アセトンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 分子化学 > 液体 > アセトンの意味・解説 

アセトン【acetone】

読み方:あせとん

特有のにおいのある無色揮発性液体引火性がある。工業的にプロピレン酸化するなどして作る溶剤用い、またメタクリル樹脂医薬品など原料化学式CH3COCH3


アセトン

分子式C3H6O
その他の名称プロパノンジメチルケトン、β-ケトプロパン、Acetone、Propanone、2-Propanone、β-Ketopropane、Dimethyl ketone、ピロアセチックエーテル、Pyroacetic etherRCRA waste number U-002、Propan-2-one、2-Oxopropane、Dimethylformaldehyde
体系名:ジメチルホルムアルデヒド、2-オキソプロパン、プロパン-2-オン、2-プロパノン、アセトン


物質
アセトン
化学式
CH3COCH3
融点(℃)
-94.8
沸点(℃)
56.3


アセトン

英訳・(英)同義/類義語:acetone

CH3COCH3

アセトン

除光液リムーバー)の主成分でもあり、つけ主にアクリリックネイルを外す際に使用します。大変危険な薬品ですので使用際は皮膚オイルなどで保護し室内換気良くして使用する必要があります

アセトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/25 15:46 UTC 版)

アセトン (acetone) は有機溶媒として広く用いられる有機化合物で、もっとも単純な構造のケトンである。IUPAC命名法では プロパン-2-オン (propan-2-one) [2]或いは単にプロパノン両親媒性の無色の液体で、アルコール類、クロロホルムエーテル類、ほとんどの油脂をよく溶かす。蒸気圧が20 ℃において24.7 kPaと高いことから、常温で高い揮発性を有し、強い引火性がある。ジメチルケトンとも表記される[2]


  1. ^ a b c d Merck Index 14th ed., 66.
  2. ^ a b 国際化学物質安全性カード ICSC:0087
  3. ^ 経済産業省生産動態統計年報 化学工業統計編
  4. ^ Merck Index 13th ed., 67.
  5. ^ 『ネイルポリッシュが爆発した話』” (日本語). みちよつさんのブログ. 2021年7月21日閲覧。
  6. ^ 厚生労働省・食品添加物 (PDF)


「アセトン」の続きの解説一覧

アセトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/30 00:25 UTC 版)

皮膚ガス」の記事における「アセトン」の解説

アセトンは脂質代謝生成物であり、飢餓絶食減食偏食などにより糖質供給不充分となった場合や、糖尿病などにより糖質利用充分にできない状態になると体内脂質分解促進され肝臓においてケトン体アセト酢酸β-ヒドロキシ酪酸およびアセトン)が生成するケトン体の中で揮発性の高いアセトンは、血中から直接揮発し体表面から放散される糖尿病患者の場合、血中グルコース濃度上昇するが、細胞内のグルコース不足するため、飢餓状態と同様脂質代謝促進されるしたがっ皮膚ガス中のアセトンの測定は、糖尿病の診断にも応用できる可能性がある

※この「アセトン」の解説は、「皮膚ガス」の解説の一部です。
「アセトン」を含む「皮膚ガス」の記事については、「皮膚ガス」の概要を参照ください。


アセトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/06 03:40 UTC 版)

熱媒体」の記事における「アセトン」の解説

ドライアイス-アセトン冷媒使用する

※この「アセトン」の解説は、「熱媒体」の解説の一部です。
「アセトン」を含む「熱媒体」の記事については、「熱媒体」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アセトン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「アセトン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



アセトンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アセトンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アセトンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
スターネイル・ジャパンスターネイル・ジャパン
Copyright (C) 2022 STAR NAIL JAPAN . All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアセトン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの皮膚ガス (改訂履歴)、熱媒体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS