接着剤とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > 接着剤 > 接着剤の意味・解説 

せっちゃく‐ざい【接着剤】

読み方:せっちゃくざい

固体固体とをはり合わせるのに用い物質でんぷんのりカゼイン・にかわ・ゴムなどやフェノール樹脂ビニル樹脂エポキシ樹脂などの合成樹脂がある。

「接着剤」に似た言葉

接着剤

英語 adhesive

2つ物体貼り合わせるために用い物質。糊、ボンド(商品名)、ガム、膠(にかわ)などの総称原料としては、従来ゼラチンアラビアゴムなどの天然産物用いられてきたが、最近有機高分子物質主流になっている。とくに工業的に使われる接着剤は、ほとんど合成樹脂合成ゴムである。大別する溶剤系、水分散系、ホットメルト系、反応系などがある。自動車の生産ラインでは、有機溶剤による作業環境問題作業性などから現在は溶剤系の接着剤はほとんど使われていない。ねじ締めファスナー止めなど、ほかの結合方法切り替えたり、ホットメルト系の接着剤に切り替えている。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

接着剤

作者メイヴ・ビンチー

収載図書クリスマス食卓
出版社アーティストハウス
刊行年月1998.12


接着剤

作者星新一

収載図書へんな怪獣
出版社理論社
刊行年月2001.3
シリーズ名新・名作の愛蔵版

収載図書ちぐはぐな部品 改版
出版社角川書店
刊行年月2006.6
シリーズ名角川文庫


接着剤

作者阿刀田高

収載図書おどろき箱 1
出版社幻冬舎
刊行年月2004.7

収載図書おどろき箱 1
出版社幻冬舎
刊行年月2007.6
シリーズ名幻冬舎文庫


接着剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/08 12:14 UTC 版)

接着剤(せっちゃくざい、AdhesiveGlue)は、物と物をつなぐ(接着)ために使われる物質。塗料ラミネートシーリング材なども、片面を接着するという機能から接着剤の一種に含まれることがある。


  1. ^ a b c d e 化学はじめて物語”. 日本化学工業協会. 2020年2月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 坪田実「塗膜の機械的性質」『色材協会誌』第62巻第3号、色材協会、1989年、 164-175頁、 doi:10.4011/shikizai1937.62.164ISSN 0010-180XNAID 1300049944072020年9月8日閲覧。
  3. ^ 雑貨工業品品質表示規程”. 消費者庁. 2013年5月23日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i 接着剤の知識”. 東リ. 2020年9月8日閲覧。
  5. ^ Nature's strongest glue could be used as a medical adhesive: IU News Room: Indiana University”. newsinfo.iu.edu. 2021年5月16日閲覧。
  6. ^ a b c d e f 5.接着剤の使い方”. セメダイン. 2020年9月8日閲覧。



接着剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 19:32 UTC 版)

プラモデル」の記事における「接着剤」の解説

1980年代頃まではほとんどのキット小型のチューブ平行四辺形パック入ったものが付属していたが、近年では組立て必要な場合でも付属しないことが多い。現在はレベルエアフィックス一部製品にのみ付属する。接着剤を使用せず組み立てられる、スナップフィット・キットと呼ばれるプラモデル増えている。

※この「接着剤」の解説は、「プラモデル」の解説の一部です。
「接着剤」を含む「プラモデル」の記事については、「プラモデル」の概要を参照ください。


接着剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/23 01:17 UTC 版)

研磨布紙」の記事における「接着剤」の解説

膠と合成樹脂とが使用されている炭酸カルシウムなどの充填剤配合されることもある。おもな合成樹脂は、フェノール樹脂エポキシ樹脂である。 膠(glue)を「G」、樹脂resin)を「R」あらわし、図1の「下引き接着剤層」「上引き接着剤層」の順に、G/G、R/G、R/Rなどと記号し、レジンオーヴァーグルーなどと呼ぶ。 膠は柔軟性に富むが、耐熱性耐水性乏しく湿式環境作業する耐水研磨紙(『JIS R 6253』)用には使えない

※この「接着剤」の解説は、「研磨布紙」の解説の一部です。
「接着剤」を含む「研磨布紙」の記事については、「研磨布紙」の概要を参照ください。


接着剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 13:31 UTC 版)

ロジン」の記事における「接着剤」の解説

圧接着剤、ホットメルト接着剤ラテックス系接着剤、ゴムセメントなどに接着力高めるために添加されている。

※この「接着剤」の解説は、「ロジン」の解説の一部です。
「接着剤」を含む「ロジン」の記事については、「ロジン」の概要を参照ください。


接着剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/03 07:32 UTC 版)

カゼイン」の記事における「接着剤」の解説

初期の集成材は、接着剤にカゼイン利用していた。アメリカには1930年代カゼイン利用した集成材建設され図書館現存する

※この「接着剤」の解説は、「カゼイン」の解説の一部です。
「接着剤」を含む「カゼイン」の記事については、「カゼイン」の概要を参照ください。


接着剤(セメント)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 19:32 UTC 版)

プラモデル」の記事における「接着剤(セメント)」の解説

元来二つ以上物質接着用いられるものだが、後述パテとして使用可能なものもある。最近後述の様に強固な接着の為ではなく仮止め完成品耐震安定展示用の一時(仮)接着目的したもの出回り始めている。

※この「接着剤(セメント)」の解説は、「プラモデル」の解説の一部です。
「接着剤(セメント)」を含む「プラモデル」の記事については、「プラモデル」の概要を参照ください。


接着剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 06:14 UTC 版)

卓球」の記事における「接着剤」の解説

ラバーラケット接着するために使用する。現在使用認められているのは、水溶性接着剤、接着シート固形接着剤である。かつてはゴム有機溶剤溶いた接着剤が広く使用されていたが、有機溶剤人体有害であるという理由から、有機溶剤を含む接着剤の使用は、日本国内小学生大会で2007年4月1日より使用禁止されたのを皮切りに2007年9月1日以降は日本国内の大会禁止された国際大会では2008年9月1日より禁止となった。 現在、日本国内においては日本卓球協会公認の接着剤の使用認められている。しかし、2009年現在おいても国際卓球連盟公認された接着剤はない。これは、塗った接着剤とラバーわずかに含まれている残留溶剤反応するおそれがあるめであり、たとえ使用認められている接着剤を用いたとしても、試合後のラケット検査残留溶剤検出され場合失格となる。よって、これを未然に防ぐために、ラバーパッケージ開けてから72時間放置した後、公認の接着剤を使用してラケット貼ることが推奨されている。

※この「接着剤」の解説は、「卓球」の解説の一部です。
「接着剤」を含む「卓球」の記事については、「卓球」の概要を参照ください。


接着剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/14 21:24 UTC 版)

ティップ (ビリヤード)」の記事における「接着剤」の解説

接着剤の結合が弱いと手球を撞いたときの衝撃ティップ外れてしまうことがあるため、どの接着剤を使うかを研究しているプレイヤーもいる。木工用ボンド用いられることもあったが乾燥までに時間が掛かることもありゲル状瞬間接着剤用いられるなどしている。

※この「接着剤」の解説は、「ティップ (ビリヤード)」の解説の一部です。
「接着剤」を含む「ティップ (ビリヤード)」の記事については、「ティップ (ビリヤード)」の概要を参照ください。


接着剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/06 06:27 UTC 版)

ゼリー」の記事における「接着剤」の解説

粘着性発揮しやすくする為に物体間の隙間入り込めるゼリー特質生かしている

※この「接着剤」の解説は、「ゼリー」の解説の一部です。
「接着剤」を含む「ゼリー」の記事については、「ゼリー」の概要を参照ください。


接着剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 09:07 UTC 版)

「漆」の記事における「接着剤」の解説

縄文時代から漆で固定され矢じり出土しており、人類はまず接着剤として用途発見していたと考えられる江戸時代などには、漆を接着剤として用いることもよく行われた例えば、小麦粉と漆を練り合わせて、割れた磁器接着する例がある。硬化には2週間程度要する接着後、接着部分の上に黒漆塗って乾かし、さらに赤漆塗り金粉をまぶす手法金継ぎといい、鑑賞堪える、ないしは工芸価値を高めるものとして扱われる

※この「接着剤」の解説は、「漆」の解説の一部です。
「接着剤」を含む「漆」の記事については、「漆」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「接着剤」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「接着剤」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



接着剤と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

接着剤のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



接着剤のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの接着剤 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのプラモデル (改訂履歴)、研磨布紙 (改訂履歴)、ロジン (改訂履歴)、カゼイン (改訂履歴)、卓球 (改訂履歴)、ティップ (ビリヤード) (改訂履歴)、ゼリー (改訂履歴)、漆 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS