人質とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 人質の意味・解説 

ひと‐じち【人質】


人質

作者笹沢左保

収載図書疑心男女
出版社徳間書店
刊行年月1989.9
シリーズ名徳間文庫


人質

作者ラッセル・バンクス

収載図書サクセス・ストーリーズ
出版社早川書房
刊行年月1991.4
シリーズ名Hayakawa Novels


人質

作者島井遊

収載図書夏姫
出版社新風舎
刊行年月2003.1


人質

作者星新一

収載図書星新一ショートショートセレクション 13 クリスマスイブの出来事
出版社理論社
刊行年月2003.11


人質

作者ジェイムズ・クラムリー

収載図書ベスト・アメリカン・ミステリジュークボックス・キング
出版社早川書房
刊行年月2005.4
シリーズ名ハヤカワ・ポケット・ミステリ


人質

作者梅田千津

収載図書瀬戸際オンナたち
出版社熊本日日新聞社
刊行年月2005.11


人質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/19 03:10 UTC 版)

人質(ひとじち)は、交渉を有利にするために、人の身柄を拘束することや、拘束された人を指す。および近世以前、借金の担保として人身を質入れすること。また、誓約の保証として妻子や親族などを相手方にとどめておくことや、その対象も人質と呼ばれた。


  1. ^ a b c 山尾(2003)
  2. ^ a b 堀(1998)
  3. ^ 『室町は今日もハードボイルド 日本中世のアナーキーな世界』、清水克行、2021年6月発行、新潮社、P151
  4. ^ 渡辺和行 1994, pp. 190–191.
  5. ^ 富田与 2005, pp. 149.
  6. ^ 富田与 2005, pp. 151–152.


「人質」の続きの解説一覧

人質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 03:53 UTC 版)

ダイ・ハード2」の記事における「人質」の解説

ホリー・マクレーン 演 - ボニー・ベデリア ジョン・マクレーンの妻で、ロサンゼルスにあるナカトミ商事で働くキャリア・ウーマンクリスマス休暇家族のいるワシントンD.C.に向かうが、テロリストによる事件巻き込まれ不幸な事に同じ飛行機には1年前事件怒り買ったレポーターソーンバーグ乗っており、辟易させられるその後空港パニックに陥った際はそれを起こした張本人ソーンバーグであることを知り激怒隣の席老婦人手荷物入れていたスタンガン使って彼を気絶させた。 リチャード・ソーンバーグ 演 - ウィリアム・アザートン 前作にも登場していたWZDCのTVレポーターエコノミークラスシート座らされたことに不満を持ち着陸30分前にファーストクラス取った」と吹聴したり、「食事だけでもファーストクラスものにしろ」と難癖を付けたりするなどのその自己中心ぶりは変わっていない前作のナカトミ・ビル事件後にホリーから殴打受けたことを理由裁判所に彼女に対す接近禁止命令申し立てた為に半径50m以内近づく事は互いに禁止されているが、飛行機内で再びホリー出会い客室乗務員に何故彼女の近くに座らせるのかと文句言ったが、逆に自らの出版した本の嫌味言われた自らの理念であるイエロー・ジャーナリズムに基づいて行動する傾向1年前より全く変わっておらず、仲間無線盗聴器から空港起きている事件のことを知り機内電話からテレビニュースで扇情的な報道行って空港パニック陥れるが、それに激怒したホリースタンガン当てられ気絶したその後意識取り戻し直後に後悔の念駆られて半ばパニック状態になり、着陸後ホリー隣に座っていた老婦人助けを求めるが、逆に罵倒され踏みつけられた。 ウィンザー114便の機長 演 - コルム・ミーニイ ウィンザー114便を操縦していた機長空港音信不通になった後は止むを得ず空港の上空を旋回していたが、燃料尽きかけている中で突然通信回復した着陸指示言われるがまま従い最後偽の高度を信じたために墜落炎上して死亡した

※この「人質」の解説は、「ダイ・ハード2」の解説の一部です。
「人質」を含む「ダイ・ハード2」の記事については、「ダイ・ハード2」の概要を参照ください。


人質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/08 07:08 UTC 版)

国王演説」の記事における「人質」の解説

かつて議会君主敵対していた歴史的経緯イングランド内戦)から、君主議会赴く際に下院議員1名が君主の人質となりバッキンガム宮殿滞在するという慣習がある。 現代では全く儀礼的な慣習であるが、この慣習によってベテラン議員1名は登院せず、宮殿待機し君主帰城するまで宮殿に留まる。

※この「人質」の解説は、「国王演説」の解説の一部です。
「人質」を含む「国王演説」の記事については、「国王演説」の概要を参照ください。


人質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 00:22 UTC 版)

レインボーシックス シージ」の記事における「人質」の解説

建物内捕らわれた人質を救出妨害するゲームモードである。 攻撃側建物内にいる人質を見つけ建物外回収エリアまで人質を連れて行くか、防衛側全滅させることで勝利となる。 防衛側防衛側プレイヤー全滅せず、制限時間終了までに人質を回収エリアまで到達させないか、攻撃側全滅させることで勝利となる。 人質がプレイヤー攻撃によって死亡した場合死亡させたプレイヤーチーム敗北(1ラウンド)する。攻撃側が人質を確保した状態かつ回収地点到達前に制限時間迎えた場合時間延長されるこの場合防衛側全滅回収地点到達攻撃側勝利)、人質を確保している攻撃側プレイヤー戦闘不能防衛側勝利)、人質の死亡攻撃加えたプレイヤーチーム敗北)となる。

※この「人質」の解説は、「レインボーシックス シージ」の解説の一部です。
「人質」を含む「レインボーシックス シージ」の記事については、「レインボーシックス シージ」の概要を参照ください。


人質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 08:39 UTC 版)

イギリス議会開会式」の記事における「人質」の解説

国王チャールズ1世議会側との抗争イングランド内戦)により敗北処刑された。すなわち「議会が国王と敵対」していた経緯から、君主議員を人質とする慣習が残る。 与党院内副総クラスベテラン議員が、儀式終了するまでバッキンガム宮殿に「拘束」されるが、実際には宮殿侍従長お茶飲み交わ程度であるとされる

※この「人質」の解説は、「イギリス議会開会式」の解説の一部です。
「人質」を含む「イギリス議会開会式」の記事については、「イギリス議会開会式」の概要を参照ください。


人質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 22:39 UTC 版)

オペレーションサンダーボルト」の記事における「人質」の解説

ミッション4、6、8に登場。「Help!」と叫びながら、画面端から敵に紛れて現れたり施設扉の鍵破壊して開放する中から現れたりする。『首からカメラ下げた男性』、『タンクトップホットパンツ女性』、『背広男性』、『腕を怪我した男性』、ミッション8限定の『ワンピースの女性』、『少年』がいる。画面外まで無事に逃がと体ゲージ1回復し(但し『少年』は逃して回復しない)、誤って射殺してしまうと2減少する最終ステージクリア後に助けた人数×100,000点が加算される

※この「人質」の解説は、「オペレーションサンダーボルト」の解説の一部です。
「人質」を含む「オペレーションサンダーボルト」の記事については、「オペレーションサンダーボルト」の概要を参照ください。


人質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/03/31 00:28 UTC 版)

ジハーディー・ジョン」の記事における「人質」の解説

2014年8月時点でISIL20人を超える人質を抱えていると主張している。多くの人質の家族は、世間関心を惹いて人質の安全が脅かされないよう、人質の名前を公にしないことにしている。欧州出身の人質の全て、あるいは殆ど全ては、各々の国が身代金払って解放された。しかし米国英国の法律身代金支払い禁じている。

※この「人質」の解説は、「ジハーディー・ジョン」の解説の一部です。
「人質」を含む「ジハーディー・ジョン」の記事については、「ジハーディー・ジョン」の概要を参照ください。


人質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/01 21:15 UTC 版)

ジハーディ・ジョン」の記事における「人質」の解説

2014年8月時点でISIL20人を超える人質を抱えていると主張している。多くの人質の家族は、世間関心を惹いて人質の安全が脅かされないよう、人質の名前を公にしないことにしている。欧州出身の人質の全て、あるいは殆ど全ては、各々の国が身代金払って解放された。しかし米国英国の法律身代金支払い禁じている。

※この「人質」の解説は、「ジハーディ・ジョン」の解説の一部です。
「人質」を含む「ジハーディ・ジョン」の記事については、「ジハーディ・ジョン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「人質」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

人質

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 10:46 UTC 版)

この単語漢字
ひと
第一学年
しち > じち
第五学年
湯桶読み

名詞

(ひとじち)

  1. 約束を守るとして相手方拘留させる人。
  2. 解放引き換えに要求叶えたり身の安全保障させたりするために束縛された人。

発音(?)

参照

翻訳


「人質」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



人質と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「人質」の関連用語

人質のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



人質のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの人質 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのダイ・ハード2 (改訂履歴)、国王演説 (改訂履歴)、レインボーシックス シージ (改訂履歴)、イギリス議会開会式 (改訂履歴)、オペレーションサンダーボルト (改訂履歴)、ジハーディー・ジョン (改訂履歴)、ジハーディ・ジョン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの人質 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS