辟易とは?

辟易

読み方:へきえき

辟易とは、辟易の意味

辟易(へきえき)とは感情様子を表す言葉で、「うんざりする」また「たじろぐ」という二つの意味をもつ。前者は、他者言動に迷惑を感じ嫌になるさまや、ある状況に非常にうっとうしさを感じる状態を表す。後者は、相手勢い剣幕に押されて、しりごみ後退するさまを表す。

「辟易」を構成する「辟」という漢字には、「かたよ(る)」「さ(ける)」「ひら(く)」「きみ」などの読み方がある。漢字成り立ちには「座った人の尻の肉を刃物切り裂き切断する」という意味があり、そこから「重い罪」と、それを裁く「君主」、「刑罰」や「死刑」を、「尻」という部位身体の真ん中より偏っているため「偏る」「避ける」を意味するようになった一方「易」には、「か(える)」「か(わる)」といった読み方がある。漢字成り立ちは「の間から日の光が差し込む」さまを表すものであり、太陽光変化することから「変える」「変わる」を意味するようになったこのように「辟」により「退避する」、「易」により「変化する」ことを表すため、辟易の本来の意味は「道を避け、場所を変える」ことになる。「辟易」は、司馬遷による中国最初の正式な歴史書史記」(項羽本紀)にある表現語源になっており、争い避け進路変更するところから転じて相手恐れ逃げること」を意味する。日本においては独自に変化し、相手に対して講じる策がないということから、うんざりするたじろぐ際に用いられるようになった

「辟易」は名詞であるため、「~している」「~する」「~させられる」など、サ行変格活用動詞付けて用いるのが一般的であるが、自分他者が「うんざりする」という、あまり良くない意味やかんばしくない状況における感情様子を表すため、「辟易とする」という使い方が聞かれることが多い。「~と(する)」という表現は、自分感情状況判断外部委ねる表現であり、断言避け、マイナス表現意図和らげることを目的として定着したもの考えられる。しかし、これは名詞として使用されているため、正しくは「辟易する」になる。

辟易の使い方、例文

うんざりする」を表す際の例文としては、「会社では毎日同じ作業繰り返しで辟易させられる」「仕事で同じミス繰り返す自分に辟易する」などが挙げられる。いずれも毎日変わらない作業状況嫌気がさしている、何度も同じ過ち繰り返す状況憂鬱になっている、といった、うんざりする場合使い方である。

たじろぐ」を表す際の例文としては、「夫婦げんかで妻の剣幕後ろへ辟易した」「会議部下強気指摘に辟易して口をつぐんだ」などが挙げられる。日本において、「たじろぐ」意味での辟易が使用されることが少ないため「辟易」だけでは意味が伝わりにくく、そのままではただ「うんざりする」という表現にとらえられ兼ねないので、辟易の後に「たじろぐ」「すくむ」「ひるむ」、また、辟易の前に後ろへ」といった追加補足表現が必要である。いずれも相手剣幕に押されて後退する、相手勢い圧倒されて言葉すら返せなくなる、といった「たじろぐ場合使い方である。

辟易の類語

辟易を言い換える際の類語には「閉口」、「嫌気」、「尻込み」などが挙げられる。「閉口は文字通り相手に言い負かされたり圧倒されたりして「口をつぐむこと」「言葉につまること」、「嫌気」は「嫌だと感じ気持ち」「気が進まない」といった、いずれも相手自分に対し困惑する感情やさまを表す言葉である。「尻込み」は「気おくれしてためらう」「圧倒される」「躊躇ちゅうちょ)する」と言った意味があり、辟易のもつ「たじろく」に相当する言葉である。

日本においては独自に、「うんざりする」という意味で共通するため、辟易=閉口と言えるほど同義として用いられることが多く言い換え置き換え多用される。しかし、「閉口」がうんざりして言葉を返せず手をこまねくだけの様子を表すのに対し、「辟易」には「たじろぐ」「後退する」という別の意味もあるため、状況に応じた使い分けが必要である。辟易の二つ目の意味である「たじろぐ」は「うんざりするに対してあまり認知されておらず、また使用される機会少ないため、前述通り前後形容詞動詞などを用いた補足追加説明要する使い方一般的である。

辟易の対義語

辟易の持つ一つ目の意味である「うんざりする」に対す対義語としては「興味関心がある、面白味がある」「好意相手状況を好ましく思う気持ち」、二つ目の意味である「たじろぐ」に対す対義語としては「勇敢=勇気があること、危険を恐れないさま」が挙げられる。

辟易の英語表現

辟易を英語で表現すると、一つ目の意味である「うんざりする」は「be bored(by~/with~)=~に退屈する」や「be fed up(with~)=~にうんざりする」などに訳すことができる。二つ目の意味である「たじろぐ」では「flinch(from~)=~から身を引く、~に尻ごみする」「shrink(from~)=~に怯む、~に縮み上がる」などに訳すことができる。ちなみに閉口」を英語で表現すると「close=閉じる」「be nonplussed=当惑する」といった表現に訳すことができる。

辟易一閃は霹靂一閃の誤り

「辟易一閃へきえきいっせん)」は「霹靂一閃へきれきいっせん)」の誤りである。ただし「霹靂一閃」という「四字熟語」は実在せず、漫画家吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)」氏による造語である。同氏創作漫画鬼滅の刃(きめつのやいば)」は、厳し訓練に耐え抜いた「呼吸こきゅう)の使い手」である少年・少女中心とした剣士たちが、鬼退治活躍する物語で、「霹靂一閃」は「呼吸かみなりこきゅう)」の使い手である登場キャラクター我妻善逸(あがつまぜんいつ)」の必殺技をさす。呼吸を用いた居合切りの一種で、ひらめきとともに敵を一瞬にして切り伏せる表現がされている。ちなみに霹靂」とは「晴天の霹靂晴れた空に急に落雷があることを転じて急に生じて人々大い驚き与えるような出来事をさす)」に用いられている言葉で「」「雷鳴激しいさま」「落雷」を、「一閃」は「激しく光ること」「差し込む光のひらめき」を意味する。

へき‐えき【×辟易】

[名](スル)《道をあけて場所をかえる意から》

ひどく迷惑して、うんざりすること。嫌気がさすこと。閉口すること。「彼のわがままには辟易する」「毎日同じ料理ばかりで辟易する」

相手勢い圧倒されてしりごみすること。たじろぐこと。

「敵一万余騎、其の勢ひに―して」〈太平記・一四〉


辟易

読み方:ヘキエキ(hekieki)

閉口すること


辟易

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/21 07:17 UTC 版)



辟易

出典:『Wiktionary』 (2019/09/08 03:04 UTC 版)

名詞

へきえき

  1. 相手勢いなどに押されてしりごみすること。
  2. 嫌気が差すこと。閉口すること。

発音

へ↗きえき

動詞

活用

サ行変格活用
辟易-する



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「辟易」の関連用語

辟易のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



辟易のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの辟易 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの辟易 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS