接着剤とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > 接着剤 > 接着剤の意味・解説 

せっちゃく‐ざい【接着剤】

固体固体とをはり合わせるのに用いる物質でんぷんのり・カゼイン・にかわ・ゴムなどやフェノール樹脂ビニル樹脂エポキシ樹脂などの合成樹脂がある。


接着剤

英語 adhesive

2つの物体貼り合わせるために用いる物質。糊、ボンド(商品名)、ガム、膠(にかわ)などの総称原料としては、従来ゼラチンアラビアゴムなどの天然産物が用いられてきたが、最近有機高分子物質主流になっている。とくに工業的に使われる接着剤は、ほとんど合成樹脂合成ゴムである。大別すると溶剤系、水分散系、ホットメルト系、反応系などがある。自動車生産ラインでは、有機溶剤による作業環境問題作業性などから現在は溶剤系の接着剤はほとんど使われていない。ねじ締めファスナー止めなど、ほかの結合方法切り替えたり、ホットメルト系の接着剤に切り替えている。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

接着剤

作者メイヴ・ビンチー

収載図書クリスマス食卓
出版社アーティストハウス
刊行年月1998.12


接着剤

作者星新一

収載図書へんな怪獣
出版社理論社
刊行年月2001.3
シリーズ名新・名作の愛蔵版

収載図書ちぐはぐな部品 改版
出版社角川書店
刊行年月2006.6
シリーズ名角川文庫


接着剤

作者阿刀田高

収載図書おどろき箱 1
出版社幻冬舎
刊行年月2004.7

収載図書おどろき箱 1
出版社幻冬舎
刊行年月2007.6
シリーズ名幻冬舎文庫


接着剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/22 14:55 UTC 版)

接着剤(せっちゃくざい、AdhesiveGlue)は、物と物をつなぐ(接着)ために使われる物質。塗料ラミネートシーリング材なども、片面を接着するという機能から接着剤の一種に含まれることがある。


  1. ^ a b c d e 化学はじめて物語”. 日本化学工業協会. 2020年2月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 坪田実「塗膜の機械的性質」『色材協会誌』第62巻第3号、色材協会、1989年、 164-175頁、 doi:10.4011/shikizai1937.62.164ISSN 0010-180XNAID 1300049944072020年9月8日閲覧。
  3. ^ 雑貨工業品品質表示規程”. 消費者庁. 2013年5月23日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i 接着剤の知識”. 東リ. 2020年9月8日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 5.接着剤の使い方”. セメダイン. 2020年9月8日閲覧。





接着剤と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「接着剤」の関連用語

接着剤のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



接着剤のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの接着剤 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS