年11月3日閲覧。 
  304. ^ MARGARET COKER; NICHOLAS WINNING (2014年8月21日). “米記者殺害犯はイギリス人? 英米が特定急ぐ 「イスラム国」映像の覆面男”. ウォール・ストリート・ジャーナル. http://jp.wsj.com/articles/SB10001424052970203403704580104701142494366 2014年8月24日閲覧。 
  305. ^ 渡辺志帆 (2014年9月2日). “イスラム国戦闘員の英国人500人 首相、帰国禁止方針”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASG9213L7G91UHBI037.html 2014年9月3日閲覧。 
  306. ^ 工藤武人 (2014年8月28日). “欧州出身だけで2千人…イスラム国戦闘員の1割”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/world/20140828-OYT1T50131.html 2014年9月3日閲覧。 
  307. ^ “独 「イスラム国」の支援活動を禁止”. NHK. (2014年9月12日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140912/k10014572951000.html 2014年9月13日閲覧。 
  308. ^ “米国人10人ほど イスラム国戦闘員か”. NHK. (2014年9月5日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140905/k10014370111000.html 2014年9月5日閲覧。 
  309. ^ イスラエルを訪問して”. 田母神俊雄オフィシャルブログ (2014年9月20日). 2014年10月6日閲覧。
  310. ^ “「イスラム国への日本人参加」否定 中山副大臣、イスラエル次官に電話で確認”. 産経新聞. (2014年10月2日). オリジナルの2014年10月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141008200515/http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E3%80%8C%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%A0%E5%9B%BD%E3%81%B8%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E5%8F%82%E5%8A%A0%E3%80%8D%E5%90%A6%E5%AE%9A-%E4%B8%AD%E5%B1%B1%E5%89%AF%E5%A4%A7%E8%87%A3%E3%80%81%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A8%E3%83%AB%E6%AC%A1%E5%AE%98%E3%81%AB%E9%9B%BB%E8%A9%B1%E3%81%A7%E7%A2%BA%E8%AA%8D/ar-BB6YYqk 2014年10月6日閲覧。 
  311. ^ 飯山陽 (2019年5月22日). “日本国籍のテロ首謀者を拘束 日本が「イスラム国」組織拡大の温床になったワケ”. FNN PRIME. https://www.fnn.jp/posts/00046434HDK 2019年5月24日閲覧。 
  312. ^ “シリアで拘束の男の子ども3人日本へ 男は22人死亡テロに関与か”. FNN PRIME. (2019年5月22日). https://www.fnn.jp/posts/00418014CX 2019年5月24日閲覧。 
  313. ^ 宮川裕章 (2014年9月19日). “フランス:若い女性や中流・富裕層出身者がイスラム国参加”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/news/20140919k0000m030038000c.html 2014年9月21日閲覧。 
  314. ^ “イスラム国参加米国人に特有の特徴ない=FBI長官”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2014年11月4日). http://jp.wsj.com/articles/SB12377912224764574491004580255403015655006 2014年12月1日閲覧。 
  315. ^ “イスラム国参加者増、教育不足が原因との見方も…マレーシア”. ニュー・ストレーツ・タイムズ. (2014年12月20日). http://response.jp/article/2014/12/20/240054.html 2014年12月22日閲覧。 
  316. ^ みゆきポアチャ (2014年11月21日). “欧州に忍び寄るイスラム国の脅威 「聖戦地」に少年、少女が結集~北欧・福祉社会の光と影”. 日本ビジネスプレス. http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/42239 2014年11月22日閲覧。 
  317. ^ 宮川裕章 (2014年12月12日). “イスラム国:子失い、社会からは批判 家族二重の苦しみ”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/news/20141212k0000e030169000c.html 2014年12月13日閲覧。 
  318. ^ 金成隆一 (2014年9月9日). “「子どもの被害、最大700人」国連がイスラム国批判”. 2014年9月13日閲覧。
  319. ^ ISIS claimed it captured Turkish Leopard 2A4 main battle tanks in Syria” (英語). Defence Blog (2016年12月22日). 2020年5月9日閲覧。
  320. ^ Islamic State: We captured Turkish tanks in Syria battle” (英語). Middle East Eye. 2020年5月9日閲覧。
  321. ^ IS seizes Libya airbase after Misrata forces pull out”. Middle East Eye. 2015年6月10日閲覧。
  322. ^ 米空爆の「イスラム国」、本拠地シリアで勢力増す”. ワシントン・ポスト. 2015年7月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年8月17日閲覧。
  323. ^ 「イスラム国」、戦闘機3機を保有か シリア軍から強奪” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年5月9日閲覧。
  324. ^ ISIS Is Now Using Hobby Drones to Kill People”. ギズモード (2016年10月11日). 2017年4月9日閲覧。
  325. ^ Isis use of hobby drones as weapons tests Chinese makers”. ファイナンシャル・タイムズ (2017年12月10日). 2018年7月6日閲覧。
  326. ^ “「イスラム国」が化学兵器施設制圧 イラクが確認”. 日本経済新聞. (2014年7月10日). https://r.nikkei.com/article/DGXNZO74036750Q4A710C1FF1000 2013-4-12-27閲覧。 
  327. ^ 加納宏幸 (2014年10月25日). “イスラム国、化学兵器使用か 米が確認急ぐ 米紙報道”. 産経新聞. http://www.sankei.com/world/news/141025/wor1410250014-n1.html 2014年12月27日閲覧。 
  328. ^ “イラクが化学兵器施設を奪還 イスラム国から”. 産経新聞. (2014年12月2日). http://www.sankei.com/world/news/141202/wor1412020028-n1.html 2014年12月27日閲覧。 
  329. ^ “「イスラム国」、イラクで塩素ガス使用か OPCW会見”. 朝日新聞. (2015年2月10日). http://www.asahi.com/articles/ASH2B62WQH2BUHBI02R.html 2015年3月1日閲覧。 
  330. ^ 独自に化学兵器を製造、使用か 英BBC報道産経新聞
  331. ^ イスラム国の使用兵器、中国がロシアに次ぐ最大供給源に=3位は米国製―米紙”. Record China (2014年10月10日). 2017年12月14日閲覧。
  332. ^ 「イスラム国」戦闘員が使用の武器、ほぼ半数が中国製”. フォーブス (2017年12月20日). 2017年12月21日閲覧。
  333. ^ Jean Marc MOJON (2014年8月11日). “「イスラム国」が勢力拡大を続ける5つの理由”. AFP通信. http://www.afpbb.com/articles/-/3022684 2014年8月23日閲覧。 
  334. ^ “「イスラム国」勢い衰えず 警戒強める欧米諸国”. 日本経済新聞. (2014年8月23日). https://r.nikkei.com/article/DGXLASGM22H11_S4A820C1FF1000 2014年8月25日閲覧。 
  335. ^ 小林哲 (2014年8月22日). “「イスラム国、ただのテロ集団でない」米国防長官”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASG8Q3FZTG8QUHBI00B.html 2014年8月25日閲覧。 
  336. ^ “「イスラム国」勢い衰えず 警戒強める欧米諸国”. 日本経済新聞. (2014年8月23日). https://r.nikkei.com/article/DGXLASGM22H11_S4A820C1FF1000 2014年8月25日閲覧。 
  337. ^ Jack Shafer (2014年8月27日). “コラム:米国「究極の敵」に急浮上したイスラム国”. ロイター. http://jp.reuters.com/article/jpUSpolitics/idJPKBN0GR0MD20140827 2014年8月27日閲覧。 
  338. ^ “イスラム国:アフリカにも影響力 豊富な資金力も一因”. 毎日新聞. (2014年9月2日). http://mainichi.jp/select/news/20140903k0000m030120000c.html 2014年9月3日閲覧。 
  339. ^ 今井隆 (2014年11月20日). “米軍、「イスラム国」掃討「3~4年かかる」”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/world/20141120-OYT1T50045.html 2014年11月23日閲覧。 
  340. ^ Saudi Prince is real leader of al-Qaeda ALALAM 2013年10月19日
  341. ^ ‘Bandar Bush’ is back calling the shots on ISIL’s advance through Iraq Intrepid Report 2014年7月7日
  342. ^ Global Terrorism and Saudi Arabia: Bandar’s Terror Network Global Reseach 2014年1月11日
  343. ^ 主戦場はサイバー空間に-「イスラム国」残党との戦い、なおも続くブルームバーグ 2017年7月24日
  344. ^ a b “イラクで油田奪取のイスラム過激派、密売で1日2億円稼ぐ”. CNN. (2014年8月24日). http://www.cnn.co.jp/world/35052773.html 2014年8月27日閲覧。 
  345. ^ 武装組織ISIS、遺跡盗掘も資金源ナショナルジオグラフィックニュース(2014年6月27日)
  346. ^ ダーイシュの戦略に変化Mardomsalari 2015年7月2日
  347. ^ 星野真三雄; 畑中徹 (2014年11月28日). “OPEC、減産見送り 決定を受け原油価格が急落”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASGCW5SR0GCWUHBI01H.html 2014年12月21日閲覧。 
  348. ^ Sebastian Boyd (2014年12月18日). “ベネズエラは恐らく来年デフォルト状態に陥る-ソシエテG”. ブルームバーグ. http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NGRBL36TTDS401.html 2014年12月21日閲覧。 
  349. ^ Daniel Bases (2014年12月10日). “焦点:デフォルト懸念のベネズエラ、原油依存で深まる苦境”. ニューズウィーク. http://www.newsweekjapan.jp/headlines/world/2014/12/139790_1.php 2014年12月21日閲覧。 
  350. ^ ジョーダン・ワイスマン (2014年12月17日). “ルーブル危機でロシア経済はもう手遅れ”. ニューズウィーク. http://www.newsweekjapan.jp/stories/business/2014/12/post-3497_1.php 2014年12月21日閲覧。 
  351. ^ “Putin says oil market price conspiracy between Saudi Arabia and US not ruled out”. イタルタス通信. (2014年12月18日). http://itar-tass.com/en/russia/767896 
  352. ^ “Iranian president blames oil price fall on political conspiracy”. CNBC. (2014年12月10日). http://www.cnbc.com/id/102256076 
  353. ^ “Readout of the President’s Call with His Majesty King Abdullah bin Abdulaziz of the Kingdom of Saudi Arabia”. The White House Office of the Press Secretary. http://www.whitehouse.gov/the-press-office/2014/09/10/readout-president-s-call-his-majesty-king-abdullah-bin-abdulaziz-kingdom 
  354. ^ イラク過激派組織、国内最大のダムを制圧(出典:CNN日本) 日本軍事情報センター 2014年8月4日
  355. ^ Mariam Karouny (2014年9月5日). “焦点:次世代見据えるイスラム国、シリア北東部で「国家モデル」構築”. ロイター. http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0H007W20140905 2014年9月5日閲覧。 
  356. ^ 日経ニュースクイズ (2014年11月20日 第8問) - ななめ読み版 - クイズ解答 : 日経Bizアカデミー”. 日経Biz (2014年11月20日). 2015年2月7日閲覧。
  357. ^ THE CURRENCY OF THE KHILAFAH”. Dabiq Issue 5. 2014年11月27日閲覧。
  358. ^ Donna Abu-Nasr (2014年11月13日). “「イスラム国」が独自の硬貨を発行、バグダディ容疑者の命令で”. ブルームバーグ. http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NEZL016VDKHW01.html 2014年11月13日閲覧。 
  359. ^ 田岡俊次 矛盾だらけの「イスラム国」攻撃 週刊東洋経済 2014年10月14日
  360. ^ a b Twitterから閉めだされた「イスラム国」、分散型SNSのDiasporaに乗り換え - ITmedia(2014年08月22日付、2014年8月24日閲覧)
  361. ^ ツイッター、過激派の投稿を遮断 ネット利用せめぎ合い - 日本経済新聞電子版(2014年8月21日付、2014年8月24日閲覧)
  362. ^ イスラム国、人質らの身代金動画拡散のために「ズワイガニ」を使う - ハフィントン・ポスト(2015年01月22日付、2015年2月1日閲覧。
  363. ^ 対「イスラム国」闘争、ツイッターにも拡大 アカウントを大量凍結 - AFP通信(2015年01月30日付、2015年2月1日閲覧)
  364. ^ 辻田真佐憲『たのしいプロパガンダ』161ページ。
  365. ^ イスラム国が拉致のトルコ総領事ら46人、無事解放 イラク 2014年09月21日
  366. ^ Dilay GUNDOGAN (2014年9月21日). “イスラム国が拉致のトルコ総領事ら46人、無事解放 イラク”. AFP通信. http://www.afpbb.com/articles/-/3026570 2014年9月24日閲覧。 
  367. ^ 「この女を欲しいか」上官の奴隷を連れ、少年兵は逃げた 2019年9月23日 朝日新聞デジタル
  368. ^ 「イスラム国」、米国人記者の「斬首」映像公開 2014年08月20日 09:05 発信地:ベイルート/レバノン - フランス通信社
  369. ^ Foley beheading video shocks the world, Obama says - BBC 20 August 2014 Last updated at 18:40
  370. ^ “米ジャーナリスト殺害 英国人関与か”. NHK. (2014年8月21日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140821/k10013959701000.html 2014年8月24日閲覧。 
  371. ^ “イスラム国非難決議を採択 国連人権理、調査求める”. 朝日新聞. (2014年9月2日). http://www.asahi.com/articles/ASG920SHJG91UHBI036.html 
  372. ^ “米ジャーナリスト殺害映像は本物=米政府”. ロイター. (2014年9月3日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPKBN0GY0S420140903 2015年1月28日閲覧。 
  373. ^ “「イスラム国」が殺害…遺族がコメント”. 日本テレビ. (2014年9月15日). http://www.news24.jp/articles/2014/09/15/10259159.html 2015年1月28日閲覧。 
  374. ^ “イスラム国、4人目の殺害動画か”. 時事通信社. (2014年10月3日). http://www.jiji.com/jc/ws?g=top&k=SB11102303130114484576704580192972982694914 2015年1月28日閲覧。 
  375. ^ “イスラム国、また米国人を殺害 欧米人の人質5人目”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2014年11月17日). http://jp.wsj.com/articles/SB11526184417694423301104580281323420695814 2015年1月28日閲覧。 
  376. ^ 「イスラム国」人質はオレンジ服着用 それはどんな理由からなのか”. J-CASTニュース (2015年1月24日). 2015年1月28日閲覧。
  377. ^ “「イスラム国」支持者が発砲か=シーア派男性負傷-豪州”. 時事通信社. (2014年11月4日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201411/2014110400541 2014年11月20日閲覧。 
  378. ^ シリア・パルミラ遺跡で20人銃殺産経新聞
  379. ^ 戦闘員による虐殺か イラク北部で470遺体掘り起こし産経新聞
  380. ^ 「イスラム国」が遺跡を破壊・略奪、ユネスコが警鐘 - AFP通信(2014年9月30日)
  381. ^ 「イスラム国」が博物館の所蔵品破壊…映像投稿読売新聞(2015年02月27日)
  382. ^ 【イスラム国】世界遺産「ハトラ遺跡」を破壊 2000年前の古代都市 「大きな爆発音」 産経ニュース(2015年3月7日)
  383. ^ 世界遺産のハトラ遺跡、「イスラム国」が破壊 読売新聞(2015年3月8日)
  384. ^ ダーイシュ(イスラム国)が古代アッシリアのニムルド遺跡を爆破【動画】(2015年04月12日)
  385. ^ a b “世界遺産パルミラ遺跡を爆破 「最悪の事態」現実に 考古学者も首はねられ“遺体”吊された”. 産経新聞. (2015年8月24日). http://www.sankei.com/world/news/150830/wor1508300005-n1.html 2015年8月30日閲覧。 
  386. ^ a b “考古学者82歳、IS(イスラム国)に斬首される パルミラ遺跡を守り続け”. ハフィントン・ポスト. (2015年8月24日). http://www.huffingtonpost.jp/2015/08/23/archeologist-khaled-asaad-refused-to-tell-isis-_n_8029230.html 2015年8月30日閲覧。 
  387. ^ “「イスラム国」、パルミラで2つ目の神殿破壊か”. 読売新聞. (2015年8月31日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20150831-OYT1T50031.html 2015年9月1日閲覧。 
  388. ^ “世界遺産パルミラの神殿また爆破か 「イスラム国」”. 日本経済新聞. (2015年8月31日). https://r.nikkei.com/article/DGXLASGM31H0W_R30C15A8EAF000 2015年9月1日閲覧。 
  389. ^ シリア遺跡で大略奪=「イスラム国」収益源に-ユネスコ事務局長時事通信
  390. ^ “「イスラム国」、古代ローマ遺跡「凱旋門」破壊”. 読売新聞. (2015年10月6日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20151006-OYT1T50027.html 2015年10月7日閲覧。 
  391. ^ a b “パルミラの凱旋門爆破 「イスラム国」また破壊”. 産経新聞. (2015年10月5日). http://www.sankei.com/world/news/151005/wor1510050017-n1.html 2015年10月7日閲覧。 
  392. ^ “イラク最古の修道院を破壊 衛星画像から確認”. 産経新聞. (2016年1月20日). http://www.sankei.com/world/news/160120/wor1601200056-n1.html 2016年1月21日閲覧。 
  393. ^ 政府、安否確認急ぐ 身代金要求なし 不法入国か - MSN産経ニュース(2014年8月18日付、2014年8月24日閲覧)キャッシュ
  394. ^ 日本人拘束、イスラム国との解放交渉進まず - 読売新聞(2014年08月23日付、2014年8月24日閲覧)キャッシュ
  395. ^ 「日本人の命に1億ドル」ビデオ声明全文 日刊スポーツ (2015年1月20日)
  396. ^ “イスラム国が後藤さん殺害動画ネット公開”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2015年2月2日). http://www.nikkansports.com/m/general/news/f-gn-tp1-20150120-1424163_m.html 2015年2月23日閲覧。 
  397. ^ a b “ティクリートの虐殺、収容遺体約600人に イラク”. フランス通信社. (2015年6月11日). http://www.afpbb.com/articles/-/3051353 2015年6月18日閲覧。 
  398. ^ “日本公館への攻撃呼び掛け=インドネシアなどで-「イスラム国」”. 時事通信. (2015年9月10日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201509/2015091000939 2015年9月11日閲覧。 
  399. ^ a b “「イスラム国」が日本の大使館攻撃を呼び掛け”. 朝日新聞. (2015年9月10日). http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000058496.html 2015年9月11日閲覧。 




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ISIL」の関連用語

ISILのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ISILのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのISIL (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS