関心とは? わかりやすく解説

関心

読み方:かんしん

よく知りたいという積極的な気持ちの意味用いられる語。「興味」とも言い換えられる。たいてい「関心を持つ」「関心を抱く」あるいは「関心を引く」といった言い回しにおいて用いられる

同音の「感心」は、心を動かされ賞賛したい気持ちになるさまを指す語であり、語義異なる。同じく歓心」も嬉しく思う気持ちを指す語であり語義異なる。

かん‐しん〔クワン‐〕【関心】

読み方:かんしん

ある物事に特に心を引かれ注意を向けること。「政治に―がある」「幼児教育に―が高まる」「周囲の―の的」


関心

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/30 03:38 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「関心」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「関心」を含むページの一覧/「関心」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「関心」が役に立つかも知れません。(Template:Wiktionary redirect

関連項目



関心(気遣い)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 21:10 UTC 版)

存在と時間」の記事における「関心(気遣い)」の解説

ハイデッガーは、以上のような実存論的分析経て得られ世界=内=存在の各構造全体統一する全体性が「関心(気遣いゾルゲ)」(Sorge)であると主張するが、ここでいう「関心」は、存在問い開発するという目的準備にすぎない以上、存在論的に意味付けられたものでなければならない。彼が実存的に分析したところによれば、現存在は、平均的日常性においては、「頽落」(Verfallen)しつつ、開示され、非投企的でありつつ、投企的に了解」(Verstehen)し、世界の中での、存在者とほかの世人との共同存在とにおいて、己の存在可能性関わりもたらされているものである、として規定されている。他方で現存在ならざる世界内存在者は、「用具性」(Zuhandenheit)と客体性によってその存在様式規定されている。そのため、更に論証進めるためには、関心と用具性および客体性の存在論的な連関明らかにしておく必要がある。 特に、世界内存在者の客体性は実在性という過剰な意味を持たされてきた哲学史的な歴史有することから実在性とは何を意味するかという問いについて慎重に論証する必要がある。この点については、実在論観念論対立しカントは『純粋理性批判』の序文で、外的世界存在に関する完全な証明がいまだなされていないことを「哲学スキャンダル」だと嘆き自分の著書がそれを与えるのだと自負したが、物自体意識とが相まって現象形成するということは世界内存在現象とは存在的に存在論的に異なっている。この問いは、現存在実存論的分析論のうちに、存在論問題として解決求められなければならない実在性世界中に客体的に存在する存在者存在であるから、この問いは内世界的存在者の内世界性という現象として存在論的に理解されるデカルトは、「我思う、ゆえに我あり」と述べたのであるが、これを現存在実存論的分析論出発点として用いるならば、それは「われ世界内にあり」という意味である。実在性世界内存在者の存在の諸態様の中で優位にあるわけではなく、関心の現象位置づけられるべきものである第1部6章第43節)。

※この「関心(気遣い)」の解説は、「存在と時間」の解説の一部です。
「関心(気遣い)」を含む「存在と時間」の記事については、「存在と時間」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「関心」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

関心

出典:『Wiktionary』 (2020/04/13 09:57 UTC 版)

名詞

(かんしん)

  1. ある事に対し興味を持っていて、より詳しく知ろうとする気持ち

対義語


「関心」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「関心」に関係したコラム

  • 株式の株価水準による分類

    株式市場に上場している銘柄を分類する方法の1つに、株価水準が挙げられます。株価水準では、株価の高い、安いによって銘柄を分類します。一般的に株価水準では、次のように分類します。値がさ株(値嵩株)中位株低...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「関心」の関連用語

関心のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



関心のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの関心 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの存在と時間 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの関心 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS