著書とは? わかりやすく解説

ちょ‐しょ【著書】

読み方:ちょしょ

その人書いた書物著作


(著書 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 09:24 UTC 版)

(ほん)は、書籍(しょせき)または書物(しょもつ)とも呼ばれ、絹布などの軟質な素材に、文字記号図画などを筆写、印刷し、などで装丁製本したもの[書誌 1]。狭義では、複数枚の紙が一方の端を綴じられた状態になっているもの。このままの状態で紙の片面をページという。本を読む場合はページをめくる事によって次々と情報を得る事が出来る。つまり、狭義の本には巻物は含まれない。端から順を追ってしかみられない巻物を伸ばして蛇腹に折り、任意のページを開ける体裁としたものを折り本といい、折本の背面(文字の書かれていない側)で綴じたものが狭義の「本」といえる。本文が縦書きなら右綴じ、本文が横書きなら左綴じにする。また、1964年ユネスコ総会で採択された基準は、「本とは、表紙はページ数に入れず、本文が少なくとも49ページ以上から成る、印刷された非定期刊行物」と、定義している。5ページ以上49ページ未満は小冊子として分類している[1]


注釈

  1. ^ 尚書:多士”. 維基文庫. 2012年11月19日閲覧。武王は「殷先人有冊有典,殷革夏命」と記している

全文

  1. ^ 晏嬰. “晏子春秋巻七「景公稱桓公之封管仲益晏子邑辭不受」”. 維基文庫. 2012年11月19日閲覧。
  2. ^ 范曄 (劉宋). “後漢書巻78「蔡侯紙」”. 2012年11月19日閲覧。
  3. ^ 日本書紀卷第廿九:天武天皇下:天渟中原瀛真人天皇”. 2012年11月19日閲覧。
  4. ^ XMLによる六国史検索の試み(試行版)” (2005年). 2012年11月19日閲覧。で日本書紀選択、「川原寺 一切経」で検索
  5. ^ 校訂古事記”. 2012年11月20日閲覧。
  6. ^ 海龍王寺. “歴史と由来”. 2012年11月19日閲覧。
  7. ^ 奈良国立博物館. “奈良国立博物館《絵因果経》解説:天平勝寳五年五月七日類収小乗經納櫃目録”. 2012年11月19日閲覧。
  8. ^ 百瀬宏 (1996年). “歴史の文字 記載・活字・活版.第二部.活字の世界”. 東京大学総合研究博物館. 2012年11月19日閲覧。
  9. ^ Googleブックスで「群書類聚」を検索
  10. ^ 府川充男. “本木昌造製金属活字”. 2012年11月19日閲覧。
  11. ^ 東京国立博物館. “書籍館と浅草文庫:博物館蔵書の基礎”. 東京国立博物館:館の歴史. 2012年11月19日閲覧。
  12. ^ この節全て:公正取引委員会 報道発表資料 http://www.jftc.go.jp/pressrelease/08.july/080724tenpu01.pdf

書影

  1. ^ 康煕字典網上版”. p. 903. 2012年11月19日閲覧。
  2. ^ 康煕字典網上版”. p. 128. 2012年11月19日閲覧。
  3. ^ 伴信友 校; 岸田吟香(等編) (1883年). “本朝六国史.5,6 日本書紀”. 2012年11月19日閲覧。国立国会図書館デジタル化資料 p.89所収
  4. ^ 近代デジタルライブラリー:古事記巻中:応神天皇”. 2012年11月18日閲覧。
  5. ^ 国立国会図書館. “国立国会図書館デジタル化資料:日本国見在書目録”. 2012年11月19日閲覧。
  6. ^ 国立国会図書館デジタル化資料:本朝書籍目録”. 2012年11月19日閲覧。
  7. ^ 唐魏徴等 (1616年). “国立国会図書館デジタル化資料:群書治要”. 2012年11月19日閲覧。
  8. ^ 令義解”. 経済新聞社 (1897-1901). 2012年11月19日閲覧。(国史大系,12)国立国会図書館デジタル化資料

書誌

  1. ^ 銭存訓、宇都木章[ほか](訳)、1980.9、『中国古代書籍史』  NCID BN01440591 p.208
  2. ^ 銭存訓、宇都木章[ほか](訳)、1980.9、『中国古代書籍史』  NCID BN01440591 p.101
  3. ^ 太安万侶 著、本居豊穎, 井上頼圀, 上田万年校訂 編 『校訂古事記』皇典講究所、1910年。 NCID BA34072877 
  4. ^ 太安万侶 (1925). 古事記巻中:応神天皇. 古典保存会. NCID BA32996321 
  5. ^ 井上宗雄ほか 編 『日本古典籍書誌学辞典』岩波書店、1999年。 NCID BA40352550  p.529
  6. ^ 塙保己一 編 『群書類従』1819年。 NCID BA76594391 

出典

  1. ^ 「図書、新聞及び定期刊行物の出版及び配布についての統計の国際的な標準化に関する改正勧告(仮訳)1985年11月1日 第21回ユネスコ総会採択」
  2. ^ 日本雑誌協会 & 日本書籍出版協会 2007, p. 92
  3. ^ 書籍コードの構成、構造については、次の論文の別表に詳しい記述がある。田中実 (1969), “出版業界における統一書籍コードの設定”, ドクメンテーション研究 (情報科学技術協会) 19 (1): 2-7, 1969-01-15, ISSN 00125180, NAID:110002729102 NCID:AN00172819 
  4. ^ 日本雑誌協会 & 日本書籍出版協会 2007, p. 93
  5. ^ 神崎正英 (2004), NBNあるいは書籍の識別, The Web KANZAKI ちょっとしたメモ, 神崎正英 (2004-03-09発行), http://www.kanzaki.com/memo/2004/03/09-1 2009年9月23日閲覧。 


「本」の続きの解説一覧

著書(分担執筆)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 08:04 UTC 版)

尹祐根」の記事における「著書(分担執筆)」の解説

Uchiyama et.al. (March 2007). Design of a Compact 6-DOF Haptic Device to Use Parallel Mechanisms. Springer Tracts in Advanced Robotics: ROBOTICS RESEARCH (STAR 28). Springer-Verlag Berlin Heidelberg. pp.145-162. .mw-parser-output cite.citation{font-style:inherit}.mw-parser-output .citation q{quotes:"\"""\"""'""'"}.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registration{color:#555}.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration span{border-bottom:1px dotted;cursor:help}.mw-parser-output .cs1-ws-icon a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg")right 0.1em center/12px no-repeat}.mw-parser-output code.cs1-code{color:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit}.mw-parser-output .cs1-hidden-error{display:none;font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-visible-error{font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-maint{display:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em}.mw-parser-output .cs1-format{font-size:95%}.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-left{padding-left:0.2em}.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-right{padding-right:0.2em}.mw-parser-output .citation .mw-selflink{font-weight:inherit}ISBN 978-3-540-48110-2. 『社会まるごとスマートシステム産業技術総合研究所 編、カナリア書房2013年ISBN 978-4778202453。 「移乗入浴食事などの介助支援ロボット技術」、産業技術総合研究所ヒューマンライフテクノロジー研究部門 編『福祉技術ハンドブック健康な暮らし支えるために―』 朝倉書店2013年、270-275頁、ISBN 978-4-254-20152-9。

※この「著書(分担執筆)」の解説は、「尹祐根」の解説の一部です。
「著書(分担執筆)」を含む「尹祐根」の記事については、「尹祐根」の概要を参照ください。


著書(「十一月、空想雑貨店。」名義)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/09 09:58 UTC 版)

聖沢龍」の記事における「著書(「十一月空想雑貨店。」名義)」の解説

いつもの暮らしいつもの時間。―アンティーク時計過ごす、幸せなとき ムック – 2004/4 ISBN 978-4413051286 「或る晴れの日。」 もっとスローで、ずっとオリジナル。ウェディングスタイル読本 単行本 – 2004/8/13 ISBN 978-4309267722 ふわふわ、やわらかいね。毛糸のこもの。 アンデミルミルetc.でかんた手づくり 単行本 – 2004/9/3「十一月空想雑貨店。」ISBN 978-4309267791 雨ふりの本。単行本 – 2005/6「十一月空想雑貨店。」ISBN 978-4877586171 タイセツナヒトニ、贈ル。 単行本 – 2005/12 「十一月空想雑貨店。」 ISBN 978-4877586256

※この「著書(「十一月、空想雑貨店。」名義)」の解説は、「聖沢龍」の解説の一部です。
「著書(「十一月、空想雑貨店。」名義)」を含む「聖沢龍」の記事については、「聖沢龍」の概要を参照ください。


著書(単著)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/29 02:43 UTC 版)

小高健」の記事における「著書(単著)」の解説

伝染病研究所近代医学開拓の道のり-』学会出版センター1992年12月。.mw-parser-output cite.citation{font-style:inherit}.mw-parser-output .citation q{quotes:"\"""\"""'""'"}.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registration{color:#555}.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration span{border-bottom:1px dotted;cursor:help}.mw-parser-output .cs1-ws-icon a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg")right 0.1em center/12px no-repeat}.mw-parser-output code.cs1-code{color:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit}.mw-parser-output .cs1-hidden-error{display:none;font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-visible-error{font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-maint{display:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em}.mw-parser-output .cs1-format{font-size:95%}.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-left{padding-left:0.2em}.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-right{padding-right:0.2em}.mw-parser-output .citation .mw-selflink{font-weight:inherit}ISBN 978-4762267154。 『山極勝三郎世界初人工発癌成功した-』学会出版センター〈人と学問選書〉、2006年3月ISBN 978-4762230486。 『日本近代医学史』考古書店2011年7月ISBN 9784874997680。 『長与又郎日本近代医学推進者-』考古書店2012年ISBN 9784874998014。

※この「著書(単著)」の解説は、「小高健」の解説の一部です。
「著書(単著)」を含む「小高健」の記事については、「小高健」の概要を参照ください。


著書(編集・翻訳・分担執筆)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/29 02:43 UTC 版)

小高健」の記事における「著書(編集翻訳分担執筆)」の解説

小高健ウイルスによる免疫抑制」『免疫学周辺』畔武雄大高裕一松橋直 編、医学書院免疫学叢書12〉、1971年ヒルデマン 著『免疫遺伝学渡辺貞小高健 監訳広川書店1973年長與又郎 著『長與又郎日記近代化推進した医学者記録 (上)-』小高健 編、学会出版センター2001年3月ISBN 978-4762229589。 長與又郎 著『長與又郎日記近代化推進した医学者記録 (下)-』小高健 編、学会出版センター2002年6月ISBN 978-4762229961。

※この「著書(編集・翻訳・分担執筆)」の解説は、「小高健」の解説の一部です。
「著書(編集・翻訳・分担執筆)」を含む「小高健」の記事については、「小高健」の概要を参照ください。


著書(対談・インタビュー・共著も含む)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 09:58 UTC 版)

宮崎駿」の記事における「著書(対談・インタビュー共著も含む)」の解説

トトロの住む家』 (画文集写真和田久士) 朝日新聞社1991年)/増補改訂版 岩波書店2011年1月) 『時には昔の話を』(加藤登紀子との共著絵本対談徳間書店1992年) 『時代風音』(司馬遼太郎堀田善衛との鼎談UPU1992年)。 朝日文芸文庫1997年) 『何が映画か―「七人の侍」と「まあだだよをめぐって』(黒澤明との対談集) スタジオジブリ1993年) 『巨樹見に行く千年生命との出会い』(共著講談社カルチャーブックス(1994年) 『出発点 19791996』(エッセイ発言集徳間書店1996年) 『教育について』(共著インタビュー集旬報社1998年) 『虫眼アニ眼』(養老孟司との対談スタジオジブリ2002年)。新潮文庫2008年2月) 『風の帰る場所ナウシカから千尋までの軌跡』(渋谷陽一によるインタビュー集ロッキング・オン2002年)。文春ジブリ文庫2013年11月) 『折り返し点 19972008』(エッセイ発言集岩波書店2008年) 『本へのとびら―岩波少年文庫を語る』(お薦め50冊の紹介岩波新書カラー版(2011年10月) 『腰ぬけ愛国談義』(半藤一利との対談)、文春ジブリ文庫2013年8月) 『続・風の帰る場所映画監督宮崎駿はいかに始まり、いかに幕を引いたのか』(渋谷陽一によるインタビュー集ロッキング・オン2013年

※この「著書(対談・インタビュー・共著も含む)」の解説は、「宮崎駿」の解説の一部です。
「著書(対談・インタビュー・共著も含む)」を含む「宮崎駿」の記事については、「宮崎駿」の概要を参照ください。


著書(単著)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/13 21:10 UTC 版)

前園泰徳」の記事における「著書(単著)」の解説

前園泰徳千葉いきもの図鑑丸善メイツ1999年4月。.mw-parser-output cite.citation{font-style:inherit}.mw-parser-output .citation q{quotes:"\"""\"""'""'"}.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registration{color:#555}.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration span{border-bottom:1px dotted;cursor:help}.mw-parser-output .cs1-ws-icon a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg")right 0.1em center/12px no-repeat}.mw-parser-output code.cs1-code{color:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit}.mw-parser-output .cs1-hidden-error{display:none;font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-visible-error{font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-maint{display:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em}.mw-parser-output .cs1-format{font-size:95%}.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-left{padding-left:0.2em}.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-right{padding-right:0.2em}.mw-parser-output .citation .mw-selflink{font-weight:inherit}ISBN 978-4895772259。 前園泰徳日本のいきもの図鑑 都会編』メイツ出版2003年7月ISBN 978-4895776653。 前園泰徳日本のいきもの図鑑 郊外編』メイツ出版2003年7月ISBN 978-4895776660。 前園泰徳知識をひろげるまなぶっく図鑑 昆虫メイツ出版2005年7月ISBN 978-4895779234。

※この「著書(単著)」の解説は、「前園泰徳」の解説の一部です。
「著書(単著)」を含む「前園泰徳」の記事については、「前園泰徳」の概要を参照ください。


著書(分担執筆)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/13 21:10 UTC 版)

前園泰徳」の記事における「著書(分担執筆)」の解説

前園泰徳「第IV第2章 奄美大島における環境教育実践」『昆虫科学拓く未来藤崎憲治、西田律夫佐久間正幸、京都大学学術出版会2009年4月ISBN 9784876987757。

※この「著書(分担執筆)」の解説は、「前園泰徳」の解説の一部です。
「著書(分担執筆)」を含む「前園泰徳」の記事については、「前園泰徳」の概要を参照ください。


著書(分担執筆)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/07 13:58 UTC 版)

李周浩」の記事における「著書(分担執筆)」の解説

Hashimoto Hideki, Noriaki Ando, Joo-Ho Lee (2001-11). “The Performance of Mobile Robots Controlled Through the Web”. In Ken Goldberg, Roland Siegwart. Beyond Webcams: An Introduction to Online Robots. The MIT Press. .mw-parser-output cite.citation{font-style:inherit}.mw-parser-output .citation q{quotes:"\"""\"""'""'"}.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free a{background-image:url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/6/65/Lock-green.svg/9px-Lock-green.svg.png");background-image:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg");background-repeat:no-repeat;background-size:9px;background-position:right .1em center}.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration a{background-image:url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg/9px-Lock-gray-alt-2.svg.png");background-image:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg");background-repeat:no-repeat;background-size:9px;background-position:right .1em center}.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription a{background-image:url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/a/aa/Lock-red-alt-2.svg/9px-Lock-red-alt-2.svg.png");background-image:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg");background-repeat:no-repeat;background-size:9px;background-position:right .1em center}.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registration{color:#555}.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration span{border-bottom:1px dotted;cursor:help}.mw-parser-output .cs1-ws-icon a{background-image:url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/4/4c/Wikisource-logo.svg/12px-Wikisource-logo.svg.png");background-image:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg");background-repeat:no-repeat;background-size:12px;background-position:right .1em center}.mw-parser-output code.cs1-code{color:inherit;background:inherit;border:inherit;padding:inherit}.mw-parser-output .cs1-hidden-error{display:none;font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-visible-error{font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-maint{display:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em}.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registration,.mw-parser-output .cs1-format{font-size:95%}.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-left{padding-left:0.2em}.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-right{padding-right:0.2em}.mw-parser-output .citation .mw-selflink{font-weight:inherit}ISBN 9780262072250. http://monoskop.org/images/b/b0/Goldberg_Ken_Siegwart_Roland_Beyond_Webcams_An_Introduction_to_Online_Robots.pdf Joo-Ho Lee, Kazuyuki Morioka, Hideki Hashimoto (2004-11). “Intelligent Space and Mobile Robots”. In Richard Zurawski(Editor). Industrial Information Technology Handbook. CRC Press. ISBN 9780849319853. http://www.crcpress.com/product/isbn/9780849319853 Kazuyuki Morioka, Joo-Ho Lee, Hideki Hashimoto (2008-7). “Intelligent Space for Human Centered Robotics”. In Ho Seok Ahn. Advances in Service Robotics. InTech. pp. 181-192. doi:10.5772/5942. ISBN 978-953-7619-02-2. http://www.intechopen.com/books/advances_in_service_robotics 『ロボット情報学ハンドブック松原仁野田五十松野文俊稲見昌彦大須賀公一 編、ナノオクトニクス・エナジー出版局2010年3月、792-797頁。ISBN 978-4764955073。 Joo-Ho Lee (2014-6). “Reconfigurable Intelligent Space and the Mobile Module for Flexible Smart Space”. In Mohammad Ilyas, Sami S. Alwakeel, Mohammed M. Alwakeel, el-Hadi M. Aggoune. Sensor Networks for Sustainable Development. CRC Press. pp. 83-103. ISBN 9781466582064. http://www.crcpress.com/product/isbn/9781466582064

※この「著書(分担執筆)」の解説は、「李周浩」の解説の一部です。
「著書(分担執筆)」を含む「李周浩」の記事については、「李周浩」の概要を参照ください。


著書(単著・共著)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 01:48 UTC 版)

西川伸一 (科学者)」の記事における「著書(単著・共著)」の解説

西川伸一痛快!人体再生学』集英社インターナショナル2003年5月。.mw-parser-output cite.citation{font-style:inherit}.mw-parser-output .citation q{quotes:"\"""\"""'""'"}.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registration{color:#555}.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration span{border-bottom:1px dotted;cursor:help}.mw-parser-output .cs1-ws-icon a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg")right 0.1em center/12px no-repeat}.mw-parser-output code.cs1-code{color:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit}.mw-parser-output .cs1-hidden-error{display:none;font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-visible-error{font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-maint{display:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em}.mw-parser-output .cs1-format{font-size:95%}.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-left{padding-left:0.2em}.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-right{padding-right:0.2em}.mw-parser-output .citation .mw-selflink{font-weight:inherit}ISBN 978-4797670738。http://www.shueisha-int.co.jp/archives/894。 西川伸一倉谷滋、上田泰己生物のなかの時間PHP研究所PHPサイエンス・ワールド新書〉、2011年9月ISBN 978-4569799353。http://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-79935-3。

※この「著書(単著・共著)」の解説は、「西川伸一 (科学者)」の解説の一部です。
「著書(単著・共著)」を含む「西川伸一 (科学者)」の記事については、「西川伸一 (科学者)」の概要を参照ください。


著書(翻訳・編集・監修)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 01:48 UTC 版)

西川伸一 (科学者)」の記事における「著書(翻訳編集・監修)」の解説

宮坂昌之西川伸一 編 編 『免疫免疫システム免疫病-』メジカルビュー社分子医科学病気識るシリーズ第4巻〉、1997年6月ISBN 4895535304。https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002609848-00。 西川伸一本庶佑 編集 編 『免疫血液科学岩波書店岩波講座現代医学基礎8〉、1999年3月ISBN 978-4000109185。https://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/01/9/0109180.html。 シンシア・フォックス(Cynthia Fox)著 著、西川伸一 監訳、志立あや・千葉恵・三谷祐貴子 訳 編 『幹細胞WARS幹細胞獲得制御をめぐる国際競争一灯舎、2009年7月ISBN 978-4903532370。http://www.ittosha.co.jp/ISBN978-4-903532-37-0.html。 西川伸一ニシカワ&アソシエイツ 翻訳 編 『山中iPS細胞ノーベル賞受賞論文読もう山中iPS2つの論文(マウスヒト)の英和対訳解説及び将来実用化展望一灯舎、2012年12月1日ISBN 978-4903532882。http://ittosha.co.jp/ISBN978-4-903532-88-2.html。

※この「著書(翻訳・編集・監修)」の解説は、「西川伸一 (科学者)」の解説の一部です。
「著書(翻訳・編集・監修)」を含む「西川伸一 (科学者)」の記事については、「西川伸一 (科学者)」の概要を参照ください。


著書(主に改訂新版)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 23:15 UTC 版)

中村元 (哲学者)」の記事における「著書(主に改訂新版)」の解説

慈悲』(雄山閣哲学新書)、1949年講談社学術文庫改訂版)、2010年) 『近世日本における批判的精神の一考察』(三省堂仏教新考察)、1949年) 『宗教における思索実践』(毎日新聞社毎日選書)、1949年サンガ文庫新版)、2012年ISBN 9784905425250 『宗教社会倫理』(岩波書店1959年) 『比較思想論』(岩波書店1960年岩波全書1981年新装版2005年6月ISBN 4000218654 『インド思想史』(岩波全書1968年第2版1980年) 『原始仏教:その思想と生活』(NHKブックス1970年) 『世界の歴史 第5巻ガンジス文明』(講談社1977年)『古代インド』(改題講談社学術文庫2004年9月ISBN 4061596748 『人類知的遺産 13 ナーガールジュナ』(講談社1980年)『龍樹』(改題講談社学術文庫2002年6月ISBN 4061595482 『往生要集 古典を読む』(岩波書店1983年岩波同時代ライブラリー1996年)『往生要集を読む』(講談社学術文庫2013年10月ISBN 9784062921978 『原始仏典を読む』(岩波書店岩波セミナーブックス〉、1985年岩波現代文庫2014年9月ISBN 9784006003173) 『東洋のこころ』(東京書籍1985年講談社学術文庫2005年) 『学問開拓』(佼成出版社1986年ハーベスト出版2012年8月ISBN 9784864560344 『仏典のことば:現代呼びかける知慧』(サイマル出版会1989年岩波同時代ライブラリー1998年岩波現代文庫2004年ISBN 400600124X 『ゴータマ・ブッダ 釈尊伝』(法蔵館新装版1994年)『ブッダ伝:生涯思想』(改題改訂版角川ソフィア文庫2015年5月ISBN 9784044089146 『ブッダ入門』(春秋社1991年新装版2011年) 『ブッダの人と思想』 (田辺二編解説NHKブックス1998年)。NHKこころの時代」での講話論理構造 上・下』(青土社2000年)。青土社雑誌現代思想』で1985年-1996年に連載していた比思想論の書籍化 『釈尊生涯』(新装版玄侑宗久解説平凡社ライブラリー2003年9月ISBN 4582764789 『合理主義:東と西のロジック』(新装版青土社2005年7月ISBN 4791761987 『構造倫理講座』(春秋社3巻東方研究会編、2005年新装版2021年) 『バウッダ「佛教」』(新装版三枝充悳共著講談社学術文庫2009年12月ISBN 9784062919739 『原始仏典』(「釈尊生涯人生指針新版解説宮元啓一ちくま学芸文庫2011年3月ISBN 9784480093677 『日本思想史中村元英文論集』(新装版春日屋伸昌編訳東方出版2012年7月ISBN 9784862492043 『温かなこころ:東洋の理想』(新装版春秋社2012年7月ISBN 9784393135549 『中村元仏教入門』(春秋社2014年12月ISBN 9784393135815。東方学院での講義録ブッダ生涯仏典をよむ〉1』(新装版前田專學監修岩波現代文庫2017年12月)。ラジオでの講話真理のことば 〈仏典をよむ〉2』(新装版前田專學監修岩波現代文庫2018年2月) 『大乗教え 上・下仏典をよむ〉3・4』(新装版前田專學監修岩波現代文庫2018年4月・6月) 『東方言葉KADOKAWA角川ソフィア文庫〉、2021年5月。.mw-parser-output cite.citation{font-style:inherit}.mw-parser-output .citation q{quotes:"\"""\"""'""'"}.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registration{color:#555}.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration span{border-bottom:1px dotted;cursor:help}.mw-parser-output .cs1-ws-icon a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg")right 0.1em center/12px no-repeat}.mw-parser-output code.cs1-code{color:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit}.mw-parser-output .cs1-hidden-error{display:none;font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-visible-error{font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-maint{display:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em}.mw-parser-output .cs1-format{font-size:95%}.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-left{padding-left:0.2em}.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-right{padding-right:0.2em}.mw-parser-output .citation .mw-selflink{font-weight:inherit}ISBN 978-4-04-400642-6。

※この「著書(主に改訂新版)」の解説は、「中村元 (哲学者)」の解説の一部です。
「著書(主に改訂新版)」を含む「中村元 (哲学者)」の記事については、「中村元 (哲学者)」の概要を参照ください。


著書(紙書籍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 08:56 UTC 版)

鮫島礼子」の記事における「著書(紙書籍)」の解説

『この占いがすごい!神聖開運占術大全2017年版』(八幡書店2016年11月30日ISBN 9784893507709c0076 『ハニーロマンス Vol.1攻められる恋~ (Honey Romance)』オンデマンドペーパーバック総合企画2016年11月24日占い師が語る 神仏心霊体験談』オンデマンドペーパーバック(いるかネットブックス) 2018年4月27日 他。

※この「著書(紙書籍)」の解説は、「鮫島礼子」の解説の一部です。
「著書(紙書籍)」を含む「鮫島礼子」の記事については、「鮫島礼子」の概要を参照ください。


著書(電子書籍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 08:56 UTC 版)

鮫島礼子」の記事における「著書(電子書籍)」の解説

恋愛幸せを掴むためのレッスン』(扶桑社2010年12月1日潜在意識であなたが変わる こころの仮面はぎとる方法』(すばる舎2012年9月1日ガールズ風水 運命カレ引き寄せる恋愛秘術』(パブリッシングリンク2014年6月1日er-純愛アブノーマル 眼鏡エリートイジワル女王さまがお好き (eロマンス文庫) 』(KADOKAWA2015年12月18日 他。

※この「著書(電子書籍)」の解説は、「鮫島礼子」の解説の一部です。
「著書(電子書籍)」を含む「鮫島礼子」の記事については、「鮫島礼子」の概要を参照ください。


著書(単著)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/08 17:55 UTC 版)

勢田勝郭」の記事における「著書(単著)」の解説

連歌の新研究桜楓社(後 おうふう)、NCID BN07632198。論考編、1992年2月ISBN 4273025825。 索引編七賢の部)、1993年2月ISBN 4273026201。 索引編宗祇の部)、1994年2月ISBN 4273027569。 索引編肖柏宗長の部)、1995年2月ISBN 4273028204。

※この「著書(単著)」の解説は、「勢田勝郭」の解説の一部です。
「著書(単著)」を含む「勢田勝郭」の記事については、「勢田勝郭」の概要を参照ください。


著書(共編著)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/08 17:55 UTC 版)

勢田勝郭」の記事における「著書(共編著)」の解説

無言抄福武書店岡山大学国文学資料叢書 6-1〉、1984年赤羽学との共著。 『匠材集福武書店岡山大学国文学資料叢書 6-2〉、1984年赤羽学との共著。 「佐野のわたり宗碩 原著)」『中世日記紀行文学全評集成 第7巻』勉誠、2004年12月ISBN 4585051341。 『前田家所蔵書画貼交六曲一双屏風』双友の会編集高野口町商工会紀伊国名倉村資料集 2〉、2009年7月、NCID BB00795258。 『『笈の小文』の旅程経路再検討勢田勝郭 執筆編集橋本市郷土資料館 編、橋本市郷土資料館2015年3月、NCID BB19079288。

※この「著書(共編著)」の解説は、「勢田勝郭」の解説の一部です。
「著書(共編著)」を含む「勢田勝郭」の記事については、「勢田勝郭」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「著書」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

著書

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 12:43 UTC 版)

名詞

ちょしょ

  1. その人書き著した書物

発音(?)

ちょ↘しょ

類義語


「著書」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



著書のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの本 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの尹祐根 (改訂履歴)、聖沢龍 (改訂履歴)、小高健 (改訂履歴)、宮崎駿 (改訂履歴)、前園泰徳 (改訂履歴)、李周浩 (改訂履歴)、西川伸一 (科学者) (改訂履歴)、中村元 (哲学者) (改訂履歴)、鮫島礼子 (改訂履歴)、勢田勝郭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの著書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS