薬品とは? わかりやすく解説

やく‐ひん【薬品】


薬品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/06 09:14 UTC 版)

(やくひん)とは、精製あるいは配合されて何らかの用途に利用可能な状態とした化学物質のこと。特に剤形が整えられた場合は(やくざい)という。




「薬品」の続きの解説一覧

薬品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 14:52 UTC 版)

ドライクリーニング」の記事における「薬品」の解説

ドライクリーニング使用される有機溶剤クリーニング業者によって様々であるが、大きく塩素系と石油系に分類することができる。また、洗剤陰イオン界面活性剤陽イオン界面活性剤、あるいは非イオン界面活性剤分類できるドライクリーニングついての基準となるJIS L0860(「ドライクリーニングに対する染色堅ろう度試験方法」)では、溶剤洗剤として以下のもの使用している溶剤塩素系 - パークロロエチレンテトラクロロエチレン)。 石油系 - 5号工業ガソリン通称:クリーニングソルベント。引火点38蒸留性状は、初留温度15050%流出温度180以下・終点210一般的に使用されているベンジンよりも、やや炭素数の多いアルカン主成分である。高級な礼服アンゴラセーターなど素材傷めない処理が要求される工程多く使われる洗剤陰イオン界面活性剤 - スルホコハク酸ジ-2-エチルヘキシルナトリウム 非イオン界面活性剤 - ポリオキシエチレンアルキルエーテルでエチレンオキサイド付加モル数7 - 8、HLB12 - 13のもの。 洗剤用い場合陰イオン界面活性剤と非イオン界面活性剤両方用い有機溶媒の1/1000程度水を加える

※この「薬品」の解説は、「ドライクリーニング」の解説の一部です。
「薬品」を含む「ドライクリーニング」の記事については、「ドライクリーニング」の概要を参照ください。


薬品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/13 21:59 UTC 版)

ヒマラヤスギ」の記事における「薬品」の解説

アーユルヴェーダでは、ヒマラヤスギには病気を治す力があるとされている木に芳香があり、香料として用いられる精油防虫のために馬や牛、ラクダの足に使われるまた、カビを防ぐ効果期待されている。樹皮と幹には収れん作用がある。 セダー油芳香があり、特にアロマテラピー利用されるその特徴的な木の香りは乾燥によって多少変化する天然オイル黄色、あるいは黒っぽい色をしている。石鹸香料家庭用スプレー床磨き剤、殺虫剤顕微鏡洗剤にも用いられる

※この「薬品」の解説は、「ヒマラヤスギ」の解説の一部です。
「薬品」を含む「ヒマラヤスギ」の記事については、「ヒマラヤスギ」の概要を参照ください。


薬品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 05:48 UTC 版)

スターク・インダストリーズ」の記事における「薬品」の解説

超人血清Super Soldier Serum登場作品『インクレディブル・ハルク』 第二次世界大戦中にエイブラハム・アースキン博士発明したオリジナルのデータを元に再現した人体強化用の青い薬品。ブルースガンマ線実験際に、これを自身投与した上で実験臨んだが、失敗して事故起こしてしまう。それにもかかわらず、現在でも軍にバイアル1本分の血清冷凍保存されており、ロスハルク渡り合う力を欲するブロンスキーにこれを勧奨して密かに用意し彼に微量血清2度投与したその結果ブロンスキーは、1度目投与前方走っていた他の兵士たちを息一つ切らさずに軽く追い抜く走力と、高い跳躍力披露し通常では再起不能となる瀕死の重傷も僅か数日全快したが、2度目投与では自身の脊髄肥大化し、より強大な力を求めてしまうなど副作用見られた。

※この「薬品」の解説は、「スターク・インダストリーズ」の解説の一部です。
「薬品」を含む「スターク・インダストリーズ」の記事については、「スターク・インダストリーズ」の概要を参照ください。


薬品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 03:22 UTC 版)

松脂」の記事における「薬品」の解説

ロジン膏薬プラスター粘着成分にする。ガムテレビン油の主成分ピネン医薬品原料となる。また、かつて松脂咳止めとして用いられていた。戦国時代火薬などと混ぜ手榴弾などの原料として使われた。

※この「薬品」の解説は、「松脂」の解説の一部です。
「薬品」を含む「松脂」の記事については、「松脂」の概要を参照ください。


薬品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 01:05 UTC 版)

ルバーブ」の記事における「薬品」の解説

西洋でいうルバーブ根は中国医学の中で大黄呼ばれ下剤として数千年にわたって用いられてきた。ただし、中国用いられていたのは本種(R. rhabarbarum)ではなく、同じダイオウ属R. tanguticum、R. officinale 、R. palmatum である。ルバーブ根は中世アラブ中世ヨーロッパでも処方されていた。中国医学から西洋に取入れられ医薬品として最初期ものであるルバーブ含まれるフィシオン英語版)と呼ばれる色素は、アメリカ食品医薬品局認可した6-ホスホグルコン酸デヒドロゲナーゼ英語版がん細胞代謝関与する酵素)の阻害物質2,000種のリスト含まれており、実験室レベルではヒト白血病細胞48時間半減させた。またマウスモデル移植され他の種類がん細胞成長抑制することも示されている。さらに効力の高いS3呼ばれるフィシオン誘導体は、マウス移植され肺がん細胞成長11日間で1/3に減少させた。

※この「薬品」の解説は、「ルバーブ」の解説の一部です。
「薬品」を含む「ルバーブ」の記事については、「ルバーブ」の概要を参照ください。


薬品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 03:55 UTC 版)

マーベル・シネマティック・ユニバースの登場アイテム・テクノロジー一覧」の記事における「薬品」の解説

超人血清Super Soldier SerumMCU複数の作品に登場する、人体強化用の青い薬品。この血清アンプル1本分でも投与された者は、常人大きく上回るほどの身体能力各種負傷からの治癒力発揮できるうになるほど肉体強化されるが、その反面投与され人物の性質まで増幅させる副作用有するほど全く無害と言えない不完全なものであるため、善人はより善人になるのみならず悪人はより悪人になってしまう大きなリスク秘めているまた、保存方法冷蔵処理が必須である戦後は、後述理由から複数科学者組織がこの血清再現完成させよう研究していた。エイブラハム・アースキン製 登場作品:『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー第二次世界大戦時アースキン開発したスーパーソルジャー計画中核となるオリジナルの超人血清最初に危険性考慮せず開発途中のこの血清投与したシュミットは、超人的パワー自らのものにし悪虐限り数々尽くすほど残虐性もより増大したことに加え頭頂部から首の皮膚が禿げて赤い髑髏のようになってしまった。故にスーパーソルジャー計画被験者探し難航したが、アースキン出会ったスティーブ正式に被験者選ばれたため、実験実行が可能となったスティーブ被験者とした実験では、彼の身体アンプル7本分血清投与されたが、余ったアンプル1本分の血清は、クルーガー強奪された。しかしクルーガースティーブ捕まったはずみでアンプル破棄されてしまい、アースキン死により純然製造法失われた血清とヴァイタ・レイで強化されスティーブは、細身女性3人跨っバイク1台両腕軽々と持ち上げパンチキック1発で常人を数メートル吹き飛ばせる怪力と、ひと跳びで数メートル跳躍できるジャンプ力数秒間だけ目にした地図内容をかなり正確に暗記できるほどの記憶力備わり、さらに新陳代謝常人の約4倍になって薬物アルコール代謝速く酒に酔いにくくなった。 ハワード・スターク登場作品『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』 戦時中発明されオリジナルのデータを元にハワード再現した超人血清1991年12月16日夜にハワードによって血液パック5つ分の血清ペンタゴン運搬されていたが、ヒドラ操られウィンター・ソルジャー襲撃を受けて強奪された。しかし、この血清完成度オリジナルに至らず投与され被験者苦しんだ末に当時バッキー上回る身体能力得たものの、理性失って暴走している。 スターク・インダストリーズ製 スターク社によってオリジナルのデータを元に再現され超人血清ブルースブロンスキー変貌一端となる。 ウィルフレッド・ネイゲル登場作品『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』 ウィルフレッド・ネイゲルヒドラ在籍時代に、5度実験失敗をした“ウィンター・ソルジャー計画”を継いだ後にCIAでの安定状態に近い血清確認経て再現した超人血清試行錯誤末に安定状態に近い血清から必要な成分抽出成功したことで、これまで再現されたものより改良されているとネイゲル豪語するとおり、冷蔵保存を必要とせず、この血清投与した者は体型大きく変わることなく脅威的な身体能力各種得られるその一方で、投与され人物の性質まで増幅させる副作用改善されていないマドリプールでパワー・ブローカーによる出資受けたネイゲルによって20人分血清開発されフラッグ・スマッシャーズの主要メンバー数名投与されるも、余った血清入りアンプル数本フラッグ・スマッシャーズリーダーのカーリ・モーゲンソウに奪われバック収められニコ祖父の墓石の中隠された後にフラッグ・スマッシャーズ面々は、ヒーローであるサムバッキーたちと互角以上に交戦できるほどのパワー発現したが、カーリ活動時躊躇うことなくGRC属する者たちを一斉に殺害しているなど、残忍性まで増幅された。さらにカーリは、フラッグ・スマッシャーズメンバー増やす目的で墓石から取り出して保有するが、ジモ襲撃全て落としてしまい、彼に破棄されてしまった。だがアンプル1本分の血清破棄免れ、これを見つけたウォーカー着服投与された。これによってウォーカー超人兵士となったが、大衆眼前ニコ容赦無く惨殺したり、この一件から不名誉除隊突き付けた諮問委員会荒々しく反論するなど、彼も負の一面増幅されてしまう。 このほかにも、最初のウィンター・ソルジャーであるバッキー自身超人兵士称していることや、イザイア・ブラッドレーが若い頃自分超人兵士仕立て上げられたという経験談母国科学によって超人兵士スーパーパワー得たアレクセイどの事例から、ハワード製のものを入手する以前ヒドラ朝鮮戦争の頃のアメリカ軍崩壊前のソ連血清再現成功していたことが各作品暗示示唆されている。 テトロドトキシンB(Tetrodotoxin B) 登場作品:『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャーブルース自身の変身対策として作り上げた、抗ストレス。これを投与した者は、心拍数1分につきおよそ1回まで遅くなる本薬そのもの台詞のみの登場だったが、ウィンター・ソルジャー襲われフューリー自身投与させ、自らの死を擬装する。 自白剤(Uzman's Truth Serum登場作品『アントマン&ワスプ』 ウーズマンSIS時代から使用している薬品。注射器投与させた対象者から聞き出したいことを白状させるもので、ウーズマンらはこれを「精神活性剤」と呼称する。スコットたちが滞在するモバイル研究所在処白状させるために、ウーズマンルイス投与させたが、スコットとの出会いから、彼とホープ馴れ初めまでを延々と説明させることになってしまった。 後にルイスたちが逆利用してバーチらに投与し、彼らは警察自分の裏稼業白状して逮捕されるその際ウーズマンは、これを“自白剤”だと身をもって理解するレッドダストRed Dust登場作品『ブラック・ウィドウ』 エレーナ曰くメリーナ同世代ウィドウ密かに合成し化学的に脳機能変化させて、外部操作から脳神経守ることができる反作用剤」である赤い合成ガス封入しているバイアルからウィドウたちやタスクマスターアントニア)の頭にかけることで、彼女たち施された化学的洗脳を解くことができる。 レッドルームにとって秘密のものであるため、モロッコでこの薬品の回収任務遂行中だったエレーナは、ある男性から薬品入りケース受け取ったオクサナ奇襲し致命傷負わせるが、これをかけられたことで洗脳解かれ、彼女か残った14本分バイアルウィドウたちの解放託された。そこからエレーナナターシャ助け求めてバイアルを彼女と2人撮ったポラロイド写真付きナターシャノルウェートレーラーハウス送りつけた。 しかしこのことでナターシャたちは、ノルウェーとプダペストでタスクマスターウィドウたちに度々襲撃され危機に陥るも、これを死守することに成功後にナターシャメリーナの策でレッドルーム本部乗り込んだ際には、一時保冷庫保管されるエレーナ奪還しバイアル全てM84スタングレネード組み合わせウィドウたちの頭上爆破散布させて彼女たち洗脳解いた。 そして爆破免れたアンプル2本ナターシャ拾い1本アントニア眼前破裂させて薬剤吹きかけ、彼女の洗脳解いた最後の1本は、世界中に散在するウィドウたちを救うために複製させる目的でナターシャからエレーナたちに委ねられる

※この「薬品」の解説は、「マーベル・シネマティック・ユニバースの登場アイテム・テクノロジー一覧」の解説の一部です。
「薬品」を含む「マーベル・シネマティック・ユニバースの登場アイテム・テクノロジー一覧」の記事については、「マーベル・シネマティック・ユニバースの登場アイテム・テクノロジー一覧」の概要を参照ください。


薬品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 07:30 UTC 版)

ノースダコタ州」の記事における「薬品」の解説

ノースダコタ州薬局薬剤師51%以上所有することを法律定めている唯一の州である。このことにより、州内ウォルマートターゲット、ウォルグリーンズなど、アメリカで処方箋受付先とされることの多い全国チェーン店では処方箋受け付けていない。

※この「薬品」の解説は、「ノースダコタ州」の解説の一部です。
「薬品」を含む「ノースダコタ州」の記事については、「ノースダコタ州」の概要を参照ください。


薬品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/17 08:35 UTC 版)

アニメ版星のカービィの用語一覧」の記事における「薬品」の解説

ギジラエキス 第34話登場した粉末の薬品。これを料理にかけて食べると何でも美味しく感じてしまう。しかし原材料幻覚作用のあるキノコであり、瓶ごと誤って飲み込んだカービィ周りの人が食べ物に見える幻覚陥ってしまった。 本来はオオサカ未熟な弟子カワサキ案じて持参したものである。「料理なんかちょこっと工夫しただけでどうにでもなる」と教えるためにプレゼントとして隠し持っていたが、事情知らないフーム達がインチキタネだと早合点し結果的にオオサカ汚名を着せる原因となってしまった。 ボルケーノン66話で登場したナイトメア製の滋養強壮ドリンク火山にも効果があり、寒冷化により休火山となっていたギラウェア火山カービィボルケーノン入れた事により噴火したパワップD/パワダウンE80話で登場した栄養ドリンク。パワップDは飲んだ人を精力増強にするが、あまりの効力リバウンド効果大きい。パワダウンEは飲んだ人を精力減退させるボトルには食品安全認可マーク付けられていない。 元々、カスタマー商談合間飲用していたものを、珍しもの好きデデデ目をつけダウンロード至ったが、流石のデデデ未知の飲用物に手をつける勇気がなく、最初に村人実験台にしてパワップDの効果安全性確かめてから飲用した。だが原液そのまま飲んだことで暴走状態陥り部下巻き込んで夜通し暴れまわる結果になってしまった。辟易したエスカルゴンはパワダウンEに頼りワドルディ達と結託して自販機中身全てパワダウンEにすり替えエキサイトする民衆デデデ無気力化を図った一方でカスタマーはこの騒動便乗しカービィドリンク効果弱った頃合だと判断して独断魔獣送り込み始末企てた実際カービィ手違いからパワップDの服用暴走しており、最終的にすり替えられたパワダウンEが原因で戦う事もままならなくなっていた)。 コッカギン パワップDに含まれている、あらゆる欲に駆られる猛毒興奮剤麻薬相当する中毒性があるといわれる

※この「薬品」の解説は、「アニメ版星のカービィの用語一覧」の解説の一部です。
「薬品」を含む「アニメ版星のカービィの用語一覧」の記事については、「アニメ版星のカービィの用語一覧」の概要を参照ください。


薬品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 07:19 UTC 版)

清掃用具」の記事における「薬品」の解説

洗剤合成洗剤 表面洗浄剤 : 樹脂ワックス表面汚れ落し使用される洗浄力強いた高倍率希釈して使用する樹脂剥離材 : 樹脂ワックス剥離用いられるワックス : 洗浄ののち、表面保護し艶を出す表面保護するために使用される薬剤樹脂ワックス : 合成樹脂使用したもの。耐久性が強い。 水性ワックス : 乳化材と合成混合したもので樹脂ワックス使用できない床材使用される油性ワックス : 揮発性油脂混合したもの。 床油 : 木製床の防塵保護のために用いられる油。

※この「薬品」の解説は、「清掃用具」の解説の一部です。
「薬品」を含む「清掃用具」の記事については、「清掃用具」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「薬品」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

薬品

出典:『Wiktionary』 (2018/10/14 10:32 UTC 版)

発音(?)

や↗ひん

名詞

 やくひん

  1. 医薬品
  2. 故意化学変化起こすための物質薬剤試薬

関連語


「薬品」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「薬品」に関係したコラム

  • 株式のディフェンシブ株の売買のエントリーポイントは

    株式のディフェンシブ株とは、株式相場全体が弱含みで推移している時に値上がりする銘柄、あるいは、大きな値下がりをしない銘柄のことです。ディフェンシブ銘柄ともいいます。ディフェンシブ株には、食品株、薬品株...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「薬品」の関連用語

薬品のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



薬品のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの薬品 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのドライクリーニング (改訂履歴)、ヒマラヤスギ (改訂履歴)、スターク・インダストリーズ (改訂履歴)、松脂 (改訂履歴)、ルバーブ (改訂履歴)、マーベル・シネマティック・ユニバースの登場アイテム・テクノロジー一覧 (改訂履歴)、ノースダコタ州 (改訂履歴)、アニメ版星のカービィの用語一覧 (改訂履歴)、清掃用具 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの薬品 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS