ウレタンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化合物 > ウレタン > ウレタンの意味・解説 

ウレタン [0][2] 【urethane】

カルバミン酸エステル(H2NCOOR)およびその誘導体総称狭義には、カルバミン酸エチル H2NCOOC2H5 をさす。白色粉末催眠薬として用いられる。
ポリウレタンのこと。

ウレタン塗料

【別称】ポリウレタン塗料,ウレタン
正式にはポリウレタン塗料という。主に硬化剤と混ぜて使用する2液性塗料のことを指し、1液性塗料よりも長期わたって光沢や色ツヤ持続することが可能な塗料である。

ウレタン

ウレタン   ウレタン
硬度や色、質感など様々な種類があるウレタン。   工業製品精密部品などの保護利用されるウレタン製ゲス一例
     
「ウレタン」とはポリウレタン総称であり、二種類の主原料混ぜ合わせ化学反応させることにより生成されるプラスチック(ポリマー)の一種
その配合率や処方形成方法によって様々な製品(接着剤・スポンジ・塗料・断熱フォーム等々)として人々暮らしの中で幅広く使われている。

パッケージ関連では、主に光学機器高価製品保護しつつ、固定整列させるために、そして高い緩衝性をも合わせ持つ優れた素材として、ゲスとして使用されることがある
  ウレタン
    指輪ネックレスなどのジュエリー関係製品への利用例。

ウレタン

その種類は非常に数多くあり、一般的に耳にする発泡ウレタンは、化学物質であるイソシアネートポリオール結合した状態のものを指す。

ウレタン

分子式C3H7NO2
その他の名称:ウレタン、エチルウレタン、エチルカルバマート、Urethan、Ethyl urethaneEthyl carbamateCarbamic acid ethylエスタン-5703、プラカルバミン、Ethylurethane、Estane-5703、Leucothane、Leucethane、NSC-746、RCRA waste number U-238、Pracarbamine、UrethaneCarbamic acid ethyl esterアミノぎ酸エチルEthyl aminoformate
体系名:カルバミン酸エチルカルバミド酸エチル


ウレタン

抗腫瘍性の化合物で、獣医用の麻酔薬にも使用され、有機合成中間体としても用いられる。発がん性が疑われている。

ウレタン

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


ウレタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/10 09:08 UTC 版)

ウレタン (urethane) とは、カルボニル基を介してアミノ基アルコール基が反応し、アミンの窒素とカルボニル基の炭素の間で新たな共有結合を形成した化合物である[1]カルバミン酸エステルに相当し、カルバメート もしくは カルバマート (carbamate) とも呼ばれる。2つの部分がウレタン構造を介して連結している場合、その部分をウレタン結合と呼ぶ。




「ウレタン」の続きの解説一覧

ウレタン

出典:『Wiktionary』 (2010/11/06 22:01 UTC 版)

名詞

  1. カルバミン酸エステル
  2. カルバミン酸エチル、エチルエステル。
  3. ウレタン樹脂ポリウレタンの略。

語源

英語:urethane から。




ウレタンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ウレタン」の関連用語

ウレタンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ウレタンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2019 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
熊谷紙器工業熊谷紙器工業
Copyright(C) 2002-2019 Kumagaishiki Co., Ltd. All Rights Reserved.
大光電機大光電機
Copylight 2019.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウレタン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのウレタン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS